ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「法人向けタブレット」最新記事一覧

新連載・“中の人”が明かすパソコン裏話:
どれも同じ? とんでもない! 「ACアダプター」に込めた開発者のこだわり
「ACアダプターなんてどれも同じでしょ?」と思い込んでいたら大間違い! メーカーの中の人だからこそ知っている“PCづくりの裏話”を明かす新連載。1回目は、ACアダプターのローカライズに秘めたこだわりについて紹介します。(2016/9/27)

PR:なぜ今、「SIMカード入りWindows端末」がビジネスシーンを変えつつあるのか
Windows 10を搭載したPCやタブレット、スマートフォンが市場で注目を集めている。企業はこの流れをどう捉え、どのように対応すべきなのか。NTTドコモと日本マイクロソフト、ジェナの3社が語り合った。(2016/9/26)

IDC Japan 国内タブレットソリューション動向調査:
今注目している技術は? 企業の「モバイル」に対する関心は依然として高い
IDC Japanは「国内タブレットソリューションに関するユーザー動向調査」を実施。企業が「今注目している技術」を聞いたところ「モバイル」を挙げる回答者が最も多く見られたという。(2016/7/21)

FAニュース:
パナソニックが軽量の10.1型「タフパッド」を投入、国内の“現場”市場をけん引
パナソニックは、屋外や過酷な“現場”に適した堅牢タブレット端末「TOUGHPAD(タフパッド)」の新モデル「FZ-A2」を発表した。市場想定価格は税込みで15万円前後。FZ-A2シリーズの投入に合わせてモデルチェンジを行うタフパッドと堅牢ノートPC「TOUGHBOOK(タフブック)」全体で年間生産台数7万台を目指す。(2016/6/16)

やっちゃえパナソニック:
「氷漬けにしてハンマーでたたいてみた」 頑丈Androidタブレット「TOUGHPAD FZ-A2」新製品発表会
パナソニックが頑丈タブレット「TOUGHPAD(タフパッド)」の新モデルとして、Android 6.0を搭載した10.1型タブレット「FZ-A2」を発表した。現行モデルもOSアップデートや機能を追加し、ラインアップ強化を図っている。(2016/6/15)

COMPUTEX TAIPEI 2016:
“パソコンの斜陽化”でMicrosoftがパートナーに打ち出すメッセージとは
PC斜陽化が叫ばれるなか、Windows 10 Mobileの市場はそれほど拡大しておらず、Microsoftの市場支配力は以前よりも弱まっていると言われる。MicrosoftのCOMPUTEX基調講演から見えてきたのは……(2016/6/2)

ビジネスと相性のいい2-in-1はどちら?
徹底比較:王者「12.9インチiPad Pro」 vs. Windows 10搭載2-in-1、総合力で勝るのは?
いい仕事に12型クラスディスプレイとキーボードは必須。「PCを駆逐する」と豪語する12.9インチiPad Proに「Windows 10」を搭載する正統派2-in-1が挑む。処理能力からボディーの質感まで総合力で評価した勝者は?(2016/5/22)

性能面では不満はほとんどない
「iPad Pro」があれば職場のノートPCはいらない? 購入希望者の背中を押す「3つの条件」
タブレットはノートPCより小さくて軽くて持ち運びやすく、ノートPCとほぼ同じことができる。だが、現時点ではまだ、企業はタブレットをノートPCの代わりにはしていない。(2016/5/20)

メルマガバックナンバー:
モノづくり総合版 メールマガジン 2016/05/12
「EE Times Japan」「EDN Japan」「MONOist」編集部が毎週木曜日にお届けしている『モノづくり総合版 メールマガジン』の内容をご紹介!(メルマガ配信日:2016年5月12日)(2016/5/13)

日立ケーイーシステムズ TS1シリーズ:
過酷な製造現場でも使用可能な「Windows Embedded / IoT」搭載業務用タブレット
日立ケーイーシステムズは、業務用タブレット端末の新製品「TS1シリーズ」の販売開始を発表した。(2016/5/10)

PR:ビジネスパーソンと企業、2つの“当たり前”を兼ね備えたタブレット――本田雅一氏が「ARROWS Tab R726/M」を徹底レビュー
高性能でスタイリッシュ、かつ企業が安心して導入できる――そんなWindowsタブレット「ARROWS Tab R726/M」を富士通が発表した。日々さまざまな最新IT機器に触れているITジャーナリストの本田雅一氏が、モバイルワークなどを行うビジネスパーソンの視点で同端末を徹底レビューする。(2016/3/16)

