ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「過激派」最新記事一覧

関連キーワード

ラスベガス銃乱射事件の全貌 容疑者は「カジノ好きの裕福な64歳白人男性」
米国史上最悪の銃乱射事件が起きた。だがその動機は謎のままだ。(2017/10/3)

背景は不明:
ラスベガス乱射で59人死亡・数百人負傷、米史上最悪
米ラスベガスの音楽フェスティバル会場で銃乱射事件が発生、少なくとも59人が死亡し、525人以上がけがを負った。(2017/10/3)

世界を読み解くニュース・サロン:
ボイコット危機の平昌五輪で韓国が恐れる本当の“敵”とは
2018年2月に韓国で開催される平昌五輪に不参加国が出る可能性が報じられた。深刻化する北朝鮮情勢が大きな懸念となっているが、五輪を巡る問題はそれだけではない。(2017/9/28)

「テロ事件の多くは事前に何らかの兆候」と米テロ対策当局者 情報共有の改善が課題
テロ組織のインターネット利用についても警鐘を鳴らしている。(2017/9/12)

F15Eパイロット:
シリア空中戦、米操縦士が語る「一触即発の危険性」
米空軍のF15Eパイロットは、地上の米軍が支援する部隊とその顧問らを殺害しようとしたイラン製ドローンを撃墜した。遠くからロシア軍の戦闘機が偵察する中で起きた。(2017/9/5)

中核派、YouTubeで「ソフト路線」PR
過激派「中核派」は、近年ではインターネット上で若い活動家が宣伝活動を行うなど、「ソフト路線」にシフトしているとされる。(2017/8/24)

ロシアのプーチン大統領、VPN禁止とチャットサービスの携帯番号連係義務付け法案に署名
2018年3月にロシア大統領選を控え、プーチン大統領が国民の海外情報へのアクセスを規制し、匿名化を阻止する2つの法案に署名した。(2017/7/31)

個々が持つ技術と運用上の知見を共有し、「サービスを使えない」ようにしていく:
Facebook、Microsoft、Twitter、YouTubeが「テロリスト撲滅対策」で連携
個人向けオンラインサービス世界大手のFacebook、Microsoft、Twitter、YouTubeの4社が、オンラインサービスから「テロリストや暴力的な過激派を締め出す取り組み」を協力して進める新フォーラムを創設。対策技術や知見を共有し、「テロリストがネットサービスを使う機会を減らしていく」のが狙い。(2017/6/28)

知ってる! その声知ってる! 映画「銀魂」松陽先生の声はやっぱり山寺宏一に
声のみということか。(2017/6/28)

40〜60代の女性は“自分爆発レディ” 博報堂がダイナマイトな命名を生み出しTwitterのレディたちが爆発
男版はバンマーマンかな。(2017/6/8)

「テロ支援」:
サウジ、エジプトなどアラブ4カ国、カタールと国交断絶
サウジアラビア、アラブ首長国連邦(UAE)、エジプト、バーレーンがカタールとの外交関係を断ち切ることを決定した。(2017/6/5)

7人死亡:
ロンドン襲撃、ISが犯行声明 系列メディア通じ
英ロンドン中心部で7人が死亡し、多数が負傷した襲撃事件で、過激派組織IS傘下のメディアが、ISが攻撃を実行したと伝えた。(2017/6/5)

英テロ警戒レベルが最高に、自爆犯22歳男と特定 IS声明
英マンチェスターで22人が死亡した自爆攻撃を受け、メイ首相は治安強化のため主要施設の警備に軍を動員すると発表した。(2017/5/24)

PC機内持ち込み禁止令の欧州への適用拡大めぐり米欧当局が協議 当面は見送りへ
世界で最も多くの便が行き交う大西洋航路。とりあえず混乱は回避された。(2017/5/22)

「耳に入ればすぐ口から出る」:
米大統領、ISに関する機密情報をロシアに提供か
トランプ米大統領は、ホワイトハウスを訪問したロシア外相らに過激派組織ISに関する機密情報を漏らした。(2017/5/16)

密かに連携:
高級腕時計ブランド、「灰色市場」は必要悪か
スイスの腕時計メーカーは「グレーマーケット」に対し、大幅な値引きは高級感を損ねると嫌悪感を露わにするが……。(2017/4/17)

実戦で初:
米軍、アフガンの対IS作戦で最強の非核爆弾「MOAB」投下
米軍は、アフガニスタンでISが潜伏するトンネル施設を標的に「大規模爆風爆弾(MOAB)」を投下した。(2017/4/14)

