ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「文化」最新記事一覧

PR:「AIに仕事を奪われない働き方」「生産性を高めるのは集中力」――専門家たちが語る働き方改革のホンネ
ITmediaビジネスオンライン編集部が主催する働き方変革セミナー「日本の『非生産的な文化』から脱却せよ――社員ひとりひとりが輝くための働き方シンカ論」(協賛:ヴイエムウェア、ダイワボウ情報システム)が大阪市内で開かれた。基調講演および特別講演では専門家たちが企業や個人が本当に考えるべき働き方改革について論じた。(2017/11/20)

娘の“あいらちゃん”初公開! 福原愛、台湾の産後ケア文化「坐月子」を終えて退院
台湾の産後文化スゴい。(2017/11/15)

スピン経済の歩き方:
中国メディアが指摘する「日本は改ざん文化」は本当か
中国の新華社通信が「改ざん文化が恥の文化を超える」といった内容の記事を掲載した。そう聞くと、「粗悪な製品をつくっている中国にだけは言われたくない!」と思われたかもしれないが、かなり痛いところを突かれているのではないだろうか。どういうことかというと……。(2017/11/14)

Uberの新CEO、ボトムアップの「文化規範」を発表
8月にUberのCEOに就任したダラ・コスロシャヒ氏が、Uberをレベルアップするための「文化規範」を発表した。(2017/11/9)

DevOpsの実践企業は20%、IT部門とビジネス部門との文化の壁に課題も――IDC調査
国内DevOps市場の動向調査によると、DevOpsを実践している企業は20%で、実践検討に前向きな企業も多かった一方、IT部門とビジネス部門との連携や評価指標に課題があることが判明した。(2017/11/1)

健全な環境は健全な社内文化から生まれる
UberのCEO辞任から学ぶ健全な社内文化の作り方
女性にとって安全で快適な環境は、そのまま企業の働きやすさにつながる。問題はどのようにすれば安全で快適な環境を構築できるか、ということだ。セクハラ問題を起こした企業を反面教師としてその解決方法を探る。(2017/11/1)

群馬県の石碑群「上野三碑」、ユネスコ「世界の記憶」に登録決定 古代日本のグローバルな文化交流などを伝える
約1300年前の人々の暮らしが分かる歴史的な資料。(2017/10/31)

「巨大ジェットコースター」作り、高校に広がる 尼崎の理科教員、設計図を全国に提供
兵庫県立尼崎北高校の文化祭で、高低差約1.3メートル、全長約20メートルの手作りの巨大ジェットコースターが登場、話題を集めた。(2017/10/30)

PR:「冷やし中華にもち追加」「おやつにブドウ糖」 シュールな「将棋めし」文化についてプロ棋士に聞いてみた
将棋界の食事について広瀬章人八段に聞いてきました。(2017/10/23)

日本テイストの商業施設輸出、不動産大手で活発化 訪日客も後押し「帰国後も同じ体験を」
多くの訪日外国人が買い物をしたり、文化・芸術や娯楽を楽しんだりするために訪れた超高層複合ビルや大型商業施設などを輸出する動きが、不動産大手で活発化してきた。(2017/10/20)

新規事業に次々と「挑む」:
本当に変えるべきは「社内文化」――IDOMの挑戦
新規事業を次々にスタートしているIDOM。いかにして“挑戦する”体制を整え、新たなスタートを切ったのか?(2017/10/20)

世界を読み解くニュース・サロン:
神戸製鋼問題で世界が問題視する「日本企業文化」
神戸製鋼のデータ改ざん問題が大変な騒動になっている。自動車や航空機などで同社製品が使われているので、その影響は拡大していきそうだが、海外メディアはこの問題をどのように報じているのか。まとめてみると……。(2017/10/19)

再び食卓に:
市役所に「鯉係」も 郡山が鯉の普及に躍起になる理由
市町村別で日本一の鯉の生産量を誇る福島県郡山市。かつては地元にも食文化として根付いていたが、今では一般家庭で調理する機会はほぼないという。そうした郡山に再び鯉を定着させようとする取り組みが始まった。(2017/10/17)

ジャポニカ学習帳に「将棋」 日本の伝統文化シリーズの「歌舞伎」「相撲」に続き
中学生でプロ棋士になった5人の棋士のプロフィールや将棋用語や駒の動かし方など学習ページも充実。(2017/10/15)

かーずSPのインターネット回顧録:
モナー、ギコ猫、しぃ…… 今となっては懐かしい、2ちゃんねるから生まれた「AA文化」をFlashで振り返る
5ちゃんねるになってもAA文化は不滅です!(2017/10/14)

10月19日開催決定:
“IoT眼鏡”で働き方はどう変わる? 「JINS MEME」開発リーダーが登壇!
ITmedia ビジネスオンライン編集部が主催するセミナー 「〜日本の『非生産的な文化』から脱却せよ―社員ひとりひとりが輝くための働き方シンカ論〜 @大阪」が10月19日に開催!(2017/10/13)

