ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「鉄腕アトム」最新記事一覧

佐々木希に“ツノ”がニョキッ 偶然の角っ娘姿に「ちょんまげ」「鉄腕アトム」の声
ツノ生えてても全然いいけど。(2017/10/19)

製造マネジメント メルマガ 編集後記:
中二病をくすぐり技術者を生み出した(?)「ナイトライダー」の魅力
1980年代海外ドラマは「エアーウルフ」も「Aチーム」も「マクガイバー」も楽しかったですよね!(2017/10/17)

「キメるときはこれだな」 GACKT、久々のオールバックにファン「CM出るのかと思った」
CMとかきそう。(2017/9/25)

39年前の傑作「ルパンVS複製人間」、最新技術でよみがえる 監督「当時は誰もほめてくれなかったのに」
「ルパン三世」初の劇場版長編アニメ「ルパン三世 ルパンVS複製人間」が、4Kリマスター化の上でMX4D作品としてよみがえる。だが「当時は誰もほめてくれなかったのに」と監督は当惑気味だ。(2017/8/29)

製造マネジメント メルマガ 編集後記:
AIの可能性と限界を理解しよう
今流行ってるAIは「弱いAI」。「強いAI」ではありません。(2017/8/22)

モノづくり最前線レポート:
第3の矢を放つVAIO、新事業の勝算はVRだけではない
VAIOは都内で経営方針発表会を開催し、2017年6月に就任した新社長吉田秀俊氏が今後の方針を説明した。従来のPC、EMSに加え、3本目の柱としてVRソリューション事業を立ち上げる他、PCの中国展開を復活させることを発表した。(2017/8/2)

エアコンについている「自動温度調節機能」はAIと呼べるのか?
AIとは何なのか。(2017/7/15)

ハラショー! 木彫りザンギエフが素朴でかわいすぎる件
丸っこくなり、ネコとか拾いそうな見た目に。(2017/7/12)

真説・人工知能に関する12の誤解(2):
人工知能に「仕事を奪われる」ことの何がいけないのか?
人工知能に仕事が奪われる――。この言葉は、昨今の人工知能ブームを生んだ原因の1つでしょう。しかし、言葉だけが先行してしまい、誤った認識が広まっているのも事実だと言えます。(2017/7/6)

「マツコの知らない世界」でアニソン特集 時代を彩ってきた新旧のアニメソングが登場
スペシャルゲストのスタジオ生演奏も。(2017/7/2)

【新連載】真説・人工知能に関する12の誤解:
人工知能って結局何なの? 知能と知性の違いから考える
人工知能という言葉が“マーケティング用語”のような形でちまたにあふれる昨今、人工知能に対してさまざまな誤解が生まれています。この連載では、いろいろな角度から、それらの誤解を検証していきます。(2017/6/22)

あれって、AIですよね?:
「バビル2世」のコンピュータを、2017年のテクノロジーで解説しよう
手塚治虫が、スピルバーグが、そして全世界の子どもたちがあのころ夢見たテクノロジーは、2017年現在どこまで実現できているのだろうか?――「鉄腕アトム」や「2001年宇宙の旅」に登場したコンピュータやロボットを、現代のテクノロジーで徹底解説する「テクノロジー名作劇場」、第1回は、横山光輝先生の「バビル2世」だ!(2017/5/10)

ITソリューション塾:
ITの“一昔”は1年前、“二昔前”は3年前と心得よ
新しい技術が次々と登場し、複雑に影響を及ぼし合いながら、生物のように多種多様に進化するIT。その最新トレンドを理解し、ITビジネスの未来を考え、若い世代に伝えていくために必要なこととは?(2017/5/12)

「グレーちゃんです」 相棒のAIBOをかわいがる黒柳徹子が何だかかわいい
「あたしに会ってうれしい?」(無言で首を横に振るAIBO)。(2017/4/15)

【総力特集】人とAIの共存で進化する「おもてなし」:
神田の居酒屋にロボットが来た日――“飲みニケーションロボット”の作り方
東京・神田の居酒屋「くろきん」に卓上型コミュニケーションロボット「Sota」が登場。飲み会を盛り上げる仕掛けとして、同店の来店者増に一役買っているという。居酒屋にロボット、このプロジェクトはどのようにして始まったのか。その裏側に迫った。(2017/3/7)

漫画「鉄腕アトム」から生まれたロボット「ATOM」に秘められた、もうひとつの話
このデザインを見て、気付く人は気付くだろう。その技術に迫った。(2017/2/23)