終わりなき戦い:
PCの機内持ち込み禁止、爆発犯との「いたちごっこ」か
一部の国際線において携帯電話より大きい電子機器の機内持ち込みが禁止されたことで、過激派組織と治安当局が繰り広げているきわめて重要で技術的な闘いが浮き彫りになった。(2017/3/28)

YouTubeからの大手メディア広告引き上げを受け、Googleが自動システム改善を約束
英国政府や大手メディアが、YouTubeの不適切な動画に広告が表示されるとして、YouTubeやGoogle Display Networkから広告を引き上げたことを受け、Googleが広告ポリシーを改善し、広告表示先を管理しやすくすると約束した。(2017/3/20)

ISが掘ったトンネルからアッシリア時代の遺物を発見 イラクのモスル東部で
イスラム過激派組織に破壊された聖廟の地下で、約2700年前の遺物見つかった。(2017/3/14)

トランプ大統領の移民規制令に大手企業トップが相次ぎ懸念を表明 一部の企業は沈黙
多くの企業トップが大統領令への反対意見を表明し、行動を起こしている。(2017/1/31)

「アクセスカウンタ」と「キリ番」の思い出
「あなたは○○○○○人目の訪問者です」――インターネットがまだまだ牧歌的だった頃のアクセスカウンタとキリ番のお話。(2016/12/8)

Facebook、Microsoft、Twitter、YouTubeがテロ助長コンテンツ排除で協力 法規制に先手
テロリストが使うデジタルデータの「指紋」データベースを共同で構築する。(2016/12/6)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
JR北海道は縮小よし、ただし線路をはがすな
JR北海道が自社で単独維持が困難な路線を発表した。総距離で1237キロメートル。単独維持可能な線区は1151キロメートル。それも沿線自治体の協力が前提だ。しかし本来、幹線鉄道の維持は国策でなされるべきだ。自治体に押し付けるべきではない。(2016/11/25)

生きづらさを感じたら迷わずに マイノリティーのための相談窓口を置いておきますね
特に他意はありませんが、星井七億の連載「ネットは1日25時間」。(2016/11/23)

「IT企業と話し合って関係を改善したい」とFBIサンフランシスコ支局長 iPhoneロック解除のキーパーソン
銃乱射犯が持っていたiPhone 5cの中に重要な情報はなかった。ロック解除を推進したFBIの担当者はAppleをはじめとするテック企業との関係を修復できるだろうか?(2016/10/7)

AP通信などメディア3社がFBIを提訴 iPhoneロック解除ツールに関する情報開示を要求
銃乱射事件の犯人が使用していたiPhoneのロック解除問題でAppleとFBIが応酬していた件。ロック解除はされたがその詳細は謎のままだ。(2016/9/20)

実写版「銀魂」高杉晋助役に堂本剛! どこまでやるんすか福田さァァァァァン!!
堂本さんの映画出演は「ファンタスティポ」以来12年ぶり。(2016/9/19)

「TwitterがISを支援した」とするテロ被害者遺族の訴えを米地裁が棄却
ヨルダンでISにより殺害された男性の遺族は、ISにTwitter使用を認めたことが原因の1つと主張していた。(2016/8/15)

“機動力ナンバー1”の声オタさんが軽率に全国遠征する理由
夢女子さんと声オタさんの生態に迫ります。ベールに包まれた夢女子さんの実態とは?(2016/7/11)

世界を読み解くニュース・サロン:
どうすれば救えるのか シリアで人質の日本人を
シリアで武装組織に拘束されているとみられるジャーナリスト・安田純平氏の最新映像が公表された。報道によると、武装組織から身代金を請求されているが、日本政府はその要求には応じない方針だという。では、どのようにして安田氏を助け出すのか。(2016/6/9)

世界を読み解くニュース・サロン:
ISとアルカイダが合併? 最恐テロ組織が誕生する可能性
イスラム原理主義勢力タリバンのリーダーが、米軍の爆撃で死亡した。このニュースは世界中で大きく取り上げられたが、日本ではあまり大きく報じられていない。ただ日本も、テロの脅威に対して、対岸の火事だと片付けるべきではない。なぜなら……。(2016/6/2)

