ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  M

「Mac版」最新記事一覧

ロジテック、Type-C接続対応のMac向けポータブルBDドライブ
ロジテックは、Mac向けのUSB Type-C外付け型ポータブルBDドライブ「LBD-PVA6UCMSV」を発表した。(2017/11/16)

トランセンド、スティック状のアルミ筐体を採用したMac用ポータブルSSD「StoreJet 600」
トランセンドジャパンは、Mac用のUSB Type-C接続対応ポータブルSSD「StoreJet 600」を発表した。(2017/10/27)

Mac向けメディアプレイヤーにマルウェア、正規ルートで配布
公式サイトを通じてダウンロード提供されていた「Elmedia Player」「Folx」にマルウェアが混入。完全に削除するためには、OSを再インストールする必要がある。(2017/10/23)

トランセンド、リード最大950MB/秒を実現するMac用のPCIe SSD「JetDrive 820」
トランセンドジャパンは、Mac専用をうたったPCI Express SSD「JetDrive 820」シリーズの国内販売を開始する。(2017/9/27)

ピクセラ、Mac用USB外付けテレビチューナーにダブル録画対応モデルを追加
ピクセラは、Mac用外付けテレビチューナー「PIX-DT195」の上位モデルを発表。ダブルチューナー搭載モデルとなっている。(2017/8/25)

TwitchのWindows/Macアプリ登場 「ダークモード」や動画チャットが可能
Amazon.com傘下のゲーム実況サービス「Twitch」が、WindowsおよびMac向けのデスクトップアプリを公開した。Webブラウザよりも速いだけでなく、「ダークモード」、ストリーミングがオフでも使えるチャットルーム、音声/動画によるグループ通話機能などを備える。(2017/8/13)

Google、「Chrome 60」の安定版公開 Mac版は「Touch Bar」をサポート
Webブラウザ安定版のアップデートとなる「Chrome 60」がWindows、Mac、Linux向けに公開された。40件の脆弱(ぜいじゃく)性に対処した他、Mac版ではMacBook ProのTouch Barをサポートした。(2017/7/26)

Box、ようやくWindows/Mac版アプリ(β版)提供開始
クラウドストレージサービスのBoxが、デスクトップ(WindowsおよびmacOS)アプリ「Box Drive」のβ版をリリースした。これでようやくWebブラウザを使わずにクラウドのファイルにアクセスできるようになる。(2017/6/15)

Windows/Mac版「Googleドライブ」は「Backup and Sync」に
Googleのクラウドストレージ「Googleドライブ」をWindowsおよびMacから使うためのアプリの後継アプリ「Backup and Sync」が6月28日にコンシューマー向けに公開される。Googleフォトアップローダも統合される。(2017/6/15)

MacがようやくVRをサポート WWDCでは「HTC Vive」でデモ
今秋リリースの「macOS High Sierra」はVR技術「SteamVR」をサポートし、Thunderbolt 3で接続するMac向け外付けGPUユニットも発売されるので、Macで「HTC Vive」を使えるようになる。(2017/6/6)

Apple、iOSやMac向けのアップデートを公開
iOSとmacOS、OS X、watchOS、Safari、Windows版のiTunesとiCloud、tvOSを対象とするアップデートが公開され、深刻な脆弱(ぜいじゃく)性が多数修正された。(2017/5/17)

Mac版Visual Studio 2017、MySQL/PostgreSQL on Azureなども:
分散NoSQLデータベース「Cosmos DB」など マイクロソフト、Build 2017で開発者向け新機能/サービスを続々発表
マイクロソフトは、同社の年次開発者会議「Build 2017」で、開発者向けのクラウド新機能やサービスを多数発表。「Mac版Visual Studio 2017」や「MySQL on Azure」、大規模NoSQLデータベース「Cosmos DB」などがリリースされる。(2017/5/12)

「Build 2017」初日基調講演まとめ
Microsoftの開発者会議「Build 2017」の初日基調講演は「Visual Studio for Mac」など開発者向け発表が中心だったが、「Invoke」やPowerPointの同時通訳機能など、一般ユーザーにとっても興味深いデモも行われた。(2017/5/11)

Apple、「iWork」「iMovie」「GarageBand」を無料に
以前は、例えばiMovieはiOS版が600円、Mac OS版が1800円で販売されていた。(2017/4/19)

ソースネクスト、3980円のMac用オフィス統合ソフト「Polaris Office for Mac」
ソースネクストは、Mac OS用となるMicrosoft Office互換のオフィス統合ソフト「Polaris Office for Mac」を発表した。(2017/3/13)

CADニュース:
ドローソフトと同じ感覚で使える、Mac用「DraftingCAD ver 6.2」
インフィニシスは、Macintosh用デザインソフト「DraftingCAD」の最新版ver 6.2のオンライン版を、同社インターネット通信販売サイトで発売した。建築土木設計や間取り図、ペーパークラフトの型紙、電気配線図などを作成できる。(2017/3/2)

