ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「生産終了」最新記事一覧

売れ行き伸びるレコード ももクロもソニーも本気モード
CDの登場で過去の遺物になったと思われたレコードが復権しつつある。活況の背景には、音楽のデジタルデータ化があるらしい。そこに日本人的なメンタリティーも働いているという。(2017/8/8)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
人気の激安モデル終息にみる「売れすぎると製品寿命が縮む」法則
自社で製品を製造・販売しているメーカーでは、自社ブランドの製品、いわゆるリテール製品を扱う事業部とは別に、OEMビジネスを専門に行っている事業部が存在することが多い。この種のOEMビジネスでは、売れすぎたことが製品の寿命を縮めることがある。(2017/7/30)

“ジェネリックREGZA”として話題に:
ドンキ、5万4800円4Kテレビの予約再開 今回分で生産終了
ドン・キホーテは、販売を一時中止していた5万4800円(税別)の4K対応液晶テレビについて、7月14日午前11時から予約受け付けを再開した。(2017/7/14)

本体の着せ替えが当時話題に:
任天堂、「New ニンテンドー3DS」生産終了
任天堂が「New ニンテンドー3DS」の生産を終了したと公式サイト上で発表。今後は「New ニンテンドー3DS LL」「New ニンテンドー2DS」「ニンテンドー 2DS」の3機種で展開していく。(2017/7/13)

任天堂の携帯用ゲーム機「Newニンテンドー3DS」が生産終了
「Newニンテンドー3DS LL」と同時に2014年発売。(2017/7/13)

超速解説:
IoT時代の到来でその重要性が再認識されている「PLM」とは
「PLM」とは、企業の利益を最大化することを目的に、製品の企画、設計から生産、販売、廃棄に至るまでのライフサイクル全体における製品情報を一元管理することである。近年、従来の製品データだけでなく、IoTにより得られた情報もPLMで管理しようという動きが活発化しつつあり、PLMの重要性が再認識されている。(2017/6/29)

任天堂、欧米版「スーファミ」手のひらサイズで発売へ
米Nintendoが欧米版「スーパーファミコン」こと「SNES」を小型化した「SNES Classic Edition」を9月29日に発売する。(2017/6/27)

生産終了:
ホンダ「モンキー」最終モデル、台数限定で発売
ホンダは、原付バイク「モンキー」の最終モデルとなる「モンキー・50周年スペシャル」を7月21日から500台限定で販売する。(2017/6/22)

PS3、生産終了していた 全てのモデルが出荷完了 10年以上の歴史に幕
お疲れ様、PS3。(2017/5/30)

FOX、生産終了モデル「BlackBerry Classic」のホワイトカラーを数量限定販売
FOXは、生産終了が発表されたQWERTYキーボード搭載スマートフォン「BlackBerry Classic」のホワイトカラーを数量限定で発売。caseplay限定の購入特典として専用Leatherケース&スクリーンプロテクターをプレゼントする。(2017/5/29)

明治「ピックアップ」も生産終了へ 1970年生まれのロングセラー菓子
カールショックもまだ癒えていないのに……。(2017/5/29)

「カール」10万円超で出品も……「入手困難」のうたい文句で転売 「メルカリ」など
「カール」の中部以東での販売中止発表を受け、「メルカリ」や「ヤフオク」ではカールの転売が相次いだ。(2017/5/29)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
目前に迫った50ccバイクの滅亡
かつては若者のライフスタイルの象徴だった二輪車だが、この30年で保有台数が約700万台も激減した。この夏も数多くの二輪車が生産中止になる。なぜこのようなことになってしまったのだろうか……?(2017/5/8)

車両デザイン:
マツダのミニバンが生産終了、日本の3列シート需要は「CX-8」で対応
マツダはクロスオーバーSUVの新型車「CX-8」を2017年中に国内で発売する。国内向けの新世代商品群としては初めての3列シートを採用、マツダの国内向けSUVラインアップの最上位モデルと位置付ける。販売目標台数は非公表。(2017/5/1)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Snapdragon搭載のフルWindows 10マシンは2017年のいつ登場するか
Windows 10 Cloud(仮称)にARM版のWindows 10。2017年のWindowsデバイスはこれまでと違った展開になりそうだ。(2017/4/28)

「ミニスーパーファミコン」発売か 任天堂「コメントは差し控える」
手のひらサイズのファミコン型端末「クラシックミニ」に続き、「ミニスーパーファミコン」が発売されると、海外ゲームメディアが伝えた。(2017/4/20)

