ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「クレジットカード」最新記事一覧

質問!クレジットカード→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でクレジットカード関連の質問をチェック
「クレジットカード」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

電力供給サービス:
都内に新型コンセント現る、東京電力・ソニー・関電工が新サービス創出へ
東京電力、ソニービジネスソリューション、関電工の3社が、東京都内で新サービスの創出に向けた実証実験を開始した。認証機能付きのコンセント端末をコンビニや飲食店など都内の36カ所に設置し、来店客はこの端末を専用プリペイドカードやクレジットカードで決済すると有償で利用できるというサービスだ。マーケティングやクーポンサービスなどとの連携を視野に、新しい「公共電源」として3社で事業化を模索する。(2016/8/23)

PCデポが「従業員によるカード情報不正取得」を否定 店員を名乗るアカウントは「易々とクレカを渡す鴨」と投稿
ツイートは2014年当時のものでした。(2016/8/18)

「PCデポ店員が顧客のカードで買い物」Twitterに投稿 PCデポは否定
家電店「PC DEPOT」のある店舗で、店員が顧客のクレジットカードで買い物している――Twitterにこんな告発が投稿されていたが、PCデポは否定した。(2016/8/18)

OracleのPOSシステム部門に不正アクセス、顧客のログイン情報流出の恐れ
盗まれたログイン情報が悪用され、クレジットカード情報などを盗み出すマルウェアがMICROS顧客の店舗などのPOSシステムに仕込まれた可能性も指摘されている。(2016/8/9)

越で電子決済取引が拡大 過去5年の経済効果8.8億ドル
ベトナムは、クレジットカードやデビットカードなどを利用した電子決済取引が拡大している。(2016/6/23)

Acerの米通販サイトに不正アクセス、クレジットカード情報が流出
Acerの米通販サイトを利用した一部顧客のクレジットカード番号と有効期限および3けたのセキュリティコードが流出した可能性がある。(2016/6/21)

感染したPCからクレジットカード情報を外部送信 不正プログラム「Ursnif」による被害、急速に拡大
JSOCは、クレジットカードや金融機関関連の情報を窃取する不正プログラムへの注意を促す情報を公開した。(2016/6/15)

格安SIMはクレジットカードがなくても使える?
(2016/6/12)

iPhoneでクレジットカード番号を一瞬で入力する方法
(2016/6/5)

「Yahoo!ネット募金」熊本城再建のために寄付金受付! 寄付すると週刊「日本の城」熊本城特別版の電子書籍をプレゼント
クレジットカードのほか、Tポイントでも寄付できる。(2016/5/21)

このJALカード生きてる!? クレカが縦横無尽に動き回る斬新すぎな支払い方
カーディストリーのZack MullerさんとマジシャンのK-SUKEさんが不思議な世界を演出。(2016/4/19)

“セキュリティの観点“から危機感をあおるような内容:
セゾンカードのオンラインサービスをかたるフィッシングメールに注意
セゾンカードのオンラインサービス「セゾンNetアンサー」をかたるフィッシングメールが出回っている。クレジットカード情報やID、パスワード情報を盗み取られる可能性があり、注意が必要だ。(2016/4/11)

セキュリティのアレ(20):
あなたの「クレジットカードポイント」、勝手に使われているかもしれません
セキュリティ専門家が時事ネタを語る本連載。第20回では、2016年3月の注目トピックを解説します。(2016/4/8)

“課金勢”向け? 「グラブル」コラボVISAカードが話題に 入会特典に超レアキャラ
人気スマホゲームとコラボしたクレジットカード「グランブルーファンタジー VISAカード」の提供が始まり、「廃課金者向け?」と話題を集めている。(2016/4/6)

江崎グリコ、不正アクセスで個人情報流出 最大8万3000件
うちクレジットカード情報を含む個人情報は4万3744件にのぼると見られています。(2016/3/7)

江崎グリコのECサイトに不正アクセス 個人情報8万3000件流出か
江崎グリコのECサイトが不正アクセスを受け、一部クレジットカード情報を含む最大8万3194件が流出した可能性。(2016/3/7)

SSL/TLS移行期限は2018年6月末まで延長:
クレジットカード業界のデータセキュリティ基準の次期バージョン「PCI DSS 3.2」が近くリリース
PCI SSCの最高技術責任者が次期セキュリティ基準「PCI DSS 3.2」のリリース計画や変更点の概要をインタビューで語った。(2016/2/23)

Apple Pay、中国でスタート 5カ国目
Appleがモバイル決済サービス「Apple Pay」の中国での提供を開始した。世界で5カ国目。China UnionPay(中国銀聯)のクレジットカードおよびデビットカードをサポートする。(2016/2/18)

クレジットカードでうるう年問題?
うるう年の今年、2月29日にはいろいろな出来事が起きるかもしれない。クレジットカードが使えなくなることも。(2016/2/12)

SIM通:
口座振替にも対応しているMVNOとSIMカードのプランまとめ
MVNOの支払いは、クレジットカードのみ受付の業者が多く、キャリアから買い替えを躊躇する層も多いようです。そこで、口座振替に対応したMVNOを紹介します。(2016/2/4)