雑誌にパーツが付属、全70号:
AIで話すロボット作れる「週刊鉄腕アトム」発売
講談社が、「鉄腕アトム」をモデルとした対話型ロボット「ATOM」のパーツが付属するパートワーク雑誌(全70号)を創刊。「ATOM」は、AIの顔認識技術と自然対話技術を活用し、ユーザーとの高度な対話ができるという。(2017/2/22)

5社共同で鉄腕アトムを開発する「ATOMプロジェクト」始動 第1弾はパートワークとして発売
アトム開発のアベンジャーズが集結。(2017/2/22)

【総力特集】人とAIの共存で進化する「おもてなし」:
なぜ、人間と人工知能の対話は“破綻”してしまうのか
雑談対話に特化したシステムやアルゴリズム、超指向性マイクなど、最先端の技術を使っても、人間と人工知能が雑談を続けるというのは難しい。インタビューの最終回では、なぜ対話が破綻するのか、そして、それを解決するための研究の最先端に迫る。(2017/2/14)

【総力特集】人とAIの共存で進化する「おもてなし」:
なぜ“マツコロイド”と“マツコ”の雑談は失敗したのか?
ドラえもんや鉄腕アトムのような、人間と自然に会話ができる人工知能は本当に生まれるのか――。人間らしい自然なコミュニケーションを実現するために必要な“要件”はいろいろとあるが、人工知能にそれを適用するには、さまざまな壁があるのだという。(2016/12/2)

東京工科大学 創立30周年記念公開講座:
AI研究の第一人者、松原教授が語る「人工知能は未来をどう変えるのか」
「人工知能は近く人間を超える」といった論もあるが、そもそも人工知能とは何であり、どのように発展し、どのような課題に直面しているのか。人間社会は人工知能とどのように付き合っていくべきか。AI研究の第一人者、松原教授が語る。(2016/11/15)

「手塚治虫文化祭」特別対談:
巨匠・モンキー・パンチ、“漫画の神様”手塚治虫を語る 「手塚先生がいなければ漫画家になってなかった」
「手塚治虫文化祭 〜キチムシ‘16〜」の開催を記念し、手塚るみ子さんとの対談が実現した。(2016/11/3)

UNiCASE、手塚治虫マンガとコラボしたネクタイ柄iPhone 7ケースを発売
手塚治虫マンガ「鉄腕アトム」「UNICO」「ジャングル大帝」「ブラック・ジャック」のキャラクターやモチーフを取り入れ、ネクタイ柄をイメージしたデザインのiPhone 7ケースがUNiCASEから登場。(2016/11/2)

【総力特集】人とAIの共存で進化する「おもてなし」:
人工知能と人が、本当の意味で“話せる”ようになる日
昨今「Watson」や「りんな」など、人間と会話ができる人工知能が注目を集めている。しかし、これらは人間の心を理解してコミュニケーションを取っているかというと、そうではない。いつか本当に人工知能と人が心を通わせるような時代は来るのか。人間と雑談できる対話システムを開発し続ける第一人者に話を聞いた。(2016/10/31)

浦沢直樹、「バンド・デシネ」の著名ベルギー人作家と対談 デビュー当時の原稿料もぼそり
手塚作品をマネした子ども時代から、カラーページに苦労したデビュー後の話まで。(2016/10/24)

全ては社長の趣味から始まった 三重県の製薬会社内にある「BANKYOフィギュア博物館」がすごい
大人のおもちゃ箱や〜。(2016/9/18)

モノづくり×ベンチャー インタビュー:
ロボットに興味がなかったPepperの開発者が新たにロボットを作る理由
ソフトバンクの感情認識ヒューマノイドロボット「Pepper」の開発をけん引したことで知られる林要氏。子どものころ「ロボットに興味がなかった」と話す林氏だが、Pepperだけでなく、ベンチャーを起業して新たなロボットを開発しようとしている。林氏は、なぜまたロボット開発に取り組んでいるのだろうか。(2016/9/5)

「わたしは真悟」30年:
「人工知能? 人間が人間を作ろうとしているだけの話です」 楳図かずおさん(79)
80年代の漫画作品「わたしは真悟」で、ネット社会や人工知能を予見した楳図かずおさん。30年経った今、テクノロジーの行き着く先をどう見ているのか。(2016/8/31)

手塚治虫キャラクターをリメイクしたカードゲームだと! 奥浩哉、ヒロアキ、須田剛一、松山洋らが参加
ゲーム業界人がたくさん!(2016/8/23)

鉄腕アトムと友だちになる日は近い? 「ロボットと暮らす未来」を考える特別展開催
横浜人形の家にて。(2016/7/16)

特選ブックレットガイド:
【連載まとめ読み】「『失敗学』から生まれた成功シナリオ」シリーズ全9回
失敗事例の研究から見えてきた設計成功の極意。(2016/6/22)