Gartner Insights Pickup(34):
デジタルビジネスの成功を支える「イベント指向IT」とは
デジタルビジネスの進展で、データ中心主義だけでは不足するようになっていくだろう。ITはイベント(事象)への指向性を高めることが要求されるようになる。アプリケーションリーダーは、“イベント思考”を戦略の技術的、組織的、文化的な基盤に据えなければならない。(2017/10/6)

「2ちゃんねるに書き込んだことがある人」は何割? 「5ちゃん」になって影響力は変わるのか
今も昔もネット文化の発信地。(2017/10/6)

「タンメン」食べたのはわずか20%:
関西ではチャーハンは「焼きめし」、冷やし中華は「冷麺」
日本の食文化は東西で異なる。日本料理だけでなく、中華料理の呼び方やメニューにもそんな違いがあるのではないか。(2017/9/25)

本物そっくり「クローン文化財」展覧会 東京芸大が挑む「失われた刻の再生」
東京芸術大学が本物と同素材でそっくりに作った「クローン文化財」の展覧会を開催。失われたり破壊されたりした文化財を再現した。(2017/9/23)

「デザインシンキング」が生み出す改革の芽:
PR:「デザインシンキング」が企業文化を変える、“アジャイル”に変える
「ユーザーの本当のニーズ」を理解し、サービス開発につなげる「デザインシンキング」とは? 都内で開催されたワークショップから新ビジネスを生み出す手法を紹介しよう。(2017/9/15)

進化続けるゲーセン:
クレーンゲーム349台、定番から新台まで 埼玉のエブリデイ行田店
全国的に著名な史跡や文化がある埼玉県行田市に「世界一のゲームセンター」がある。(2017/9/12)

オタクが「好きな作品世界のモブキャラになりたい」と願う理由とは? 同人文化とカップリングに見る「関係性への愛」
カップリング表記にはオタクの愛と叡智がつまっている。(2017/9/12)

「2010年代のオタクは、推しに毎日会えるようになった」 ”カップリング表記研究家”に聞く、奥深い同人文化の世界
週一から毎日へ。(2017/9/5)

丁寧な返信方法? 日本のTwitter文化「FF外から失礼します」が海外メディアで紹介される
日本で当たり前のように使われているリプライ時のあいさつが話題になっています。(2017/9/2)

文化庁もあきれた:
「太子道」日本遺産落選でまさかの協議会“内紛”
かつて聖徳太子が往来したとされている、奈良と大阪の古道「太子道」。文化庁の「日本遺産」認定を目指して両府県の関係自治体などで結成された協議会が今夏、突然解散した。なぜかというと……。(2017/9/1)

日本企業とエンジニアが“ディスラプター”並みのスピードを手に入れるには?:
PR:デンソーは、アジャイル開発チームをどのように築いたか
デジタルトランスフォーメーションのトレンドが進展し、“ソフトウエアの戦い”が各業種で激化している。この戦いは、ニーズの変化を察知して形に変えるまでの「スピード」が勝負。だが「品質」を最重視するウォーターフォール型の文化を持つ日本企業が、アジャイルな戦いに対応するのは難しいといわれている。そうした中、他業界にも増して高度な品質が求められる自動車関連部品を製造するデンソーが、アジャイル開発の導入・実践に成功しているという。同社の導入成功の要因とは何か? デンソーに話を聞いた。(2017/8/30)

文化的な対立改めて鮮明に:
Google「メモ職員」解雇に揺れるシリコンバレー
Googleが会社の女性雇用方針を批判するメモを書いた男性技術者を解雇したことを受け、シリコンバレーでは文化的な対立が改めて鮮明になっている。(2017/8/10)

Surface Hubも使用:
シアトルの「らーめん山頭火」がロボット導入 待ち時間が楽しくなる“おもてなし”
米シアトルにオープンした「らーめん山頭火 University Village店」に、おもてなしロボットが登場。店頭で来店客を迎え、ラーメンの文化や商品をインタラクティブに紹介する。(2017/8/8)

司書メイドの同人誌レビューノート:
日本と台湾で異なる文化 異国で出会った2人が描くそれぞれの国の同人誌即売会
合作「AYO&HINATA 日本⇔台湾同人出展記」をご紹介。(2017/8/6)

「Flash終了」までの20年とはなんだったのか? ネット文化からアニメへ至るFlashの歴史を振り返る
「おもしろフラッシュ倉庫」とかいろいろあったなぁ(遠い目)。(2017/8/1)

即席!3分で分かるITトレンド:
コレ1枚で分かる「日米のビジネス文化の違いとクラウド」
企業のクラウド利用のし方に影響するビジネス文化について把握しつつ、これからの日本のクラウドビジネスの行方と成長のヒントを探ります。(2017/7/25)

