ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「阪急」最新記事一覧

ポテチ味のコロッケが誕生! カルビーによるコロッケ店「カルビーポテト」が大阪にグランドオープン
オリジナルのコロッケ2種類が販売されます。(2017/3/24)

「自動改札システム」導入50年 大阪発の“世界初”技術 各国にも広がる
切符や定期券を瞬時に読み取り、ノンストップで駅の改札を通り抜ける自動改札システムが大阪で本格的に導入されてから50年を迎えた。(2017/3/22)

グループ全体でレジャーを提供:
西武鉄道の強みは何か
西武新宿から、あるいは池袋から埼玉県へ路線を伸ばしていく西武鉄道。沿線には遊園地や球場などがあるが、どのような強みがあるのか。(2017/3/13)

ICカードの渡し方が雑すぎる券売機が大阪で見つかる 「ご利用ありがとうございました」→シュパーンッ!
逆にクセになる対応。(2017/3/8)

週刊「調査のチカラ」:
スタンプラリーにポイントカード、顧客満足度向上の決め手を調査から読む
顧客満足度の高い企業、ポイントカードやクレジットカードの保有枚数にスタンプラリー企画を成功させるコツなど、昨今のコンシューマー事情をデータから探ります。(2017/2/25)

ITエンジニア U&Iターンの理想と現実(21):
大阪編:東京には負けへんで!――関西圏で働くエンジニアの給与水準、家賃、通勤時間、電車の混雑率
大阪といえば、お笑い、たこ焼き、ヒョウ柄のおかん――いえいえ、それだけじゃないんです。大阪は、エンジニアが住みやすく働きやすい街なんです。(2017/2/10)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
電車が遅れたらカネを返せ、はアリか?
ちょっと前の話になるけれど、参議院議員が「電車の遅延度に応じて料金を割り引く制度を提案する」とツイートして失笑された。遅延へのいらだちはごもっとも。しかし、失笑された理由は「目先のカネで解決しよう」という浅ましさだ。(2017/2/3)

2017年「ツインテールの日」 アイドルからニッパーまで、今年もツインテールがネットを席巻
いやぁー、ツインテールってほんっとうに良いもんですね!(2017/2/2)

高速バス車内で無料Wi-Fi 阪急バスと阪急観光バスが2月から
阪急バスと阪急観光バスが、高速バス車内で無料のWi-Fiサービスを提供へ。(2017/1/30)

「規制が遅かった」は結果論:
谷川連盟会長は、クビをかけて将棋を守った
「プロ棋士対コンピュータ」は、見せ物にすぎない。「規制が遅かった」も、部外者による結果論である。(2017/1/27)

API Meetup Tokyo 17:
2016年、オープンになったLINEのチャットボットAPIは、どう活用されたのか
「API Meetup Tokyo #17 〜年末スペシャル〜」で、Web APIの適用事例として「LINEのchatbot展開」をテーマにした講演が行われた。本稿では、この講演の内容についてレポートする。(2017/1/26)

バレンタインに巨大怪獣をぱくり ゴジラシリーズをモチーフにしたチョコ期間限定発売
立体チョコになった初代ゴジラにかじりつきたい。(2017/1/20)

セブンとローソンが一等地を確保:
私鉄王国関西、コンビニの駅ナカ陣取り合戦
コンビニエンスストア各社が、鉄道会社との提携による「駅ナカ」での店舗網拡大に力を入れている。大阪ではセブン-イレブン・ジャパンとローソンがそれぞれ“一等地”を確保した。(2017/1/11)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
なぜそこに駅はできるのか?
今年3月から4月にかけて、全国で6つの駅が開業する。共通点は「請願駅」だ。地元の自治体が鉄道会社に働きかけ、費用負担を条件に駅を設置する。鉄道会社にとっては受け身な方法と言える。もっと積極的に、戦略的に駅を設置しても良いと思う。(2017/1/6)

