ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  H

「HDMIリンク」最新記事一覧

関連キーワード

huluやYouTubeも:
東芝、ネットワーク機能充実のBDプレーヤー「DBP-S300」
東芝から、ブロードバンド放送やネットワーク機能「レグザリンク・シェア」に対応した省スペース設計のBDプレーヤー「DBP-S300」が登場。(2013/2/6)

レグザリンク・シェア対応:
薄く、コンパクトになった“レグザブルーレイ”「DBR-Z260/Z250」
省スペースになった“レグザブルーレイ”「DBR-Z260/Z250」が登場。USB外付けHDDやレグザリンク・シェアに対応しているほか、RD-Styleならではの編集機能や自動録画機能も健在。(2012/7/23)

HDMIリンク対応:
オンキヨー、2.1chホームシアターの新製品「HTX-25HDX」
オンキヨーは、2.1chホームシアターシステム「HTX-25HDX」を発売する。HDMIリンクを利用して視聴番組のジャンルに応じてリスニングモードを自動切り替え。(2011/7/13)

スマートファミリンクを試す:
PR:写真、テレビ、音楽をシームレスに楽しむ――IS12SH×AQUOSで変わる生活スタイル
シャープ製のスマートフォン「AQUOS PHONE IS12SH」がAQUOS PHONEである理由の1つは、シャープの液晶テレビやBlu-ray Discレコーダーなどの家電と連携できるところにある。この「スマートファミリンク」で何ができるのか。そして何が変わるのか。(2011/7/6)

でかボタンも:
3DやHDMIリンクのボタンが付いたリモコン、ビクター
ビクター・JVCは6月29日、大型のチャンネルボタンなどを採用したAV機器用のリモートコントローラー4機種を発表した。(2011/6/29)

バッファローのデジタルチューナーが機能追加アップデート
バッファローは、テレビ用多機能デジタルチューナー「DTV-X900」の無償バージョンアップを実施する。リモート録画予約、HDMIリンク、写真データバックアップ機能などが追加される。(2011/2/2)

スカパー!HD録画対応:
アイ・オー、デジタル放送録画用HDD「RECBOX」発売
アイ・オー・データ機器は、「スカパー!HD録画」や「REGZAリンクダビング」に対応したデジタル放送録画用のネットワークストレージ“RECBOX”を6月中旬から順次発売する。(2010/6/2)

写真で解説する「AQUOS SHOT 945SH」
ソフトバンクのAQUOS SHOT端末としては3世代目となる「945SH」は、動画撮影を中心にカメラ機能を拡張。撮影した動画をはじめ、945SHで表示したコンテンツをテレビに出力して操作できる「AQUOSファミリンク」にも対応している。(2010/5/19)

HD動画撮影が可能な防水・防塵対応ケータイ――「AQUOS SHOT 945SH」
1210万画素CCDカメラを装備するシャープ製の「AQUOS SHOT 945SH」では、新たにハイビジョン動画の撮影が可能になった。防水、防塵性能も備えるほか、ケータイWi-FiやAQUOS製品とのファミリンクにも対応する、夏モデルのフラッグシップモデルだ。(2010/5/18)

デジモノ家電を読み解くキーワード:
「HDMI CEC」――AV機器メーカーによる囲い込みポイント
最近目にする「×××リンク」対応をうたうAV機器。HDMI 1.2a以降でサポートされた「CEC」を利用し、テレビとビデオの連携といった相互接続を実現するのがウリだ。(2008/11/27)

ビクター、“でかチャンネルボタン”装備の学習リモコン
日本ビクターは、学習機能を装備したリモコン「RM-A815」「RM-A615」を発表した。HDMIリンク機能もサポート。(2008/11/6)

パイオニア、初のBDレコーダー発売
パイオニア初のBDレコーダー2機種を発表。HDMIリンク機能「KURO LINK」やMPEG-4 AVC/H.264トランスコーダーを搭載する。(2008/9/12)

サラウンドで北京五輪を堪能する:
第5回:手軽さは一番、HDMIリンクも嬉しいヤマハ「YSP-600」
ヤマハの「YSP-600」は、同社が得意とする一体型サラウンドシステム「デジタルサウンドプロジェクター」シリーズの末弟。設置の手軽さでは群を抜く一体型だが、音の実力は?(2008/8/7)

ヤマハ、5社のHDMIリンクに対応した小型サウンドプロジェクター「YSP-600」
ヤマハは、デジタル・サウンド・プロジェクター「YSPシリーズ」の新製品「YSP-600」を5月下旬に発売する。(2008/4/9)

