ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「文化」最新記事一覧

関連キーワード

稲垣吾郎が自身のラジオでSMAP解散に言及し、謝罪 「驚かせてしまって本当に申し訳ございません」
文化放送「稲垣吾郎のSTOP THE SMAP」の冒頭でコメントしました。(2016/8/18)

内山信二が行く!オフィス訪問記:
オフィスの中に山手線や動物園?日本文化が溢れる外資系オフィス
あの世界的外資系企業に内山信二が潜入! 日本のオフィスは“山手線”仕様。西口がロビー、南口が執務スペース、東口には何があった? 既に恒例となったホワイトボード落書きで、まさかの画才が開花か!?(2016/8/13)

シロノワールやモーニングサービスに盛り上がる道民! 北海道初上陸のコメダ珈琲店に行ってみた
名古屋の文化に試される大地。(2016/8/10)

イラン政府が国内の「ポケモンGO」の配信&プレイを禁止に 国全体の禁止は世界初
理由は「文化的、治安上の問題」から。(2016/8/9)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
マツダとボルボがレストアプログラムを提供する意義
先週、幕張メッセで開かれたイベント「オートモビル カウンシル」で2つの話を聞いた。この取り組みは、今後「自動車文化」を本当に豊かにしていくかもしれない。(2016/8/8)

日傘さすのは日本だけ!? 訪日女性「驚く」「おかしい」 外国人が使わないワケ
夏になれば、まちのあちこちで見られる女性の日傘。大阪・ミナミで訪日外国人に女性に聞いてみたところ、「使わない」という返事が戻ってきた。日本の日傘文化は世界では“特異”なのだろうか。(2016/8/2)

「はてなブログ」のはてな、同性や事実婚パートナーも社内規定で「配偶者」に 福利厚生の適用範囲広がる
就業規則でも「性自認・性的指向に関わる差別」の禁止を明文化。(2016/8/1)

SL文化を後世に――東武鉄道、半世紀ぶりSL復活 その勝算と、支援する鉄道8社の思い
東武鉄道が来夏、蒸気機関車(SL)の運行を半世紀ぶりに復活させる。維持には電車と比較にならないほどのコストを要するが、その勝算と、それを支援する鉄道各社の思いとは――。(2016/7/29)

テクノロジーエバンジェリスト 小川大地の「ここが変だよ!? 日本のITインフラ」:
第46回 「あなたの役目は何ですか?」 IT系名刺にみる日本の不思議
名刺交換だけも“ココヘン”がたくさん見つかる日本の名刺文化ですが、「職位」に焦点をあてると、さらにたくさん見つかります。今回は欧米人が不思議に感じる名刺に書かれた職位のココヘン”を探ってみます。(2016/7/29)

「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」を世界文化遺産に再推薦決定
再び。(2016/7/25)

紙の伝票が当たり前の社内をIT化
おしぼり業界の革命児、藤波タオルサービスがkintoneによる情報共有を根付かせるまで
日本のおもてなし文化の1つであるおしぼりを中核事業に据える藤波タオルサービスは、ITを活用して社内に情報共有文化を根付かせた。適したツール選びやツールの活用を浸透させるまでにはさまざまな工夫があった。(2016/7/25)

外国人46%が「驚く」:
日傘をさす女性は日本だけ!? 中国や韓国など訪日9カ国女性が「使わない」
女性の日傘をあちこちで見られるようになった。だが、大阪・ミナミで訪日外国人の女性に聞いてみたところ「使わない」という返事が戻ってきた。日本の日傘文化は、世界では“特異”なのだろうか。(2016/7/21)

オッサンのためのWindows 10講座 昔の使い方を早く捨てろ、慣れろ。
Windows 10の「超ショートカット文化」に慣れるとかなり使いやすい。Macより作業速度は早いと思う。ただし、従来のWindowsの使い方をしているとつらい。オッサンは、この解説を読んで昔の使い方を早く捨てろ。慣れろ。(2016/7/16)

石破大臣も感心:
文化庁の京都移転実験、東西つなぐ“リアルな”テレビ会議
東京から京都へ移転することが決定している文化庁が、テレワークの実証実験を行っている。臨場感の高さがウリのテレビ会議システムで、東京と京都のオフィスを“つなげて”いるのだ。省庁の移転は地方創生につながる可能性もあり、注目が集まる。(2016/7/15)

【連載】池田園子の「マーケ目線」 第1回:
ライブ感を極めればプロレスはニュースになる――DDTプロレスリングに学ぶエンゲージメントの極意
「文化系プロレス」として知られ人気を博すDDTプロレスリング。昭和のプロレスを知らない若い女性ファンにも支持される異色インディー団体に、リアルタイムエンゲージメントの極意を学ぶ。(2016/7/18)

