ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「環境保護」最新記事一覧

太陽光:
「ウユニ塩湖」を悩ますプラゴミ、太陽光で油化装置を動かし石油に
「天空の鏡」とも呼ばれ、その豊かな自然環境から観光地としても人気がある南米ボリビア「ウユニ塩湖」。一方、近年増加するゴミ問題が課題となっている。ソーラーフロンティアはこうしたウユニ塩湖の自然保護と目指す環境保全団体に対し、太陽光パネル40枚を提供した。プラスチックゴミを分解して石油に変える小型油化装置の動力として利用される。(2016/7/26)

アプリで遊んで環境保護 Appleがアースデイのチャリティ・キャンペーン
特典もらって楽しくお勉強。(2016/4/19)

製品評価・試験サービス:
信頼性問題をどうつぶす? 法規制や環境対応に対し試験受託の外部委託が増加
OKIグループにおいて、信頼性評価と環境保全の技術サービスを提供するOKIエンジニアリングは、試験委託の増加により、埼玉県本庄市に「第二EMCセンター」を開設した。(2016/3/25)

自然エネルギー:
輸送船に900枚の薄膜太陽電池、世界最高水準の環境性能で日本と海外を結ぶ
世界最高水準の省エネ・環境保全性能を実現する川崎汽船の大型運輸船「DRIVE GREEN HIGHWAY」が完成した。7500台の車を積める自動車搬船で、CO2や窒素酸化物の排出量を大幅に削減する最先端の船舶技術を集約した。甲板には約900枚のCIS薄膜太陽電池を設置し、一部の電力を再生可能エネルギーで賄う。(2016/2/16)

環境保護活動とビジネスは共存できる――パタゴニアの辻井隆行支社長
アイディール・リーダーズの永井恒男Founderが、優れた決断がビジネスを成功に導いているケースを聞くシリーズ。第3回目はアウトドアブランド「パタゴニア」の辻井隆行支社長に話を聞いた。(2015/12/3)

ホワイトペーパー:
別冊Computer Weekly Webサイトにつきつけられる再生可能エネルギー問題
環境保護団体グリーンピースは毎年、各種サービスプロバイダーの再生可能エネルギー導入状況を監視してリポートを発表している。ユーザーは、サービスの選定条件にサービスプロバイダーの環境保護への取り組みを取り入れるべきなのか?(2015/11/30)

TechTargetジャパン プレミアムコンテンツ
環境保護団体グリーンピースが称賛する企業、批判する企業(CW日本語版)
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2015/9/21)

TechTargetジャパン プレミアムコンテンツ
環境保護団体グリーンピースが称賛する企業、批判する企業(CW日本語版)
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2015/9/6)

蓄電・発電機器:
ダーウィンも来た世界遺産、化石燃料を再生可能エネルギーに置き換え環境保護へ
博物学者のチャールズ・ダーウィンが「進化論」の着想を得たとして知られ、世界遺産にも指定されているガラパゴス諸島。エクアドル共和国は諸島の自然環境の保護に向け、2020年までに諸島内から化石燃料を排除する目標を掲げており、再生可能エネルギーの導入を進めている。(2015/9/2)

TechTargetジャパン プレミアムコンテンツ
環境保護団体グリーンピースが称賛する企業、批判する企業(CW日本語版)
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2015/8/29)

変わりゆくデータセンター設計
米Yahoo!が目指すグリーンエネルギーデータセンター
米Yahoo!は環境保護への配慮を重視し、さまざまな取り組みを行っている。その取り組みを同社担当者に聞いた。(2015/8/26)

Computer Weekly:
冷却コスト激減、米Yahoo!が目指すグリーンエネルギーデータセンター
米Yahoo!は環境保護への配慮を重視し、さまざまな取り組みを行っている。その取り組みを同社担当者に聞いた。(2015/8/19)

意外な企業がグリーンピースに賛同
一流サイトは? 環境保護団体グリーンピースが主要サイトを格付けチェック
AmazonやWikipedia、Tumblrなどのサイトをグリーンピースが再生エネルギー使用度で格付けし、結果を公表した。すると、ある大手Webサイトがその活動を歓迎し、ユーザーからの圧力に期待すると語った。(2015/8/7)

