ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ビジネスプロジェクター」最新記事一覧

エプソン、レーザー光源搭載のビジネスプロジェクター「EB-L1405U」「EB-L1300U」「EB-L1100U」を7月6日に発売
エプソンは、レーザー光源搭載ビジネスプロジェクター「EB-L1405U」「EB-L1300U」「EB-L1100U」計3製品を7月6日に発売する。(2016/6/29)

キヤノン、HDBaseT接続にも対応した大会議室向けLCOS液晶プロジェクター
キヤノンは、同社製ビジネスプロジェクター「パワープロジェクター」シリーズのラインアップにHDBaseT接続対応モデル計2機種を追加した。(2016/4/19)

富士キメラ総研 4K・8Kビジネス/市場の全貌:
4K・8K対応機器の世界市場予測――放送や医療が市場をけん引
富士キメラ総研は、4K・8K対応関連機器/システム、主要デバイス、有望分野/用途に関する調査を実施。その結果を報告書「4K・8Kビジネス/市場の全貌 2016」にまとめた。(2016/4/7)

ソニー「マルチファンクションライト」の市販がスタート!――プラットフォームとしての拡大も視野
これまでB to Bに販路を絞っていた「マルチファンクションライト」を一般消費者も購入できるようになった。さらに他社製品との接続など、さまざまな可能性が見えてきた。(2016/3/30)

光技術:
次世代光源のレーザーは「全ての項目でLED上回る」
新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)、大阪大学、島津製作所は、3原色の可視光半導体レーザーを用いた光源モジュールの開発成果を発表。ヘッドマウントディスプレイやプロジェクタ、照明、自動車用ヘッドランプなどの製品に搭載し、「ほぼ全ての項目でLEDに対する可視光半導体レーザーの優位が明らかになった」という。(2016/3/15)

約2万時間メンテナンスフリー:
常設型プロジェクターでシェア拡大を狙うエプソン、2万5000ルーメンのレーザー光源3LCDプロジェクターを投入
エプソンが、ビジネスプロジェクターの新製品計11機種を発表した。世界最高2万5000ルーメンの明るさと高耐久性を兼ね備える最上位モデルで、イベント会場などの常設プロジェクター市場を狙う。(2016/3/14)

エプソン、レーザー光源採用の3LCDモデルなど常設プロジェクター製品11機種を投入
エプソンは、大会議場/展示場などでの常設に向くビジネスプロジェクター製品を発表した。(2016/3/14)

AMD×Bang&Olufsen:
PR:ビジネスノートに高級ブランドのスピーカーは必要なの?
日本HPの「Elitebook 725G3」は、税別7万円台から購入できる高コスパを実現しつつ、老舗オーディオビジュアルメーカーのBang&Olufsenが手がけたプレミアムスピーカーを内蔵する12.5型ビジネスモバイルノートPCだ。でも実際のところ、ビジネスマシンにそのスピーカーは必要なの……?(2016/3/1)

意外に知らないIT機器選定のコツ:
PR:ビジネスプロジェクター選びの落とし穴 それは「カラーの明るさ」
プロジェクターの性能を比較するうえで重要な「明るさ」のスペック。そこには意外な落とし穴が潜んでいる。(2015/11/25)

超巨大なAndroidタブレット……?:
ベンキューがプロジェクター新製品5モデルを投入、55型4Kディスプレイも展示
ベンキュージャパンがホーム/ビジネス向けプロジェクター5モデルを発表。プロジェクターでもフルHD化が進んでます。(2015/11/18)

3000ルーメン超モデルが3万円台後半から:
3LCD方式で明るさと色域に自信――エプソンがビジネス向けプロジェクター新モデル7機種を発表
エプソンは、ビジネス向けプロジェクターの新製品7機種を発表。3Dプリンターで製作した模型で、エプソンの採用する液晶技術「3LCD方式」による"色域の広さ"をアピールした(2015/7/28)

エイサー、約5万円からのスタンダードビジネスプロジェクター3製品
日本エイサーは、スタンダードクラスモデルとなるビジネスプロジェクター「X3」シリーズ計3製品の販売を開始する。(2015/6/4)