広島庶民の味 「オタフクソース」の勢いが止まらない
広島庶民の味として親しまれている「オタフクソース」の勢いが止まらない。地元はもちろん、「コナモン文化の本場」といわれる関西でもソース類は約40%ものシェアを占め、なんとご当地ソースまで全国で展開している。(2016/7/13)

シャープ再建は第二の創業:
シャープと鴻海、際立つ「異文化」 両株主総会で見た復活へのハードル
シャープと、親会社になる台湾・鴻海(ホンハイ)精密工業の株主総会がそれぞれ6月下旬に開かれた。双方の総会を取材して強く感じたのは、シャープ再生のカギとなるのは「異文化の融合」そのものだった。(2016/7/8)

シャープと鴻海、際立つ「異文化」 復活にハードル
シャープと鴻海の株主総会で強く感じたのは、シャープ再生のカギとなるのは「異文化の融合」そのものだということだ。(2016/7/7)

「楽しかった文化祭1900円」 女子高生AI「りんな」の店がシュールすぎる
(2016/7/5)

女子ヘルプデスク今昔物語 第4話:
チャット文化の新入社員、ビジネスメールに異常アリ!?
初日の研修を終えてヘトヘトになっているわたし。しかし、それに追い打ちをかけるように支離滅裂な日報メールがどっさり。研修課も問題視しているようだけど、最近のIT事情を考えれば“さもありなん”という感じでもあり……?(2016/7/1)

「映画とは人生そのもの」 映画フリーク永井豪、漫画との関係性や“文化”としての創作を語りまくる
「映画は最も漫画に近いというか、“映像で伝える”というところが近いと思うんです」。(2016/6/24)

関西の議論:
大阪のエスカレーター「右立ち」は世界標準だった!? 半世紀前から、東京の「左立ち」は20年遅れ
エスカレーターの右に立つか、左に立つか――エスカレーター文化や大阪文化に詳しい研究者らは「大阪の乗り方が世界標準」と口をそろえる。(2016/6/22)

20歳の「サロモ」に聞いた:
あなたは解読できる? 若者はインスタのハッシュタグをこう使う
暗号にしか見えないInstagramのハッシュタグ文化。あなたはいくつ分かる?(2016/6/19)

「ブラタモリ」書籍化 訪れた街の歴史や地理を深掘り 語りきれなかったエピソードも
NHK「ブラタモリ」が書籍化。放送内容をもとに全国の街の歴史や文化、地理などを紹介する。7月下旬から全6巻刊行し、第1巻は長崎、金沢、鎌倉を取り上げる。(2016/6/17)

「美術手帖」で“2.5次元文化”特集 「テニミュ」「刀ステ」などの舞台スタッフ・キャストのインタビュー、分析・考察も掲載
「コンテンツツーリズム」「アイドル×声優」「コスプレ」などのキーワードごとの解説も。(2016/6/15)

AWS Summit Tokyo 2016:
「パブリッククラウドは安いか」ではない、企業文化を変えるために使う
2016年6月1日、AWS Summit Tokyo 2016のパネルディスカッションで、NTTドコモの栄藤稔氏、三菱東京UFJ銀行の村林聡氏、日本経済新聞社の渡辺洋之氏が、それぞれの危機感と、日本企業がバブリッククラウドを活用していかざるを得ない理由について語った。(2016/6/14)

鈴木奈々「ツッコミは愛情」 Netflixドラマ「火花」の漫才文化は外国人に伝わる?
“日本の今どきの若者代表”鈴木奈々さんは独自の感性で「火花」を分析。(2016/6/13)

「kintone hive vol.3」レポート【後編】
情シスだからできた、kintoneの広く深い活用方法をDeNA、京王電鉄バスに学ぶ
業務アプリケーション開発用PaaS「kintone」によって、年間5000件に及ぶアカウント管理業務を自動化したDeNA、業務効率化の文化を根付かせた京王電鉄バスの事例をお伝えする。(2016/6/14)

ゾウのはな子の死因判明 井の頭自然文化園が発表
26日に息を引き取り、27日に解剖が行われた。(2016/5/28)

「真田丸」を100倍楽しむ小話:
大阪に“粉もん文化”を作った千利休
戦国武将に茶の湯を広めた立役者、千利休。実は大阪に根付いている「粉もん文化」を作ったとも言われています。(2016/5/28)

アジアゾウ「はな子」が死ぬ 国内最高齢69歳
井の頭自然文化園で飼育されていたアジアゾウ「はな子」が死んだ。69歳だった。(2016/5/26)

「怖そうな先輩エンジニア」「意識高い系」との正しい接し方? 日本人の挨拶を解説した動画が複雑怪奇すぎる【PR】
俺たちの挨拶文化はおかしい。(2016/5/26)

三越日本橋本店が重要文化財に指定 「我が国における百貨店建築の発展を象徴するもの」として評価
ほか比叡山の延暦寺など計12件の建造物が新たに指定。(2016/5/23)