「エフセキュア ビジネス スイート」 Mac OS対応のクライアントセキュリティを提供
法人向けのセキュリティソリューション「エフセキュア ビジネス スイート」に、「エフセキュア クライアントセキュリティMac」が加わった。これまでの料金体系で利用可能だ。(2017/2/22)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
新MacBook Proで「Touch Bar対応Office」を試してみた
MacにはPages、Numbers、KeynoteといったApple純正アプリケーションがあるが、業務ではOffice for Macを利用しているケースも少なくないだろう。新MacBook Proの「Touch Bar」でOfficeのさまざまな機能が使えるようになったので、実際に試してみた。(2017/2/22)

Adobe、Flash Playerなどの脆弱性に対処 直ちに更新を
特にWindowsやMac向けのFlash Playerでは、差し迫った悪用の恐れがあることから、更新を急ぐ必要がある。(2017/2/15)

パラゴン、システムまるごと保存もできるMac用バックアップソフト「Paragon Hard Disk Manager for Mac」
パラゴン ソフトウェアは、Mac OS用バックアップソフト「Paragon Hard Disk Manager for Mac」の販売を開始する。(2017/1/10)

ソースネクスト、Mac用PDF編集ソフト「PDFpenPro」のダウンロード販売を開始
ソースネクストは、米SmileMac製となるMac OS用PDF編集ソフト「PDFpenPro」の販売を開始した。(2016/12/22)

CADニュース:
CADソフトの機能を備えたMac向けデザインソフトの新版を発売
インフィニシスは、Macintosh向けのデザインソフト「ドラフティングキャド プロ」の新バージョン(6.2)のオンライン版を発売した。オブジェクトを別のオブジェクトに吸着できるスマートスナップ機能などを搭載した。(2016/12/8)

Google、Mac向けスクリーンセーバーを公開
Googleが、「Chromecast」や「Pixel」シリーズで提供しているスクリーンセーバーをAppleのMacでも使えるようにした。Google+で一般公開された美しい写真を表示する。Androidアプリも公開された。(2016/11/30)

Microsoft、「Visual Studio for Mac」を発表
開発者向けオンラインイベント「Connect(); // 2016」で発表された。(2016/11/17)

Android版Chromeブラウザも「試験運用版(Canary)」ダウンロードが可能に
Googleが、これまでWindowsおよびMac版でのみ提供してきたChromeブラウザのCanaryチャンネル版をAndroidでもインストールできるようにした。Google Playストアからダウンロードできる。複数チャンネルのChromeブラウザは併用できる。(2016/10/19)

Adobe、AcrobatとReaderのセキュリティアップデートを予告
Adobe AcrobatとReaderのセキュリティアップデートが米国時間の10月11日にWindowsとMac向けに公開される。(2016/10/7)

Macでオーバーウォッチもプレイできる「Parallels Desktop 12 for Mac」
Mac上でWindowsを動かせる仮想化ソフトの最新版「Parallels Desktop 12 for Mac」が登場。macOS SierraとWindows 10に完全対応し、パフォーマンスが25%向上したという。(2016/8/23)

Microsoft、Mac向けにもEvernote→OneNoteインポートツールを公開
Microsoftが、EvernoteのデータをOneNoteにインポートするためのMac版アプリを公開した。Windows版インポートツールの3月公開後、6月にEvernote Premiumの値上げがあり、7月のOneNoteのアップデートでOneNoteのWebクリッパー機能などが強化された。(2016/8/21)

「AppleがOSの一般向けプレビューを始めたのは“マップ”がきっかけ」──Fast Companyの幹部インタビューより
Appleが2014年にMac用OSで、2015年にはiOSで、一般向けのβプログラムを開始したきっかけになったのは、「iOS 6」でGoogle Mapsから移行したオリジナル「マップ」の悪評がきっかけだったと、同社のエディ・キュー上級副社長が語った。(2016/8/9)

フォーカルポイント、Magic KeyboardとドッキングできるBluetoothワイヤレステンキー
フォーカルポイントは、Mac用となるバッテリー内蔵型ワイヤレステンキーパッド「LMP Bluetooth Keypad 2」の販売を開始する。(2016/7/20)

フロンティアファクトリー、自動作曲ソフト最新版「Band-in-a-Box 23」Mac版を発表
フロンティアファクトリーは、PG Music製の自動作曲ソフト「Band-in-a-Box」のMac用最新版「Band-in-a-Box 23 for Mac」の取り扱いを発表した。(2016/7/7)

新連載「GarageBandオンザラン」:
iPhone持てばスーパースターも夢じゃない
もともとはMac用で2004年から、2011年からはiPadで、その年の暮れにはiPhoneでも使えるようになった、初心者でも簡単に音楽が制作できるアプリ「GarageBand」。このソフトについて、使い方を紹介していく連載「GarageBandオンザラン」を勝手にスタート。(2016/7/3)

アクト・ツー、Mac用セキュリティソフト「ウイルスバリア」「ネットバリア」最新版の販売を開始
アクト・ツーは、Mac対応アンチウイルスソフト「ウイルスバリアX9」およびファイアウォールソフト「ネットバリアX9」の販売を開始する。(2016/6/24)

