ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「言論の自由」最新記事一覧

スピン経済の歩き方:
なぜ鳥越俊太郎さんは文春・新潮を告訴するという選挙戦略をとったのか
ジャーナリストの鳥越俊太郎さんが、都知事選で落選した。敗因については、既にあちこちで評論がされているが、ひとつ疑問が残る。なぜ女性問題を報じた「文春」や「新潮」を告訴したのかということだ。この問題について、筆者の窪田氏は……。(2016/8/2)

スピン経済の歩き方:
報道自由度ランキングが「72位」だった、これだけの理由
「国境なき記者団」が発表した「報道の自由度ランキング」によると、日本は180カ国中の72位。前年の61位よりもさらにランクダウンした。日本のメディアは自由度がありそうだけれども、なぜ72位なのか。その理由について、筆者の窪田氏が分析したところ……。(2016/5/10)

なぜ? 中国で突然Google閲覧可能に 一瞬の自由に「テスト説」飛び交う
中国で突然、Googleの利用が可能になった。1時間45分後には当局により遮断。接続できるようになった理由は不明で、憶測が憶測を呼ぶ状態だ。(2016/3/31)

中国の“憤青”がサイバー万里の長城を越えて襲来する その背景と、心構え
大手航空会社のFacebookページに抗議の書き込みが殺到する炎上騒ぎ。“中国人の正義”が中国の掲示板住人をたきつけ、ネットの壁を超えて来襲する──現地の事情に詳しい山谷氏のリポート。(2016/3/28)

みのもんた、2年半ぶりにキャスター復帰 ネット生放送「よるバズ!」放送
4月11日より本開局するネットテレビ局「AbemaTV」内のニュース番組で。(2016/3/15)

PR:WikiLeaksがデータ検閲対策に用いた“地下要塞”とは――「インターネットの知られざる闇」を暴く
(2016/3/14)

RSA Conference 2016レポート:
iPhone問題で再び繰り返される「自由」と「安全」の対立
キーエスクロー制度や暗号技術の輸出規制といった形で繰り返されてきた「自由」と「安全」をめぐる対立が、iPhoneを巡るアップルとFBIの対立によって再び浮上している。25周年を迎える「RSA Confrence 2016」の基調講演でもこの問題が言及された。(2016/3/3)

スピン経済の歩き方:
ファミレスでタダでバラまく新聞が、「軽減税率適用」を求める理由
ホテルやファミレスなどで新聞が無料で配られているのにも関わらず、読んだことがない人も多いのでは。大量の新聞紙が「刷られて、運ばれて、廃棄されて」いるわけだが、筆者の窪田氏はあることにスッキリしないという。それは……。(2016/1/5)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
伝える文章ではなく伝わる文章を
これからの時代は、ソーシャルメディアで共感を創り出すことが重要。共感を創り出す文章を書くためには、自分自身を失わないこと。誰かが言っていることの受け売りでは意味はない。(2015/11/19)

スピン経済の歩き方:
ジュンク堂「非公式アカウント騒動」が「言論問題」にすり替えられてしまった理由
MARUZEN&ジュンク堂書店が、渋谷店で実施されていた「自由と民主主義のための必読書50」というブックフェアを中止し、店頭にあった書棚を撤去した。事の発端は「ジュンク堂渋谷非公式」というアカウントが、Twitterでブックフェアを告知して……。(2015/10/27)

「そうだ難民しよう!」 シリア難民を「不法移民」扱いするイラストが物議、元写真の撮影者からは怒りの声
Facebookに画像の削除を求める署名活動も行われています。(2015/10/5)

redditの新CEO、AMAで新コンテンツポリシー案を説明
redditの新CEOに就任したスティーブ・ハフマン氏がAMA(Ask Me Anything)を開催し、新コンテンツポリシーへの質問を受け付け、閉鎖あるいはログインしないと閲覧できなくするsubredditの判断基準なとについて議論した。(2015/7/17)

reddit、エレン・パオ暫定CEOの退任と共同創業者のCEO就任を発表
差別発言の規制や突然の従業員解雇でユーザーからの批判が高まっていたredditの暫定CEO、エレン・パオ氏が退任し、同社を離れていた共同創業者のスティーブ・ハフマン氏がCEOに就任する。(2015/7/11)

Amazonレビューで低評価を付けたら情報開示請求された? → 著者がブログで反論「(開示請求をしたのは)事実です」
「事実と異なるネガティブな書き込み」「無視できないリスク」だったと説明。(2015/6/14)

安倍晋三の「A」はアドルフ・ヒトラーの「A」 芥川賞作家の野心作
あからさまにモデルが特定できる挑戦的なタイトルと、タイトル以上に過激な内容が、昨年文芸誌上で発表されて以来大きな話題を呼んでいる『宰相A』(田中慎弥)。田中さんにお聞きしました。(2015/4/30)

事態は法廷闘争へ発展
「ネットの中立性」問題の解決を図る米国連邦通信委員会
料金の高低によってネットワーク回線に差を付けるべきか否か。当初はプロバイダー寄りの姿勢を示した米国連邦通信委員会だが、批判を受けて態度を一変。「ネットの中立性」問題の行方は?(2015/3/19)