世界を読み解くニュース・サロン:
世界で目の敵にされるイスラム教徒が、なぜロンドン市長になれたのか
ロンドンでイスラム教徒の市長が誕生した。市長に選ばれたのは、パキスタン移民2世のサディク・カーン。英国だけでなく欧州の主要都市を見渡しても、いまだかつてイスラム教徒が市長になったことはないのに、なぜ彼は選挙に勝つことができたのか。(2016/5/12)

ITはみ出しコラム:
「攻殻機動隊」実写版キャストで今分かっていること
「少佐」の写真が初公開され、注目が高まってきました。(2016/4/17)

世界を読み解くニュース・サロン:
アップルが「iPhoneロック解除」に応じることができない理由
米国で「iPhoneロック解除」をめぐって大きな論争が起きている。騒動を詳しく見ていくと、この問題は米国だけのものでなく、私たちの生活にも影響を及ぼすかもしれないことが分かってきた。(2016/2/24)

Twitter、テロリスト関連アカウント12万5000件を停止
脅迫やテロ活動の宣伝への対策も強化していると明らかに。(2016/2/6)

セキュリティクラスター まとめのまとめ 2015年11月版:
「Anonymousがあの組織に攻撃宣言」「俺たちが善玉ハッカーだ」――11月のセキュリティクラスターを振り返る
2015年11月はAnonymousによるISへの「攻撃宣言」が大きな話題となりました。そして、「ハッカー」の呼称に関する議論がまたしても……。(2015/12/14)

プライバシー守りたし、命は惜しし
テロが絶えない時代だからこそ、これからの「暗号化」の話をしよう
暗号化技術の普及に伴い、米連邦捜査局(FBI)が必要な情報にアクセスできないという問題が浮上している。IT企業はデータ保護には暗号化が必須だと主張しているが、人々の安全を危険にさらすという問題もある。(2015/12/11)

「お好み焼きを切り分けるのは関東だけ」「関西では1人1枚食べる」 東西の意外な文化の違いがネットで話題に
分けて食べるものだと思ってました(震え声)。(2015/12/2)

世界を読み解くニュース・サロン:
「テロへの報復は暴力しか生まない」という主張は、“正しい”のか
フランスで起きた同時多発テロを受けて、「暴力が生み出すのは暴力のみ」といった声が出る一方で、「いや、暴力に対しては暴力しかない」という意見も出ている。果たして、どちらの主張が“正しい”のか。(2015/11/26)

ハッカー集団「Anonymous」、ISISに宣戦布告 パリのテロ攻撃を非難
13日のパリの同時多発テロを受け、Anonymousが声明を発表。「Operation Paris」と題し、ISISを攻撃すると宣言した。(2015/11/17)

ハッカー集団「アノニマス」がISILに宣戦布告 パリ襲撃事件受け
サイバー攻撃を予告している。(2015/11/17)

世界を読み解くニュース・サロン:
世界は“報復”するのか? 「13日の金曜日」に虎の尾を踏んだイスラム国
「フランス史上最悪」と言われる同時多発テロが発生した。テロが襲った11月13日の金曜日は「歴史的な転換点になる可能性」があり、フランスのオランド大統領はイスラム国への“報復”を断言した。今後の世界情報は……?(2015/11/17)

パリ市内で相次ぎ発砲、爆発 死者100人以上か オランド大統領「前例のないテロ」と非常事態宣言
フランスでは非常事態宣言、国境封鎖も。(2015/11/14)

新連載・世界を読み解くニュース・サロン:
対中国だけではない? お金が欲しくて“魂”を売ったイギリス
10月末、中国の習近平・国家主席が英国を訪問して大歓迎を受けた。英国は中国の人権問題を不問にして、カネになびいたと非難されたが、中国以外にも英国が骨抜きにされている国がある。それは……。(2015/11/5)

もう作り直そうぜ! Twitterの「お気に入り」が「いいね」に変更されハッシュタグ「いいねに変わる新しいボタン」が盛り上がる
越後製菓ボタン欲しい。(2015/11/4)

「アリさんマークの引越社」に業務改善を求めるネット署名 1万6000人を突破
労働組合のプレカリアートユニオンが署名運動を展開しています。(2015/10/7)

世界遺産パルミラ遺跡のベル神殿がISILにより破壊 国連訓練調査研究所が衛星写真を公開
8月25日にもISILによる破壊行為が判明したばかりでした。(2015/9/1)

4人までOK イスラム教の「一夫多妻」の実情とは?
(2015/8/30)

「1分間の沈黙」がオーストリアのiTunesで発売前にもかかわらず1位に 難民待遇への抗議として
現代の“4分33秒”。(2015/8/22)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。