ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  E

  • 関連の記事

「EFF」最新記事一覧

Electronic Frontier Foundation:電子フロンティア財団

関連キーワード

じわじわくる! 空前絶後のハイテンション遊戯と話題の「サンシャイン池崎ゲーム」に本人が挑戦してしまう
「イェェェェエエエエエイ! まは」のところ良い。(2017/10/14)

GoogleやGoDaddyによるネオナチサイトの締め出しは危険行為──EFFが警告
「ネオナチを沈黙させるために現在使われているあらゆる戦略は、われわれが賛同している人々に対してもすぐに使われるようになると認識すべきだ」とEFFは警告する。(2017/8/20)

逮捕された「WannaCry」拡散阻止の英雄、保釈が決まるも依然拘束中
世界中で猛威を振るったランサムウェアの「キルスイッチ」を見つけた功績で英雄視されていた青年はどうなるのか。(2017/8/8)

Appleが中国にiCloud用データセンターを開設へ ユーザーのプライバシーは守られる?
クラウドストレージに関する中国の新しい法律に対応するというのだが……。(2017/7/13)

SJ-MOSFETなど最新FETを適切に評価しよう:
MOSFETの実効容量値を簡単に求める術
MOSFETのデータシートには、1つの測定電圧での出力静電容量値が記載されています。この値は、従来のプレーナ型MOSFETには有効でしたが、スーパージャンクションなど複雑な構造を用いる最新のMOSFETの評価には適していません。本稿では、最新のMOSFETの評価に有効な実効容量値を、より簡単に求める方法を探っていきます。(2016/9/7)

Tech Basics/Keyword:
Let's Encrypt
WebサイトのHTTPS対応が推奨されている昨今、無償かつ自動でSSL(TLS)証明書の発行や更新ができる「Let's Encrypt」が注目を集めている。Web系エンジニアを主な対象として、その仕組みやメリット、デメリットを解説。(2016/12/1)

WordPress.com、独自ドメインも全てHTTPS接続に
WordPress.com上でホスティングされている全ての独自ドメインで通信が暗号化されるHTTPS接続を無償提供する。(2016/4/12)

Apple、対FBI問題での支持団体リストを公開・更新中 Intel、Twitter、EFF他
AppleがFBIにiPhoneのロック解除ツールを提供すべきかどうかを判断する3月22日の法廷審問を前に、IntelやTwitterなどのIT企業や人権保護団体が続々とAppleを支持する法廷助言書を提出しており、Appleが公式サイトでそのリストを公開した。【UPDATE】Microsoft、Facebook、Google、Amazonなども追加された。(2016/3/4)

世界を読み解くニュース・サロン:
フェイスブックの「無料サービス」は、本当に“中立性”を侵すのか
フェイスブックの無料ネットサービス「フリー・ベーシックス」に対して、各方面から反対の声が出ている。途上国でネットにアクセスできない人たちに対して、無料でネット接続を提供するというもの。素晴らしい取り組みのように感じるが、実は問題をはらんでいて……。(2016/2/18)

MS OfficeのデザインがEFFの「バカげた特許」に
Microsoft Office文書を縮小・拡大できるスライダーが、電子フロンティア財団(EFF)の「今月のバカげた特許」に選出されていた。(2016/2/9)

「あなたの個人情報が政府のハッカーから狙われている」――Twitterが一部ユーザーに警告か
Twitterが一部のユーザーに対して「あなたのアカウントが国家の支援を受けたハッカーによって狙われている」と警告メールを送っているようだ。(2015/12/14)

EFF、Webサイトを無料でHTTPS化するプロジェクト「Let's Encrypt」のパブリックβ公開
米電子フロンティア財団(EFF)がセキュアなWebを目指し、WebサイトのHTTPS化を無料で比較的簡単に実現できるプログラムのパブリックβを公開した。Cisco、Mozilla、Akamai、Facebookなどが支援している。(2015/12/4)

Firefoxの「おすすめのサイト」タイル、バージョン41で英語版以外でも表示へ
MozillaがFirefox 40の英語版で「新しいタブ」に表示している「おすすめのサイト」タイルについて説明した。おすすめのタイルはFirefox 41から英語以外でも表示されるようになる。(2015/9/14)

萩原栄幸の情報セキュリティ相談室:
「HTTP」前提が崩れる――早く「常時SSL」にすべき理由
WebサイトをトップからHTTPSにする「常時SSL」が本格化の気配を見せてきた。「HTTPで十分」という意識ではやっていけなくなるだろう。その理由とは?(2015/5/22)

教えて! 絵師さん:
揺れる髪から生まれるファンタジー またよしさん
どこかファンタジックな雰囲気が目を惹くまたよしさんのイラスト。こだわりは、繊細に描き込まれた髪の毛だそうです。(2015/3/3)

Lenovo、迷惑プリインストールソフトの一掃を宣言
Lenovoは「よりクリーンで安全なPCの提供におけるリーダーになる」と宣言。プリインストールアプリケーションの量を大幅に削減し、全ソフトウェアについての情報を公開すると表明した。(2015/2/28)