阪急・阪神などで使える新磁気カード4月発売 「スルッとKANSAI」終了に伴い
阪急・阪神など4社の路線で使える磁気カード「阪急 阪神 能勢 北急レールウェイカード」の発行が来年4月に始まる。(2016/12/28)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
ゲーム「A列車で行こう」で知る鉄道の仕組み
12月15日にWindowsPC向けゲーム『みんなのA列車で行こうPC』が発売された。俯瞰(ふかん)視点の町作りゲームで、どこか懐かしさを感じさせる作品だ。しかし、たかがゲームとあなどってはいけない。おもしろさの中に、実際の鉄道への気付きを見つけられる。(2016/12/23)

IT企業×スポーツ “蜜月”が続くワケ 楽天、DeNA、ZOZO……
楽天がFCバルセロナのスポンサーになり、ZOZOTOWNは千葉マリンの命名権を取得した。IT企業とスポーツの“蜜月”が続くのはなぜか。(2016/12/12)

バルサへの拠出額は約257億円:
スポーツとIT企業――親密な関係の理由
IT企業によるスポーツ関連の取り組みが相次いでいる。楽天、ZOZOTOWN、DeNA――知名度や信用を向上させられる利点があり、インターネットによる情報発信と相性がいいことも魅力になっている。(2016/12/12)

田中淳子の“言葉のチカラ”(37):
あなたなんて要らない――戦力外通告を受けたときに考えたこと
「こうした方がいい」「ああした方がいい」と会社への希望を日々口にしていた淳子さんに上司が言い放った言葉とは?――言葉の宝物を紹介する本連載、最終回は淳子さんが「変わる」きっかけになった言葉だ。(2016/12/12)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
鉄道のオープンアクセスは日本で通用するか
赤字ローカル線の救済策として「上下分離化」が進行中だ。鉄道会社とバス会社の施設負担について格差解消を狙った施策とも言える。しかし、日本における上下分離化は鉄道会社間の不公平の始まりでもある。運行会社が1社しかないからだ。(2016/12/9)

幅最大8.5メートルまで対応:
昇降式ホーム柵は転落防止の救世主となるか
JR東海道線の高槻駅と六甲道駅に設置されている「昇降式ホーム柵」の動画がインターネットで話題になっている。ドアの位置や数が異なるさまざまなタイプの列車に対応できるのが特徴。駅ホームでの転落事故が問題になるなか、“救世主”となれるのか。(2016/12/8)

ホーム転落防止の“救世主”となるか ネットで話題の「昇降式ホーム柵」
関西の駅に設置された「ホーム柵」がネットで話題だ。列車が到着するとロープが上昇し、乗り降りができる仕組みだ。(2016/12/8)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
なぜ鉄道で「不公平政策」が続いたのか?
赤字の鉄道路線の存続問題を議論するとき「鉄道は他の交通モードに対して不公平な立場にある」という意見がしばしば見受けられる。JR北海道問題もそうだし、かつて国鉄の赤字が問題になったときも「鉄道の不公平」が取りざたされた。なぜ鉄道は不公平か。どうしてそうなったか。(2016/12/2)

鉄道各社、沿線ベンチャーを後押し 運賃収入伸び見込めず、新事業創出へ協業
出資の他に、駅や沿線施設など経営資源を新規事業の実証実験に提供するなどして早期の事業展開を促す。(2016/12/1)

常見陽平の「若き老害」論:
名言や社訓に洗脳される若き老害たち
「若き老害」――。自分自身も若いのに、後輩や部下をマウンティングする社員を指す。特に顕著なのは「名言」や「武勇伝」などを押しつけるマウンティングである。その実例や背景について考えてみる。(2016/11/18)

PR:勢いがある企業はここが違う 柔軟な働き方で成果を生む“ちょいコア”オフィス移転とは?
「働き方改革」が叫ばれる中、企業のオフィス立地の考え方にも変化が起きている。何が何でも都心部ではなく、ある程度の集積のメリットは持ちつつも、快適なワークスタイルや住環境の良さなどを実現するような“ちょいコア”が注目を集めている。(2016/11/14)