PR:富士通の新型タブレットは企業にとってなぜ「うれしい」? ITmediaの現役情シスが感じた“3つのポイント”
タブレット端末を導入して業務を効率化したいが、ノートPC以下のスペックしかないタブレットには不安がある。そんな悩める企業にお勧めなのが富士通のWindowsタブレット「ARROWS Tab R726/M」だ。アイティメディアの現役情シス・イシノが同端末を使って分かった「3つのポイント」を紹介しよう。(2016/3/14)

トリップアドバイザー担当者が語る:
PR:エアコンに次ぐ必需設備 「無料Wi-Fi」は外国人観光客のホテル選びのポイントに
インバウンド需要の高まりによって日本のホテルや観光業が沸いている。そうした中、トリップアドバイザーが行ったユーザー調査によると、外国人旅行客がホテルの部屋選びで重視するポイントとして「無料Wi-Fi」が上位に入っていることが明らかになった。これは今後の各宿泊施設の戦略に大いに関係しそうだ。(2016/3/1)

主要アプリを調査
「iPad」をMacやPCの外部ディスプレイにするアプリはどこまで使える?
ノートPC使用中にもっと広い画面が欲しくなったら、「iPad」を「Windows」と「OS X」のセカンドモニターに変えるアプリがある。仕事に使える性能なのか検証した。(2016/2/27)

2020年に向けた病院内のIT化を推進する取り組みとは
iPhone 3200台導入の東京慈恵会医科大学、情報共有の在り方を一新
Appleの「iPhone」3200台を導入するなど、2015年からモバイル端末を中心としたIT環境を着々と構築している東京慈恵会医科大学。同大学が目指す医療ITのビジョンとは。(2016/4/11)

デル、ビジネス向けのAtom搭載Windowsタブレット「Venue 8 Pro 5000」などを発表
デルは、ビジネス向けWindowsタブレットPC「Venue Pro」シリーズ、および2in1モバイルノートPC「Latitude 2-in-1」シリーズを発表した。(2016/1/20)

Surface Pro 4とも比較、ノートPCの代わりになるか
徹底レビュー:「iPad Pro」の圧倒的な大きさと性能を堪能する、仕事と遊びで実力を検証
長らく登場が待たれていた大画面iPad「iPad Pro」。専用キーボードの登場でノートPCの代替となるという見方もあるiPad Proだが、本当にそうなのか。スペックや実際の使い勝手から検証する。(2015/11/28)

最新記事ランキングから編集部おすすめ記事を紹介
本音では「iPad Pro」と「Surface Pro 4」のどちらも欲しい
同時期に発表された「iPad Pro」と「Surface Pro 4」。メインPCの代わりに購入が検討されるほどの人気機種です。どちらにするか悩んでいる人も多いことでしょう。最新記事ランキングから編集部のお薦め記事を紹介します。(2015/11/27)

足りないビジネスアプリケーション
「iPad Pro」がMacとWindows PCを駆逐? 「それは無理」と断言される理由とは
「iPad Pro」はMacとPCを代替する実力を備えているようにもみえる。Apple CEOのクック氏も「iPad Proは両者をリプレースするだろう」というが、多くのPC業界関係者は「正直言ってそれは無理」と考えているようだ。(2015/11/26)

Microsoft Office利用可能でキーボード、スタイラスも
「iPad Pro」と「Surface Pro 4」をあえて比較、仕事で映えるのはどちら?
「Office」を搭載し、オプションでキーボードが提供される米Microsoftの「Surface」はエンタープライズ向けタブレットだ。その最新モデルとなる「Surface Pro 4」に今、米Appleの「iPad Pro」が対抗している。(2015/11/24)

コスト削減されたパーツはこれとこれ
徹底レビュー:安さで注目の「Amazon Fire」タブレット、5000円で買った人は満足できるか?
日本でも9月30日に発売となった、50ドルを切る新7インチタブレット「Amazon Fire」。一般向けには8980円で、プライム会員には4980円で販売される。この激安タブレットの性能はどうだろうか?(2015/11/8)

進化した「Retinaディスプレイ」の鮮やかさを見よ
徹底レビュー:iPhone、iPadではなくやっぱり「iPad mini 4」、誰もが驚く細部へのこだわりとは
米Appleの「iPad mini 4」には「iPad mini」の過去モデルを一掃し、よりパフォーマンスの高いモデルの普及を図るという意図が見え隠れする。その詳細を徹底検証する。(2015/11/7)

パナソニック、4K対応高精細タブレット「TOUGHPAD 4K」にFire Pro搭載モデルなど4機種を追加
パナソニックは、同社製法人向けタブレットPC「TOUGHPAD 4K」シリーズにFire Pro搭載モデルなど4機種を追加した。(2015/11/5)

