ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「バウンス撮影」最新記事一覧

カメラファンを魅了する、質感の高いPEN――オリンパス「PEN-F」
半世紀前に誕生した世界初のハーフサイズ一眼レフの名を継承したPENシリーズの最高峰。シリーズ初搭載のファインダーが、往年のカメラ好きの心を震わせるメカっぽいデザインや操作系にマッチして心地よい。(2016/2/3)

約4000万画素で記録するハイレゾショットの実力は――オリンパス「OM-D E-M5 Mark II」をチェックする
オリンパスのミラーレス最新モデル「OM-D E-M5 Mark II」が登場した。ボディ内手ブレ補正を強化したほか、その応用として画素ずらしによって4000万画素相当を実現する新機能を搭載した。(2015/2/24)

ニッシン、“世界最小”ストロボ「i40」のフォーサーズ用を発売
(2014/6/6)

ニッシン、“世界最小”ストロボ「i40」を販売開始
ニッシンデジタルが「世界最小」(同社)をうたうコンパクトな外付けストロボ「スピードライト i40」を販売開始した。まずはキヤノン、ニコン用を販売する。(2014/4/30)

写真で見る「FUJIFILM X-T1」
富士フイルムが同社創立80周年記念製品として投入する、レンズ交換式FUJIFILM Xシリーズの新製品「FUJIFILM X-T1」を写真で紹介する。(2014/2/3)

リコー、防じん防滴の外付けストロボ「AF540FGZ II」「AF340FGZ II」
リコーイメージングが同社初となる、防じん防滴の外付けストロボ「AF540FGZ II」「AF340FGZ II」を発売する。(2013/8/28)

ソニー、マルチインターフェースシュー対応の小型外付けストロボ「HVL-F20M」
ソニーが「マルチインターフェースシュー」対応、ガイドナンバー20の外付けストロボ「HVL-F20M」を発売する。(2013/2/25)

ニコン、「Nikon 1」専用の小型外付けストロボ「SB-N7」
ニコンがレンズ交換式デジタルカメラ「Nikon 1」に対応する、ガイドナンバー18の小型外付けストロボ「SB-N7」を発売する。(2012/10/24)

ソニー、LEDライト搭載の大光量ストロボ「HVL-F60M」
ソニーがガイドナンバー60の大光量ストロボ「HVL-F60M」を10月末より販売開始する。LEDライトも搭載しており、動画撮影にも適する。(2012/9/12)

デザインとデジタルの力で利便性を増した「NEX」最新型――「NEX-F3」
ソニー「NEX」シリーズの最新機種「NEX-F3」は、αシリーズで培った最新機能を搭載し、「NEX-C3」よりボディデザインを大きく変えてきた。新搭載と新デザインをチェックしていこう。(2012/5/28)

「ベストバランスを追求した結果だ」――ニコン「Nikon 1」詳報
「CXフォーマット」センサーや新マウント、ユニークなデジタル処理もすべてはエモーショナルな映像表現ができるカメラを目指したため。「新しい感動の具現化」を目指したというNiko 1の詳細は。(2011/9/22)

オリンパス、デジタル一眼「PEN」シリーズを拡張 より幅広い層へアピール
オリンパスがマイクロフォーサーズ規格に準拠したデジタルカメラ「PEN」シリーズを3ラインアップ構成へと拡大、より幅広い層へのアピールを狙う。(2011/7/1)

オリンパス、バウンス&リモート対応の小型ストロボ「FL-300R」
オリンパスがポケットに収まるコンパクトサイズながらバウンス撮影とリモート撮影機能に対応した小型ストロボ「FL-300R」を発売する。ガイドナンバーは28(ISO200・m)。(2011/6/30)

NEX対応の小型ストロボ「HVL-F20S」
ソニーはNEX-5/3/C3に対応するガイドナンバー20の小型ストロボ「HVL-F20S」を発売する。(2011/6/8)

デジイチ初心者応援:
外部フラッシュを使って光と影を自在にコントロールする
内蔵フラッシュで撮影すると不自然な感じになりませんか? 今回は外部フラッシュを使った写真撮影にチャレンジしてみましょう。(2011/4/25)

LEDライト搭載、動画撮影にも適した小型ストロボ「スピードライト320EX」
充実した基本機能とバウンス機能に加え、リモートレリーズやスレーブ機能、前面LEDライトを搭載した「スピードライト320EX」が登場する。(2011/2/7)

リモートレリーズ、スレーブ機能を追加、お手軽ストロボ「スピードライト270EXII」
単三形乾電池2本で使える小型ストロボ「スピードライト270EX」に後継製品が登場。リモートレリーズ機能を搭載したほか、ワイヤレス撮影時のスレーブストロボとしても利用可能だ。(2011/2/7)

デジカメ情報店頭直送:
夏ボで後悔しない、3万円以内のデジ一眼アクセサリ
手元にはレンズ2本がセットされたダブルズレンズキット。夏ボで勝ち取った予算は3万円。アクセサリは何からそろえたらいいのか、店員さんのアドバイスに耳を傾けてみよう。(2010/6/28)

文具王の「B-Hacks!」:
文具王選――ブツ撮りを快適にする「超お気に入り文具」
被写体は逃げないし、デジカメなら何枚でも撮れるし――と、アマチュア写真家でも良い写真が撮りやすいブツ撮り。今回は、ブツ撮りのクオリティをさらに高めるお気に入り文具を紹介しよう。(2009/10/30)

ソニー、100グラム以下でバウンス可能な小型フラッシュ
ソニーがα用オプションとして胸ポケットにも入る小型軽量フラッシュを発売。バウンス撮影も楽しめる。(2009/5/18)