面倒な経費精算がスマホで完結 交通費も自動取り込み「MFクラウド経費」
マネーフォワードが経費精算・申請アプリ「MFクラウド経費」をリリース。クレジットカードの明細やSuicaの利用履歴を自動で取り込む。(2016/1/15)

セキュリティ、いまさら聞いてもいいですか?(4):
なぜ、「フィッシング詐欺」に気付けないの?
セキュリティ関連のキーワードについて、とことん基礎から解説する本連載。第4回のテーマは、「フィッシング詐欺」です。銀行やクレジットカード会社などを装った文面や差出人やリンクテキストの偽装により受信者を「偽サイト」へ誘導し、IDやパスワードなどの情報を盗み出そうとするこの手口。被害に遭わないために注意すべきポイントについて整理しておきましょう。(2016/1/13)

SteamのクリスマスのダウンはDDoS攻撃が原因、約3万4000人の個人情報に影響──Valveがようやく発表
PCゲームサイト「Steam」がクリスマスにダウンした件について、運営会社のValveが30日にようやく事情説明と謝罪を行った。約3万4000人の住所や購入履歴が他のユーザーに表示されたが、クレジットカード番号は表示していないとしている。(2015/12/31)

Steamが数時間ダウン後復活 Valveからの発表はないがキャッシュサーバの問題か
ValveのPCゲームサイト「Steam」で複数のユーザーが他のユーザーのクレジットカード情報を含む個人情報が表示されてしまうと報告し、その後アクセスできなくなった。Valveからの発表はまだない。【UPDATE】午前8時15分ごろ、サイトは復活した。(2015/12/26)

「彼らはこの問題を深刻に考えていない」(カムカー氏)
禁断のクレジットカード「MagSpoof」、誕生のきっかけは予測できる再発行番号
1つのデバイスで複数のクレジットカードに成り済ますことできる“オープンソースハードウェア”の開発者が、そのきっかけとなったクレジットカードアルゴリズム問題を発見した経緯を米TechTargetに語った。(2015/12/22)

電力供給サービス:
「ENEOSでんき」の決済にポイント、クレジットカード会社と提携
JX日鉱日石エネルギーは、全日本空輸、トヨタファイナンスおよびエポスカードと、「ENEOSでんき」契約者のサービス向上を目的とした業務提携について合意した。(2015/12/3)

知育玩具のVTechに不正アクセス、約20万人の子供の個人情報が流出
知育玩具メーカーVTechに11月初旬に不正アクセスがあり、約5万人の保護者と20万人以上のその子どもの個人情報が流出したと米Motherboardが報じ、VTechもこれを認める声明文を発表した。クレジットカード情報は含まれていないが、住所や子どもの誕生日が特定できる。(2015/11/29)

リクルート、「Airレジ」と連携したカード決済サービス「Airペイメント」提供開始――決済手数料は3.24%
リクルートはPOSレジアプリ「Airレジ」と連携したクレジットカード決済サービス「Airペイメント」を提供開始した。決済手数料は業界最安水準の3.24%。(2015/11/20)

「フォームページのみHTTPS」はもう古い?:
PR:セキュリティだけじゃない、常時SSL/TLS化がもたらすメリットとは
ブラウザーで「鍵」マークを確認するのは、フォームに個人情報やクレジットカード情報を入力する時だけ……。そんな世界が、新たな標準「HTTP/2」の登場によって変わろうとしている。全てのページでSSL/TLSを利用する「常時SSL/TLS」を採用するWebサービスが増加しているのだ。常時SSL/TLSを導入することで、セキュリティの向上やマーケティング面でのメリットがもたらされる。しかし一方で、Webサイト管理者には、いくつか考えなければならない課題があるのも事実だ。本稿では、それらのメリットと課題を整理してみる。(2015/11/20)

PCI DSSの概要とVer3.1改訂箇所の紹介:
PCI DSS最新動向――2020年東京オリンピック/パラリンピックに向けて再注目されるセキュリティ基準
情報セキュリティ事故の多発や、2020年の東京オリンピック/パラリンピックを目前にし、クレジットカード業界のセキュリティ基準である「PCI DSS」が、あらためて注目を浴びています。本稿では、PCI DSSの概要と、最新版であるVer3.1の改訂内容について解説します。(2015/10/28)

イベントレポート:
PR:金融業界からも高い期待が集まる電子サインソリューションとは?
契約書やクレジットカード決済などの署名時に、従来のような紙とペンではなく、電子的なサインをする機会が増えている。そのリーディングカンパニーであるワコムのソリューションを紹介しよう。(2015/10/28)

ロンドン警視庁、TalkTalkの情報流出事件で15歳少年を逮捕
流出した契約者のクレジットカード番号や銀行口座番号は悪用できないとTalkTalkは強調。攻撃の発端はSQLインジェクション攻撃だったと伝えられている。(2015/10/27)

ヤマト「宅急便コンパクト」、代金引換が可能に
ヤマトの「宅急便コンパクト」で現金での代金引換決済が利用可能になった。クレジットカードなどにも順次対応する予定だ。(2015/10/14)

