ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  C

「CanoScan」最新記事一覧

Windows 10 The Latest:
アップグレードは大丈夫!? 各社のWindows 10対応状況まとめ
期間限定で無償アップグレードが提供されているWindows 10。だが無償だからといって飛びついていいのだろうか? アップグレードの成否を左右するハードウェア/ソフトウェア/サービスのWindows 10対応状況を取りまとめてみた。(2016/3/25)

モバイル、クラウド、女性向けで市場活性化:
「PIXUS」と「MAXIFY」――“2つのインクジェット”でシェア1位を狙うキヤノン
成熟市場と言われるプリンタだが、キヤノンは家庭向けでモバイル/クラウド連携および女性ユーザー層の新規獲得、ビジネス向けで新ブランド立ち上げによる拡販を図る。(2014/8/29)

キヤノン、クラウド連携機能を強化したA4フラットベッドスキャナ「CanoScan LiDE 220」
キヤノンは、フラットベッド型スキャナ「CanoScan」シリーズの新モデル「CanoScan LiDE 220」を発表した。(2014/8/28)

キヤノン、A4フラットベッドスキャナ「CanoScan 9000F Mark II」を3月14日に発売
キヤノンは、「生産上の都合」により発売延期となっていたA4フラットベッドスキャナ「CanoScan 9000F Mark II」を3月14日に発売する。(2013/2/26)

キヤノン、A4フラットベッドスキャナ「CanoScan 9000F Mark II」の発売日を延期
キヤノンは、フラットベッドスキャナ「CanoScan 9000F Mark II」の発売延期を発表した。(2013/2/14)

キヤノン、高解像度CCDセンサーを採用したフラットベッドスキャナ「CanoScan 9000F Mark II」
キヤノンは、9600dpiの高精細CCDセンサーを採用する最上位フラットベッドスキャナ「CanoScan 9000F Mark II」を発売する。(2013/2/7)

キヤノン、実売約1万円の薄型フラットベッドスキャナ「CanoScan LiDE 210」
キヤノンは、薄型筐体採用のフラットベッドスキャナ「CanoScan LiDE」シリーズ新モデル「CanoScan LiDE 210」を発売する。(2010/8/30)

EOSやPIXUSなど購入者へ10万円分の旅行券があたるキャンペーン
キヤノンはカメラやプリンタなどの購入者を対象に、10万円分の旅行券や電子辞書などがあたる「いい旅撮ろうキャンペーン」を開始する。(2010/7/15)

フィルムスキャンを高速化:
キヤノン、9600dpiのフィルム対応フラットベッドスキャナ「CanoScan 9000F」
キヤノンの「CanoScan 9000F」は、フィルムスキャン対応のA4フラットベッドスキャナ。内部設計を一新し、フィルム読み取りにおける速度と画質の向上を図った。(2010/6/17)

プリンタをもっと快適・便利に:
PR:PIXUSユーザー必見!――「キヤノンお知らせメッセンジャー」が“おトク”な5つの理由
キヤノンのインクジェットプリンタ「PIXUS」シリーズを購入したら、必ず導入したいのが新しい“お助けツール”の「キヤノンお知らせメッセンジャー」だ。購入後のサポート情報や気になるキヤノン製品の最新情報を自動で届けてくれるほか、インクや用紙などの消耗品もより手軽にオンラインで注文できるようになる。(2010/6/1)

仕事耕具:
キヤノン、1ボタンでおまかせスキャンできる「LiDE 700F」 9600dpiでフィルムスキャンも
キヤノンは、フラットベッドスキャナ「CanoScanシリーズ」の新製品として「CanoScan LiDE 700F」を発売する。スキャンボタンを押すだけで原稿の種類を自動判別し、原稿に適した設定でスキャンできる「おまかせスキャン」機能などを搭載している。(2009/3/26)

9600dpiのフィルム対応薄型スキャナも:
キヤノン、FAX機能を強化したインクジェット複合機「PIXUS MX860」
キヤノンはADF/FAX搭載のインクジェット複合機「PIXUS MX860」と、9600dpiでのフィルムスキャンに対応した薄型スキャナ「CanoScan LiDE 700F」を発表した。(2009/3/24)

原稿種を自動判別して読み込むスキャナ――キヤノン「CanoScan 5600F/LiDE 200」
キヤノンのフラットベッドスキャナ「CanoScan 5600F」と「CanoScan LiDE 200」は、原稿種の判別、スキャン、クロップ、画像処理、保存までが自動で行える。(2008/8/21)

白色LEDで高速起動と省電力を実現:
キヤノン、ウォームアップレスのフラットベッドスキャナを発表
キヤノンは、4800dpi対応CCDスキャナの「CanoScan 8800F」と2400dpi対応CISスキャナの「CanoScan LiDE 90」を発表。8800Fは白色LEDを光源に採用した。(2007/8/23)

独特のボディに高性能を凝縮した4800dpiスキャナ――キヤノン「CanoScan 8600F」
CanoScanシリーズにおいて最上位に君臨するのが、4800dpi対応のCCDセンサ搭載モデル「CanoScan 8600F」だ。その速度、機能、画質をチェックしてみた。(2006/10/27)

