ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「エコマーク」最新記事一覧

シンガポールで巨大プリンタの実力を体感:
コカ・コーラ「ネームボトル250種」はHPデジタル印刷機で作られていた
最近、ドリンクやフードの商品でよく見かける期間限定などの特別パッケージ仕様。その裏には、デジタル印刷機の進化があった。(2015/6/17)

根強い需要あり:
エプソン、約1万円の低価格A4フラットベッドスキャナ「GT-S650」――小型化して縦置きにも対応
エプソンが1月15日、CISセンサーを採用した低価格フラットベッドスキャナ「GT-S650」を発表。販売は1月29日から。(2015/1/15)

大人も子供も大好き「プラレール」だけじゃない鉄道関連グッズ
鉄道トイの代名詞「プラレール」の新展開、そして鉄道ファンでなくともちょっと気になる鉄道グッズを紹介します。(2012/6/21)

知って得する「ビジネスプリンタ」ワード:
「TEC値」――やっぱり“省電力”は外せない
プリンタ/複合機の選択で後悔しないためには、知っておきたいキーワードがある。第1回は省エネ性能を知るために欠かせない指標の「TEC値」だ。(2011/10/11)

環境配慮モノづくり最前線(2):
OKIデータが取り組む製品ライフサイクルを考慮した環境配慮設計
化学物質管理、CO2排出抑制など、エレクトロニクスメーカーを中心に、製造業に課される環境への責任は大きくなりつつある。メーカーの現場ではどのような取り組みが進められているだろうか。(2011/7/11)

富士ゼロックスの“環境配慮”は一味違う:
PR:省エネも速度も使い勝手も妥協なし!――A3カラーレーザープリンタ「DocuPrint C3350」実力診断
ビジネスで使うカラーレーザープリンタは高性能に加えて、環境への配慮も重視したい。しかし、環境にこだわってプリンタの性能がおろそかになってしまっては本末転倒だ。性能と省エネの両立が理想だが、矛盾する2つの要素を満たすのは難しい。それでは、どのような商品を選べばいいのか? そのヒントは富士ゼロックスにあるかもしれない。(2011/2/21)

オフィス機器購入ガイド:
ビジネスプリンタの選び方(前編)
本特集では主にSOHO/SMB向けオフィス機器の選び方と注目製品を紹介していく。第1回はビジネス用のレーザー/LED/インクジェットプリンタにフォーカスする。(2011/2/17)

デザイナーズからエコロジーまで全9機種16モデル:
ASUS、2010年PC冬モデル発表会――「品質と革新性でPC業界をリードする」
ASUSが都内にて2010年PC冬モデルの発表会を開催。台湾本社からジョニー・シー会長が来日し、日本での発表会に初めて登壇、新製品のこだわりを語った。(2010/10/15)

仕事耕具:
沖データがA3モノクロプリンタとA4カラー複合機、菅野美穂さん「5年間無償保証は現場への愛」
沖データは、A3モノクロLEDプリンタ「B840dn」「B820n」、A4カラーLED複合機「MC561dn」「MC361dn」4機種を発表した。5年間の無償保証付きブランド「COREFIDO(コアフィード)」シリーズの製品で、価格は9万9540円から14万1540円。(2010/10/1)

5年保証は信頼の証し:
PR:極薄・美麗なA4カラーLEDプリンタ――「COREFIDO C530dn」がビジネスを変える!
「現場に、愛を。」のキャッチフレーズを掲げるOKIデータのLEDプリンタ「COREFIDO」シリーズに、世界最薄※1のA4カラーモデルが登場。その実力を隅々までチェックする。(2010/6/17)

仕事耕具:
無線LAN、ADF搭載――エプソンから2万円台のA4インクジェット複合機
エプソンは、A4対応インクジェット複合機「PX-602F」を発売する。印刷速度はA4で毎分カラー9.5枚、モノクロ15枚。無線LAN、ADFを搭載した。(2010/2/18)