Hilton系列のホテルからクレジットカード情報流出か
ホテル内のレストランやギフトショップのPOS端末からクレジットカード番号などの情報が流出したと見られる。(2015/9/29)

水道トラブル8000円、スマホ決済でスマートにできる理由
水まわりを中心とした緊急出張メンテナンスを手掛ける企業「アンセイ」が、モバイル決済サービス「Square」を導入。水道トラブルの現場で迅速なクレジットカード決済が求められる理由はどこにあったのだろうか。(2015/9/17)

千趣会子会社に不正アクセス、乳児を含む個人情報が流出か
ベルネージュダイレクトが運営する出産内祝いギフトサイトに不正アクセスがあり、顧客情報やクレジットカード情報などが漏えいした可能性がある。(2015/9/15)

導入キャンペーンで来年5月末まで決済手数料が無料:
ネットショップ開設サービスのBASEが新事業のオンライン決済サービス「PAY.JP」を開始
BASEは新事業として、クレジットカード決済機能を無料で簡単に導入できるオンライン決済サービス「PAY.JP」の提供を開始した。(2015/9/7)

「au WALLET クレジットカード」が100万枚突破 記念にポイントプレゼント
2014年10月28日に申し込み受付を開始し、2015年8月11日に累計発行枚数100万枚を達成。これを記念し、抽選で100人にWALLETポイントをプレゼントする。(2015/8/24)

不倫サイトから盗まれた会員情報、ネットに暴露
ネットで公開されたのは、Ashley Madisonに登録していた会員の氏名や住所、クレジットカードなどの情報と見られ、3300万人あまりの会員が影響を受けた可能性があるという。(2015/8/20)

格安SIM Q&A:
クレジットカード以外の支払い方法を選べる格安SIMはありますか?
MVNOが提供するいわゆる「格安SIM」は、支払い方法がクレジットカードのみ、ということが多いですよね。クレジットカード以外の支払い方法に対応したものはないものでしょうか……?(2015/8/17)

スライム柄の「ドラクエX VISAカード」登場 ゲーム内アイテムもらえる特典も
「ドラクエX」とコラボしたVISAカードが登場。クレジットカードとのコラボは、ドラクエシリーズ初という。(2015/8/10)

PR:伝統の江戸前寿司×iPad? 築地の人気店を支えるタブレットPOSレジ「ユビレジ」の秘密
コンパクトなタブレット1台で安価に導入できるiPad用モバイルPOSレジアプリ「ユビレジ」。小規模な飲食店や個人店でも売り上げや顧客の管理がリアルタイムに可能に、クレジットカード決済連携OK――など、魅力はいろいろ。築地の人気江戸前寿司店に活用法を聞きました。(2015/8/10)

リクルート、スマートデバイス向けクレジットカード決済サービス「Airペイメント」を11月中旬に提供開始
リクルートライフスタイルは、「Airレジ」と連携して活用できるクレジットカード決済サービス「Airペイメント」を11月中旬に提供開始する。(2015/7/30)

不倫サイトから情報流出、「会員情報をばらす」と脅迫
「Webサイトを閉鎖しなければ、全顧客の秘密の性的指向や関連するクレジットカード決済情報、実名、住所、勤務先などの情報を公表する」と脅しているという。(2015/7/21)

新日本プロレスに不正アクセス、顧客情報の漏えいも
Webサイトへの不正アクセスが原因で、最大1万8000件の個人情報やクレジットカード情報が流出した。(2015/7/2)

“ウェアラブル”の今:
第34回 「Coin」 クレジットカードをウェアラブルデバイスに変えるアイデア
米国では、「Coin」という、さまざまな磁気カードを1枚にまとめられるカードが注目を集めている。ウェアラブルやIoTにおけるデザインパターンとして、注目すべきだと考えている。(2015/7/2)

Pinterest、Apple Payで支払える「Buy」ボタン付きピンを米国のiOSアプリでスタート
画像共有SNSのPinterestが、米国のiPhoneおよびiPadユーザー向けに購入ボタン付きの画像(ピン)の提供をスタートした。気に入った画像の製品を数タップで購入でき、Apple Payあるいはクレジットカードで支払える。(2015/7/1)

お茶通販「村田園」からカード情報流出の恐れ 最大1959件、セキュリティコードも
お茶の通信販売を手がける村田園からクレジットカード番号とセキュリティーコード最大1959件が流出した恐れ。(2015/6/26)

ヨドバシ、店頭のカード払いでも10%ポイント還元 ネットとサービス統一
ヨドバシは25日から、店頭でのクレジットカード決済の際のポイント還元率を従来の8%から10%に向上させる。通販サイトとサービスを統一する。(2015/6/25)

ネットと店舗のサービスをほぼ統合:
ヨドバシ、オムニチャンネル化を加速――店舗のクレジットカード払いでもポイント還元率が8%→10%に
ヨドバシカメラが、これまでインターネット通販で提供していたサービスを店舗での購入にも適用すると発表。オムニチャンネル化を進める。(2015/6/25)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。