自然エネルギー:
スペインの会社が日本のゴルフ場をメガソーラーに、茨城に続いて岩手でも
スペインを拠点に全世界で自動車部品を製造・販売するゲスタンプグループが環境保全の一環で進めるメガソーラー事業を日本でも拡大する。茨城県と岩手県にあるゴルフ場の跡地を利用して発電能力が20MWを超えるメガソーラーを建設中だ。2カ所を合わせて1万8000世帯分の電力を供給する。(2015/5/21)

Apple、中国での環境保護の取り組みを発表──100万エーカーの森林を保護
事業運営での再生可能エネルギーの利用率100%を目指すAppleが、中国の100万エーカー(東京ドーム8700個分)の森林の保護や中国に建設中の巨大ソーラーファームについて発表した。(2015/5/11)

環境保護団体グリーンピースが“ナスカの地上絵”そばの平原に抗議文 批判受け謝罪
過度な抗議活動への謝罪をペルー政府に行う予定。(2014/12/11)

自然エネルギー:
九州に再エネの発電抑制は必要ない、気象データに基づく分析結果で
九州電力が再生可能エネルギーによる発電設備の接続を保留している問題に関して、国際的な環境保全団体のWWFが独自の分析結果をまとめた。九州の気象データをもとに太陽光と風力の供給力を想定すると、原子力発電所が稼働した状態でも再生可能エネルギーを抑制する必要性は小さい。(2014/11/17)

電力供給サービス:
海洋再生可能エネルギーの新潟・粟島、火力発電所を全面リプレースへ
政府が潮流発電や波力発電の実証フィールドに選定した新潟県の粟島で火力発電所の設備更新が始まった。老朽化した5基の発電機から新設する4基に減らして効率を高める。燃料は石油のままだが、冷却方式を水冷から空冷に変更して、近隣の海に温水を排出しない環境保全策を実施する計画だ。(2014/10/8)

PR:これぞ究極のノマド!? 荒野や密林を股にかけるWWFジャパンの“クラウド型の働き方”
世界各国と連携しながら環境保護活動を行うWWFジャパンは、アフリカや中南米などでもスムーズに働けるように“クラウド型のワークスタイル”を取り入れたという。その全貌を聞いた。(2014/6/9)

エネルギー問題の新たなリスク
グリーンピースが「ダーティーエネルギー利用企業」AWSとTwitterを糾弾
環境保護団体グリーンピースは、データセンターの電力に再生可能エネルギーを利用しているとしてGoogle、Facebook、Appleを称賛する一方、AWSとTwitterを非難した。(2014/6/6)

法制度・規制:
火力発電のCO2排出量が米国で15%以上も低減、2030年には30%減へ
米国の環境保護局がCO2排出量の低減に向けて、発電設備の効率改善などを推進するガイドラインを全米各州に提案した。火力発電に対してCO2排出量の規制を設けて、全米で2030年のCO2排出量を2005年よりも30%削減するのが目標だ。すでに2012年の時点でも削減率は15%を超えている。(2014/6/4)

エネルギー列島2014年版(2)青森:
風力発電が半島から沖合へ、32基の大型風車を太平洋上に展開
風力発電の導入量が全国トップの青森県で新たな開発プロジェクトが活発になってきた。中心地は下北半島の六ヶ所村で、太平洋岸の陸上に19基、洋上に32基の風車を設置する計画が進行中だ。近隣の湖や沼には貴重な動植物が生息することから、環境保護の面でも先進的な取り組みが求められる。(2014/4/22)

スマートシティ:
遊水池に浮かべるメガソーラー、野鳥と魚のために半分を残して建設
岡山県の笠岡市が市街地の遊水池にメガソーラーを誘致する。広さが2万6000平方メートルある対象区域のうち、半分をメガソーラー用に貸し付けて、残りの半分を野鳥や魚が生息するために残す方針だ。遊水池の機能を維持できるフロート式の太陽光発電設備を導入して環境保護を図る。(2013/11/19)

エコカー技術:
フォードが「C-MAXハイブリッド」の燃費を下方修正、購入者に550ドル払い戻し
Ford Motor(フォード)は、同社のハイブリッド車「C-MAXハイブリッド」について、米国環境保護庁(EPA)基準の燃費性能(複合モード)を47マイル/ガロン(mpg)から43mpgに引き下げると発表した。燃費性能の引き下げに合わせて、C-MAXハイブリッドの購入者に550米ドルを払い戻す方針である。(2013/8/19)