デジカメ×FlexScan×EasyPIX:
PR:「撮影テクを磨き、EIZOで確認する」――オークションやブログで差がつくデジカメ術
PC USERでカメラマンとして活躍している矢野渉氏は、商品写真撮影(ブツ撮り)のスペシャリストだ。氏いわく、写真1枚でネットオークションの入札数やブログの反響が大きく変わることもあるので、プロでなくても写真の品質は大切という。そこで今回は一般ユーザーが実践できるブツ撮りのコツと、撮影後に意図した通りの色を表示するためのディスプレイ環境について語ってもらった。(2009/3/30)

キヤノン、バウンス対応のお手軽ストロボ「スピードライト270EX」
キヤノンがストロボ「スピードライト270EX」を発売。照射部を動かすことでガイドナンバー22/27を切り替えて利用できるほか、角度調整してのバウンス撮影も行える。(2009/3/25)

今日から始めるデジカメ撮影術:
第114回 子どもと遊びと活発さの関係
今回はデジタル一眼レフで子どもを撮る話。子どもはとにかくじっとしててくれないので、カメラを向けても思うように撮れないことが多い。さてどうするか。(2009/3/13)

今日から始めるデジカメ撮影術:
第104回 猫とブレとフラッシュの関係
簡単そうで意外に難しいのが猫(の撮影)。老猫がのんびり日向で昼寝しているところを撮るのは簡単だが、活発な子猫となるとちょっと勝手が違ってくる。そんなわけで、今回は「ペットを撮る(室内猫編)」。(2008/9/11)

ソニー、業界初の回転式バウンス機構を備えたフラッシュ「HVL-F58AM」
ソニーが業界初(同社)の回転機構を備えたフラッシュ「HVL-F58AM」を発売。ワンアクションでフラッシュ全体が180度可動するため、スピーディーな構図切り替えが行える。(2008/7/7)

今日から始めるデジカメ撮影術:
第99回 ペットと日常の関係
一番身近で日常的な被写体といえば、「子供」と「ペット」だろう。今回はその2大被写体のうち、ペット(犬)の写真を、室内・屋外(ドッグラン)と撮ってみた。(2008/6/27)

Kiss X2のうま味が詰まった初心者向けデジ一眼――キヤノン「EOS Kiss F」
キヤノンのデジタル一眼レフカメラで新たなエントリーモデルとなる「EOS Kiss F」は、シリーズ最軽量ボディにKiss X2譲りの高機能を凝縮している。(2008/6/10)

小寺信良の現象試考:
取材の方法論を変えたハイビジョンカメラ
キヤノン「HF10」とソニー「HGR-TG1」、2つのハイビジョンビデオカメラを取材で利用する機会があった。子どもの成長を撮るだけではなく、仕事のツールとして利用する“ビジネスビデオカメラ”の可能性も検討する余地があるように思える。(2008/4/28)

今日から始めるデジカメ撮影術:
第66回 フラッシュと光量と写り具合の関係
フラッシュを使うと写真が台無しになると使わない人もいるが、時と場合によっては、強制発行したり外部フラッシュを使った方がいいこともある。上手に使いこなして思い通りの写真を撮ろう。(2007/2/8)

“最新鋭ライカレンズ”をセットにしたデジ一眼――松下「DMC-L1」
松下電器産業が、レンズ交換式デジタル一眼レフカメラ「DMC-L1」を発表。光学式手ブレ補正機構搭載「ライカD VARIO-ELMARIT 14-50mm/F2.8-3.5」とのレンズキット販売のみで実売は25万円前後。発売は7月22日。(2006/6/21)

キヤノン、フルサイズ35ミリCMOSを搭載した「EOS 5D」
キヤノンはハイアマチュア向けデジ一眼「EOS 5D」を発表した。フルサイズ35ミリ(35.8×23.9ミリ)/1280万画素のCMOSセンサーを備えながら、約3コマ/秒の連続撮影も行える。起動時間は約0.2秒と高速で、2.5インチの大型液晶も備えている。(2005/8/23)

ビギナーのみならずプロのサブ機でも超面白い――E-300
オリンパスイメージングが満を持して発売した普及型デジタル一眼レフカメラが「E-300」だ。実売10万円を切っての登場は、オリンパスの本気度が高いことを感じさせる。安い、収納しやすい、そして何よりフルフレームトランスファ方式による広いダイナミックレンジに注目したい。(2005/1/12)

今日から始めるデジカメ撮影術:
第6回 赤ちゃんと笑顔の関係
 自分の子供は片っ端から写真で残したくなるのが親バカというもので、子供がいる人はたいていデジカメを持ってるはず。銀塩フィルム時代に比べ、何100枚撮っても大丈夫なデジカメはまことに救世主なのだ。そこで子供の……特に乳幼児の撮り方である。(2004/9/30)

オリンパス、普及価格帯のデジタル一眼レフカメラ「E-300」を発表
オリンパスは9月28日、普及価格帯のデジタル一眼レフカメラ「E-300」を発表した。「フォーサーズシステム規格」に準拠し、有効画素数は800万画素。価格は未定だが、ボディ本体は10万円を切る価格で発売される見込み。11月下旬発売予定。(2004/9/28)

自動調光で小型・大光量――外部ストロボ「PZ40X」のススメ
光量不足に悩むDSLRの強い味方となる外部ストロボ。自動調光対応の“純正”が一番だが、大きい/重い/高価なのが難点。サンパックの外部ストロボ「PZ40X」は、自動調光/大光量/パワーズーム/バウンス/光量調整といった多機能を小型ボディに凝縮。手頃な価格も魅力だ。(2004/4/16)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。