ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「駅ナカ」最新記事一覧

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
2018年「大阪メトロ」誕生へ、東京メトロの成功例を実現できるか
2006年から検討されていた大阪市の地下鉄事業民営化について、ようやく実現のめどが立った。大阪市営地下鉄は2003年度に黒字転換し、2010年に累積欠損金を解消した優良事業だ。利益を生む事業なら市営のままでも良さそうだ。大阪市が民営化を目指した理由とは……?(2016/8/26)

かき氷はゆっくり食べる方が涼を取れる!? 長引く酷暑を美味しく乗り切りましょう!
かき氷で涼を取りるポイントは?(2016/8/1)

ぐんまちゃんや越乃寒梅 群馬・長野・新潟の名物を集めたカプセルトイ「上信越フィギュアみやげ」が登場
本物の越乃寒梅をもらえるキャンペーンも開催。(2016/7/28)

コンビニ探偵! 調査報告書:
コンビニ「家主」のトラブルあるある
コンビニオーナーは、店舗の経営権はあっても自分で土地や建物所有しているわけではない。コンビニ本部と土地や建物の所有者である「家主」が賃貸借契約を結んでいることがほとんどだ。今回は、コンビニの「家主」について解説しよう。(2016/6/14)

星5つ! JR東日本ウォータービジネス 「アキュアメイド 朝ごはん足りてる?」をレビュー!
今回選んだのはJR東日本ウォータービジネス(販売:三井農林/製造:コスモフーズ)の「アキュアメイド 朝ごはん足りてる?」(140円/税込、店頭価格)だ。(2016/5/17)

今日もまたIoT技術を積んだJR山手線が走る その目的とは?
JR東日本が運行する電車の利用者数は一日あたり約1710万人。しかし、それだけの顧客数がいるにもかかわらず、一人一人の顔はほとんど見えない。そんな中、個々の顧客サービスを高めるために同社がリリースしたサービスが「山手線トレインネット」だ。実はそのサービスの裏には同社が注力するある技術が活用されているという。(2016/4/27)

東京駅で繁忙期に「お土産・駅弁のおまとめお渡しサービス」実施
事前に予約して受け取ることができる。(2016/4/24)

大型連休の“駅弁争奪戦”を回避? 東京駅、ネット予約で「まとめて受け取り」サービス
5月の大型連休中、事前に駅弁や土産をネット予約しておくと、東京駅のカウンターでまとめて受け取れるサービスをJR東日本が行う。(2016/4/21)

年間生産180万本 それでも「吉田カバン」が職人の手作業にこだわる理由
ジャーナリスト・経営コンサルタントの高井尚之氏が、人気企業・人気商品の裏側を解説する連載。今回は、職人が手作りで年間180万本を生産する「吉田カバン」について読み解く。(2016/4/1)

水曜インタビュー劇場(サクサク公演):
お客はチラホラなのに、なぜビアードパパはインドネシアで絶好調なのか
甘い香りに誘われて、ついついビアードパパのシュークリームを買ったことがある人も多いのでは。目の前でクリームを詰める“実演販売スタイル”で店舗数を拡大してきたが、海外でも売れているとか。その理由は……。(2016/3/9)

自己増殖する横浜駅が日本列島を制圧…… カクヨム小説「横浜駅SF」があらすじだけで読者の腹筋を粉砕
中身は本格的で、出オチでないところがすごい。(2016/3/9)

ノッている会社は、ここまでやっている!:
「決して安くない」のに、なぜ成城石井で買ってしまうのか?
総合スーパーが苦戦している中で、業績好調の企業がある。都市部を中心に展開する成城石井だ。店内には珍しい商品がズラリと並んでいるが、なぜそのような品ぞろえができるのか。『成城石井はなぜ安くないのに選ばれるのか?』の著者・上阪徹氏によると……。(2016/2/12)

和洋菓子・デザート市場、2014年度は微減の2兆1390億円 増税の影響は最小限
調査会社の矢野経済研究所が和洋菓子・デザート類市場に関する調査結果を発表した。2014年度は前年比0.2%減にとどまった。(2016/1/20)

コンビニ探偵! 調査報告書(特別編):
コンビニ合併話に浮上するチェーンはどこか 2016年は「再編地固めの年」
2015年は「ついに動いた」という1年であった。コンビニの再編である。では、2016年はどうなるのか。某コンビニでオーナーを務めていた川乃氏に占ってもらったところ……。(2016/1/3)

山根康宏の中国携帯最新事情:
HuaweiとXiaomiのバトル、新興勢力の台頭 2015年中国スマホ市場を総括する
右肩上がりだった中国スマホ市場だが2015年は出荷台数が減少に転じるなど、成長鈍化が見られた。それでも買い替え需要は依然高く、新旧勢力がさまざまな製品を投入してきた。(2015/12/31)

SIM通:
ソネットと日本通信、訪日向けプリペイドSIM強化へ
ソネットはJR東京・品川・上野駅構内でプリペイドSIMの販売を開始。日本通信はデータ量無制限のプリペイドSIMを発売し、それぞれ増加している訪日外国人への対応を強化する。(2015/12/9)

