ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  C

  • 関連の記事

「Clarksfield」最新記事一覧

関連キーワード

3Dもタッチもデジタル3波もBDもこれ1台:
“多機能すぎる”液晶一体型PC――「All-in-One PC ET2400XVT」を味わう
新世代CPUや大手メーカーのPC春モデルと、年明け早々にPC業界が盛り上がりを見せる一方、筆者宅では思いのほか活躍してくれるオールインワンマシンがあった。(2011/1/25)

新Core i7搭載で6万円台から:
日本HPの“速くて安い”第2世代Core i7搭載ノートを徹底検証
「HP Pavillion Notebook」シリーズに追加された「dv7-5000」と「dv6-4000 Premium」は、コストパフォーマンスの高さが際立つ“Sandy Bridge”採用ノート。2台まとめてチェックしよう。(2011/1/17)

これは、速くて安い:
「Prime Note Galleria MR5」検証――Core i7×Radeon HD 5650×フルHD液晶で11万円台のゲーミングノート
昨今はショップブランドのBTO対応ノートも完成度がグッと上がってきた。ドスパラの「Prime Note Galleria MR5」を見ても、その買い得感は侮れないものがある。(2010/11/4)

MSIの「GT660R」「GX660R」を「LOST PLANET 2」で発表直後に遊んでみた
MSIが2010年に「最重要!」と力を入れるゲーミングPC。そのフラッグシップマシンが日本に登場。期待の実力を最新ゲームベンチマークテストで試してみた。(2010/8/24)

ムーリーさん、なんか見えてますよ:
ムーリー・エデン氏、「Sandy Bridge」のスペックを“ほんのちょっとだけ”話す
米Intelのムーリー・エデン氏が来日。COMPUTEX TAIPEI 2010の「PCクライアント・セッション」で触れなかった次世代CPUのスペックに言及した。(2010/6/8)

2010年PC夏モデル:
最強のCPUと最強のGPUを搭載したノート──「IdeaPad Y560」
IdeaPad最上位ラインアップに新モデルが登場。下位モデルのCPUが最新モデルに変更された。(2010/6/8)

PR:正攻法で勝負をかけるMSIイチオシ「GT660」を世界最速でチェックする!
CeBIT 2010で華々しく登場した「GT660」は、強力なスペックと「DYNAUDIO」監修のサウンド環境が注目を集めている。COMPUTEX TAIPEI 2010でも主役となるフラッグシップノートを、世界最速で紹介しよう。(2010/5/31)

NVIDIA 3D Vision標準対応:
“3D”対応ノートPC「G51Jx 3D」の飛び出し具合を体感する
映画やテレビで“3D”が盛り上がりを見せる中、3D対応のゲーミングノートPC「G51Jx 3D」が登場。さまざまな3Dゲームや映像を立体視できる注目の1台を試した。(2010/5/24)

パワフルで“シック”なゲーミングPC──MSI「GT640」で遊ぶ
MSIのノートPCで「ロングセラーラインアップ」なのが、ゲームユーザーを意識した「GT」シリーズ。16万円台クアッドコアCPU搭載モデルの実力をチェックした。(2010/4/28)

10万円以下で買える高性能PC:
さすがにXPSは格が違った――ハイエンドミニタワー「Studio XPS 8100」の実力
デルのハイエンドデスクトップPC「Studio XPS」シリーズに、Intel H57 Expressベースの新モデルが登場した。Core i7-860+GeForce GTS 240のベーシックパッケージなら9万9990円で購入できる。(2010/3/17)

CeBIT 2010:
「大事なのはゲーム?サウンド?」──MSI“DYNAUDIO”ハイエンドノートPCの真意
MSIが「2010年イチオシ!」のハイエンドノートPC「GT660」は日本市場でも登場する予定だ。ここでは、その細部をデバイスマネージャーでチェックする。(2010/3/5)

衣替えしてオシャレに:
デル×ネイルで魅せる「Studio 15×OPI」を試す
デルのスタンダードノートPC「Studio 15」がフルモデルチェンジしてインテルの最新CPUを搭載した。ネイルブランド「OPI」のコラボも特徴だ。(2010/2/25)

モバイルCPUの価値はコア数とクロックで決まらない
インテルのモバイル向けCPUはClarksfieldとArrandaleがCore i7に混在する。混乱しそうなこの状況はなぜ起きたのか?“CULV”のインテル的定義も含めて聞いてみた。(2010/1/22)

エイリアンでリアル彼女:
“宇宙最強”の15.6型ワイドノートPC「Alienware M15x」で遊ぶ
デルのゲーマー向けPCブランド「Alienware」には、15型クラスのノートPCながらCore i7を搭載可能な「Alienware M15x」がラインアップされている。その実力は?(2010/1/22)

「VAIO F」2010年春モデル3台で検証:
モバイル向け新Core iシリーズのCPU性能をじっくり調べてみた
2010年PC春モデルではモバイル向け新Core iシリーズの積極採用が目立つが、従来のCPUとは何が違うのか? 多岐に渡るラインアップを整理し、その実力をチェックする。(2010/1/20)