1位は西宮北口:
超高級「芦屋ブランド」急落の不思議 住んでみたい街トップから10位に
関西の最寄り駅を対象にした平成28年の「住んでみたい街ランキング」で、27年トップだった芦屋が一気に10位に転落した。全国的にも屈指の高級住宅地「芦屋ブランド」は地に落ちたのか。(2016/11/11)

後絶たぬ視覚障害者ホーム転落、ホームドアは高コスト……“妙案”は意外にもアナログ
ホームから転落した視覚障害者が死亡する事故が相次いでいる。ホームドアの設置は全国で1割に満たない。救える命を救うには、どんな対応が求められるのか。(2016/11/1)

「損して得取れ」なのか:
そごう3店舗買収、博多の成功体験を生かせるか?
エイチ・ツー・オーリテイリングとセブン&アイ・ホールディングスの資本業務提携は、関西のサービス、小売業に地殻変動を起こす可能性がある。(2016/10/25)

10年前の「事件」重なる?:
そごう神戸、「よそに買われるくらいなら買ってしまえ」――阪急のプライド
阪急百貨店や阪神百貨店を運営するH2Oリテイリングが、セブン&アイ・ホールディングスから、そごう神戸店など百貨店3店舗を取得することで合意した。百貨店事業の不振に苦しんでいたセブン&アイからの申し出だったという。(2016/10/18)

そごう神戸店など譲渡へ セブン&アイとH2Oリテイリングが資本・業務提携
セブン&アイと、阪急・阪神百貨店を展開するH2Oが資本・業務提携へ。(2016/10/6)

「フェリシモ猫部」初の旗艦店 阪急西宮ガーデンズに10月7日オープン
関西に猫好きの新名所が誕生。100アイテム以上が勢ぞろいだ、にゃん!(2016/10/6)

定番お仕事マシンがさらに進化:
PR:「新レッツノートSZ6/RZ6」徹底解剖
モビリティの高さでビジネスパーソンから支持されているレッツノートがIntel最新の第7世代Coreプロセッサーを採用して生まれ変わった。今回登場したのは12.1型SZ6、14型LX6、10.1型RZ6の3シリーズ(ちなみにMX5のブラックモデルも登場している)。このうち、主力のSZ6とモバイルに特化したRZ6を取り上げ、その進化ポイントや魅力を探っていこう。(2016/10/5)

阪急阪神統合10年:
「阪急」「阪神」両ブランド共存、鉄道事業の統合効果は?
阪急ホールディングスと阪神電気鉄道が統合して10年。2つのブランドを維持し続ける以上、非効率は避けられない。主力となる鉄道事業の統合効果は限定的ではあるものの、現場では効率化に向けた変化も生まれつつある。(2016/9/30)

阪急電車で「スヌーピー&フレンズ号」運行! 電車カラーのぬいぐるみなどコラボグッズも登場! 10月1日から
スタンプラリーも開催。(2016/8/31)

ゴジラ退治は「探偵!ナイトスクープ」に依頼 ハッシュタグ「関西ゴジラにありそうな展開」が盛り上がる
もしも「シン・ゴジラ」の舞台が関西だったら、という大喜利がTwitterで流行。(2016/8/19)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
廃線危機から再生、「フェニックス田原町ライン」はなぜ成功したか?
福井県のローカル鉄道、福井鉄道とえちぜん鉄道が相互直通運転を開始して3カ月。乗客数が前年同期比2.9倍という好成績が報じられた。「幸福度ランキング1位」の福井県は、鉄道を活用して、もっと幸福な社会を作ろうとしている。(2016/8/19)

旅に出ろと囁くのよ、私のゴーストが 京都丹後鉄道で「攻殻機動隊」ラッピング列車が運行!
並列化できない思い出作り!(2016/8/15)

ファッションも意識:
e☆イヤホン、大阪・梅田に国内最大規模の新店舗をオープンへ
「e☆イヤホン」を運営するタイムマシンは、大阪梅田駅近くのショッピングモール「梅田EST」に国内最大規模の新店舗を10月にオープンする。ファッショナブルで開放的な店舗を目指す。(2016/8/9)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
「イチローは絶対に手放したくない」 絶賛の声が続々
マーリンズのイチロー選手が歴史的偉業を達成した。史上30人目となるメジャー通算3000本安打を達成したわけだが、周囲の人間はイチローのことをどのように見ているのか。チーム関係者からは「絶対に手放したくない」という声も。(2016/8/9)

