ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  R

「REGZA」最新記事一覧

いちから分かる最新家電:
夏アニメ補完計画――東芝レグザ「Z700X」で“見逃しゼロ”に挑戦!?
季節ごとに大量の新作が放送される深夜アニメ。2016年の夏(7〜9月期)も40以上の作品が放送予定となっており、ファンにとっては忙しい時期が始まります。今回は最新の録画テレビ、レグザ「Z700X」シリーズをピックアップしました。(2016/6/27)

コメントするだけで防水ポータブルテレビが当たるかも! 東芝「レグザと、なにする?」キャンペーン
東芝ライフスタイルは、インスタグラムで画像やコメントを投稿するとレグザポータブルテレビ「10WP1」が抽選で当たるキャンペーンを開始した。期間は8月31日まで。(2016/6/13)

東芝、4Kレグザ「 Z700X/M500X」のキャッシュバックキャンペーンを開始
東芝ライフスタイルは、液晶テレビのレグザのキャッシュバックするキャンペーンを開始した。「Z700X」シリーズまたは「M500X」シリーズとUSB HDDなど指定の商品を同時購入すると最大3万円をキャッシュバック!(2016/6/3)

東芝が「8Kレグザ」を参考展示――有機ELテレビも「開発している」
東芝はレグザ新製品の発表会で「100インチ前後」という8Kテレビを参考展示した。また有機ELテレビについても「開発している」という。(2016/4/19)

ホワイトモデルもあります――東芝が4Kテレビの“ミドルスタンダード”「M500Xシリーズ」を発売
東芝は、液晶テレビ“REGZA”(レグザ)の新製品として、「G20Xシリーズ」の後継となる「M500Xシリーズ」を発表した。4Kテレビとしては初めてのホワイトモデルを加え、少し上のスタンダードモデルを目指した。(2016/4/19)

IPSパネル搭載の“Z”が復活――価格も抑えた4Kテレビ、東芝レグザ「Z700Xシリーズ」登場
東芝が、液晶テレビ“REGZA”(レグザ)のハイエンドラインを拡充し、IPS液晶パネルを採用した「Z700Xシリーズ」を投入する。「CELL REGZA」で好評だったという、あの機能も復活。(2016/4/19)

市販機ベースの業務用、東芝が「65Z20X HDRプロフェッショナルモデル」販売開始
東芝は、液晶テレビの“REGZA”「Z20X」をベースに機能を追加したプロユースモデル「65Z20X HDRプロフェッショナルモデル」を発表した。映像編集、とくにHDRコンテンツ作成時の製作・評価に威力を発揮する。(2016/4/12)

素直に振り返ってこその「歴史」:
PR:REGZA Phoneから最新機種まで――「arrows先生」と振り返る富士通のAndroidスマートフォン
2010年12月の「REGZA Phone T-01C」発売以来、進化を続けてきた富士通のAndroidスマートフォン。「arrows先生」と一緒に、振り返ってみましょう。(2016/3/30)

比べてみたら凄かった――レグザ「V30」で知る10年分の進化
東芝「REGZA」(レグザ)の新製品「V30シリーズ」は、春の新生活需要に狙いを定めたパーソナルテレビだ。全体としてはコストを抑えたシンプルラインでありながら、いくつかの機能に関しては一歩進んだ付加価値を足している。前回に続き、東芝ライフスタイルの本村氏と増宮氏に話を聞いた。(2016/3/10)

「レグザがレグザであり続けるために」――10周年を迎えた東芝レグザの現在と未来
10周年を迎えた東芝の薄型テレビ「REGZA」(レグザ)だが、東芝が構造改革を進める中、「レグザは大丈夫か」という声も多く聞かれる。今回は、10年前から“レグザの顔”として知られる東芝ライフスタイルの本村裕史氏に、レグザを取り巻く状況と今後について話を聞いた。(2016/3/9)

東芝が「みるコレ」をアップデート――見逃し視聴で「TSUTAYA TV」連携、人名パック検索も容易に
東芝は2月29日、レグザ向けクラウドサービス「TimeOn」で提供している「みるコレ」のアップデートを実施した。見逃し視聴の利便性向上やユーザーインタフェースの改善がメインだ。(2016/2/29)

「2Kでも良いモノが欲しい人に」――2番組同時録画に対応したパーソナルサイズ、レグザ「V30シリーズ」登場
東芝は液晶テレビ“REGZA”(レグザ)の新しいパーソナルサイズ「V30シリーズ」を2月下旬に発売する。4Kやタイムシフトマシンといった付加機能は持たないが、スピーカーを前面に配置して迫力のある音を実現したほか、2番組同時録画や「NETFLIX」などにも対応する。(2016/2/9)

