ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「東芝ライフスタイル」最新記事一覧

シャープに続く“被買収予備軍”多数……IoTで「モノづくり」再構築急げ
“オンリーワン技術”への過信が経営の病巣を広げたシャープは、巨額投資でコスト競争力と技術力を高めてきたアジア系企業の代表格である鴻海にひれ伏すほかなかった。(2016/8/15)

親会社が変わっても“もの作り”は変わらない――東芝ライフスタイルが新体制を説明
中国美的集団(Midea:マイディアグループ)の傘下に入った東芝ライフスタイルが、新体制と今後の事業方針を発表した。マイディアグループから2人の役員を迎えるが、国内における白物家電事業は「これまで通り」という。(2016/8/8)

半径300メートルのIT:
3年以上使っていないサービス、退会したほうが身のため?
東芝が白物家電販売会社の東芝ライフスタイルを中国企業に売却――。世間を驚かせたこのニュースが、実は自分にも関係ある話だと分かったのは、ある一通のメールがきっかけでした。(2016/7/12)

サザエさんのCMはどうなる? 東芝、白物家電を中国企業に売却
東芝は30日、白物家電事業を中国の美的集団に売却した。東芝の白物を宣伝してきた「サザエさん」のCMは今後どうなる?(2016/7/1)

コメントするだけで防水ポータブルテレビが当たるかも! 東芝「レグザと、なにする?」キャンペーン
東芝ライフスタイルは、インスタグラムで画像やコメントを投稿するとレグザポータブルテレビ「10WP1」が抽選で当たるキャンペーンを開始した。期間は8月31日まで。(2016/6/13)

東芝が映像事業の新体制を明らかに――東芝映像ソリューション設立へ
東芝ライフスタイルは、6月30日に予定されている会社分割後の体制を一部公表した。テレビやBlu-ray Discレコーダーなどの映像事業は、東芝メディア機器に継承し、同時に社名を「東芝映像ソリューション」に変更する。(2016/6/8)

東芝、4Kレグザ「 Z700X/M500X」のキャッシュバックキャンペーンを開始
東芝ライフスタイルは、液晶テレビのレグザのキャッシュバックするキャンペーンを開始した。「Z700X」シリーズまたは「M500X」シリーズとUSB HDDなど指定の商品を同時購入すると最大3万円をキャッシュバック!(2016/6/3)

東芝が「8Kレグザ」を参考展示――有機ELテレビも「開発している」
東芝はレグザ新製品の発表会で「100インチ前後」という8Kテレビを参考展示した。また有機ELテレビについても「開発している」という。(2016/4/19)

ホワイトモデルもあります――東芝が4Kテレビの“ミドルスタンダード”「M500Xシリーズ」を発売
東芝は、液晶テレビ“REGZA”(レグザ)の新製品として、「G20Xシリーズ」の後継となる「M500Xシリーズ」を発表した。4Kテレビとしては初めてのホワイトモデルを加え、少し上のスタンダードモデルを目指した。(2016/4/19)

IPSパネル搭載の“Z”が復活――価格も抑えた4Kテレビ、東芝レグザ「Z700Xシリーズ」登場
東芝が、液晶テレビ“REGZA”(レグザ)のハイエンドラインを拡充し、IPS液晶パネルを採用した「Z700Xシリーズ」を投入する。「CELL REGZA」で好評だったという、あの機能も復活。(2016/4/19)

1人暮らしにおすすめ! 今話題のロボット掃除機5選
自動でフローリングの床を掃除してくれるロボット掃除機は、さまざまな機種が発売されている。おすすめ5機種を紹介。(2016/4/5)

東芝、中国メーカーに白物家電事業を売却 「東芝」ブランドは40年間使用可能
東芝は、白物家電事業を中国の美的集団に約537億円で売却する最終契約を結んだ。(2016/3/30)

東芝ライフスタイル株の8割超を美的に譲渡:
東芝の白物家電譲渡額は537億円に
東芝は2016年3月30日、既に白物家電事業を売却することで基本合意していた中国の美的集団と譲渡契約を締結し、譲渡額は約537億円になる見込みと発表した。(2016/3/30)

東芝、白物家電を中国企業に売却へ 美的集団と基本合意
東芝は、白物家電事業を中国の美的集団(Midea Group)に売却することで基本合意した。(2016/3/18)

テレビなど映像事業は継続:
東芝、中国・美的への白物家電事業売却を発表
東芝は2016年3月17日、白物家電事業を中国の家電メーカーである美的集団に譲渡すると発表した。(2016/3/17)

東芝、「白物家電を中国企業に売却」報道にコメント
東芝は、同社が白物家電事業を中国・美的集団に売却する方向で最終調整に入ったと伝えた同日付の一部報道にコメントした。(2016/3/15)

比べてみたら凄かった――レグザ「V30」で知る10年分の進化
東芝「REGZA」(レグザ)の新製品「V30シリーズ」は、春の新生活需要に狙いを定めたパーソナルテレビだ。全体としてはコストを抑えたシンプルラインでありながら、いくつかの機能に関しては一歩進んだ付加価値を足している。前回に続き、東芝ライフスタイルの本村氏と増宮氏に話を聞いた。(2016/3/10)