VAIOが強くて何が悪い:
「VAIO Pro 13 | mk2」徹底検証――“タフモバイル”への路線変更は英断か?
人気モバイルノートPC「VAIO Pro 13」が約2年ぶりにフルモデルチェンジ。第2世代となった「VAIO Pro 13 | mk2」は、ある意味で先代機の美しさを捨て、ビジネス向けの実用性にフォーカスした進化を遂げている。その実力をじっくり試してみた。(2015/5/27)

キヤノン、電子ペンで書き込みもできるインタラクティブ機能搭載の短焦点プロジェクター
キヤノンは、短焦点投写に対応したビジネスプロジェクター「LV-WX300UST」「LV-WX300USTi」の2製品を発表した。(2015/5/19)

パナソニック、Intel Pro WiDi/Miracastにも対応した法人向けポータブルプロジェクター
パナソニックは、MiracastおよびIntel Pro WiDiでの無線投写に対応した法人向けポータブルプロジェクター「PT-VW350」シリーズ2製品を発表した。(2015/4/2)

エイサー、モバイル&ビジネス“高輝度”プロジェクタ3モデル発表
700ルーメンの高輝度LED採用のモバイルプロジェクタに、3000ルーメンでコントラスト比が1万3000:1のビジネスプロジェクタが登場。(2015/2/13)

コストパフォーマンスの高さも魅力:
PR:“短焦点+高輝度+フルHD”の最新プロジェクターで仕事がはかどる!――BenQ「TH682ST」のススメ
ベンキュージャパンの「TH682ST」は、約1.5メートルの距離で約100型の大画面投写が可能な短焦点、3000ルーメンの明るさ、フルHDの高解像度を備えた最新プロジェクター。一般ビジネスユースはもちろん、デジタルサイネージ、室内プロジェクションマッピング、さらにはSOHOでのプライベートシアターユースまでこなす。(2014/12/15)

「カラーの明るさ」で差異化:
エプソン、超短焦点などビジネスプロジェクター7機種――20年間シェア1位に向けて「3LCD」を改めてアピール
2014年度上期は60%超のシェアを獲得したというエプソンのビジネスプロジェクター。超短焦点モデルとミドルレンジモデルの合計7機種を一挙に投入し、20年間シェア1位の座を狙う。(2014/11/11)

仕事耕具:
スマホのHD動画をワイヤレスで投写できるビジネスプロジェクター――エプソン
「企業ユーザーの70%が明るさを、83%が高解像度を求める」というプロジェクター。近年ではスマートデバイスと簡単に連携できることもポイントだ。(2014/8/6)

QRコードで簡単接続:
「より明るく、高精細に、タブレット対応の強化も」――エプソンがビジネスプロジェクター3機種を投入
ビジネスプロジェクター市場でトップシェアを走り続けるエプソン。まだ伸ばす余地があるという「多機能パワーモデル」に、明るさ、解像度、タブレット連携を強化した2機種を投入する。10万円を切るスタンダードモデルの新機種も同時発表した。(2014/8/5)

ソニー、大会議場などの常設にも適した明るさ7000ルーメンの3LCDプロジェクター
ソニーは、レーザー光源採用で7000ルーメンの高輝度表示を実現した3LCDプロジェクター「VPL-FHZ700」を発表した。(2014/7/3)

SOHO/中小企業に効く「プロジェクター」の選び方(第1回):
今さら聞けない「プロジェクター」選びのポイント(その1)
大画面を手軽に投写できるプロジェクターはプレゼンの強い味方だ。そんなビジネス用プロジェクターの選び方を紹介する本連載の第1回は、製品選びの基本をチェックしていく。(2014/5/23)

高光束モデルも大量投入:
「インタラクティブ機能で会議や授業を効率化」――エプソン、投写映像に“指でタッチできる”プロジェクター
オフィスや教育現場のIT化が進む中、エプソンは会議や授業の効率アップを目指した「インタラクティブ機能」付きプロジェクター3モデルを発売する。(2014/5/19)

キヤノン、置き場を選ばない“ハイレンズシフト機構”搭載の短焦点ビジネスプロジェクター
キヤノンは、約1.2メートルの位置から100型の投写を可能とした短焦点LCOS液晶プロジェクター「WUX400ST」「WX450ST」の2製品を発売する。(2014/5/8)