「どこでもテレビ」に飽き足りず……東芝の防水ポータブルテレビ「10WP1」を使って分かったこと
東芝の「10WP1」は、大きめのスピーカーとIPS液晶パネルを搭載した最新の防水ポータブルテレビ。レグザとの相性も良く、タイムシフトマシンで録画した番組もネットワーク経由で視聴できる。(2016/2/3)

東芝、国内生産のレグザ小型モデル「S11シリーズ」を発売
東芝はパーソナルサイズのレグザ「S11シリーズ」2機種を2016年2月に発売する。ホテル向けなど顧客別の特別仕様にも対応するため、グループ会社の東芝メディア機器で製造する。(2015/12/22)

東芝、4Kレグザ「Z10X/J10X」シリーズのHDR入力対応バージョンアップを実施
東芝は、液晶テレビ“REGZA”(レグザ)の4K対応モデル「Z10X/J10X」シリーズにおいてソフトウェアバージョンアップを実施するHDR入力への対応にくわえ、「インテリジェント・ハイダイナミックレンジ復元」性能が向上する。(2015/12/10)

家庭内稟議を応援!:
むしろ旦那さん必見、東芝「女性のためのテレビ活用術」
東芝が液晶テレビ“REGZA”(レグザ)の公式サイト内に「女性のためのテレビ活用術」を公開した。女性誌のように豊富な写真と画像で機能を紹介しつつ、女性目線の解説を加えている。(2015/12/2)

タイムシフトマシンがさらに進化:
東芝、手軽にタイムシフトマシンが使えるレグザサーバーなど発表
東芝は10月15日、15年秋冬商戦向けにトリプルチューナー搭載レグザサーバーなどを発表した。録画予約なしで3チャンネルを常時録画し続ける。(2015/10/15)

音声検索が進化:
1000nitの高輝度ディスプレイにHDRの実力を引き出す新エンジン、東芝の4Kレグザ「Z20X」シリーズ
東芝が4Kレグザ「Z20X」シリーズを発表した。新エンジンやディスプレイを搭載したハイエンドモデルで、65V型/58V型/50V型の3モデルをラインアップする。(2015/10/14)

レグザでアニメを見るなら――「みるコレ」でKADOKAWAとのコラボによる「Newtypeパック」提供開始
東芝は、液晶テレビ“レグザ”向けのクラウドサービス「TimeOn」において、新サービス「みるコレパートナーパック」の提供を開始した。(2015/10/13)

秋アニメが……:
東芝、レグザ従来モデルの「みるコレ」対応を10月8日に延期
TimeOnの新しいサービス「みるコレ」の対応機拡大が少し延期された。(2015/9/28)

見ちゃった:
「CELL REGZA」の約11倍のコントラスト比、東芝“レグザ”の次期ハイエンドモデルの試作機を見た!
東芝が秋冬商戦向けに開発している“レグザ”の試作機を見てきた。1000nitオーバーの高輝度LEDバックライトに開口率を広げた新しい液晶パネルを装備。コントラスト比は、輝度ブーストを備えた「CELL REGZA」の約11倍に及ぶという。(2015/9/16)

東芝、レグザ「J20X」「G20X」「J10」シリーズのNetflix対応バージョンアップを9月1日スタート
東芝は、液晶テレビ“REGZA”(レグザ)の3シリーズ9機種について、9月1日からNetflix対応バージョンアップを実施すると発表した。(2015/8/31)

アニメ好き必見:
東芝レグザの新クラウドサービス「みるコレ」が過去のモデルにも拡大――KADOKAWAとのコラボも発表
東芝は新しいクラウドサービス「みるコレ」を改めて紹介。9月末に予定している「TimeOn」のリニューアルで対応モデルが拡大することや新しいパートナーシップを発表した。(2015/7/30)

43V型からの3サイズ:
東芝、「タイムシフトマシン」搭載のミドルクラス4Kテレビ「J20X」シリーズを発表
東芝は、4K液晶テレビの新製品として、「J20X」シリーズを発表した。ミドルクラスながら全面直下LEDと新映像エンジン「4KレグザエンジンHDR」を搭載。また同クラスでは初めて「タイムシフトマシン」を採用した。(2015/7/29)