Lenovoの「SuperFish」問題はさらに深刻、大手サイトへの攻撃兆候も
米電子フロンティア財団によれば、この問題は当初考えられていたよりも重大な影響があり、米GoogleやMicrosoft、Twitterなどの大手サイトが狙われている痕跡もあることが分かったという。(2015/2/27)

ITmedia ニュース読者感謝祭:
2ちゃんねる、mixi、iPhone――IT業界10年の歩み 2004〜2014アクセスランキングTOP100
2004年にスタートしたITmediaニュース。誕生から11年の各年ごとのアクセスランキングTOP100をまとめました。……全1100個!(2015/2/18)

いま覚えておくべきOpenStack Neutronの基本(2):
OpenStack Neutronの「中」の動きを追いかけよう
OpenStack Neutronはどのようにしてネットワークを構築しているのでしょうか? 今回は、順を追ってその挙動を確かめていきます。(2015/2/4)

ホワイトペーパー:
Computer Weekly日本語版 :CIOがハマる5つの落とし穴
iPhone版OfficeやDropboxとの連携など、Office戦略を大きく転換。さらに.NETのオープンソース化などを打ち出したMicrosoftの真意は? 他に、DevOpsに潜む落とし穴やメッセージングツールの暗号化に難色を示す政府機関、クラウドデスクトップの最新動向などをお届けする。(2015/1/14)

「暗号化が警察の捜査を妨害している」だって
セキュアなメッセージングツールの普及に「待った!」をかける政府機関
米EFFが、セキュアなメッセージングツール選びの参考になるスコアカードを公開。あのツールは暗号化されていない!? 一方、政府機関は「犯罪に利用されるから」と暗号化を控えるようにベンダーに要請している。(2015/1/14)

Computer Weekly:
セキュアなメッセージングツールの普及に「待った!」をかける政府機関
米EFFが、セキュアなメッセージングツール選びの参考になるスコアカードを公開。あのツールは暗号化されていない!? 一方、政府機関は「犯罪に利用されるから」と暗号化を控えるようにベンダーに要請している。(2015/1/7)

政府のネット監視に対抗、スパイウェア検出ツール公開
Windows向けのオープンソースツール「Detekt」は、各国の政府機関が市民監視に使っているスパイウェアを検出できるという。(2014/11/21)

TLSの普及へサーバ証明書を無料発行、MozillaやCiscoが認証局を創設
「Let's Encrypt」のサービスでは誰でもワンクリックで簡単に自分のドメイン用のベーシックなサーバ証明書を入手して実装できるようにする。(2014/11/20)

Adobe Digital Editionsの個人情報リスクについて知っておくべきこと
日本ではそれほど利用者は多くないかもしれないAdobe Digital Editionsが個人情報関連でちょっとした騒ぎとなっている。何が起こっていたのか。(2014/10/20)

無線LANルータのハッキングコンテスト、DEFCONで開催
コンテストの狙いは、ルータ攻撃の危険性にスポットを当て、メーカーに対し顧客を守るために必要な措置を取るようプレッシャーをかけることにある。(2014/7/29)

Dropbox、「サービスの国際展開にライス元国務長官の経験と見識が必要」と取締役任命を説明
ライス元国務長官の取締役任命に対する抗議運動を受け、ヒューストンCEOが「ライス博士はDropboxのユーザーの権利とプライバシー最優先主義を理解している。サービスの国際展開に当たり、同氏の見識は各国のユーザーの権利保護に役立つ」と説明した。(2014/4/12)

Microsoft、ユーザーのHotmail閲覧について説明 ポリシー強化を発表
Microsoftが、従業員による企業秘密リークを調査する過程でリーク相手であるブロガーのメール内容を閲覧したことについて説明した。(2014/3/24)

ニコン、128GバイトCF対応など「D4」最新ファームウェア
ニコンがデジタル一眼レフカメラ「D4」の最新ファームウェア「Ver1.10」(A: Ver.1.10 / B:1.10)を公開した。(2014/3/19)

ITエンジニアのためのデータサイエンティスト養成講座(8):
富山県民を分類してみたら……?――クラスタリング分析の手法
あるグループを属性ごとに分類する「クラスタリング分析」の基本を学ぼう。今回も自治体が公開しているオープンデータを題材にします。(2014/3/19)

米Yahoo! Mail、HTTPS接続をデフォルトに
米Yahoo!が、昨年約束していた通りYahoo! Mailの接続をデフォルトでHTTPSにした。(2014/1/8)

Twitter、「forward secrecy」でユーザーデータ保護をさらに強化
政府機関による企業のユーザーデータ窃盗に関する報道が続く中、TwitterがGoogleも採用するデータ保護技術「forward secrecy」を採用したと発表した。(2013/11/25)

サービス暗号化の優等生はGoogleとDropbox、Amazonは要注意──EFF調べ
米国家安全保障局(NSA)による大手IT企業のユーザーデータへの無断アクセスが報じられる中、電子フロンティア財団がGoogleやTwitterをはじめとする18社のサービスの暗号化状況を示すリストを公開した。(2013/11/21)

