ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  A

  • 関連の記事

「AT&T」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

American Telephone&Telegraph Company

関連キーワード

「Magic Leap One」の開発者版はNVIDIAの「Tegra X2」搭載で今夏出荷
Magic Leapが、MRメガネ「Magic Leap One」の開発者版を今夏出荷すると発表した。NVIDIAの「Tegra X2」を搭載することも明らかにした。米国ではAT&Tが5Gネットワークを独占的に提供する。(2018/7/12)

AT&T、大手デジタル広告技術企業AppNexusを買収
米通信大手のAT&Tが、デジタル広告市場大手のAppNexusを買収する。先日買収を完了したTime Warnerなどの動画コンテンツでの広告事業を強化していく。(2018/6/26)

AT&T、Time Warnerの850億ドルでの買収を完了
AT&Tが、連邦地裁による承認を受け、Time Warnerの850億ドルでの買収を完了した。同社に敗訴した米司法省はまだ上訴を検討しているが、買収完了に条件付きで合意した。(2018/6/15)

Comcast、21st Century Foxに650億ドルの買収提案 AT&TのTime Warner買収承認後
通信インフラ企業であるAT&Tによるコンテンツ企業Time Warnerの買収を米連邦地裁が承認した翌日、CATV大手のComcastがコンテンツ企業の21st Century Foxに買収を提案した。(2018/6/14)

AT&Tによる850億ドルでのTime Warner買収を米連邦地裁が承認
AT&Tが2016年に発表し、2017年に米司法省が阻止しようと提訴していたTime Warnerの買収を連邦地裁が無条件で承認した。(2018/6/13)

ハイエンドカメラのRED、約14万円のAndroidスマートフォン「HYDROGEN ONE」を今夏発売へ
ハイエンドデジタルカメラで知られるREDの初のAndroid端末「HYDROGEN ONE」が今夏米国でAT&TとVerizonから発売される。“ホログラフィック”なコンテンツを表示できるのが特徴だ。REDのカメラを接続すれば、ホログラフィックなコンテンツの撮影も可能としている。(2018/5/21)

LTEとの動的な共有も想定:
2018年にもサービス開始、5G開発を加速するAT&T
5G(第5世代移動通信)の導入は2018年後半から段階的に進むとみられているが、そのためには多面的で準備を整える必要があるようだ。AT&Tのラボチームを率いるマネジャーが、米国テキサス州オースティンで、5G実現に向けた挑戦について語った。(2018/5/7)

石野純也のMobile Eye:
AT&TがMate 10 Pro採用をドタキャン 日米で明暗分かれたHuaweiのキャリア戦略
スマートフォン市場で着実にシェアを伸ばしているHuaweiだが、課題も残る。キャリア市場での存在感がまだ小さいというのはその1つだ。現状、「キャリア市場への進出」は、日米で明暗がクッキリ分かれる結果となった。(2018/1/15)

米司法省、AT&Tを提訴 Time Warner買収阻止目的で
米司法省が、AT&Tが昨年10月に発表したTime Warnerの買収を阻止する目的で独禁法訴訟を起こした。AT&Tは「裁判所は合併を許可するはず」としている。(2017/11/21)

Alphabetの気球ネット網、被災したプエルトリコにAT&Tと協力してLTE提供開始
Googleの親会社Alphabetの気球ネット網プロジェクト「Project Loon」がAT&Tと協力し、ハリケーンマリアの被害で携帯回線が壊滅状態のプエルトリコに30機の気球を使ったLTE回線の提供を開始した。当局からの許可後、2週間で実装した。(2017/10/21)

「Google Earth VR」にストリートビュー追加
Googleが、VRヘッドセット対応の「Google Earth VR」に、ストリートビューを追加した。AT&Tパークや世界の名所旧跡をVRで楽しめる。(2017/9/15)

「Galaxy S8」のタフネスモデル「Galaxy S8 Active」、米国で発売へ
Samsung Electronicsが「Galaxy S8」のタフネスモデル「Galaxy S8 Active」を米国で発売する。まずは米AT&Tが独占販売する。仕様はバッテリーが4000mAhである他は、Galaxy S8とほぼ同じだ。(2017/8/8)