「ニンテンドークラシックミニ」のスーファミバージョンが登場?
海外のゲームメディアが伝えています。(2017/4/19)

理由は非公開:
ファミコン復刻版、約半年で「いったん」生産終了
任天堂が、「ファミコン」の復刻版「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」の生産を終了。(2017/4/14)

「ニンテンドークラシックミニ」販売5カ月で“いったん生産を終了” 理由については未公表
生産再開の可能性も示唆。(2017/4/14)

「北海道サイコロキャラメル」から「水曜どうでしょう」とのコラボ商品登場! サイコロの旅ごっこに使いたい
ファン待望のやつだこれ!(2017/4/14)

手のひらファミコン「クラシックミニ」は「いったん生産終了」
1月末までに世界で150万台を販売し、増産していた。(2017/4/14)

PS3事実上の生産終了か ソニー「近日出荷完了予定」と告知
10年以上ありがとう。(2017/3/17)

製造業IoT:
生産設備をシェアする「クラウド製造」、日立がドイツなどと共同開発
日立製作所は、ドイツのフラウンホーファー研究機構 製造技術・自動化研究所およびハンガリー科学アカデミー 計算機自動化研究所との共同研究により、企業間で生産設備の融通を可能にする「クラウドマニュファクチャリング」技術を開発した。(2017/3/17)

ドラクエX、Wii版サービス終了へ ハードの生産や任天堂の開発サポートの終了で継続が困難に
旧世代機のWii版と他機種版とで仕様を統一する都合上、これまで実現できていなかった表現を行う計画も終了の一因。(2017/2/22)

「ヤマハの至宝」:
ヤマハ発、二輪フラッグシップ「VMAX」生産終了
ヤマハ発動機は、大型二輪のフラッグシップモデル「VMAX」の生産を17年8月に終了する。(2017/2/20)

アールエスコンポーネンツ 製品ライフサイクルマネージャー:
部品のEOLが分かるオンラインサービス
アールエスコンポーネンツが、部品のライフサイクル管理を支援する無料オンラインツールを公開した。約40万の部品について生産状態を把握可能で、EOLで開発や量産に支障の出る事態を避けることができる。(2017/2/16)

週末アキバ特価リポート:
SanDiskの上位SSD「Extreme PRO」の争奪戦が過熱
値上がりが続くSSDの動向とは別に、SanDiskの上位SSDシリーズ「Extreme PRO」を探し求める人が急増しているという。すでに在庫は薄い状態だ。(2016/12/23)

PS Vita「艦これ改」が1月にDL版含め販売終了 販売期間より発売延期期間の方が長かったゲームに
理由は「諸般の事情により」(2016/12/15)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
ついにSnapdragonがPC向けWindows 10をサポート 新Surfaceの布石か?
Windows 10 Mobileの不調が伝えられる中、Qualcommの次世代SnapdragonプロセッサがPC向けWindows 10の動作をサポートすることが明らかになった。(2016/12/9)

週末アキバ特価リポート:
未開封のPT3が1台だけ見つかる
生産終了となった後も人気が衰えなかったチューナーカード「PT3」の未開封品が1台だけドスパラ パーツ館に入荷。購入権争奪のキャンペーンを実施中だ。(2016/11/26)

富士通が島根でロボット生産に踏み切った理由
富士通のPC生産子会社の島根富士通が、ロボットの生産に乗り出した。PC製造で培ったノウハウなどを生かすことで、新たな事業として立ち上げ、今後のビジネス成長のドライバーにしたい考えだ。(2016/11/17)

「Wii U」国内生産を近日中に終了へ 本当に生産終了なのか広報担当者に聞いた
別パッケージでの継続については「申し上げることはない」。(2016/11/11)

「Wii U」が今週にも生産終了というウワサは本当? 任天堂「事実ではありません」
「どういう経緯で記事になったか分からない」。(2016/11/2)

新型「Gear VR」国内発売 視野角が101度に拡大して没入感向上
GALAXYスマートフォンを装着して利用できる「Gear VR」の新モデルが11月10日に国内発売する。GALAXY Note7は対象外。(2016/10/26)

国交省、サムスンのスマホ「Galaxy Note7」の機内持ち込みを全面禁止に 米国では機内持ち込みで刑事訴追される可能性も
電源を切った状態でも持ち込み禁止です。(2016/10/18)