「I AM KENJI」のカードを掲げた写真を投稿――後藤健二さんの解放を願うFacebookページとTwitterアカウントが開設中
米国やフランスなど世界各地からの投稿も。(2015/1/26)

セキュリティクラスター まとめのまとめ 2014年12月版:
CODE BLUEにSECCONに、リアルが忙しかった12月
セキュリティクラスターが一堂に会したセキュリティイベントが多く開催された12月。一方、世界に目を向けると日本企業が深刻なサイバー脅威に見舞われていました。(2015/1/9)

ソニー・ピクチャーズ、公開中止の北朝鮮パロディー映画を一転公開へ
「The Interview」のTwitterアカウントは「言論の自由が勝利した」と宣言。(2014/12/24)

ソニー・ピクチャーズ、「The Interview」の公開を発表
テロ予告を受けていったん公開中止が発表された北朝鮮風刺の映画「The Interview」が、12月25日に全米の映画館で公開されることになった。(2014/12/24)

エド・はるみさん、ネット上の中傷に法的措置へ
弁護士事務所が発信者情報の開示など、裁判上・裁判外の法的手続き対応を行う。(2014/10/3)

小寺信良「ケータイの力学」:
子供へのネット規制の歴史(2)
国によるネットの規制強化から教育現場でのケータイ一律禁止、そして震災後に変わったSNSへの視線、ソーシャルゲームの勃興とLINEに代表されるつながり依存の解明。2009年から現在までの、子供とネットを取り巻く環境をまとめた。(2014/8/25)

EU「忘れられる権利」の影響を見る
ネットから消したい自分の情報、第1位は?
欧州司法裁判所が判決を下したネットの「忘れられる権利」は広がるのか。この判決がもたらすインターネットへの影響を見る。(2014/7/29)

米国が「インターネットの敵」に初認定──国境なき記者団
国境なき記者団が毎年発表する「インターネットの敵」リストに、元NSAの契約職員がリークした機密文書でネット監視システムを暴露された米国と英国が初登場した。(2014/3/17)

Twitter、より高い透明性を求めて米政府と合意せず
2月3日のGoogleやFacebookに続き、Twitterも最新の透明性リポートを公開した。他社が米連邦政府と合意してNSLとFISAからの大まかな要請件数を追加した中で、Twitterは「透明性の目的を台無しにする」として合意せず、より“意味のある”開示許可を政府に求めているという。(2014/2/7)

女神的リーダーシップ:
信頼関係で結ばれた人々がグループで保険に入る
保険料を抑えながらより大きな安全や幸せを保障する、独創的な仕組みがある。信頼関係で結ばれた人々が合意してグループで保険に加入するというもの。複数の加入者を束ねることにより、巨額の保険金請求があった場合のリスクを分散しようというものだ。(2014/1/21)

女神的リーダーシップ:
映像配信サービスで救われた命
スウェーデンでは毎年、ノーベル賞の発表を機に誰もが国際情勢に思いを馳せる。自由や和平への関心はとりわけ高い。ウェブ上には数々の試合やパーティーのライブ映像がアップされているが、中東で若者たちが独裁体制に立ち向かう姿も伝えられている。(2014/1/17)

女神的リーダーシップ:
ティー・リーフ・ネーションの記事は果敢で頼もしい
慕容(ムーロン)のリベラルな思想にもとづく心の叫びは、中国の開放と民主化に向けた数々の動きを後押しした。ただし、ティー・リーフ・ネーションの論調は反体制一色ではない。(2014/1/7)

「黒子のバスケ」脅迫事件の容疑者逮捕 ネットに安堵の声
今年は冬コミ開催前に容疑者が逮捕され、安心する声が上がっている。(2013/12/16)

Google、DDoS攻撃対策ツールや検閲回避ツールを発表
Googleが、サイバー攻撃や政府による検閲からネットユーザーを守るための取り組み、「Project Shield」「Digital Attack Map」「uProxy」を発表した。(2013/10/22)

嫌がらせで元恋人の裸写真をネット投稿する“リベンジポルノ”が米カリフォルニア州で禁止に
振られた腹いせに恥ずかしい写真をばらまいてやる! なんてことをすると捕まります。(2013/10/3)

TumblrのカープCEO、ポルノ問題について「取り締まりたくはない」とコメント
Tumblrの26歳のCEO、デビッド・カープ氏が人気トーク番組のコルバート・リポートに出演し、Yahoo!による買収やポルノコンテンツ対策、政府当局への情報提供についてなどの質問に答えた。(2013/7/18)

「焚書のような事態」――児童ポルノ禁止法改定案に漫画家協会、漫画・アニメの「調査研究」除外求める
自民、公明、日本維新の会の3党が衆院に提出した児童ポルノ禁止法改定案をめぐり、日本漫画家協会が意見書を発表。漫画・アニメに対する規制を盛り込んだ検討項目を除外するよう強く求めている。(2013/5/29)