Windows 10時代のアプリ開発に乗り遅れないために(2):
PR:2020年に向けたアプリ移行は2ステップで計画を――「Visual Studio 2015」が強力支援
開発者やシステム管理者にとって悩みの種がソフトウェアの「サポート期間」だ。2020年のWindows 7サポート終了に向けて、まずはIE対応アプリケーションの対策を行い、将来的な投資の一環として既存デスクトップアプリケーション資産の移行を順次進めていきたい。(2015/11/5)

タブレットの“3-in-1”使用、超小型デスクトップ PCでフリーアドレスを実現
生産性向上こそワークスタイル変革の目的、そのためのベストなデバイスとは?
多くの企業が挑戦するワークスタイル変革。モバイルデバイスを導入して満足するケースもあるが、生産性向上という目的を見失っていないだろうか。生産性向上を実現するために最適なデバイスを紹介しよう。(2015/11/10)

ユーザー視点による開発の極意とは
「iPad」を導入してもモバイルアプリのデザインを忘れる会社
企業でモバイルデバイスを使うのが当たり前になりつつある。その中、エンドユーザーにとって使いやすいアプリケーションは非常に重要だ。ユーザー視点のアプリケーション開発で重要な考え方を紹介する。(2015/10/29)

Microsoftの“逆襲”が本格化
iPad派も認めざるを得ない「Surface」大躍進、新製品で加速か
スマートデバイス市場で長らく、米Apple、米Googleの2大巨頭に押され気味だった米Microsoft。同社は「Surface」シリーズを核に、ここにきて急速に存在感を示し始めた。(2015/10/27)

トライアルキャンペーン・モニター募集中!:
PR:結局、何が便利なの? “ノートPC派”の女性記者ハルナが試す「はじめてのWindowsタブレット」
(2015/10/19)

KDDI、防爆検定取得の法人タブレット「TOUGHPAD FZ-E1/FZ-X1」を10月下旬に発売
KDDIは、爆発や火災が起こる可能性のある危険箇所でも使用できる「国内防爆検定」を取得した法人向けタブレット「TOUGHPAD FZ-E1/FZ-X1」の取り扱いを10月下旬に開始する。(2015/10/14)

ビジネス活用の可能性を探る
「iPad Pro」登場で“PC終了のお知らせ”がやっぱり現実に?
デスクではノート型PCとして使え、出先ではタブレットとして使用できる大型タブレットの「iPad Pro」。そのビジネス活用の可能性を探る。(2015/10/14)

低電力モードでバッテリーが長持ち
徹底レビュー: iPhoneに“快適”という魔法を掛ける「iOS 9」、Appleの本気をまじまじと見る
「iOS 9」の登場により、失敗作とも言われた「iOS 8」からユーザーはようやく解放されることになった。iOS 9に搭載された「iPhone」向け機能を紹介しよう。(2015/10/10)

富士通、Windows 10搭載法人向けPCを発表 “学校専用”タブレットも投入
富士通は「Windows 10」を搭載した法人向けタブレット、PC、ワークステーションなど12機種を発売することを発表した。新たに文教市場に特化したWindowsタブレットを投入する。(2015/10/6)

スクリーンキーボードもより使いやすく
徹底レビュー:「iPad Pro」だけではない 既存iPadもガラリと変える「iOS 9」新機能
米Appleの「iOS 9」は、同社が2010年に初代「iPad」をリリースして以来、最も大きな変化をiPadにもたらしている。(2015/10/3)

最新記事ランキングから編集部おすすめ記事を紹介
ひょっとすると歴史が変わるかもしれない「iPad Pro」の登場
「iPad Pro」登場でますます激化するタブレット市場の覇権争い。最新記事ランキングから編集部おすすめ記事を紹介します。(2015/10/2)

5名様にお届け:
PR:ビジネスで“本気”で使えるWindowsタブレットを試してみませんか? 「HP ElitePad 1000 G2」トライアルキャンペーン開始!
(2015/10/13)

70インチスクリーンサイズの投影が可能
なぜ付けた? プロジェクター内蔵タブレット「Lenovo YOGA Tablet 3 Pro」のスゴイ仕組み
欧州家電見本市「IFA 2015」で発表されたプロジェクター内蔵タブレット「Lenovo YOGA Tablet 3 Pro」。大容量のバッテリー容量と美麗なディスプレイを持つタブレットの実力を探る。(2015/9/26)

Appleが2-in-1型デバイス市場に本格参入
オフィスからPCが消えて「iPad Pro」ばかりになると考える人たち
iPad分野は年々売り上げが落ちている。「iPad Pro」は、売り上げを回復させる起爆剤になるのか。2-in-1型デバイス市場を紹介しつつ、iPad Proの詳しい機能について見ていく。(2015/9/25)