三菱電機、プロジェクター事業から撤退
三菱電機がプロジェクター事業から撤退することを決めた。ホームシアター用のDLPプロジェクターも在庫限りとなる。(2013/12/20)

ベンキュー、ホームシアター向きのフルHD対応DLPプロジェクター「MH680」など2製品
ベンキュージャパンは、フルHD表示をサポートしたホームプロジェクター「MH680」などプロジェクター製品2モデルを発売する。(2013/11/27)

エプソン、実売4万円のエントリービジネスプロジェクター「EB-S03」
エプソンは、SVGA表示に対応したスタンダードクラスのビジネスプロジェクター「EB-S03」を発表した。(2013/11/21)

スマホ/タブレット連携を強化:
「ローエンドモデルを充実させ、市場規模とシェアの拡大を目指す」――エプソン、ビジネスプロジェクター5機種を投入
エプソンが3LCD方式のビジネスプロジェクター5モデルをモデルチェンジ。エントリーモデルも無線LANに対応し、スマホやタブレットからの投写を可能となった。コントラストも強化し、明るい部屋での視認性が向上した。(2013/8/8)

エプソン、10万円切るビジネスプロジェクター5機種
エプソンはビジネスプロジェクターの新商品5機種を8月29日に発売する。価格はオープンだが、実勢価格はスタンダードモデルが4万円台後半〜9万円台後半、エントリーモデルが5万円台後半になる見込み。(2013/8/7)

ソニー、タブレット/スマホからも画像投写できる業務用液晶プロジェクター計5製品
ソニーは、業務向けモデルとなる液晶プロジェクター計5製品を発表。いずれもタブレット/スマホからワイヤレスで画像投写を行える「ワイヤレスプレゼンテーション」機能を備えた。(2013/4/22)

業界トップが狙う“常設”市場:
目指すは2013年度にシェア2倍超――エプソン、常設向けプロジェクター9モデルを一挙投入
エプソンは3LCD方式のビジネスプロジェクターに常設型の9モデルを追加した。プロジェクター製品でトップシェアを持つ同社だが、常設型は比較的弱いカテゴリーとのことで、今後は常設型製品の売り上げ増加を目指す考えだ。(2013/3/12)

大小さまざまな会議室に対応可能:
リコー、“短焦点×高倍率ズーム”のプロジェクターなど6機種を投入
リコーはビジネス向けプロジェクター6機種を発売する。短焦点かつ高倍率ズームを備えたデスクエッジモデルは、設置する会議室の大きさを選ばず、さまざまな場面で活躍するとしている。(2013/1/17)

会議や授業の新スタイルを提案:
エプソン、投写画面にペンで書き込める壁掛けプロジェクターなど3機種
エプソンがビジネス/文教市場向けプロジェクター3機種を発表した。投写面上でPCの操作や、ペンでの書き込みに対応するなど、会議や授業をより効果的に行うための機能を数多く搭載している。(2012/12/12)

ソニー、“業界最高”の輝度5200ルーメン対応モデルなど業務用データプロジェクター計6モデルを投入
ソニーは、学校/企業向けとなる高輝度表示対応データプロジェクター「VPL-CW275」など計6製品を発表した。(2012/11/19)

PR:スマートデバイスで“PCレスプレゼン”――「Epson iProjection」でモバイルプロジェクター活用術
PCを介さず、スマートフォンやタブレットから直接操作できるオフィス機器が増えている。エプソンの「Epson iProjection」対応プロジェクターもその1つだ。どのような特徴やメリットがあるのか、具体的に見ていこう。(2012/8/27)

キヤノン、ビジネス向け液晶プロジェクター5機種
キヤノンは明るさ6000ルーメンのフラグシップモデルなど、ビジネス向けプロジェクター5機種を発売する。(2012/8/9)

ソニー、最長7000時間の長寿命化を実現した業務用液晶プロジェクター計9製品
ソニーは、企業向けモデルとなる液晶プロジェクター「D100」「E200」シリーズ計9製品を発売する。(2012/7/18)