京セラ、北米向け高耐久スマホ「DuraForce PRO」をT-Mobileから発売
京セラは、北米向け高耐久スマートフォン「DuraForce PRO」をT-Mobileから発売。これによりすでに販売しているAT&T、Sprint、Verizon Wirelessを含めた米国の4大通信業者から購入可能となった。(2017/6/13)

NIWeek 2017:
AT&Tが28GHz帯の無線テスト装置を披露、DARPAは「6G」計画も
National Instruments(NI)が米国で開催中のプライベートイベント「NIWeek 2017」では、同社の製品を使った事例が多数紹介されている。基調講演では、AT&Tが、28GHz帯対応のチャンネルサウンダーのデモを披露。さらに、米国防高等研究計画局(DARPA)は、「6G(第6世代移動通信)」に向けたプロジェクトを紹介した。(2017/5/25)

「モバイルの未来はビデオに、ビデオの未来はモバイルに」:
AT&T、Time Warnerを854億ドルで買収と正式発表
米通信大手のAT&Tが、映画やテレビ番組のメディア企業であるTime Warnerを約8兆8600億円で買収すると発表した。加入者にスマートフォンでのコンテンツ消費という選択肢を提供していく。(2016/10/23)

Nougat搭載5.7型端末「LG V20」、米国で10月28日発売へ
米AT&Tが、LG ElectronicsのAndroid 7.0搭載5.7型スマートフォン「LG V20」を10月28日に発売する。価格は約830ドル。Googleの「Daydream View」をサポートする。(2016/10/7)

OpenStack Summit Austin 2016:
OpenStackは「多様性を統合する基盤」、フォルクスワーゲンとAT&Tが導入について語る
OpenStack Foundationは2016年4月25日(米国時間)、「OpenStack Summit in Austin 2016」を開幕、基調講演では自動車大手フォルクスワーゲンおよび通信大手AT&Tが、自社のOpenStack導入について語った。(2016/4/26)

AT&Tは「ネットワーク機能の75%を仮想化する」:
「Open Compute Project」にAT&Tやベライゾンら、通信大手が参加
フェイスブックが主導するオープンハードウェアプロジェクト「Open Compute Project」(OCP)が通信事業者向けプロジェクトを立ち上げ、AT&Tやベライゾンなどの大手が参加を表明した。(2016/1/28)

AT&T、電話番号の複数端末共有機能「NumberSync」を間もなく提供へ
米携帯通信大手のAT&Tが、1つの携帯電話番号を複数のSIMなし端末(タブレットやウェアラブル)でも使える「NumberSync」機能の提供を間もなく開始する。SIM端末の電源がオフでもスマートウォッチなどで電話やメッセージの着信に応答できる。(2015/10/15)

活用が進むオープンソースSDN
Googleがネットワークベンダーになる? SDNで激変する業界地図
米AT&Tなどが「Open Networking Summit」でオープンソースSDNへの移行を表明。同イベントでは米GoogleによるSDNプラットフォーム「Jupiter」の発表もあった。(2015/7/16)

Apple、ダウ平均構成銘柄に AT&Tと入れ替えで
証券市場の動きを表す指標として歴史のあるダウ平均の構成銘柄に、Appleが組み入れられ、代わりにAT&Tが除外される。昨年の株式分割により、Appleの株価がダウ平均の中間価格に近くなったためとしている。(2015/3/9)

Apple Pay対抗:
Google、米3大キャリアの端末に「Google Wallet」をプリインストールへ
Googleが、AT&T、T-Mobile、Verizonが販売するAndroid端末にモバイル決済サービス「Google Wallet」をプリインストールすると発表した。また3社によるジョイントベンチャーSoftcardのモバイル決済技術をGoogle Walletに統合することで、「Apple Pay」に対抗する。(2015/2/24)

ホワイトペーパー:
AT&Tセキュリティ責任者が語る「セキュリティの鍵はモバイルとクラウドと人材」
毎月1億8500万件の認証処理に対応する米AT&T。常に進化する攻撃による脅威に対する積極的な対策とモバイルやクラウドのセキュリティーについて聞いた。(2015/2/6)