ベストスマートフォンの進化とは
「iPhone 6s/6s Plus」購入希望者の背中を強く押す、移行すべきこれだけの理由
外観は前モデルとほぼ同じだが、内部は大きく進化――。「iPhone 6s」「iPhone 6s Plus」の注目機能を紹介し、買い替えを迷っているユーザーの背中を強く押したい。(2015/9/23)

7〜12インチが選択肢
「iPad Pro」で悩みが増える――タブレットにおける最適な画面サイズとは?
タブレットを選ぶときには、適切な画面サイズを決めることが重要になる。小型、中型、大型のうち、どのサイズの画面を選ぶかは、タブレットを使用する目的、場所、予算に左右される。(2015/9/20)

最新記事ランキングから編集部おすすめ記事を紹介
サボっている部下をチャットツールでたしなめる(または、たしなめられる)
コミュニケーションツールの進化により、業務をサボりがちな同僚・部下の状況が明確に分かるようになりました。最新記事ランキングから編集部おすすめ記事を紹介します。(2015/9/18)

iPadの売上減が背景か
iPhone/iPadが連係する3つのキラーアプリとは? AppleとCiscoの協業を裏読みする
2015年9月に発表された米Appleと米Cisco Systemsの提携。果たしてこれには両社どのような意図があるのだろうか。(2015/9/16)

スペックでは語れない価値がある?
「iPad Pro」が「Surface Pro 3」より多く売れると予想する理由
大型iPad「iPad Pro」がついに発表された。専用のキーボードやスタイラスペンをそろえるなど、ライバルの「Surface Pro 3」を意識した点も見えるiPad Pro。その実力を検証する。(2015/9/15)

ロジスティクスソリューションフェア:
MP3プレーヤーのようなバーコードリーダー、現場の負担軽減に貢献
台湾Unitechの日本法人であるユニテック・ジャパンは「ロジスティクスソリューションフェア2015」で、好調を続ける小型バーコードリーダーや新製品である業務用タブレットなどを紹介した。(2015/9/11)

キーボード付きカバーとスタイラスペンも同時に発表
iPadとSurfaceが“プロ”対決 「iPad Pro」は最強のビジネスタブレットか
何度となく登場がうわさされていた12.9インチの「iPad Pro」がついに発表された。キーボード付きカバーとスタイラスペンがアクセサリとして用意されており、最強のビジネス向けタブレットとして大きな注目が集まっている。(2015/9/11)

「2015台湾医療・デンタル・介護製品発表会」リポート
台湾発の医療IT、日本の医療・介護を支援
2015年6月に開催された「2015台湾医療・デンタル・介護製品発表会」では、医療用タブレットや在宅医療や介護関連の製品などが出展されていた。本稿では展示内容の一部を紹介する。(2015/7/1)

製造マネジメントニュース:
設計現場で20型4Kタブレット端末を使う意味
パナソニックは、20型で4K解像度の業務用タブレット端末「TOUGHPAD 4K」の新製品を発表。その中で2014年夏に発売した設計現場向け製品の導入状況などを明らかにした。(2015/6/24)

Windows 10にも当然対応:
米HP、Type-C USB搭載の8型“2048×1536”「HP Pro Tablet 608 G1」発表
オプションで携帯キーボードも用意。4Gデータ通信にも対応するビジネス向けタブレットが7月に登場。8月にはWindows 10導入モデルも出荷する。(2015/6/22)

USモデル先行レビュー:
「Surface 3」を2週間使って分かったこと――Surface Pro 3/新MacBookとの違いは?
サンフランシスコに在住し、「Surface Pro 3」と「新しいMacBook」を使っているソフトウェアエンジニアの筆者が、いち早くUSモデルの「Surface 3」を入手。日本モデルの販売開始を前に、2週間ほど使ってみたレビューをお届けします。(2015/5/24)

「Surface 3」はY!mobileのニュースタートにふさわしい製品――ソフトバンク エリック・ガン専務
ソフトバンクとマイクロソフトが「Surface 3」の国内販売を発表。個人向けにはY!mobileブランドで取り扱う。ソフトバンクのエリック・ガン専務は、「Y!mobileのニュースタートにふさわしい製品」とアピールした。(2015/5/19)

MS本気「Surface 3」 法人PC市場へのインパクト
マイクロソフトが新型のWindowsタブレット「Surface 3」を発表。622グラムで6万円台から、LTE内蔵でSIMフリー。ソフトバンクと戦略的パートナーシップを結び、特に「法人PC市場」への訴求を加速させる。(2015/5/19)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。