Macを狙う標的型スパイウェア出現、正規のApple Developer IDを利用
このマルウェアは感染先のMacにバックドアを開いて攻撃側のサーバに接続し、画面のスクリーンショットを収集するなどの機能を持つ。(2013/5/23)

山根康宏の中国携帯最新事情:
第6回 Google要らず、中国スマホで使われる国産Webサービス
中国で販売されているAndroidスマートフォンにはGoogle系のサービスが搭載されていない。しかし中国の消費者は不自由なくスマートフォンを日々使いこなしている。では中国ではどのようなサービスが利用されているのだろうか?(2013/1/31)

講談社、「ヤングマガジン」発売延期問題を謝罪
アイドルの写真をめぐり「ヤングマガジン」の発売が延期された問題で、講談社が経緯を説明するとともに「多大なるご迷惑をおかけした」と謝罪した。(2013/1/18)

ひろゆき氏書類送検 ドワンゴ川上会長・夏野取締役にコメントを求めたが……
ドワンゴの川上量生会長と夏野剛取締役に、ひろゆき氏書類送検についてコメントを求めたが……。(2012/12/20)

伊吹太歩の世界の歩き方:
「プーチンを追い出して!」――マリア様にお願いした女性バンドに世界を学べ
プーチン大統領を揶揄したロシアの女性パンクバンド「プッシー・ライオット」が禁錮2年の実刑判決を受けた。これ以外にも、ミュージシャンにまつわる政治的・国際情勢的なニュースというのは枚挙に暇がない。(2012/8/23)

OpJapan(オペレーションジャパン)から学ぶサイバー攻撃への備え
日本の政府や組織を狙った「Anonymous」によるサイバー攻撃から得られる教訓とはなにか――。(2012/7/3)

国境なき記者団、最新の「インターネットの敵」リストを公開
ネットの検閲や規制を行っている国家“インターネットの敵”を国境なき記者団が公表。中国などいつもの顔ぶれに加え、フランスが初めて「監視対象」となった。(2012/3/13)

Wikipediaが1日閉鎖 著作権保護法案に抗議
Wikipediaが米議会で審議中の著作権保護法案に反対し、24時間サイトを閉鎖する。(2012/1/17)

山谷剛史の「アジアン・アイティー」:
「中国の不思議なTwitter」で締めくくる2011年の中華IT事情
中国を訪れた外国人は、TwitterやFacebookを使おうとして中国の特殊事情を知る。そんな中国で普及する“中華Twitter”にも当局の監視が伸びるのであった……。(2011/12/26)

ニッポンの紛争地帯をゆく:
知ってる? 韓国大使館への抗議で、やってはいけないこと
世界中で、今、抗議デモがアツい。“怒りの現場”に潜入して、参加者目線でリポートしていく本連載。2回目は「韓国大使館」だ。フジテレビや花王の「反韓流デモ」が注目を集めているが、本家本元への風当たりはどうなのか、現地へ行ってみた。(2011/11/22)

「クラウドにローカルはない」――丸山先生が杜の都で復興にエール
10月10日に仙台で開催されたICT復興支援クラウドフォーラムで基調講演に立った早稲田大学大学院の丸山不二夫客員教授は「クラウドにローカルはない。ぜひ東北で復興を牽引するビジネスを」とエールを送った。(2011/10/11)

日々是遊戯:
メーカーはどこまでレビューに干渉できる? 誰も語らなかった「メーカーチェック」の表と裏とは
ゲームの記事を載せる際、避けては通れないのが「メーカーチェック」。でもこれってホントに必要なの?(2011/10/5)

海外ベストセラーに学ぶ、もう1つのビジネス視点:
企業内部告発者が生き残るためのガイドブック
企業の不正行為を目撃した時どうするか? 真実にすべてを捧げようと思うことは素晴らしいし、正義のために戦うべきだが、その前に、告発した後に起こりうる出来事に備えよう。(2011/9/14)

中部大・武田教授、「東北の野菜は健康を害す」発言への抗議にブログで回答
中部大学の武田教授が、テレビ番組での「東北の野菜は健康を害す」発言への一関市長からの抗議メールに、ブログで回答した。(2011/9/8)

せかにゅ:
「生徒と教師、Facebookで友達になってはダメ」州法、一時停止に
「生徒と教師がSNSで友達になってはいけない」とする米ミズーリ州の州法が、「言論の自由を侵害する」との訴えから、一時差し止めになった。(2011/8/30)

米最高裁、暴力ゲーム規制法は「違憲」の判断
暴力的なゲームソフトを規制するカリフォルニア州法に対し、米最高裁が言論の自由を侵害するとの判断を下した。(2011/6/28)

情マネ流マーフィーの法則(37):
自然科学法則の「情マネ流マーフィー」への適用
自然科学や社会科学には多くの法則が存在する。それらをコンピュータやITの世界に当てはめてみるとどうなるのか? 今回から数回にわたって「情マネ流マーフィーの法則」を自然科学や社会科学などの観点から考察する。(2011/6/22)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。