「レグザがレグザであり続けるために」――10周年を迎えた東芝レグザの現在と未来
10周年を迎えた東芝の薄型テレビ「REGZA」(レグザ)だが、東芝が構造改革を進める中、「レグザは大丈夫か」という声も多く聞かれる。今回は、10年前から“レグザの顔”として知られる東芝ライフスタイルの本村裕史氏に、レグザを取り巻く状況と今後について話を聞いた。(2016/3/9)

「2Kでも良いモノが欲しい人に」――2番組同時録画に対応したパーソナルサイズ、レグザ「V30シリーズ」登場
東芝は液晶テレビ“REGZA”(レグザ)の新しいパーソナルサイズ「V30シリーズ」を2月下旬に発売する。4Kやタイムシフトマシンといった付加機能は持たないが、スピーカーを前面に配置して迫力のある音を実現したほか、2番組同時録画や「NETFLIX」などにも対応する。(2016/2/9)

モップのゴミまで30日間おまかせ!――東芝のロボット掃除機「TORNEO ROBO」が進化
東芝ライフスタイルは、ロボット掃除機“TORNEO ROBO”(トルネオ ロボ)の新製品「VC-RVS2」を2月に発売する。ゴミをため込む充電台「ダストステーション」がサイクロンに進化。モップに付着したゴミまで吸い取ってくれる。(2016/1/20)

東芝、PC事業分社化 テレビは国内で開発・販売継続 再編を正式発表 青梅は閉鎖・売却へ
東芝がPC、テレビ、家電各事業の構造改革を正式発表した。(2015/12/21)

スマホにも4K-VOD:
NTTぷらら、国内初のHDR対応4K-VODを「ひかりTV」で提供
NTTぷららは、「ひかりTV」の4K-VODサービスにおいて、HDR(High Dynamic Range)対応作品を11月30日から提供する。(2015/11/17)

「Bigマジックドラム」採用!:
東芝、幅60センチで容量11キロの洗濯乾燥機を11月下旬に発売
東芝から「Bigマジックドラム」採用の洗濯乾燥機「TW-117X3/V3」が登場。本体幅60センチながら洗濯容量11キロ・乾燥容量7キロを実現。価格は28万円前後(税別)から。(2015/10/20)

10月より提携:
東芝、中国の販売子会社2社を清算 現地大手家電メーカーに販売権を付与
東芝ライフスタイルは9月24日、中国・ASEAN地域における白物家電事業の見直しを発表。スカイワースに中国国内での販売権を付与する。(2015/9/24)

省エネ機器:
東電の快適空調設備推奨の取り組み、シャープや三菱が参加し14社に拡大
東京電力が、一定水準以上の省エネ性に加え、快適性や清潔性などの機能を兼ね備えた空調・換気設備を推奨する取り組みへの賛同企業に、新たにシャープや三菱電機、三菱重工冷熱などが加わった。(2015/9/9)

東芝、エアコン14機種を発表――約30秒で40度の温風が吹き出す「秒速ダッシュ暖房」搭載
東芝ライフスタイルは、プラズマ空気清浄機能付きエアコン「DRシリーズ」計10機種と、同寒冷地向けエアコン「DRNシリーズ」計4機種を発表。9月以降順次発売する。(2015/8/27)

東芝、肉や魚の鮮度を保つ「マジック大容量」冷蔵庫など10機種発売
東芝ライフスタイルは、冷凍冷蔵庫の新製品10機種を9月上旬より順次発売する。価格はすべてオープン。市場想定価格は、21万円前後から(税別)。(2015/8/4)

アニメ好き必見:
東芝レグザの新クラウドサービス「みるコレ」が過去のモデルにも拡大――KADOKAWAとのコラボも発表
東芝は新しいクラウドサービス「みるコレ」を改めて紹介。9月末に予定している「TimeOn」のリニューアルで対応モデルが拡大することや新しいパートナーシップを発表した。(2015/7/30)

カラバリは4色:
7型IPS液晶搭載の東芝製ポータブルDVDプレーヤー「SD-P710S」シリーズ
東芝は、IPS液晶を搭載する7型ポータブルDVDプレーヤーを発表した。8月上旬に発売する。(2015/7/28)

サイクロンも水洗い:
「吸引力と軽さのバランスを重視」 排気・走行性能がアップした東芝のキャニスター型サイクロン掃除機4モデル
東芝ライフスタイルは、サイクロン掃除機の新モデルを発表。キャニスター型掃除機4機種をラインアップする。(2015/7/15)

排気もクリーンに:
たたき機能+取り残し防止センサー搭載 操作性を重視した東芝初のふとんクリーナー「VC-CLF1」登場
東芝ライフスタイルは同社初となるふとんクリーナー「VC-CLF1」を発表した。毎分約1600回振動するたたき機能はハウスダストを寝具から浮き出させるほか、軽い力で操作できる快適さも実現した。(2015/7/15)