スマホの通信を支える基幹網の礎――KDDIの太平洋横断ケーブルが「IEEE マイルストーン」に認定
KDDI(旧KDD)、米AT&T、ハワイアンテレコムが1964年に運用を開始した太平洋横断ケーブルが、社会に大きく貢献した発明や技術開発をたたえる「IEEE マイルストーン」に認定された。(2014/11/12)

データのリアルタイム転送が武器
ネットワーク帯域の拡大で即応力を強化したレッドブルレーシング
F1チームのレッドブルはAT&Tとのパートナーシップを強化し、ネットワーク帯域を拡大。世界各地のサーキットと工場間でデータをリアルタイムにやりとりし、レース戦略やトラブル対応に活用している。(2014/10/21)

Computer Weekly:
ネットワーク帯域の拡大で即応力を強化したレッドブルレーシング
F1チームのレッドブルはAT&Tとのパートナーシップを強化し、ネットワーク帯域を拡大。世界各地のサーキットと工場間でデータをリアルタイムにやりとりし、レース戦略やトラブル対応に活用している。(2014/10/8)

AT&Tの従業員が顧客情報に不正アクセス
AT&Tの従業員が顧客のアカウントに許可なくアクセスしていたことが分かり、解雇された。(2014/10/7)

Amazonスマートフォン「Fire Phone」は“何でも認識して即買い”機能付きで199ドルから
Amazonがうわさのオリジナルスマートフォン「Fire Phone」を発表した。米国では7月25日にAT&Tが独占的に発売する。頭の動きを追跡して対応する「Dynamic Perspective」とカメラやマイクで取り込んだ商品や楽曲をAmazonで購入できる「Firefly」が大きな特徴だ。(2014/6/19)

たまおきのOpenStack Watch(2014年6月):
OpenStackにおけるNFVの試み他、OpenStack Summit Atlantaまとめ
レッドハットの参戦を受けて、ホスト環境のシェアに変化は? 日本で著名な企業が使っているのは? AT&Tらによるテレコム向けNFVの試みについても紹介。(2014/6/17)

米通信大手のAT&T、衛星放送のDIRECTVを485億ドルで買収
2月のComcastによるTime Warner Cable買収の発表に続き、大手ブロードバンドプロバイダーによるコンテンツプロバイダーの大型買収が発表された。(2014/5/19)

Microsoft、「Surface 2」のLTE版を679ドルで発売
これまでWi-FiモデルしかなかったMicrosoftのタブレット「Surface」シリーズで初のLTE版が登場した。米AT&TのLTEを利用する。(2014/3/18)

アウディ、車載LTEシステムを発表 月額17ドルから
Audiの新A3シリーズ搭載のオンボードシステム「Audi connect」がLTEに対応する。米国ではAT&TのLTEを月額約17ドルで利用できるようになる。(2014/3/11)

ドコモ、米AT&Tユーザー向けにLTEローミングを提供
NTTドコモが、AT&Tユーザー向けのLTEローミングを、2月4日から提供する。(2014/2/3)

「アメリカ+AT&Tで使う」海外定額データ通信:
海外プリペイドSIM導入マニュアル──「ラスベガスLTE+メキシコ・ティファナ 2014年」編
年明け早々の2014 International CES取材、今回とくに使い勝手がよかったのがAT&TのLTE回線だった。もう1つ、アメリカから徒歩で行けるメキシコ・ティファナのおまけ情報も加えてお届けする。(2014/1/31)

曲面スマートフォン「LG G Flex」、米AT&Tが299.99ドルで発売へ
6インチで縦方向にカーブしているのが特徴のLG製「G Flex」が米国で2月に発売される。AT&Tでの販売価格は2年契約付きで299.99ドルだ。(2014/1/21)

「iPad Air」発売の週末、iPadのアクティベーション数は「昨年の3倍」とAT&T
Appleは新iOS端末発売後3日間の販売台数を発表することが多いが、今回のiPad Airについてはまだ発表していない。(2013/11/5)

子ども向けスマートウォッチ「FiLIP」、AT&Tが発売へ
保護者がスマートフォンで位置情報を把握でき、音声やテキストのメッセージを送ったり、1ボタンで緊急連絡が可能な子ども向けスマートウォッチ「FiLIP」が米国で間もなく発売される。(2013/10/8)