現場が助かるプリンタ「C711dn」「C610dn」:
PR:速くて安くてタフでエコ――OKIデータ「COREFIDO」シリーズのA4カラーLEDプリンタ
プリンタといえばレーザーとインクジェット――そんな風に考えているオフィス機器導入担当者に知ってもらいたいのが、OKIデータのLEDプリンタ「C711dn」「C610dn」。30年の歴史を持つLED技術と、「エコ」「タフ」「エコノミー」の3つのメリットで、現場の仕事をサポートするのだ。(2010/2/15)

仕事耕具:
沖データの5年間無償保証プリンタにA4カラー機、印刷速度はA3機並――菅野美穂も登場
沖データは、オフィス向けA4カラーLEDプリンタ「C610dn」「C711dn」の2機種を発表。A4用紙の印刷速度はカラー毎分34枚、モノクロ同36枚と、20万円以下の国内A4カラープリンタとしては「A3カラー機に匹敵するクラス最速レベル」だという。(2010/1/18)

仕事耕具:
毎分35枚印刷、NECからA3モノクロレーザー4機種
NECは、A3対応モノクロレーザープリンタ「マルチライタ8450N」など4機種を発売する。耐久度が120万ページ/5年と、従来機種の1.2〜2倍に向上した。(2009/12/15)

仕事耕具:
印刷速度毎分37枚――エプソン、ビジネス向けインクジェット2機種
エプソンは、A4対応のビジネス向けインクジェットプリンタ「PX-B510/B310」を発売する。印刷速度はカラー、モノクロともに毎分約37枚(A4)と高生産性を実現する。(2009/11/27)

仕事耕具:
A3カラー複合機もリコンディショニング――リコー、製造時のCO2を9割削減
リコーは、使用済み製品を再生したリコンディショニング機「imagio MP C3500RCシリーズ」と「imagio MP C2500RCシリーズ」の2シリーズ4モデルを発売する。製造時のCO2の排出量は、前身機に比べて約93%削減した。(2009/9/3)

本当に知っていますか? 環境系マークの意味
環境対策に関して、どのような考えを持っている人が多いのだろうか。「環境保護の意識というより節約の意識が強い」という人が半数を超えるなど、節約が環境対策のきっかけになる人が多いようだ。マクロミル調べ。(2009/7/8)

エコポイントを各地のおいしいものに 楽天がカタログページ開設
楽天は「エコポイント」の交換商品を集めたカタログページを開設した。「楽天市場」で販売されている商品から、エコポイントの交換で入手できる商品を紹介している。(2009/7/1)

郷好文の“うふふ”マーケティング:
山口智子さん、Jリーグ選手協会、京急百貨店――この3つに共通するものは?
「ネクタイを買うと、CO2削減に協力できます」、という京急百貨店が父の日に向けて行っている“楽eco”キャンペーン。キャンペーンを始めた理由やその仕組みについて、京急百貨店に聞いてみた。(2009/6/18)

仕事耕具:
ヤマト、「ワンタッチ詰め替え」できる天然素材スティックのり
ヤマトは、ワンタッチでスペアカートリッジが交換できる容器を採用したスティックのり「Re*ple natural(リプレ・ナチュラル)」を発売した。(2009/4/2)

仕事耕具:
コクヨ、「業界最長」26メートルの修正テープ「ケシピコロング」
コクヨS&Tの修正テープ「ケシピコロング」は、26メートルと「業界最長」のテープを搭載。本体には「デュアルボディ」「デュアルヘッド」機構を採用し、テープ残量が少なくなっても軽い引き心地で使えるという。(2009/2/26)

仕事耕具:
セーラー万年筆のリサイクルペンにクリップ付き、3色ペンには予備芯内蔵
セーラー万年筆のリサイクルペン「[再生工場]フェアライン」シリーズに、胸ポケットなどに挟めるクリップタイプ「フェアラインクリップ」を追加した。3色ボールペンタイプには、軸内にブラックの予備芯を内蔵し、インク切れにも対応できるという。(2009/2/24)