知財コンサルタントが教える業界事情(16):
新市場をつかめ! 勝負を分ける3Dプリンタ特許〔中編〕特許で見える3Dプリンタの将来像
3Dプリンタの普及のカギを握る「特許」の存在を、知財と企業戦略の専門家が読み解く本連載。2回目となる今回は、具体的な特許情報に触れながら、普及のポイントについて解説する。(2013/11/15)

Oracle対Googleの控訴審で:
APIへの著作権適用に反対する意見書、科学者が連名で提出
米OracleがJava APIに関する著作権をGoogleに侵害されたと訴えている裁判の控訴審で、32人の科学者が連名で5月30日、一審判決を支持してAPIに対する著作権適用の主張を退けるよう求める意見書を米連邦高裁に提出した。(2013/5/31)

イラン、革命記念日にネットを遮断か
イランで2月11日のイスラム革命記念日の数日前から、政府でも検閲できないHTTPS接続のサービスへのアクセスが遮断された。(2012/2/13)

米連邦政府、130以上の偽造品販売サイトを強制閉鎖
ホリデーシーズンを迎え、米政府がオンライン海賊行為の撲滅作戦の下、130以上の違法ショッピングサイトのドメインを差し押さえた。(2011/11/28)

GoogleやTwitter、新著作権保護法案「Stop Online Piracy Act」に懸念を表明
不正な著作権侵害を阻止する目的で立案された「SOPA」法案が、現状のままでは法を順守する組織への検閲を許すことになるとし、ネット企業やMozillaが再考を求める書簡を公開した。(2011/11/17)

HTTPSサイトに自動接続するFirefox拡張機能「HTTPS Everywhere」正式版リリース
HTTPS Everywhereをインストールすると、Google検索やTwitter、Facebookなど、対応する1000以上のWebサイトに自動的にHTTPS接続する。(2011/8/8)

「Jailbreakは合法」の決定、Appleは対抗するのか
Jailbreakが合法化されても、AppleはiPhoneとそのエコシステムに対する支配権を手放したがらないだろう。だが、同社が政府と戦う気なら、時間とコストのかかる戦いにもなるとアナリストは考えている。(2010/7/29)

TwitterなどにHTTPS接続するFirefox拡張機能「HTTPS Everywhere」、EFFがリリース
EFFが、Twitter、Wikipedia、Facebookなどへのアクセスを自動的にSSL通信にするFirefoxの拡張機能を公開した。(2010/6/21)

Webブラウザの「指紋」でユーザー特定、行動追跡に利用も
電子フロンティア財団は、大多数のWebブラウザにユーザーの特定へつながる「指紋」が作成されていることが分かったと発表した。(2010/5/19)

「違法DLでネット切断」法案、英国でも可決
コンテンツを違法ダウンロードしたユーザーのネット接続を停止する法案が、フランスに続き英国でも可決された。ネットユーザーや通信会社からは反対の声が上がっている。(2010/4/12)

Google、MSなど米プライバシー保護法改正求め団結
GoogleやIntel、Microsoftなどが新団体を結成、技術の変化に合わせて電子通信プライバシー保護法を改正するよう求めていく。(2010/4/1)

EFFが文書を公開:
米司法省のSNSを使った個人情報収集の実態が明るみに
「FacebookはMySpaceやTwitterより捜査に協力的」など、捜査でのSNS活用法を紹介した米司法省の文書が公開された。(2010/3/17)

「iPhone SDKの契約は一方的にAppleに有利」EFFが批判
電子フロンティア財団がiPhone SDKのライセンス契約を全文公開し、Appleがいつでもアプリのデジタル署名を無効にできるなど、契約条件が一方的だと批判している。(2010/3/9)

米Google、LatitudeやBuzzで位置情報のマッシュアップを目指す
Googleは、ユーザーのプライバシーを最優先にしつつ、ロケーションベースサービスを融合させたレコメンデーション機能を提供しようとしている。(2010/3/9)

情報家電のセキュリティリスクと対策:
家電もマルウェアに感染する時代――脅威の今を探る
家電製品の開発や機能、サービスにオープンモデルが採用されることで、さまざまなセキュリティの脅威に直面するようになった。今回は具体的な脅威を深く掘り下げながら、セキュリティ対策の方向性を示してみよう。(2009/12/22)

「着メロは演奏、著作権を侵害」の主張、裁判所が棄却
公の場で着メロを鳴らすのは著作権侵害だという権利者団体の主張に対し、裁判所は「着メロを鳴らすことに著作権法上の法的責任は発生しない」という判決を下した。(2009/10/16)

他社も取り組むべき:
Googleのサーゲイ・ブリン氏、ブック検索をめぐる批判に反論
「書籍を簡単に閲覧できるサービスが100あればいいと思う。それが無理ならば、少なくともそうしたサービスが1つ存在する必要がある」とブリン氏は主張する。(2009/10/13)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。