「GALAXY Note 3」、米AT&Tでの販売価格は299.99ドル
SamsungのSペン付き5.7インチ端末「GALAY Note 3」の32Gバイトモデルの米AT&Tでの販売価格は299.99ドル。10月1日に出荷が開始される。(2013/9/17)

不幸や悲劇には触れない:
“9.11”をマーケティングに使ったAT&Tの誤算
悲劇の日に、不謹慎なマーケティング活動を行ったのがAT&Tだ。Mashableに掲載された記事「ブランドの方々へ:ソーシャルメディア炎上を防ぐには」で、マーケティング活動における禁忌を探っていこう。(2013/9/13)

Verizon、Verizon Wirelessを完全子会社化 Vodafoneに1300億ドル
米携帯通信市場トップのVerizon WirelessがVerizonの完全子会社になる。100%の経営権を取得することにより、LTEネットワーク整備などで追い上げるAT&Tやソフトバンク傘下のSprintをかわす狙いだ。(2013/9/3)

Google、スターバックスの全米7000店舗で無料Wi-Fiサービスを提供へ
これまでAT&Tが提供してきた米国内のStarbucksの無料Wi-Fi接続サービスをGoogleが引き継ぎ、従来の10倍のスピードのシステムにアップグレードする。(2013/8/1)

AT&T、Leap Wireless買収でLTE向け周波数帯獲得へ
Verizon Wirelessを追う米通信キャリア2位のAT&Tが、LTE向け周波数帯を保有する通信キャリアLeap Wireless Internationalを約14億ドルで買収すると発表した。ソフトバンクが買収を完了した3位のSprintを迎え撃つ狙いだ。(2013/7/14)

ニューヨークに無料のモバイル向け充電ステーション登場
米AT&Tは今夏、ニューヨークの25カ所に太陽電池式の充電ステーションを設置する。(2013/6/20)

NECカシオ、QWERTYキー搭載のタフネスAndroidを米AT&Tに供給
NECカシオは、MIL規格準拠のタフネスボディに、3.1インチのVGAディスプレイとQWERTYキーを搭載したAndroidスマホ「NEC TERRAIN」を発表した。米AT&Tが法人向けに販売する。(2013/6/20)

ソーラー式無料充電サービス「AT&T Street Charge」、ニューヨークに登場
AT&Tが今夏ニューヨークで、公園などの公共の場25カ所に、太陽電池式のモバイル端末向け無料充電ステーションを設置する。(2013/6/19)

米ITC、Appleの旧モデルiPhoneなどの販売差し止めを決定
AppleとSamsungが世界中で争う特許訴訟の1つで、米国際貿易委員会(ITC)がAppleに対し、AT&Tが販売するiPhone 4Sなどの旧モデルの販売差し止め命令を出した。Appleは異議を申立てるとしている。(2013/6/5)

UXClip(29):
Google I/Oでユーザーに優しいモバイルアプリの条件を考えた
レスポンシブWebを作る上で、モバイルネットワークやWiFiはどう影響するか? AT&Tなどの事例を基に、著者が日本での対応を考えた。(2013/5/24)

Facebook特化端末「HTC First」、1日限定99セントで発売
Facebook Homeをプリインストールした「HTC First」を米国で独占販売するAT&Tが、同端末を1日限定価格99セント(約98円)で発売した。(2013/5/9)

Google、高速ブロードバンド実験サービスのオースティンでの開始を発表
Googleが、昨年7月にカンザスシティでスタートした高速ブロードバンド実験サービス「Google Fiber」を、テキサス州オースティンでも開始すると発表。その直後、AT&Tもオースティンでの同等サービスの提供を発表した。(2013/4/10)

「Facebook Home」は“人が中心”のホーム画面 搭載端末「HTC First」も
FacebookがAndroid端末向けホームスクリーン「Facebook Home」とこれをプリインストールしたスマートフォン「HTC First」(AT&Tが99.99ドルで12日に発売)を発表した。Homeは4月12日にGoogle Playからダウンロードできるようになる。(2013/4/5)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。