日本アニメの創成期を知る大ベテラン 「カールおじさん」の生みの親・ひこねのりおさんに聞くアニメ業界秘話【PR】
31年ぶりに公開された「たけのこの里」の新作CM。ベテランアニメーターのひこねのりおさんに貴重なお話を聞きました。(2016/6/20)

鉄腕アトム誕生前史を描く「アトム ザ・ビギニング」アニメ化決定
月刊「ヒーローズ」で連載中。原作第3巻は6月3日発売。(2016/6/1)

ロボホン発売、自ら「カンパイ」、予約は1000台
伊勢志摩サミットにも“出張中”。(2016/5/26)

ロボット型携帯電話「RoBoHoN」がいっぱい! シャープ、「RoBoHoN CAFE」を期間限定オープン
シャープはロイヤルガーデンカフェ青山とコラボし、ロボット型携帯電話「RoBoHoN」をテーマにしたカフェ「RoBoHoN CAFE」を期間限定オープンした。(2016/5/26)

頭脳放談:
第191回 AIブームがやってきた?
将棋や囲碁の対戦でコンピュータが勝利するなど、人工知能(AI)に関する話題が新聞をにぎわせている。さまざまな分野での応用が発表され、1980年代に続く、AIブームを巻き起こしている。はてさて、今度のAIブームはモノになるのだろうか?(2016/4/27)

神奈川県と手塚プロがロボットと共生する社会を描いたアニメを公開
アトムも出演。(2016/4/13)

「コブラ」の新作アニメ「Cobra Return Of Joe Gillian」、ティーザー動画公開
モナコのアニメ制作会社Shibuya Productionsが公開。(2016/2/28)

Meet Recruit:
【前編】Pepper×飛鷹全法×蓮実一隆が語る、現代社会における伝統とテクノロジーの役割
多様性が求められるソーシャル時代を豊かに生きるため、今考えるべきことは何か? そのヒントは、信仰文化やロボット開発の現場に潜んでいた!?(2016/1/21)

池田直渡「週刊モータージャーナル」 2016年新春特別編:
今後期待の省燃費技術は?
ここ数年の自動車業界を振り返れば、「省燃費技術の時代だった」ということになるだろう。そうした中にあって押さえておきたい自動車推進装置は3つに代表される。(2016/1/4)

NHKで特別企画「アニメ紅白」開催 アニソン対決を「アトム」から「妖怪ウォッチ」まで人気キャラが盛り上げる
紅組司会はちびまる子、白組司会はウィスパーが担当。(2015/12/18)

田中圭一先生、おそ松さん×ブラックジャックのエンドカードを描く 手塚るみ子さん「元祖無断パロディ作家の意地を見せたな」
アニメ「ヤング・ブラックジャック」第11話で。(2015/12/11)

半世紀以上前のマンガ原画展 松本零士トークショーも
「タンク・タンクロー」「冒険ダン吉」など懐かしすぎるマンガの原画展が12月12日から青山で開催。(2015/12/4)

鉄腕アトムとブラック・ジャックになりきっちゃおう! 「手塚治虫ワールド フェイスパック」が登場
「漫画の日」であり手塚治虫先生の誕生日である11月3日発売です。(2015/10/30)

5分でわかる最新キーワード解説:
ロボットの新機軸「クラウドロボティクス」
クラウドの持つ計算能力と蓄積された知識をベースにロボットを制御し、多種多彩なサービスを実現するのが「クラウドロボティクス」だ。ロボットのマルチサービス化、低価格化の鍵になるかもしれません。(2015/10/28)

「元セーラームーン」たち出演のソフトバンク新CM、60秒バージョンが民放5局で一斉放送 YouTubeで全バージョンを公開
よかったこれでゆっくり観れる!(2015/10/20)

「元セーラームーン」役に小泉今日子さん 時を経たアニメキャラたちが実写で登場する新シリーズCMがスタート
「おぼっちゃまくん」「鉄腕アトム」「北斗の拳」などが登場。(2015/10/8)

実写版「元セーラームーン」に小泉今日子さん ソフトバンク、往年のキャラが登場する新CM
ソフトバンクは、「美少女戦士セーラームーン」など往年のキャラクターが集まる新CMを放映する。(2015/10/8)

琳派オマージュ展や伝統工芸体験工房コーナーが気になる! 「京都国際マンガ・アニメフェア」9月19日、20日開催
アニメや漫画と京都の伝統をともに味わえる企画が目白押し。(2015/9/15)

アニメの街においでよ! 「練馬アニメカーニバル」今年は10月17日・18日に開催
テーマは「『レジェンド』と『最前線』を楽しもう!」。(2015/9/14)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。