アップデートで対応:
HDR入力や新「TimeOn」対応へ 東芝、レグザの4Kテレビ「Z10X」「J10X」シリーズに新機能を追加
東芝が液晶テレビ「レグザ」の「Z10X」「J10X」シリーズに新機能を追加。ファームウェアアップデートで新規格のHDMIや「TimeOn」の新サービスなどに対応する。(2015/6/10)

Netflix対応:
HDR入力や新クラウドサービスに対応 東芝、レグザのスタンダードモデル「G20X」シリーズを発表
東芝は液晶テレビ「レグザ」の新ラインアップとしてスタンダードモデル「G20X」シリーズを発表した。サイズは55V型、49V型、43V型の3機種。(2015/6/10)

エントリーモデルをブラッシュアップ!:
東芝、レグザのベーシックモデル「S10」シリーズ登場――40V型「40S10」と32V型「32S10」の2機種
東芝は液晶テレビ「レグザ」のエントリーモデル「S10」シリーズを5月20日に発売する。モデルは40V型「40S10」と32V型「32S10」の2機種。価格はいずれもオープンで予想実売価格は6万円前後(税別)から。(2015/5/14)

gooスマホ部:
Google Playストアにアクセスできません
自宅用に白ロムのREGZA Phone T-01Cを購入したのですが……。(2015/4/8)

NASと組み合わせてもっと便利に:
海外出張にも大活躍――東芝“レグザサーバー”「DBR-M590」の全録とリモート視聴機能を体験した
「DBR-M590」は、強力な“全録”機能を搭載しながら、録りためた番組を宅外で、スマホやタブレットを使って見られる「リモート視聴」の機能も充実させた注目機。NASとも組み合わせてみた。(2015/3/30)

NTTぷらら、東芝の4K対応レグザに「ひかりTV 4K」を提供開始
NTTぷららは3月24日、同社が運営するスマートTVサービス「ひかりTV」の4K VoD「ひかりTV 4K」について、4K対応“レグザ”向けに提供を開始すると発表した。(2015/3/24)

見えてきた「Netflix」の国内サービス――対応テレビも着々
日本国内への参入を正式に発表した米国の大手映像配信サービス「Netflix」。秋のサービス開始に向け、東芝レグザの「J10シリーズ」など対応機も登場。その発売に合わせ、米Netflixの担当者が現状を語った。(2015/2/20)

HDDを2台プラスするチャンス:
「最強の“おでかけ視聴環境”ができた」――東芝からレグザサーバーの新フラグシップ「DBR-M590」登場
東芝から“レグザサーバー”の新しいフラグシップモデル「BDR-M590」が登場。「タイムシフトマシン」の機能的な制約を大幅にへらし、リモート視聴も強化した意欲作だ。(2015/2/19)

日本版「Netflix」をサポート! 東芝からフルHDのプレミアムテレビ“レグザ”「J10シリーズ」発売
東芝が“レグザ”「J10シリーズ」を発表。今秋、日本でのサービスを開始する「Netflix」への対応をいち早く表明した。(2015/2/12)

4Kを受信、4Kを録画:
東芝、「4K レグザZ10X/J10X」シリーズのソフトウェアアップデート配信開始
2月17日に提供が開始される東芝液晶テレビ「4K レグザZ10X/J10X」シリーズのソフトウェアバージョンアップで、「Channel 4K」および「スカパー!プレミアムサービス」が4K画質でUSB HDDに録画可能になる。3月24日には「ひかりTV 4K」の受信にも対応予定。(2015/1/21)

エントリー機も:
東芝、レグザーサーバー「D-M470/M430」をリモート視聴に対応させるアップデート
東芝は12月5日、“レグザサーバー”「D-M470/M430」のファームウェアアップデートを開始した。新たにリモート視聴機能の「おでかけいつでも視聴」をサポートする。(2014/12/5)

SeeQVault対応:
「連携」と「安心」をプラス、東芝がBDレコーダー4機種を発表
東芝が“レグザサーバー”を含むBDレコーダー4機種を発表した。新たにSeeQVaultや自己診断機能をサポートしたほか、レグザサーバーでは「タイムシフトマシンリンク」など他機器との連携機能を充実させた。(2014/10/14)

2014年PC秋冬モデル:
最新Office導入、IPS搭載モデルも拡大──「dynabook REGZA PC D81/D71/D51」「dynabook D61/D41」
オンキヨーのスピーカーと21.5型ワイド液晶ディスプレイを搭載する液晶一体型PCラインアップは、OSとOfficeアプリを最新バージョンに強化した。(2014/10/14)