ファミマ、駅店舗にセルフレジ導入 Suicaなど交通系ICカード専用
京成電鉄の駅構内のファミリーマート店舗に、PASMO、Suicaなど交通系電子マネー専用のセルフレジが導入される。(2015/11/30)

ソネット、JR3駅のエキナカ書店で訪日外国人向け「Prepaid LTE SIM」販売開始
JR東京駅・品川駅・上野駅構内の書店「book express」で、ソネットの訪日外国人向けプリペイドSIM「Prepaid LTE SIM」の販売が始まった。(2015/11/19)

JR大阪駅内にドンキが初の駅ナカ店舗「エキドンキ」、10月30日オープン
ドンキ初の駅ナカ店舗「エキドンキ」がJR大阪駅に10月30日オープン。(2015/10/8)

JR大阪駅内にドンキ出店 初の駅ナカ店舗
JR大阪駅構内の商業施設「エキマルシェ大阪」にドン・キホーテ新店舗が10月下旬にオープンする。(2015/9/4)

東京メトロの駅ナカコンビニ「ローソンメトロス」、秋葉原に1号店
東京メトロの駅売店をコンビニエンスストアに転換する「ローソンメトロス」1号店が8月4日に日比谷線・秋葉原駅構内にオープン。(2015/7/30)

花畑牧場、JR大阪の駅ナカに期間限定でかき氷専門店をオープン
北海道産牛乳と、生キャラメルをからめたグルメポップコーンがかき氷に。(2015/6/8)

水曜インタビュー劇場(コンビニ公演):
なぜ小さなコンビニが、セブンより下でローソンより上なのか
エキナカにあるコンビニ「ニューデイズ」の業績が興味深い。1店舗の1日の売上高に相当する日販は、セブンが65万5000円、ローソンが51万9000円に対し、ニューデイズは57万円。小さなコンビニが、なぜ大手の一角に食い込むことができたのか。担当者に聞いたところ……。(2015/6/3)

東京メトロ駅構内の売店「メトロス」がローソンに転換! ローソンがメトロコマースと業務提携発表
今後2〜3年を目処にメトロス約50店舗をローソン店舗へ。(2015/4/27)

300円ショップ「3COINS」の“何度でも行きたくなる店”を作る仕掛け
小売店にとって、店舗の商品陳列は売り上げに直結する重要なファクターだ。客のニーズに応える形で、店舗へリアルタイムにレイアウトの指示ができないか――そんな課題を抱えていた“300円ショップ”があった。(2015/3/4)

ドーナツ戦争が本格化:
「セブンのドーナツとはほぼ競合しない」――クリスピー・クリーム 岡本社長
セブン-イレブンが店頭でドーナツの販売に乗り出し、2015年は日本のドーナツ市場が一気にヒートアップしそうだ。ドーナツチェーンを展開しているクリスピー・クリーム・ドーナツ・ジャパンの岡本社長に考えを聞いた。(2015/1/5)

父と娘のマジトーク・クリスマス特別企画:
世の中の仕事の9割はつまらない?――中2の娘と4時間半激論してみた
女子中学生と父親がテーマに沿って深く話し合う「父と娘のマジトーク」。連載が終わって約1年、中学2年生になった娘が「働くこと」について話したいと言ってきたため、連載の番外編をお送りします。何のために働くのか? 父の仕事を子どもはどれくらい知っている? 現代っ子が仕事について、どんな期待と不安を抱いているのか、徹底的に話し合いました。(2014/12/25)

IT Leaders xChange サミット 2014 Autumnレポート:
PR:「クラウド・ファースト」で企業のイノベーションを加速させるマイクロソフト
日本マイクロソフトは10月1日、「IT Leaders xChange サミット 2014 Autumn」を開催。約200名が参加。レセプションには、米国本社Microsoft CorporationのCEO、サティア・ナデラ氏も駆けつけた。(2014/11/4)

「Windows Embedded」を企業で使い倒す:
事例で紹介する「Windows Embedded 8.1」の使い倒し方
なかなか知られていない「Windows Embedded」。前回はロックダウン機能などを紹介した。今回は実際に利用されている事例を中心に、Windows Embedded 8.1の使い方を紹介していく。(2014/10/24)

「妖怪ウォッチ」ショップ、関西に初登場 10月24日オープン
ミニアトラクションやグッズショップなどがある。(2014/10/6)

東京駅開業100周年記念 駅ナカで期間限定イベントが開催決定!
オリジナル商品を取り揃えた「TOKYO BOX」を展開する。(2014/9/30)

ポット式:
駅ナカNEWDAYS、ドトールと共同開発でコンビニコーヒーを開始
JR東日本の駅ナカコンビニ「NEWDAYS」は、10月1日からコンビニコーヒーの提供を開始する。ホットコーヒーとアイスコーヒーの2種類でいずれも100円。(2014/9/26)

誠 Weekly Access Top10(2014年9月1日〜9月7日):
「オンライン学習」×「朝活」の可能性
先週のBusiness Media 誠は、コンビニにおける犯罪の話、そして人種差別問題や無線LANのセキュリティ問題などに注目が集まりました。(2014/9/12)