文具ニュースダイジェスト:
キヤノン、CCD読み取りタイプのスキャナ「CanoScan 8600F」など4機種
(2006/8/28)

文具ニュースダイジェスト:
3秒で乾燥させるジェットタオル、肩こりを緩和するマウス ほか
8月21日〜27日にかけての「文具ニュースダイジェスト」では、9年ぶりにモデルチェンジした三菱電機のジェットタオルなどを紹介する。(2006/8/28)

キヤノン、4800dpi対応モデルなどミドル/エントリースキャナ4製品を発表
キヤノンは、4800dpiスキャン対応モデルとなる「CanoScan 8600F」「同 Lide 600F」「同 4400F」、2400dpi対応モデルの「CanoScan Lide 70」の計4製品を発表した。(2006/8/22)

CISでも4800dpiのスキャンを実現――USBバスパワー動作の「CanoScan LiDE 600F」を試す
8月22日、キヤノンはCanoScanシリーズの新モデル4機種を発表した。発売は9月上旬から順次行なわれるが、まずは軽量・薄型の上位機「LiDE 600F」を見ていこう。(2006/8/22)

エプソンが放つ新たな刺客――カラリオ・スキャナ「GT-F650」
エプソンのスキャナに新モデルが登場した。ミドルレンジからローエンドまでCCDを採用し画質を追求する一方、PDF作成やOCRなどの機能面も大幅に強化している。(2006/7/27)

キヤノンのフラッグシップ複合機がまったく新しく生まれ変わった――PIXUS MP950
2004年は単機能プリンタの一新で市場を制したキヤノンが、2005年は本格的に複合機ラインアップを展開する。最上位の「PIXUS MP950」は、昨年モデルの最上位だった「PIXUS MP900」の後継だ。型番的な違いは小さいが、中身はまったく別物といえるほど進化している。(2005/11/2)

キヤノン、文書ファイリング機能も強化した高画質フラットベッドスキャナ新モデル
キヤノンは、ファイル管理ソフト「ファイル管理革命Lite」を同梱するフラットベッドスキャナ新モデル3機種「CanoScan 9950FV」「CanoScan 8400FV」「CanoScan LiDE 500FV」を発表した。(2005/9/9)

キヤノン、高速2400dpiスキャン対応のフラットベッドスキャナなど2製品
キヤノンは、高速2400dpiスキャン対応のフラットベッドスキャナ「CanoScan 5400F」および薄型設計のスリムボディを採用する「CanoScan LiDE 60」の2製品を発表した。(2005/7/5)

キヤノン、縦置き設置も可能な薄型スキャナを発表
キヤノンは、縦置き設置をサポートした薄型スキャナ「CanoScan LiDE 500F」を発表した。価格は2万円前後。(2005/2/2)

6色インクを採用したキヤノンの複合機最上位モデル――PIXUS MP900
キヤノンの複合機ラインアップが大幅に整理された。従来までの2機種6モデルから、3機種4モデルへと変わり、フォト環境を主眼にした新機種の「PIXUS MP900」が加わった。複合機では他社に出遅れていた感のあるキヤノンだが、巻き返しはなるだろうか。(2004/11/12)

フラットベッドスキャナ「CanoScan」にはがきファイリングソフトを付属するキャンペーン――キヤノン
キヤノンは、フラットベッドスキャナ「CanoScan」シリーズに、はがきファイリングソフト「はがき交遊録」(非売品)を同梱して発売する。キャンペーン期間は11月1日から2005年1月15日まで。(2004/10/19)

キヤノン、フラットベッドスキャナ2機種を発表
キヤノンは4800dpiの解像度を持つ「Canon's Hyper CCD IV」を採用したフラットベッドスキャナ「CanoScan 9950F」および3200dpiの「Canon's Hyper CCD III」採用の「CanoScan 8400F」を発表した。価格はオープンプライスで、店頭予想価格はCanoScan 9950Fが4万5000円前後、CanoScan 8400Fが2万6000円前後。(2004/9/8)

キヤノン、CCD採用の低価格スキャナ「CanoScan 5200F」を発表
キヤノンは5月20日、CCDを採用した普及価格帯のスキャナ「CanoScan 5200F」を発表した。価格はオープンプライスで、実売総低価格は1万5800円。5月28日より発売予定。(2004/5/20)

カラーFAX機能を搭載する低価格複合機――キヤノン PIXUS MP390
キヤノンのインクジェット複合機「PIXUS MP390」は、昨年秋に発売された「PIXUS MP370」の上位モデルだ。プリンタ部とスキャナ部のスペックはMP370と同じだが、新たにスーパーG3規格に対応したカラーFAX機能を搭載した。(2004/4/23)

パーソナルユースからオフィス需要まで幅広くカバーする複合機――キヤノン PIXUS MP710/740
 キヤノンの「PIXUS MP710」(以下、MP710)と「PIXUS MP740」(以下、MP740)は、それぞれPIXUS MP700/730の後継となるA4複合機だ。上位モデルのMP740はFAX機能とADFを搭載し、オフィス用途まで視野に入れている。(2004/3/19)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。