これが“冬ボ”の使い道:
画面が大きく鮮やかになった新型「iMac」を徹底比較
物欲が加速する年末のこの時期、新型iMacの中で最も安い21.5型モデルと、Core i5を搭載する27型モデルを比較してみた。Windows 7環境での性能評価も。(2009/12/18)

年末恒例の「2009年インテル10大ニュース」を発表
インテルは2009年最後の定例記者会見を12月16日に行った。恒例の10大ニュースでは「モバイルコンピューティング」と「32ナノ22ナノ」にフォーカスが当てられた。(2009/12/17)

元麻布春男のWatchTower:
Core i7ノートPCの実力を「HP Pavilion Notebook PC dv7」で確認する
いまひとつ盛り上がりに欠けるCore i7搭載ノートPCだが、その性能は非常に魅力的だ。デル製PCに続き、日本HPのハイエンドノートPCをチェックした。(2009/12/9)

「Core 2 DuoやCore 2 Quadはもう古い」──2010年はCore iシリーズを使いなさい
インテルは2010年に向けてNehalem世代とWestmere世代のCPUに全力をかける。ロングセラーのCore 2シリーズは「以前のコア」と社内で呼ぶことにしたそうだ。(2009/11/26)

デュアルコアでは満足できない!!:
CULVとかいっていないで、デルのCore i7ノートPC「Studio 15」でかっとぼう!!
開発コード名で「Clarksfield」と呼ばれていたモバイル向けCore i7を搭載したデルの「Studio 15」が発売された。その圧倒的な性能をチェックしよう。(2009/10/20)

CEATEC JAPAN 2009:
インテルのキーノートスピーチでIDF 2009を1時間30分で復習する
CEATEC JAPAN 2009の初日に行われたインテルのキーノートスピーチは、IDF 2009で紹介された話題をダイジェストで紹介。Westmereと22ナノウェハも日本で初披露された。(2009/10/6)

Intel Developer Forum 2009:
WestmereでPCはこう変わる
IDF直前にLynnfieldが発表され、IDFでClarksfieldが発表された。IDFが終わったら、いよいよ“32ナノ”のWestmereだ。そのメカニズムと機能をチェックしよう。(2009/9/30)

Intel Developer Forum 2009:
うーん、どこかで見たような──IDFで登場した“クアッド”ディスプレイ搭載ノートPC
IDF 2009では、モバイルデバイスにフォーカスした発表も多数紹介されている。MIDが本格始動するのはいつになるのか?Showcaseのトピックも含めて紹介しよう。(2009/9/25)

NehalemがノートPCでも使えるぞ──“Clarksfield”Core i7発表
インテルは、9月24日にNehalemコアを採用したノートPC向けCPU「Core i7モバイル・プロセッサー」「Core i7モバイル・プロセッサー エクストリーム・エディション」を発表した。(2009/9/24)

Intel Developer Forum 2009:
32ナノが上から下まで──IDFで公開された2010年のロードマップと「動く!」Larrabee
IDFのキーノートといえば、欠かせない存在だったパット・ゲルシンガー氏がIDF 2009直前にIntelを去った。彼に代わって登場したマロニー氏は何を語るのだろうか?(2009/9/24)

Intel & Microsoft Windows 7 Technical Briefing:
Windows 7はWestmereで強力になる
2009年も残すところ四半期ちょっと。これから2010年にかけてIntelもMicrosoftも新製品で盛り上がる予定。その両社がサンフランシスコで合同イベントを行った。(2009/9/9)

「32ナノ」と「WiMAX」でインテルは09年もイノベーションを加速する
インテルは3月3日、報道関係者向けの定例ミーティングを開催し、2009年に同社が注力する分野やコンシューマーPC市場における取り組みを紹介した。(2009/3/3)

いきなりバリュークラスで登場する“32ナノ”
インテルは、2009年から2010年にかけてのロードマップを明らかにした。2009年の後半にはメインストリームレンジで32ナノメートルプロセスルールが投入される。(2009/2/12)

Intel、「Moorestown」プラットフォームをデモ
Intelがモバイルインターネットデバイス(MID)向けプラットフォーム「Moorestown」を初めてデモ。次期マイクロアーキテクチャ「Nehalem」ベースのプロセッサの投入計画などについても明らかにした。(2008/10/21)

Intel、Nehalemプロセッサを段階的に投入
Intelは、ハイエンドデスクトップ向けNehalemを第4四半期に、2ソケットおよび4ソケットサーバ向けを2009年後半までに投入する計画だ。(2008/8/22)

Intel Developer Forum 2008:
“Nehalem”と“組み込み”で一気に攻勢をかける
秋以降の新製品ラッシュを控えて注目されるIDF 2008。初日に行われたゲルシンガー氏のキーノートスピーチでは、IntelがPCの次に目指す“市場”について紹介された。(2008/8/21)

Intel、IDFでNehalemファミリーの計画を明らかに
IntelはNehalemベースのCore i7とサーバ版「Nehalem-EP」を投入した後、2009年後半に第2世代のNehalemプロセッサ「Nehalem-EX」「Havendale」などをリリースする。(2008/8/20)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。