自然エネルギー:
国定公園の中で地熱発電の掘削調査、秋田県の湯沢市で始まる
膨大なエネルギーを秘める地熱の開発プロジェクトがようやく活発になってきた。出光興産など3社が北海道と秋田県で発電所の建設に向けた掘削調査を開始した。このうち秋田県湯沢市の調査地域は国定公園の中にあり、地熱発電で大きな課題になっている環境保全に取り組む。(2013/7/29)

4コマまんが「がんばれ!アドミンくん」:
第371話 備忘録
大事なことはPCでサクッとテキストファイルにメモ。すっかりお馴染みの光景。ペーパーレスで経費節減、地球環境保護に貢献。(2013/7/2)

自然エネルギー:
瀬戸内の230MWメガソーラー、太陽光発電でも環境保全を綿密に実施
岡山県の瀬戸内市にある広大な塩田の跡地に、圧倒的な規模のメガソーラーが5年後に誕生する。総事業費は550億〜820億円を想定している。失敗の許されない地域活性化プロジェクトは自然環境との共生をテーマに掲げ、太陽光発電では異例なほどの環境評価と保全対策を実施する。(2013/4/11)

自然エネルギー:
かんがい放流で小水力発電、水力を拡大する北海道電力
環境保護を目的にダムから河川に放流する水を生かして発電する方法により、小規模な水力発電所が全国に広がってきた。北海道電力は大型のダムから灌漑(かんがい)のために川へ放流する水のエネルギーを使って、出力880kWの発電設備の営業運転を開始した。(2013/3/19)

ホワイトペーパー:
昔の常識は現在の“非常識”。仮想環境保護の促進のポイントとは?
仮想環境への移行は単なる開始点に過ぎず、新しい運用上の課題に対応が必要となる。本書では仮想化を推し進め、初期投資の効果を最大化するポイントを紐解きます。(2012/10/2)

電気自動車:
テスラのEV「モデルS」の換算燃費は「リーフ」の1割減、電池容量は3.5倍の85kWh
テスラモーターズが、2012年6月22日(米国時間)から出荷を開始する、セダンタイプの電気自動車(EV)「Model S(モデルS)」の換算燃費が判明した。電池容量が85kWhのモデルで、米国環境保護局(EPA)が定める換算燃費は89MPGe(約37.8km/リットル)となっている。ダッシュボード中央に設置した17インチサイズのタッチパネルディスプレイを含めた運転席周辺の様子も公開されている。(2012/6/22)

電気自動車:
ホンダの電気自動車「フィットEV」、電力消費で「リーフ」や「i-MiEV」よりも高評価
夏を前に電気自動車をめぐる動きが激しくなってきた。ホンダが今夏から日本と米国で販売を開始する「フィットEV」の性能が米国環境保護庁(EPA)から発表され、先行する日産自動車の「リーフ」や三菱自動車の「i-MiEV」よりも電力消費の効率で高い評価を得た。(2012/6/12)

ジラール・ペルゴ、海洋環境保護を支援する限定ダイバーズ「シーホーク1000 ビッグ・ブルー」
6月15日、MoMAでニューヨーク近代美術館で世界海洋デーを祝うパーティが行われます。ジラール・ペルゴがブルーのダイヤルに世界地図をあしらった限定モデルを発表します。(2012/6/6)

ジラール・ペルゴ、環境保全のためのクリスティーズオークションを支援
クリスティーズが開催するグリーンオークション。ここに貴重な時計がジラール・ペルゴから出品されます。(2012/4/4)

ビジネスニュース 業界動向:
自動車の機能安全規格「ISO 26262」、車載用MEMSセンサー市場への影響は?
先週スイスのチューリッヒで開催された「MEMS Executive Congress Europe」で実施され車載向けMEMSに関するパネルディスカッションでは、パネリストらは「自動車に環境保護や安全に関するさまざまな法規制が課せられることで、車載用MEMESセンサーの需要は増加していく」という見解で一致した。(2012/3/26)

Google、Greenpeaceの環境対策優良企業ランキングで首位に
環境保護団体Greenpeaceが毎年発表する「Cool IT Leaderboard」の2012年版では、Googleが1位、昨年1位のCiscoが2位、3位が富士通だった。(2012/2/9)

イー・アクセス、自然エネルギーを利用した電源設備の導入へ
イー・アクセスは、節電や災害対策に加え、環境保護の一環として自然エネルギーを利用した基地局向け電源設備の導入について取り組むことを発表した。(2011/10/7)

