ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「鉄腕アトム」最新記事一覧

【総力特集】人とAIの共存で進化する「おもてなし」:
なぜ“マツコロイド”と“マツコ”の雑談は失敗したのか?
ドラえもんや鉄腕アトムのような、人間と自然に会話ができる人工知能は本当に生まれるのか――。人間らしい自然なコミュニケーションを実現するために必要な“要件”はいろいろとあるが、人工知能にそれを適用するには、さまざまな壁があるのだという。(2016/12/2)

東京工科大学 創立30周年記念公開講座:
AI研究の第一人者、松原教授が語る「人工知能は未来をどう変えるのか」
「人工知能は近く人間を超える」といった論もあるが、そもそも人工知能とは何であり、どのように発展し、どのような課題に直面しているのか。人間社会は人工知能とどのように付き合っていくべきか。AI研究の第一人者、松原教授が語る。(2016/11/15)

「手塚治虫文化祭」特別対談:
巨匠・モンキー・パンチ、“漫画の神様”手塚治虫を語る 「手塚先生がいなければ漫画家になってなかった」
「手塚治虫文化祭 〜キチムシ‘16〜」の開催を記念し、手塚るみ子さんとの対談が実現した。(2016/11/3)

UNiCASE、手塚治虫マンガとコラボしたネクタイ柄iPhone 7ケースを発売
手塚治虫マンガ「鉄腕アトム」「UNICO」「ジャングル大帝」「ブラック・ジャック」のキャラクターやモチーフを取り入れ、ネクタイ柄をイメージしたデザインのiPhone 7ケースがUNiCASEから登場。(2016/11/2)

【総力特集】人とAIの共存で進化する「おもてなし」:
人工知能と人が、本当の意味で“話せる”ようになる日
昨今「Watson」や「りんな」など、人間と会話ができる人工知能が注目を集めている。しかし、これらは人間の心を理解してコミュニケーションを取っているかというと、そうではない。いつか本当に人工知能と人が心を通わせるような時代は来るのか。人間と雑談できる対話システムを開発し続ける第一人者に話を聞いた。(2016/10/31)

浦沢直樹、「バンド・デシネ」の著名ベルギー人作家と対談 デビュー当時の原稿料もぼそり
手塚作品をマネした子ども時代から、カラーページに苦労したデビュー後の話まで。(2016/10/24)

「キューティーハニー」の変身シーンや「おっぱいミサイル」なぜ生まれた? 「タブーを切り開けば、新しいものがつくれる」永井豪さん(71)
「デビルマン」「キューティーハニー」などで知られる人気漫画家・永井豪さんが来年で画業50周年を迎える。キューティーハニーの変身シーンの裏にある秘密などを本人に聞いた。(2016/9/21)

全ては社長の趣味から始まった 三重県の製薬会社内にある「BANKYOフィギュア博物館」がすごい
大人のおもちゃ箱や〜。(2016/9/18)

モノづくり×ベンチャー インタビュー:
ロボットに興味がなかったPepperの開発者が新たにロボットを作る理由
ソフトバンクの感情認識ヒューマノイドロボット「Pepper」の開発をけん引したことで知られる林要氏。子どものころ「ロボットに興味がなかった」と話す林氏だが、Pepperだけでなく、ベンチャーを起業して新たなロボットを開発しようとしている。林氏は、なぜまたロボット開発に取り組んでいるのだろうか。(2016/9/5)

「わたしは真悟」30年:
「人工知能? 人間が人間を作ろうとしているだけの話です」 楳図かずおさん(79)
80年代の漫画作品「わたしは真悟」で、ネット社会や人工知能を予見した楳図かずおさん。30年経った今、テクノロジーの行き着く先をどう見ているのか。(2016/8/31)

手塚治虫キャラクターをリメイクしたカードゲームだと! 奥浩哉、ヒロアキ、須田剛一、松山洋らが参加
ゲーム業界人がたくさん!(2016/8/23)

鉄腕アトムと友だちになる日は近い? 「ロボットと暮らす未来」を考える特別展開催
横浜人形の家にて。(2016/7/16)

特選ブックレットガイド:
【連載まとめ読み】「『失敗学』から生まれた成功シナリオ」シリーズ全9回
失敗事例の研究から見えてきた設計成功の極意。(2016/6/22)

日本アニメの創成期を知る大ベテラン 「カールおじさん」の生みの親・ひこねのりおさんに聞くアニメ業界秘話【PR】
31年ぶりに公開された「たけのこの里」の新作CM。ベテランアニメーターのひこねのりおさんに貴重なお話を聞きました。(2016/6/20)