グート、海外向けに日本文化の動画を配信――低価格スマホは2016年夏に発売
グートが、海外のスマホユーザー向けに動画配信サービス「1OOOi(ワン・オー・アイ)」を開始。日本の観光地やファッションなどの情報を伝える。同社が開発ノウハウを提供する低価格スマホは2016年夏に発売する。(2016/5/20)

国立西洋美術館が世界文化遺産登録へ ユネスコ諮問機関からの勧告で決定的に
7月の世界遺産委員会で正式決定される見込み。(2016/5/18)

国立西洋美術館、世界遺産に登録へ 7月に最終審査
国立西洋美術館を世界文化遺産に登録するように、諮問機関ICOMOSがUNESCOに勧告。7月の世界遺産委員会で登録の可否を決めるという。(2016/5/18)

「これは買収ではない」?:
Dell EMCはどこへ行くのか、今後の企業文化、製品戦略、クラウド戦略を探る
EMCはデルに買収されることで、どう変わるのだろうか。企業文化、製品戦略、クラウド戦略の3つの側面から、ユーザーおよび潜在ユーザーにとって意味のあるポイントに絞って、EMC WORLD 2016での取材に基づきDell EMCの今後を探った。(2016/5/17)

世界遺産への落書きし放題アプリ登場
貴重な文化遺産にはつい、自分の名前などを落書きしたくなるものだ。迷惑をかけずにそれを可能にするアプリが登場した。(2016/5/16)

世界各国・地域に最適化したFacebook広告で越境ECを支援:
海外進出企業のFacebook広告ローカライズを支援、アライドアーキテクツがサービス提供
アライドアーキテクツは海外進出を行う国内企業に向けて世界各国の地域の言語や文化に最適化したFacebook広告の運用をワンストップで支援するパッケージサービスを開始したと発表した。 (2016/5/13)

江戸の男色文化、平成の世にて花開かん 井原西鶴の浮世草子を現代BL作家たちがコミカライズ
1687年発表の短編集「男色大鑑」を2冊のBL漫画に。(2016/5/11)

「ニコニコ超会議2016」開幕 「ボカロ歌舞伎」「超刀剣」など ネットと伝統文化が融合
「ニコニコ超会議2016」が千葉・幕張メッセで開幕した。初音ミクと歌舞伎がコラボするなど、ネットカルチャーと伝統文化を融合した出展が目立つ。(2016/4/29)

第20回手塚治虫文化賞、大賞に「よつばと!」「鼻紙写楽」が異例のW受賞 短編賞には「じみへん」
清新な才能を持つ作家に贈る「新生賞」は安藤ゆきさんに。(2016/4/27)

時代は“KAWAII”から“KIMOI”へ…… マジKIMOI育成ゲーム「きせいちゅうどく」が登場
KAWAII文化終了のお知らせ?(2016/4/27)

「蛍丸伝説プロジェクト」が資金の一部を阿蘇神社の復旧支援に使用 100万円の送金を決定
「文化継承の基盤となる地域の象徴を支援することはプロジェクトの趣旨から逸脱するものではない」と説明。(2016/4/23)

首都圏を中心に92店舗:
「英国パブ文化」普及の使命、事業に懸けるHUBの戦略に迫る
20年近く続く英国研修や徹底した福利厚生など、英国風パブ「HUB」を運営する株式会社ハブが社員に対して行う莫大な“先行投資”。その背景には、創業時から受け継がれてきた「英国パブ文化の“伝道師”」としての使命感があった。(2016/4/15)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
ASEAN市場でプレゼンスの高い日本企業――成功のための経営戦略とIT戦略を学ぶ
巨大市場となるASEAN。文化も経済状況も異なる国の集合体で、日本企業が成功するためには、どのような経営戦略とIT戦略が求められているのだろうか。(2016/3/31)

日本の匠が産み出した「世界初のロリータ包丁」に驚きの声 「完全にメンヘラの武器」「刺されたら傷口がハート形になりそう」
日本の伝統と文化が、奇跡のコラボレーションを果たしました。(2016/3/20)

「スター・ウォーズ」や「ゴジラ」のポスターを手掛けた巨匠・生頼範義の展覧会が開催決定
明石市立文化博物館にて、4月16日から5月29日まで開催。(2016/3/26)

Meet Recruit:
【後編】Pepper×飛鷹全法×蓮実一隆が語る、現代社会における伝統とテクノロジーの役割
多様性が求められるソーシャル時代を豊かに生きるため、今考えるべきことは何か? そのヒントは、信仰文化やロボット開発の現場に潜んでいた!?(2016/3/17)

即席!3分で分かるITトレンド:
コレ1枚で分かる「日米のビジネス文化の違いとクラウドコンピューティング」
国内におけるクラウドの普及は、米国と差があるといわれていますが、その背景にあるものを、ビジネス文化の違いから考察してみましょう。(2016/3/14)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。