三菱のBDレコーダーが狙うもの
三菱電機が初のBlu-ray Discレコーダーを発表した。AVC録画やHDMIリンクの強化など技術的なトレンドはおさえつつ、液晶タッチパネル搭載の「グット楽リモコン」などの特徴を持つ。その製品コンセプトと機能について、詳しい話を聞いた。(2008/4/8)

特集:薄型テレビにあわせる一体型スピーカー:
圧倒的なサラウンド感を実現した一体型、ソニー「RHT-S10」
ソニーの「RHT-S10」は、一体型システムとしては珍しいほどしっかりしたサラウンド感を持つシステムだ。「ブラビアリンク」対応やデザイン的な整合性など、同社の液晶テレビ「BRAVIA」と組み合わせたときのメリットも見逃せない。(2008/3/24)

ソニー、ブラビアリンク対応のCD/DVDプレーヤー
ソニーはブラビアリンク対応のCD/DVDプレーヤー「DVP-NS700H」を4月上旬に発売する。同社製液晶テレビの新シリーズと組み合わせた場合、テレビに付属する「おき楽リモコン」だけで操作できる。1080p出力まで対応できるアップスケーリング機能も備えた。(2008/3/11)

ソニー、ブラビアリンク対応のフロントサラウンドシステム
ソニーが32V〜46Vのブラビアに適したTVラック型シアターシステム「RHT-G900」を発売。ワンボディに5.1chシステムを内蔵しており、気軽にサラウンドを楽しめる。(2008/2/21)

ソニー、高画質・利便性・デザインにこだわった新「BRAVIA」4シリーズ11機種
ソニーが、液晶テレビ“<ブラビア>BRAVIA”新製品4シリーズ11機種を発表。各種コンテンツに適した画質で再現する高画質機能、「ブラビアリンク」および「おき楽リモコン」の利便性・操作性向上、新デザイン、環境配慮型などが主な特徴だ。(2008/2/21)

小音量でもはっきりサラウンド:
松下、VIERAリンク対応3.1chラックシアターに新製品
パナソニックは「VIERA」シリーズ向けのラックシアターシステム2機種を2月15日に発売する。深夜など大音量で視聴できない場合でもサラウンドを楽しめる「ウィスパーモードサラウンド」や自動的にサウンドモードを切り替える「番組ぴったりサウンド」を新搭載。(2008/1/21)

「キープ」もOK:
新駆動方式で黒を沈めたプラズマ“VIERA”「PX80」
パナソニックは薄型テレビ「VIERA」の新製品、「PX80シリーズ」を発売する。新駆動方式でコントラスト比を15000:1に高めたほか、VIERAリンクで「キープ」も可能に。(2008/1/21)

“ファミリンク”対応の「インターネットAQUOS」秋冬モデルを発表――シャープ
シャープは、同社製液晶TV「AQUOS」シリーズなどとの連携機能を装備するデスクトップPC「インターネットAQUOS」新モデル5製品を発表した。(2007/11/7)

コピーワンスの規制緩和に対応:
東芝、レグザリンク対応の「VARDIA」普及モデル
東芝は、デジタル放送のコピーワンス制限緩和に対応したHDD+DVDレコーダー「VARDIA」(ヴァルディア)4機種を10月下旬から順次発売する。(2007/9/26)

ソニー、ブラビアリンク対応のホームシアターシステム
ソニーは「ブラビアリンク」に対応したホームシアターシステム5製品を発売する。(2007/8/29)

REALINK対応の3in1「楽レコ」
三菱電機は“楽レコ”の新製品として、VHS一体型3in1タイプの「DVR-DV745」「DVR-DV735」を発売する。対応テレビとHDMI接続することで使い勝手を高める「REALINK」に対応。(2007/8/22)

ワンボディ5.1ch:
ヤマハ、HDMI CECに対応したYSP最上位モデル「YSP-4000」
ヤマハがデジタル・サウンド・プロジェクターの最上位モデル「YSP-4000」を発表した。完全に新規設計となる「YSP史上最高音質」(同社)で、HDMI CEC(VIERAリンクおよびレグザリンク)対応も果たした。(2007/8/20)

今度はUSBハードディスクにも録画可能:
“全部入り”の新型REGZA「Z3500シリーズ」登場
東芝が、液晶テレビ「REGZA」のハイエンドシリーズ「Z3500」5機種を発表した。全モデルに倍速駆動の10bitフルハイビジョンパネルを搭載したほか、「レグザリンク」や外付けUSBハードディスクへの録画を新たにサポート。“全部入り”状態だという。(2007/8/20)