鉄腕アトム誕生前史を描く「アトム ザ・ビギニング」アニメ化決定
月刊「ヒーローズ」で連載中。原作第3巻は6月3日発売。(2016/6/1)

ロボホン発売、自ら「カンパイ」、予約は1000台
伊勢志摩サミットにも“出張中”。(2016/5/26)

ロボット型携帯電話「RoBoHoN」がいっぱい! シャープ、「RoBoHoN CAFE」を期間限定オープン
シャープはロイヤルガーデンカフェ青山とコラボし、ロボット型携帯電話「RoBoHoN」をテーマにしたカフェ「RoBoHoN CAFE」を期間限定オープンした。(2016/5/26)

頭脳放談:
第191回 AIブームがやってきた?
将棋や囲碁の対戦でコンピュータが勝利するなど、人工知能(AI)に関する話題が新聞をにぎわせている。さまざまな分野での応用が発表され、1980年代に続く、AIブームを巻き起こしている。はてさて、今度のAIブームはモノになるのだろうか?(2016/4/27)

神奈川県と手塚プロがロボットと共生する社会を描いたアニメを公開
アトムも出演。(2016/4/13)

「コブラ」の新作アニメ「Cobra Return Of Joe Gillian」、ティーザー動画公開
モナコのアニメ制作会社Shibuya Productionsが公開。(2016/2/28)

Meet Recruit:
【前編】Pepper×飛鷹全法×蓮実一隆が語る、現代社会における伝統とテクノロジーの役割
多様性が求められるソーシャル時代を豊かに生きるため、今考えるべきことは何か? そのヒントは、信仰文化やロボット開発の現場に潜んでいた!?(2016/1/21)

池田直渡「週刊モータージャーナル」 2016年新春特別編:
今後期待の省燃費技術は?
ここ数年の自動車業界を振り返れば、「省燃費技術の時代だった」ということになるだろう。そうした中にあって押さえておきたい自動車推進装置は3つに代表される。(2016/1/4)

NHKで特別企画「アニメ紅白」開催 アニソン対決を「アトム」から「妖怪ウォッチ」まで人気キャラが盛り上げる
紅組司会はちびまる子、白組司会はウィスパーが担当。(2015/12/18)

田中圭一先生、おそ松さん×ブラックジャックのエンドカードを描く 手塚るみ子さん「元祖無断パロディ作家の意地を見せたな」
アニメ「ヤング・ブラックジャック」第11話で。(2015/12/11)

半世紀以上前のマンガ原画展 松本零士トークショーも
「タンク・タンクロー」「冒険ダン吉」など懐かしすぎるマンガの原画展が12月12日から青山で開催。(2015/12/4)

鉄腕アトムとブラック・ジャックになりきっちゃおう! 「手塚治虫ワールド フェイスパック」が登場
「漫画の日」であり手塚治虫先生の誕生日である11月3日発売です。(2015/10/30)

5分でわかる最新キーワード解説:
ロボットの新機軸「クラウドロボティクス」
クラウドの持つ計算能力と蓄積された知識をベースにロボットを制御し、多種多彩なサービスを実現するのが「クラウドロボティクス」だ。ロボットのマルチサービス化、低価格化の鍵になるかもしれません。(2015/10/28)

「元セーラームーン」たち出演のソフトバンク新CM、60秒バージョンが民放5局で一斉放送 YouTubeで全バージョンを公開
よかったこれでゆっくり観れる!(2015/10/20)

「元セーラームーン」役に小泉今日子さん 時を経たアニメキャラたちが実写で登場する新シリーズCMがスタート
「おぼっちゃまくん」「鉄腕アトム」「北斗の拳」などが登場。(2015/10/8)

実写版「元セーラームーン」に小泉今日子さん ソフトバンク、往年のキャラが登場する新CM
ソフトバンクは、「美少女戦士セーラームーン」など往年のキャラクターが集まる新CMを放映する。(2015/10/8)

琳派オマージュ展や伝統工芸体験工房コーナーが気になる! 「京都国際マンガ・アニメフェア」9月19日、20日開催
アニメや漫画と京都の伝統をともに味わえる企画が目白押し。(2015/9/15)

アニメの街においでよ! 「練馬アニメカーニバル」今年は10月17日・18日に開催
テーマは「『レジェンド』と『最前線』を楽しもう!」。(2015/9/14)

本当にのぞいちゃっていいんですか? アニメキャラの自宅の間取りが見られるイベント、横浜で今夏開催
ありがとう、本当にありがとう。(2015/8/7)

手塚治虫と石ノ森章太郎 二人の映像作品に迫る企画展が神奈川で
テレビ放送された作品を中心に、直筆原稿などの貴重な資料を展示。作品の上映も行われる。(2015/7/9)