ロボット掃除機の操作も:
再生番組に合わせて部屋の明かりが変わる? 東芝がレグザクラウドサービス「TimeOn」をアップデート
レグザ向けクラウドサービス「TimeOn」がアップデート。新たに「お気に入りワード」の登録が可能になったほか、「家電コンシェルジュ」にも複数の新機能が追加された。(2014/10/6)

レグザをもっと便利に!:
東芝レグザ用に録りためた番組を一発検索するiOSアプリ「TimeOn 番組シーン検索」
東芝は、レグザ用のスマホアプリ「TimeOn 番組シーン検索 for iOS」を10月中旬に無料で公開する。Android版は2015年春にリリース予定だ。(2014/10/1)

レグザ「Z8X」のHDCP2.2対応アップグレード、8月7日に受付スタート
東芝は、レグザ「Z8Xシリーズ」をHDCP 2.2に対応させるアップグレードサービスの詳細を明らかにした。対象機種は、84V型の「84Z8X」、65V型「65Z8X」、58V型「58Z8X」の3機種。(2014/8/1)

オンサイト無償交換対応:
東芝4Kテレビ「レグザZ8Xシリーズ」今秋からHDCP 2.2対応へ、無償アップグレードサービス開始
東芝4Kテレビ「レグザZ8Xシリーズ」がHDCP 2.2に対応することが決まった。今秋から無償アップグレードサービスが始まる(2014/6/13)

Bluetooth対応:
テレビの後方に置いてスッキリ――円筒形のエンクロージャー採用「レグザサウンドシステムRSS-AZ77」発表
東芝ライフスタイルは、テレビの後方に設置できるなどレイアウトの自由度が高いサウンドバー“レグザサウンドシステム”「RSS-AZ77」を8月下旬に発売する。(2014/6/13)

東芝、4K対応の40V型“レグザ”「40J9X」を前倒しで発売――キャンペーンも
東芝ライフスタイルは6月11日、4K対応の40V型液晶テレビ「40J9X」を発売した。発表当時は「7月中旬発売」としていたが、環境が整ったため出荷を開始したという。(2014/6/11)

テレビを見ると「Tポイント」がたまる!? 東芝「TimeOn」の新サービス
東芝とカルチュア・コンビニエンス・クラブは、レグザを活用すると「Tポイント」がたまる新サービスを発表した。各種キャンペーンを6月10日にスタート。(2014/6/10)

本当に役立つ自動録画とは?――東芝「レグザ」の「おまかせ録画コミュニティ」
東芝の「おまかせ録画コミュニティ」は、“機能”であり、“サービス”でもある。さらにその名の通りコミュニティとしての可能性も合わせ持つ、クラウド時代の自動録画だ。具体例を挙げて説明していこう。(2014/6/9)

山本浩司の「アレを見るならぜひコレで!」:
4K放送も視野に――東芝レグザ「58Z9X」が見せた熟成の4K画質
各社から相次いで発表された4Kテレビの2014年モデル。今回は、その中から東芝REGZA(レグザ)の58V型「58Z9X」をじっくりチェックしてみたので、そのインプレッションをお伝えしよう。(2014/5/22)

東芝、レグザ+レグザサーバーのセット購入で1万円のキャッシュバックキャンペーン開始
東芝は5月21日から8月31日の期間限定で、対象のレグザおよびレグザサーバーのセット購入すると1万円のキャッシュバックがもらえるキャンペーンを開始した。(2014/5/21)

東芝、ウラ録に対応したレグザのスタンダード機「G9シリーズ」を発表
東芝は液晶テレビ“REGZA”(レグザ)の新製品として、スタンダードモデルの「G9シリーズ」を発表した。(2014/5/16)

2014年PC夏モデル:
タッチ対応モデルを加えた液晶一体型PC――「dynabook REGZA PC D81/D71」「dynabook D61/D51」
21.5型ワイド液晶ディスプレイを搭載する液晶一体型PC「dynabook REGZA PC D81/D71」「dynabook D61/D51」は、CPUを強化しつつ、上位モデルにタッチ対応モデルを追加した。(2014/5/15)

東芝、4Kテレビ新製品2機種の発売を前倒し
“REGZA”(レグザ)「Z9X」シリーズのうち、58V型の「58Z9X」および50V型の「50Z9X」が一足先に発売された。(2014/4/25)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。