約1メートルで80インチ:
ソニー、短焦点のカジュアルプロジェクター「VPL-BW120S」を発売
ソニーは、カジュアルなホームシアター用途に向け、短焦点レンズにより近距離の投映を可能にした新製品「VPL-BW120S」を7月25日に発売する。(2012/7/4)

2012年は国内シェア60%へ:
エプソンがプロジェクター10機種を投入――画面補正機能が進化したモバイルモデルなど
エプソンは、3LCD方式のビジネス向けプロジェクター10機種を発表した。台形補正機能の進化や、2画面表示への対応といったソフトウェア面の更新が主な見どころだ。(2012/6/29)

エプソン、画面のゆがみをピタッと補正するビジネスプロジェクター10機種
エプソンはビジネスプロジェクターの新商品3モデル計10機種を発表した。小型軽量のモバイルタイプ、明るさ5000ルーメンの多機能パワーモデル、5万円以下のスタンダードモデルをラインアップしている。(2012/6/28)

超解像技術にも対応:
明るさ1万ルーメンのモデルが登場――エプソン、常設型のビジネスプロジェクター4モデルを投入
エプソンは3LCD方式のビジネスプロジェクターに常設型の4モデルを追加した。従来製品よりも明るさや高画質処理機能を向上させ、明るさ1万ルーメンのモデルも登場した。(2012/2/8)

80型の最強“ペンタブ”?:
シャープ、80型の業務用タッチディスプレイ──第10世代の大型液晶パネルでビジネス・教育市場を推進
シャープが業務用のタッチパネル搭載80型ディスプレイ「BIG PAD」を投入。電子ホワイトボード+多目的ディスプレイとして、オフィスや教育現場への導入を推進する。(2012/1/10)

エントリー機やiOSアプリも投入:
エプソン、壁掛けやテーブル投写が可能な超短焦点モデルなどプロジェクター7機種
エプソンはプロジェクター計7機種を発表。うち6機種は短焦点が特徴で、オフィスや教育現場での利用を想定している。また、iOS端末向けのプロジェクター接続アプリも発表した。(2011/12/15)

エプソン、6万円を切るエントリー向けプロジェクター「EH-TW400」
エプソンは、液晶プロジェクターのエントリーモデル「EH-TW400」を発表した。“Offirio”のエントリー機を家庭用にチューニングした低価格モデルで、ホームシアター市場の拡大を狙う。(2011/12/14)

こりゃ楽しそうだ:
iPhone/iPadお手軽プロジェクター化キット──ミニプロジェクター「GP2」で遊ぶ
ベンキューが、iPhoneやiPadに対応する超小型LEDミニプロジェクター「GP2」を投入する。発売直前の本機で一足先に遊んでみた。(2011/12/13)

ベンキュー、ゲーマー液晶&プロジェクター新製品──ニーズ細分化と高付加価値で“要求厳しい日本ユーザー”にアピール
ベンキュージャパンが、“ゲーマー向け”液晶ディスプレイのラインアップを拡充。価格を抑えつつRTSゲーム専用の機能を付加したモデルを追加する。(2011/12/13)

カシオ、輝度4000ルーメンを実現したデータプロジェクター「XJ-H1750」
カシオ計算機は、ハイブリッド光源採用データプロジェクターの新モデル計2製品「XJ-H1750」「XJ-H1700」を発表した。(2011/10/31)

使い方はあなた次第:
小さいけどデキるヤツ!?――3LED光源の小型DLPプロジェクター「NP-L50WJD」を試した
一風変わったコンパクトなプロジェクターが、NECディスプレイソリューションズから登場した。LED光源とDLP方式で小型軽量ボディを実現し、ホビーからビジネスまで幅広く活用できる「NP-L50WJD」だ。(2011/9/9)

ビジネス向けに6機種投入:
エプソン、レバー操作でヨコ台形補正が可能なプロジェクター
エプソンがビジネス向けプロジェクター6機種を発表した。シンプルで安いスタンダードモデルを中心に投入、基本性能を強化して使いやすさを向上させる機能が追加された。(2011/8/3)

日立、前方排気のモバイル型プロジェクターなど9モデル
日立コンシューマエレクトロニクスは、業務用液晶プロジェクター9機種を1月12日に発売する。(2010/12/13)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。