8月5日、渋谷109周辺に交通規制 初の盆踊り大会で
16時30分から22時30分まで、スクランブル交差点西側道路・文化村通り・道玄坂が歩行者用に。(2017/7/23)

ドイツで広がる「痛車」文化 オーナーに聞くその魅力や苦労とは
ドイツの「痛車」事情を探るべく、「痛車」グループの代表にインタビューを行いました。(2017/7/16)

TBS「マツコの知らない世界」で資料紛失 提供者「日本の貴重な文化的資料が失われた」
既に和解はしているものの、資料は戻らず、公式サイトで情報提供を呼びかけています。(2017/7/10)

働き方改革の問題点は技術ではない、文化だ
経済産業省などが、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会に向けた「働き方改革」の一環で「テレワーク・デイ」を展開する。テレワークのポイントとは!?(2017/7/5)

明確な行動理念を打ち出すことが重要
UberのCEO辞任が証明する「企業文化が病めば企業全体が病む」
Uberのトラビス・カラニックCEOの辞任は、企業文化の重要性を浮き彫りにした。CIOは企業文化の育成にどう貢献できるのだろうか。(2017/7/5)

コマ撮りアニメで漢字の背景が見える? ユニークな漢字コンテンツ「kanjigram」
プロアニメーターによる、漢字の成り立ちと文化の物語。(2017/7/4)

「バベルの塔」がもう1枚!? タブーを超え実現した「クローン文化財」制作秘話
東京芸術大学がオランダとの共同研究で「バベルの塔」のクローンを制作。最先端テクノロジーと伝統技術のコラボで実現した。(2017/6/22)

沖縄モノづくり新時代(9):
文化財に触れる楽しみを3Dで――受託開発の殻を破った新提案で地域貢献
エンジニアリングやモノづくり分野の技術進化が、今まで以上に地方の課題解決や魅力発掘の後押しとなる。本連載の主役は、かつて“製造業不毛の地”といわれていた沖縄。第9回では、市販のモーションセンサーと3Dホログラムディスプレイを組み合わせ、これまでと異なる形で文化財と触れ合うことができるシステムを開発した国建システムを取り上げる。(2017/6/21)

ヤマハら音楽教室側、JASRACを集団提訴 著作権料徴収方針めぐり
「日本の音楽教育、将来の音楽文化の発展を阻害する問題に団結して立ち向かう」としている。(2017/6/20)

ITソリューション塾:
なぜ日本企業はSFAやERPをうまく使いこなせないのか
SFAやERPを導入したものの、有効に使いこなせていないとしたら、日本企業ならではの思想や文化の違いが関係しているのかもしれません。(2017/6/15)

大阪市指定文化財に「上方漫才」 1937年から音曲漫才を続けてきた「横山ホットブラザーズ」が保持者に
明治末年から形作られてきた近畿圏の漫才が無形文化財に指定されました。(2017/6/9)

世界を読み解くニュース・サロン:
共謀罪で露出が増えるスノーデンは英雄なのか
NSAの機密情報を暴露したエドワード・スノーデンの名前をよく目にする。かつて日本で暮らし、日本文化が大好きだという彼は、海外でどんな評判なのか。また彼が語っている話は、どこまで信ぴょう性があるのか。(2017/6/8)

子育て終了後は何をしたい?:
博報堂、自分の時間楽しむ女性を「自分爆発レディ」と命名
博報堂の新しい大人文化研究所が、子育て終了後に「自分の時間を楽しみたい」と考え社会や消費をけん引する40〜60代女性を「自分爆発レディ」と命名した。(2017/6/7)

「デザインシンキング」が生み出す改革の芽
「デザインシンキング」が企業文化を変える、“アジャイル”に変える
「ユーザーの本当のニーズ」を理解し、サービス開発につなげる「デザインシンキング」とは? 都内で開催されたワークショップから新ビジネスを生み出す手法を紹介しよう。(2017/6/26)

ビズ・ストーン氏、Twitterに完全復帰「ジャックに頼まれて」
Twitterの共同創業者の1人で最近JellyをPinterestに売却したビズ・ストーン氏がTwitterに完全復帰する。肩書は不明だが、同氏は創業当時、Twitterの文化的側面を担っていた。(2017/5/17)

井の頭自然文化園で次々とリスの赤ちゃんが誕生 巣箱の外に出て遊ぶモフモフな姿を見られるかも
会いに来てねー。(2017/5/16)

ヤマハ、JASRAC提訴の方針固める 教室からの徴収は「音楽文化の発展を阻害」
2月には“音楽教育を守る会”を結成していました。(2017/5/16)

成功するテレワークの条件とは【後編】
「顔が見えない部下は管理できない」は幻想 テレワークがうまくいく組織文化とは
オンライン秘書サービスを提供するキャスターの従業員は95%が在宅勤務だ。同社の組織文化やルールには、テレワーク制度を確実に運営するための要素が詰まっている。(2017/5/16)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。