32V型でも使えます:
松下、「VIERAリンク」対応3.1chラックシアターを拡充
パナソニックは、「VIERAリンク」対応の3.1chラックシアター2機種をリリースした。4月に発売した2機種とあわせ、4機種で32V型から65V型までをカバーする。(2007/8/9)

11種類のサウンドモード備えた「AQUOSオーディオ」
シャープがスピーカー内蔵AVラック“AQUOSオーディオ”の新製品を発表。11種類のサウンドモードを備える。もちろんAQUOSファミリンクに対応する。(2007/7/2)

設定“決め打ち”で操作をシンプルに:
シャープ、「AQUOSハイビジョンレコーダー」5機種を発表
シャープは、「AQUOSファミリンク」対応のハイビジョンレコーダー5機種を8月下旬から順次発売する。操作をシンプルにして使い勝手を向上させた「らくらく操作」を新搭載。ファミリー層や初心者層の取り込みを図る。(2007/7/2)

オンキヨー、初のHDMI ver.1.3a搭載AVアンプ2機種
オンキヨーは、HDMI 1.3aを搭載した7.1ch AVセンター「TX-SA805」と「TX-SA605」を6月16日に発売する。HDMI CECもサポート。(2007/5/25)

パーソナル液晶テレビ特集(番外編):
簡単便利な“HDMIコントロール”の難しいトコロ
薄型テレビ普及のアクセルとして注目されるHDMIコントロール。今回は番外編として、ソニーBRAVIAとVIERAリンク対応レコーダーの接続を試してみる。(2007/5/11)

写真で解説する新“ディーガ”「DMR-XW51」の機能
パナソニックが発売した“DIGA”(ディーガ)「DMR-XW51」は、地味ながらも面白いアップデートが加えられたニューモデルだ。「美画質エンジン」などは従来通りだが、EPG関係の機能追加のほか、「VIERAリンク」やリニアPCMによるジュークボックス機能などをブラッシュアップしている。(2007/4/18)

HDMIコントロールは“アイデア勝負”――松下「VIERAリンク ver.2」
薄型テレビやDVDレコーダーを購入するとき、気になるのがHDMIコントロールによるリンク機能だ。この分野で先行した松下は、4月発売の新DIGAで「VIERAリンク 」をアップデート、「ver.2」として送り出した。その機能と進化の方向性について、同社商品企画グループビデオチームの助川学氏に話を聞いた。(2007/4/13)

中身はテクニクス?:
松下、“VIERAリンク対応”の3.1chラックシアター2機種
パナソニックは、3.1chラックシアター「SC-HTR300」と「SC-HTR200」を4月27日に発売する。VIERAのリモコン1つで操作できる“お手軽シアター”だ。(2007/4/10)

大きいだけじゃない――新VIERAは“家族と家電の中心”に
プラズマテレビ「VIERA」新モデルのプロモーションでは。「VIERA Link」を前面に押し出して他の家電も一緒にアピール。“家族団らんの中心”に位置づけ、親子や孫とのコミュニケーションツールとしても訴求していく。(2007/4/10)

シャープ、録画もできるBDプレーヤー「BD-HP1」
シャープがBDプレーヤー「BD-HP1」を発表。チューナー非搭載のプレーヤーだが、AQUOSファミリンクに対応しており、テレビ側チューナーを利用しての録画が可能。ハイビジョンレコーダーからのムーブもOK(2007/2/14)

「AQUOSファミリンク」の“目の付けどころ”
シャープの「AQUOSファミリンク」は、単純に“HDMIコントロール”と紹介されることが多い。もちろんHDMI ver.1.2に盛り込まれたCECがキーテクノロジーになっているのは事実だが、実際には“合わせ技”といえるものだ。(2006/10/24)

液晶/プラズマテレビ販売ランキング(8月21日〜27日)
異例の人気「AQUOS Gシリーズ」
「AQUOSファミリンク」対応の新AQUOS Gシリーズが販売開始前からランクインするという異例の事態に。(2006/9/8)

対応液晶テレビ/レコーダー/サウンドシステムを展開
シャープ、リモコン1つで簡単操作「AQUOSファミリンク」対応製品を一挙投入
シャープは液晶テレビやレコーダーなどを1つのリモコンから操作できる「AQUOSファミリンク」を発表。対応液晶テレビなど15製品を9月1日より順次販売する。(2006/8/2)

AQUOSも囲い込み戦略 機器連動機能「ファミリンク」
シャープは液晶テレビ「AQUOS」を核に、HDMIとi.LINKでレコーダーなどの周辺機器と連携させた「AQUOS ファミリンク」を展開する。松下の「VIERA Link」と同様、利便性を高めてユーザーを自社製品で囲い込む。(2006/8/2)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。