GUIの次へ:
Mac版のSiriは操作革命を引き起こすか!? 林信行が「macOS Sierra」をレビュー
WWDC 2016で発表された最新macOS「Sierra」の魅力を林信行が解説する。Mac版Siriはマウス操作が世に広まって以来の、最大の操作革命になるかもしれない。(2016/6/23)

神尾寿のMobile+Views:
進むiOSからのフィードバック――Siriで感じた「macOS Sierra」への期待
WWDC 2016において、Mac用OSの最新版「macOS Sierra」が発表された。macOS Sierraはどのような進化を遂げようとしているのか。プレビュー版を使う機会を得たので、検証していきたい。(2016/6/23)

WWDC 2016:
次期Mac用OSの名称は「macOS Sierra」に 一般向けリリースは秋
事前のうわさ通り、OS Xの名称がmacOSに改められ、Siriも搭載。7月からパブリックβの配布が始まる。(2016/6/14)

Apple、OS Xを「macOS」に改称 Siri対応
Mac向け新OS「macOS」をAppleが発表した。(2016/6/14)

MicrosoftがMacクライアントを初めてフルサポート
MicrosoftがMac版「Skype for Business」のプレビュー版公開、なぜ今?
Microsoftは、Macユーザー待望の「Skype for Business Mac」プレビュー版を発表した。同製品は3つの段階に分けて順に公開される予定だが、どのような機能が付く予定なのだろう。(2016/5/23)

Macの企業導入を支援:
IBM、Mac対応のMDMサービス「IBM Managed Mobility Services for Mac」の提供を開始
日本IBMは、Macの企業導入を支援するMDMサービス「IBM Managed Mobility Services for Mac(MMS for Mac)」の提供を開始した。(2016/5/17)

WhatsAppのWindows/Macアプリ登場 Windows 8、Mac OS X 10.9以降に対応
Facebook傘下のWhatsAppが、WindowsおよびMac版のWhatsAppアプリを公開した。Windows 8以降、Mac OS X 10.9以降に対応する。(2016/5/11)

Adobe AcrobatとReader、ColdFusionに脆弱性、アップデートで修正
AcrobatとReaderのセキュリティアップデートでは、Windows版とMac版に存在する100件近い脆弱性が修正された。(2016/5/11)

Mac/Windowsの仮想化機能を使って動作を高速化、安定化:
Docker環境をMac/Windowsで簡単に構築できるツール、限定βプログラムが公開
Dockerは、Docker環境を簡単に構築できる「Docker for Mac」「Docker for Windows」のβ版の限定配布を開始した。(2016/3/25)

アイ・オー、WD製のMac向けUSB 3.0外付けHDD「My Book for Mac」の取り扱いを開始
アイ・オー・データ機器は、Mac用をうたったUSB 3.0接続対応の外付けHDD「My Book for Mac」シリーズの取り扱いを発表した。(2016/3/23)

Microsoft、Evernote→OneNoteのデータインポートツールを公開
Microsoftのマルチプラットフォームのメモアプリ「OneNote」に、やはりマルチプラットフォームの「Evernote」のメモをインポートするためのWindowsアプリが登場。Mac版も数カ月中に公開の予定だ。(2016/3/14)

Mac OS初のランサムウェア出現 Appleは対処済みだが「Transmission」ユーザーは確認必須
Mac OS X初のランサムウェア(身代金要求型の不正プログラム)が発見された。オープンソースのBitTorrentクライアントアプリ「Transmission」のMac版バージョン2.90が感染していたので、同アプリのユーザーは対処が必要だ。(2016/3/7)

90年代のDTM音源がソフトウェアで復活 ローランド「SOUND Canvas VA」
ローランドは、90年代のDTMの定番音源「SOUND Canvas」をWindows/Mac対応のソフトウェアにした「SOUND Canvas VA」を発売した。(2015/12/25)

Evernote、「Skitch」(Mac版以外)と「Clearly」のサポートを1月22日に終了へ
Evernoteが、描画アプリ「Skitch」のWindows、iOS、Android版と、Webページを読みやすく表示するChrome拡張機能「Clearly」、Pebble版Evernoteの更新およびサポートを2016年1月22日に終了すると発表した。(2015/12/19)

Mac向けソフト「MacKeeper」、顧客情報1300万流出か
問題を発見したセキュリティ研究者は、検索エンジンのShodanで無作為に検索を行っていて偶然、Kromtechのデータベースが誰にでもアクセスできる状態になっているのを発見したという。(2015/12/16)

カスペルスキー、法人向けのMac用セキュリティソフト「Kaspersky Endpoint Security for Mac」最新版を発表
カスペルスキーは、法人向けとなるMac用セキュリティソフト「Kaspersky Endpoint Security 10 for Mac」の提供を開始する。(2015/12/9)

まずはMac版から:
プログラマー“専用(?)”のメモ帳アプリ「Boost」登場
プログラマーやエンジニアの作業に特化したメモ帳アプリが登場した。まずはMac版から。(2015/11/19)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。