インク目詰まりゼロを目指して:
エプソンが本気で作った“ビジネス”インクジェットプリンタ――「PX-B500」を試す
「PX-B500」はエプソンがビジネス向けに投入したA4インクジェットプリンタだ。家庭向けモデルにはない試みを多数搭載し、信頼性を高めている。(2008/7/29)

これならウチにも置ける!?:
“小さく、静かで、安い”A4カラーレーザー「Satera LBP5050N」に迫る
キヤノンの「Satera LBP5050N」は新開発のタンデムエンジンを搭載したコンパクトなA4カラーレーザープリンタだ。その実力にじっくりと迫った。(2008/6/18)

エプソンの純正インクカートリッジがエコマーク新基準「インクカートリッジVersion1.0」に認定
セイコーエプソン製インクカートリッジ8シリーズ計63製品が、エコマーク新基準「インクカートリッジVersion1.0」の第1弾に認定された。(2008/5/20)

環境問題への意識は高いが、知識不足&行動しない東京人
博報堂生活総合研究所は、東京、ニューヨーク、モスクワなど8都市で環境意識についてのアンケートを行った。東京の人は他都市に比べて、地球温暖化への危機感は強いが、環境に配慮した行動が習慣化していない傾向があるようだ。(2008/5/20)

PR:快適操作で“エコ”にも配慮した小型レーザー複合機――キヤノン「Satera MF4270」
キヤノンのA4モノクロレーザー複合機「Satera MF4000シリーズ」に新モデル「MF4270」が追加された。ADF搭載のコンパクトボディにネットワーク機能を凝縮しながら、20ppm/cpmという高速印刷も魅力だ。(2008/2/25)

2007年環境用語、トップ10に「マイ箸」「エコバック」
環境用語の認知度トップは「クールビズ」。環境問題への意識が高まる中、2008年に取り組みたいことは身近なテーマが多い。コクヨ調べ。(2008/1/17)

仕事耕具:
コクヨが修正テープの新製品、デュアルヘッドで貼りやすく
コクヨS&Tは、修正テープ「ケシピタ(詰め替えタイプ)」を12月17日に発売する。独自に開発の「デュアルヘッド」でテープを貼りやすくなったという。価格は本体が315円、詰め替え用テープが189円。(2007/11/30)

情報マネジメント用語辞典:
グリーンコンピューティング(ぐりーんこんぴゅーてぃんぐ)
green computing(2007/10/24)

文具の購入、エコマークって気にしてる?
デザインに優れた高級品? 使い勝手に優れた高機能品? それとも環境に配慮した製品を選ぶ? 文房具選びの際にも環境配慮の“印”を意識してみてはどうだろう。(2007/9/28)

仕事耕具:
富士ゼロックス、DocuPrintシリーズで最安価なモノクロレーザープリンタ
富士ゼロックスは、A3対応のモノクロレーザープリンタ「DocuPrint 2055」を9月3日に発売する。同社のDocuPrintシリーズでは最も低価格な7万3290円を実現したという。(2007/8/21)

カシオ、環境配慮基準に適合した電卓5機種を発売
カシオ計算機は、環境配慮基準に適合した電卓5機種を8月末に発売する。「エコマーク商品」認定にくわえ「グリーン購入法」の品目判断基準にも適合。(2007/7/10)

トラックと事務所を携帯電話網で結ぶ「みまもりくんオンライン」がリニューアル
au電話網を利用していすゞ自動車が提供する商用車管理サービスがバージョンアップし、リアルタイムなドライバー支援が可能になった。(2007/5/31)

2007文紙フェア:
2006年売れたペン、2007年売れるペン
売れるペンとは――。2007文紙フェアに出展するステッドラー、オートなどの筆記具メーカーに、市場の動向を聞いてみた。(2007/1/11)

JAXA衛星の地球観測データを「goo地図」に
JAXAは、衛星のミッションを理解してもらうべく、産学官連携のキャンペーンを展開。衛星が観測したデータを「goo地図」に提供する。(2005/11/15)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。