発火事故相次ぎ生産終了の「GALAXY Note 7」、VR HMD「Gear VR」も非対応に
発火事故が相次いでいるSamsung製スマートフォン「GALAXY Note 7」が、「Gear VR」の対応機種から削除された。(2016/10/12)

BlackBerryがスマートフォンの生産終了を発表 ソフトウェアの開発メインに
独自OSのスマートフォンからAndroid機の開発を行ってきましたが、今後は他社に委託されます。(2016/9/29)

野村ケンジのぶらんにゅ〜AV Review:
スペシャルな音質向上! iPhone 7にちょうどいいOPPO「HA-2SE」をチェックした
ポータブルアンプとしては珍しい薄型のボディーにiPhone 7ジャストサイズの寸法、モバイルバッテリー機能など多くの特徴を持つOPPO Digitalの「HA-2SE」。従来機の「HA-2」と何が違うのか。その音を聴いてみよう。(2016/9/28)

LED照明:
NECライティングが蛍光灯の生産を終了、LED照明への置き換え加速へ
NECライティングは2018年3月に蛍光灯器具の生産を終了する。LED照明への置き換えを加速させる方針である。同社の他では、既にパナソニックや東芝ライテックが蛍光灯器具の生産終了を発表している。(2016/9/26)

ホンダ新型「NSX」発表 3モーター搭載ハイブリッド 価格は2370万円
ホンダが新型「NSX」を発表。大出力エンジンと3モーターによるハイブリッド方式を採用した。(2016/8/25)

Weekly Access Top10:
日本やりました! 金メダルです! (演出も)
リオ五輪の閉会式、鳥肌が立ちました。ポケモンは時期的に間に合わなかったのでしょうね。(2016/8/22)

本当にあったんだ! 沢口靖子「最後のリッツパーティー」開催、AbemaTVで生放送
28年間リッツパーティーし続けた沢口さん。(2016/8/17)

らいらの“キレイ”になれるかな:
エアコンによる乾燥肌も13分でツヤツヤうるるん! 「スチーマー ナノケア EH-SA96」
注目の美容家電を実際に使って効果を体験してみる「らいらの“キレイ”になれるかな」。今回は乾燥した肌にスチームを当ててケアできる「スチーマー ナノケア EH-SA96」を試してみます。(2016/7/26)

船井電機、家庭用ビデオデッキ事業から撤退へ 7月末をもって生産終了
国産ビデオデッキに幕。(2016/7/15)

PC USER 週間ベスト10:
女子大生のデコMacBookに注目!(2016年6月27日〜7月3日)
今回のアクセスランキングは、早稲田大学戸山キャンパスの生協推奨PCにMacBook Air(11インチモデル)が採用されたインタビュー記事にアクセスが集中。間もなくアップグレード期限を迎える「Windows 10」の話題もランキングを席巻しています。(2016/7/11)

電子機器設計/組み込み開発 メールマガジン 編集後記:
「AIBOの影」を追いかけるソニー
ソニーがロボット事業への再参入を発表しましたが、それは「AIBOの影」を追いかけることを指すのでしょうか。(2016/7/11)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
「SurfaceからiMac対抗機が出る」のウワサは本当か?
2016年はまだ「Surface」の新モデルが発表されていない状況だが、ここへ来てiMac対抗のデスクトップ機を出してくるというウワサが出てきた。そのヒントは米Microsoftが申請中の特許にあった。(2016/7/8)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
「Surface 3」後継不在のまま終了へ 薄幸なシリーズに未来はあるか?
Atom搭載の10.8型Windowsタブレット「Surface 3」が2016年内に生産終了となる。いまだ後継機の姿が見えない状態だが、今後Surfaceシリーズはどうなるのだろうか。(2016/6/27)

SIM通:
モバイルプリンスがオススメするSIMフリースマホ5選
一見すると同じようなスペック・価格帯のSIMフリースマホが多く、何を選べばいいのか分からなくなっている方も多いのでは? 今回は、モバイルプリンスが独断と偏見でおすすめするSIMフリーススマホを選んでみました。(2016/6/23)

「北海道を、ふりだしに。」 生産終了の明治「サイコロキャラメル」が北海道限定で復活!
グループ企業の道南食品から、「北海道サイコロキャラメル」として再登場。(2016/6/10)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。