ハリソン・フォードとハミルトンのコラボ「カーキ コンサベーション オートクロノ」
地球環境保全活動をテーマに始めたハリソン・フォードとのコラボウオッチ。第3弾は「カーキ コンサベーション オートクロノ」、価格は16万8000円。(2011/8/8)

KDDI、ユーザー参加型環境保全活動「四万十川Walk」を6月3日から7月31日まで実施
KDDIは、「au Smart Sports RUN&Walk」を利用して運動すると、KDDIが1キロにつき1円を四万十川の環境保全活動に寄付する「四万十川Walk」を、6月3日から7月31日まで実施する。(2011/5/31)

Greenpeace、クラウド大手の“クリーンエネルギー度”を採点――Appleが最低に
環境保護団体のグリーンピースは、データセンターの電力消費に関する「How Dirty is Your Data?」調査で、Yahoo!とGoogleの取り組みを評価し、Appleが石炭由来のエネルギーを大量消費すると指摘した。(2011/4/25)

電気自動車:
オートデスク、環境技術ベンチャーにソフトを超低価格で提供するプログラム開始
環境保全技術に取り組むベンチャー企業に、AutoCAD、Autodesk各種製品をまとめて1万500円で提供し、開発を支援する「クリーン テック パートナー プログラム」。(2011/2/18)

“道徳的”な消費はデフレを救うか?
商品やサービスを購入することで、途上国支援や環境保護に貢献できるような試みが増えている。倫理的、道徳的な消費は「正義」ブームにも乗っかって、ムーブメントを起こすだろうか。(2010/12/15)

松田雅央の時事日想:
日本人と違って、ドイツ人はなぜ環境意識が高いのか
ドイツ人の環境意識が高いのはなぜだろうか。またドイツが環境大国として成功しているの秘密は何だろうか。こんな疑問を感じたことがある人もいるだろう。今回の時事日想はドイツの地域社会に根付いている、環境保全団体という組織に迫った。(2010/3/16)

グリーンピース、「環境に優しい電機メーカー・ランキング」を発表
国際環境保護NGOのグリーンピース・ジャパンは10月30日、「環境に優しい電機メーカー・ランキング」を発表した。トップはノキア、日本メーカーで最もランキングが高かったのは5位の東芝だった。(2009/11/4)

グリーンピース「環境に優しいメーカー」1位はNokia 最下位はまた任天堂
環境保護団体のグリーンピースが、恒例の「環境に優しいメーカーランキング」を発表。1位はNokia、最下位は任天堂だった。任天堂は07年の初登場以来ずっと最下位。(2009/11/2)

女性が“共感する企業”はどこ?
環境保全に熱意を感じる企業はどこ? 女性に聞いたところ「サントリーグループ」がトップ、次いで「トヨタ自動車」「イオン/イオンリテール」と続いた。ハー・ストーリィ調べ。(2009/10/14)

Oracle Open World 2009 Report:
オムロンと米Oracle、センサーを組み合わせた製造業向けソフトウェアを共同開発
米Oracleとオムロンは電力消費を可視化し、環境保護を実現するためのソフトウェアを共同開発したと発表した。(2009/10/13)

松田雅央の時事日想:
目立つ環境問題は姿を消し……「ライン産のサケ」が食卓に戻ることを願う
ドイツでは多くの環境問題が一段落し、今は水辺の環境保全に関心が集まっている。もちろん地球温暖化などの課題は残っているが、健康被害を及ぼす問題はなくなり、新たなテーマとして水辺再生が浮上している。(2009/8/18)

本当に知っていますか? 環境系マークの意味
環境対策に関して、どのような考えを持っている人が多いのだろうか。「環境保護の意識というより節約の意識が強い」という人が半数を超えるなど、節約が環境対策のきっかけになる人が多いようだ。マクロミル調べ。(2009/7/8)

わが社のコスト削減:
社員のコスト意識を根底から変えた「箱崎可視化計画」
環境保護とコスト削減――。この相反する課題解決をIBMは38年間にわたり続けている。その実体はプリンタの出力制御や電気の消灯など「爪に火をともすような」ものではある。だがこの全社的な取り組みが、毎年3.5%ものエネルギー消費量削減をもたらしている。(2009/6/18)

KDDI、取扱説明書1564トンをリサイクル――環境サイト「solamido」のコンテンツを拡充
KDDIが取扱説明書リサイクルの成果や環境保全啓蒙サイト「solamido」のリニューアルなど、同社の環境保護の取り組みを発表した。(2009/6/2)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。