PR:新ブランド「Mallow」を先行販売中! 「UNiCASEなんば戎橋」「UNiCASE河原町オーパ」がオープン
UNiCASEの新店舗が、大阪・ミナミの戎橋筋商店街と京都河原町のファッションビル内に相次いでオープン。新ブランド「Mallow」を先行販売中だ。(2016/8/5)

これは胸熱! 廃止が決まったJR北海道の珍駅「増毛駅」の切符がノートに! 髪の薄い人のお守りにも
「甲子園駅」と「南阿蘇水の生まれる里白水高原駅」も登場。(2016/8/4)

「鉄道施設内でポケモン出現しないよう設定を」 鉄道事業者23社および日本地下鉄協会が「ポケモンGO」に要請書提出
「お客様の安全確保等の観点から」とのこと。(2016/7/26)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
阪神・金本監督のスパルタ式は、やっぱり時代錯誤なのか
阪神・金本監督の指導をめぐって、非難の声があがっている。一般的に「5回100球」が交代のメドとされているのに、エースの藤浪投手に161球も投げさせたのだ。監督の「懲罰登板」が大きな波紋を呼んでいるが、断行しなければいけない理由があったのではないだろうか。(2016/7/14)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
JR九州上場から、鉄道の「副業」が強い理由を考える
JR九州が東京証券取引所に上場を申請した。鉄道部門は赤字のまま。しかし副業のマンションやホテル、飲食店が好調だ。阪急電鉄や東急電鉄の成功以来、鉄道会社は副業とセットで成長してきた。しかしその形態は変化している。小林一三モデルではない、新たな相乗効果を模索する時代になった。(2016/7/8)

未知の要件に応えるには、パートナーが大事:
PR:ぷらっとホームがIoTソリューションを展開する上でWatson IoT Platformを選んだ理由
ぷらっとホームは、2000年に国内初のLinuxマイクロサーバを開発・出荷、大手通信事業者や金融業界、物流など幅広い業界で着実に実績を積み重ね、その技術力が高く評価され続けている。代表取締役社長の鈴木友康氏によれば、同社のIoTゲートウェイ製品「OpenBlocks IoT Family」には、データの通信を受け止めることができるクラウドサービスが必要だったという。そこで白羽の矢が立てられたのが「IBM Watson IoT Platform」だ。同社は、Watson IoT Platformを活用して、どのようなソリューションを開発・提供しているのだろうか。(2016/7/21)

ICカード時代になぜ? 関西私鉄4社が「新たな磁気カード乗車券」発行へ
関西の私鉄やバスで使える磁気カード乗車券「スルッとKANSAI」の発行が終了する。と同時に一部の私鉄が、同じ仕様の磁気カードを、利用できるエリアを縮小して発行するという。なぜなのか。(2016/7/4)

かき氷が乗ったそばだと? 暑い夏に食べたい2つを一緒にしちゃった「かき氷そば」7月9日登場
阪急そば若菜 十三店・西宮北口店で提供。(2016/7/3)

関西初お披露目のハードがいっぱい――7月3日に「ポタフェス2016 in 大阪」開催
ポタフェス事務局は、イヤフォン&ヘッドフォン体感イベント「第9回ポータブルオーディオフェスティバル2016 in 大阪」を7月3日に開催する(2016/7/1)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
地方鉄道存続問題、黒字化・公営化・貢献化ではない「第4の道」とは?
赤字事業は廃止、赤字会社は解散。資本主義ではそれが正しい判断だ。しかし鉄道やバスなどの交通事業では簡単に割り切れない。沿線住民や観光客の足として地域に貢献するという「公共性」が問われる。ただし、存続のための選択肢はわずかしかない。(2016/6/17)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。