「アトムに心をあげたかった」と孫社長 感情を得た「Pepper」一般発売 世界展開へ
Pepperが自らの“感情”を獲得。喜怒哀楽を表現できるようになった。孫社長自身が感情機能の開発を推進。自ら100件ほどの特許を出願したという。原点には「アトムに心をあげたかった」という気持ちがある。(2015/6/18)

「鉄腕アトム」の海外のリメイク版「ASTROBOY Reboot」ティーザー映像公開
アトムが空を飛び回る姿を見ることができます。(2015/3/23)

JR相模線でラッピング電車「アトムトレイン」運行 ヘッドマークやシートに「鉄腕アトム」
「さがみロボット産業特区」のPRの一環です。(2015/3/19)

見せてもらおうか、君の英語力とやらを――『AERA』最新号表紙に“赤い彗星”現る
『AERA』で描き下ろしキャラクターが表紙を飾ったのは、今回が始めて。(2015/2/23)

「鉄腕アトム」実写映画化 オーストラリアの制作会社Animal Logicが手掛ける
「LEGOムービー」などで知られるAnimal Logic Entertainmentが手塚プロと提携。(2015/2/9)

もう「原作と違う」と言わせない──2Dイラストをそのまま立体アニメにする「Live2D」 世界標準目指す
2Dイラストを原画のまま立体的にして動かす「Live2D」。開発中の新バージョンでは上下左右360度の動きが可能になり、映画やアニメなどへの導入も見据える。夢は「バガボンド」の映画化――中城哲也社長に「世界標準」を目指す意気込みを聞いた。(2015/2/2)

ロボット開発ニュース:
再燃するロボットブーム、鍵となるのは“人とのコミュニケーション”
デアゴスティーニ・ジャパンが2015年1月20日より第3版を発売するパーツ付き組み立てマガジン「週刊Robi(ロビ)」の公開イベントを開催。100台のロビたちによるダンスや、ロビのデザインを担当したロボ・ガレージ 代表取締役社長の高橋智隆氏などによるトークセッションが行われた。(2015/1/21)

モノだけじゃない! 日本のモノづくり(2):
PR:Pepperはみんなを喜ばせるロボット――コミュニケーションで人の生活を豊かにする
今Pepperは、ソフトバンクのショップで、ソフトバンク社員の家で、また先行販売されたデベロッパーやクリエイターのもとで、2015年2月の一般発売に向けて経験を積んでいる最中。Pepperのいる生活とはどのようなものなのか、何を助けてくれるのか。Pepperを通じて、ロボットの可能性を考える。(2015/1/19)

SF作家・平井和正さん死去 「幻魔大戦」「8マン」など
クラブサンデーでは新作「幻魔大戦 Rebirth」も連載中でした。(2015/1/18)

声優の大塚周夫さん死去 「ルパン三世」石川五ェ門(第1期シリーズ)、「美味しんぼ」海原雄山役など
同じく声優として活躍する、大塚明夫さんのお父さんでもありました。(2015/1/16)

2Dイラストを立体的に360度動かせる映像技術「Live2D Euclid」を開発
2Dイラストを3D空間上で立体的に動かす技術が、360度の立体表現に対応。(2014/12/24)

写真でも映像でもなく“空間画” 思い出を3Dモデルで残すアプリ「Fyuse」 ロボット技術を応用
垂直や平行方向に周り込むように撮影することで、被写体を3Dモデルとして撮影できるカメラアプリ「Fyuse」が登場した。ロボットの画像認識技術を応用している。(2014/12/24)

『鉄腕アトム』から『進撃の巨人』まで、TVアニメの50年を振り返る『日本TVアニメーション大全』発売
1963年から2013年までの50年間に放送されたTVアニメ約3500作品の内容や業界の評価、舞台裏などを作品のカットとともに紹介。(2014/12/17)

日本のテレビアニメの歴史50年を3500作品で振り返る史上初の本「日本TVアニメーション大全」発売
松本零士さん、広井王子さんなどアニメ業界関係者へのインタビューも収録(2014/12/17)

トライ&エラーが笑顔を作る――知育ロボ「Romo」を導入した小学校の授業を見てきました
千葉県成田市にある豊住小学校で体験型のエデュケーショナルロボット「Romo」を使ったプログラミング授業が行われた。小学校では日本初となる試みだ。はたして子どもたちの反応は……?(2014/12/10)

これは手をあげて渡りたい 神奈川県が「鉄腕アトム信号機」を設置 気になる設置場所は?
「さがみロボット産業特区」の周知広報を目的。(2014/11/13)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。