電子機器設計/組み込み開発メルマガ 編集後記:
デジタルサイネージの「なか」が気になる
「中の人などいない!」など言いながらも、やっぱり気になるのです。(2014/7/16)

数字のオモテとウラを学ぶコラム:
コンビニ業界で何が起きているのか セブンとファミマの今、そして未来
コンビニ業界は“出店ラッシュ”が続いている状況だが、こうした動きは今後どうなるのでしょうか。セブン-イレブンとファミリーマートのニュースから考えてみました。(2014/7/11)

PR:JR東日本のSDN導入事例、高い信頼性とスピードを両立した東京駅の新たなネットワーク
JR東日本ではSDNを活用して必要なネットワークを即座に用意し、快適な駅の利用を支える新サービスの実現を加速させています。(2014/7/11)

au WALLETの“ここ”が知りたい 第3回:
「au WALLET」はどれだけお得? おサイフケータイや他社のポイントサービスと比較してみた
「au WALLET」で気になるのは、つまるところ「どれだけお得なのか」ということ。そこで今回は、おサイフケータイと比べたときの利便性と、他社のポイントサービスよりどれだけお得なのかを検証した。(2014/6/11)

渋谷駅ナカの「どん兵衛屋」リニューアル 店内でプロジェクションマッピング上映
どん兵衛の歴史や商品を紹介する映像を上映する。(2014/6/8)

700名で組織化:
JR東日本ウォータービジネス、ビッグデータで駅ナカ自販機にイノベーション起こす
顧客起点の自販機品ぞろえを展開するJR東日本ウォータービジネスは5月22日、駅ナカと自販機に精通した自販機オペレーター約700名を組織化し、ビッグデータを生かした現場力を発揮する「チーム アキュア(team acure)」を結成したことを発表した。(2014/5/23)

弱虫ペダルがイオンウォーターとコラボ 西武鉄道全線にポスター掲出
4月1日〜30日の限定です。(2014/4/1)

JR東のエキナカ自販機に新モデル 販売データ活用の品切れ防止策も
POSデータ分析に基づき、需要が高まる商品の陳列スペースを増やす仕組みを採り入れたエキナカ自販機の設置がJR東日本の駅構内でスタート。(2014/3/3)

社会性育む“サード・プレイス”とは?
まちづくりなどで使われる用語“サード・プレイス”とは? 若者が創造性や活動性を発揮できるまちづくりについて考える書籍を紹介します。(2014/1/16)

11月21日、22日に実施:
ビジネスを効率化する2in1デバイスとタブレット――インテルが東京駅で体験イベントを実施
タブレットとPCを使い分けて仕事を効率化しよう。(2013/11/21)

公認会計士まーやんの「ロジカるつぼ」(後編):
「アンゾフのマトリックス」で読む、JR東日本の戦略
JR東日本がクルーズトレインを新造し、2016年に運行を開始すると発表しました。今回は、同社が定期収入の減少に対してどのような手を打つのか、アンゾフのマトリックスを使って考えてみましょう。(2013/6/18)

公認会計士まーやんの「ロジカるつぼ」(前編):
なぜJR東日本が「豪華寝台列車」を導入するのか、分析してみた
6月3日、JR東日本がクルーズトレインを新造し、2016年春に運行を開始すると発表しました。日本経済の持ち直しが期待されるなか、なぜJR東日本はこのような観光事業に参入する判断をしたのでしょうか。同社の外部公表資料をもとに分析してみましょう。(2013/6/17)

ビジネスパーソンのON/OFFサポート 「駅ビック」赤坂見附にオープン
ビックカメラが東京メトロ赤坂見附駅に「ビックカメラ赤坂見附店」をオープンする。山手線内側のビジネス街への出店で、「ビジネスマンのオンとオフ」のサポートをうたう。(2013/6/4)

初音ミク曲「深海少女」が1/8フィギュアに グッスマが発売
憂いた顔の深海少女に手を差し伸べよう。(2013/5/31)

仕事をしたら“知見”が蓄積された(後編):
ホット飲料は○○度で売れる! 自販機と気温の相関関係
「○○度になったらアイスクリームがよく売れる」といった話を聞くことがあるが、自販機にもそのようなデータがあるのだろうか。エキナカ自販機を展開している、JR東日本ウォータービジネスの担当者に話を聞いた。(2013/5/22)

仕事をしたら“知見”が蓄積された(前編):
売上を伸ばしているのにはワケがある――エキナカ自販機の裏側
エキナカ自販機の売り上げが、右肩上がりで伸びている。自販機はなにげなく置かれているように感じるが、実はその裏側でさまざまな工夫がされているのだ。ヒットの秘密について、JR東日本ウォータービジネスの担当者に話を聞いた。(2013/5/15)

エキナカ目当てで立ち寄る駅は、どこですか?
エキナカ目当てで立ち寄る駅はどこですか? エキナカを利用する全国の男女に聞いた。インターワイヤード調べ。(2013/5/10)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。