スマートホーム:
スマートメーターの簡単管理と家電の遠隔操作が行えるドングル
NTT東日本は、電力小売全面自由化に伴うHEMSサービス活用ニーズの高まりとスマートメーターの今後の普及を見据えて、HEMSサービス「フレッツ・ミルエネ」利用者向けにスマートメーター対応USBドングルを発売した。(2015/7/15)

アップデートで対応:
HDR入力や新「TimeOn」対応へ 東芝、レグザの4Kテレビ「Z10X」「J10X」シリーズに新機能を追加
東芝が液晶テレビ「レグザ」の「Z10X」「J10X」シリーズに新機能を追加。ファームウェアアップデートで新規格のHDMIや「TimeOn」の新サービスなどに対応する。(2015/6/10)

Netflix対応:
HDR入力や新クラウドサービスに対応 東芝、レグザのスタンダードモデル「G20X」シリーズを発表
東芝は液晶テレビ「レグザ」の新ラインアップとしてスタンダードモデル「G20X」シリーズを発表した。サイズは55V型、49V型、43V型の3機種。(2015/6/10)

省エネ機器:
空調設備に新たな推奨マーク、省エネ性に加え「快適・清潔性」が評価基準に
東京電力は一定以上の省エネ性に加え、快適性や清潔性などの機能を兼ね備えた空調・換気設備を「東京電力スマートウェルネス設備」として推奨していく。住設備機器メーカーと共同で行う取り組みで、推奨ロゴマークなどを活用して推奨設備の普及を図る。(2015/6/2)

つけおき洗いで皮脂汚れをしっかり落す!:
東芝、マジックドラム搭載の縦型洗濯乾燥機5機種、全自動洗濯機5機種を発表
東芝は、防汚コートを施したステンレス洗濯槽「マジックドラム」を備えた縦型洗濯乾燥機5機種、全自動洗濯機5機種を発表した。価格はすべてオープンで8万5000円前後(税別)から、6月中旬より順次発売する。(2015/5/27)

エントリーモデルをブラッシュアップ!:
東芝、レグザのベーシックモデル「S10」シリーズ登場――40V型「40S10」と32V型「32S10」の2機種
東芝は液晶テレビ「レグザ」のエントリーモデル「S10」シリーズを5月20日に発売する。モデルは40V型「40S10」と32V型「32S10」の2機種。価格はいずれもオープンで予想実売価格は6万円前後(税別)から。(2015/5/14)

HDR対応4Kテレビも?:
「4K普及はこれから」 4Kに“本気”な「ひかりTV」は販売チャネル開拓に課題
4KのIP放送や、4K番組の見逃し配信などを発表したNTTぷららの「ひかりTV」。同社は2015年も4K事業に注力することを発表したが、実際のところ4Kはいつ頃普及していくのか。板東社長が今後の戦略を語った。(2015/4/9)

「ひかりTV」、国内ドラマなどで4K映像の見逃し・先行配信を提供――4KのIP放送は12月に実用化
NTTぷららのスマートTVサービス「ひかりTV」が4K映像で国内番組の見逃し配信や先行配信を行う。12月には光回線を利用した4K映像のIP放送が実用化される予定だ。(2015/4/9)

手間いらず:
空気清浄の汚れを自動で屋外に排出するエアコン、東芝から
東芝ライフスタイルは、ルームエアコンの新製品としてプラズマ空気清浄機能付きエアコン「SRシリーズ」6機種と「SPシリーズ」5機種を発表した。(2015/4/6)

東芝、Android版「TimeOn番組シーン検索」を公開――気になる番組やシーンをチェック
東芝ライフスタイルはAndroid版「TimeOn番組シーン検索」をリリースした。昨年10月のiOS版に続いてAndroid端末でもシーン検索が行えるようになる。(2015/3/31)

東芝製テレビやレコーダーと組み合わせて便利な「RZ番組ナビ」、新たにiPhoneをサポート
東芝製テレビやレコーダーと連携するセカンドスクリーンアプリ「RZ番組ナビ」iOS版が新たにiPhoneをサポート。コンパクトな画面に適したリスト形式の番組表を表示できる。(2015/3/26)

NTTぷらら、東芝の4K対応レグザに「ひかりTV 4K」を提供開始
NTTぷららは3月24日、同社が運営するスマートTVサービス「ひかりTV」の4K VoD「ひかりTV 4K」について、4K対応“レグザ”向けに提供を開始すると発表した。(2015/3/24)

窪田順生の時事日想:
中国人観光客が「爆買」する日本の炊飯器は何がスゴいのか
中国人観光客の爆買によって、日本製の炊飯器が売れている。そんなことを聞くと、「多くの中国人は日本の技術力を高く評価しているんだなあ」と思うかもしれないが、本当にそうなのか。売れている背景を探っていくと……。(2015/3/24)

4Kを受信、4Kを録画:
東芝、「4K レグザZ10X/J10X」シリーズのソフトウェアアップデート配信開始
2月17日に提供が開始される東芝液晶テレビ「4K レグザZ10X/J10X」シリーズのソフトウェアバージョンアップで、「Channel 4K」および「スカパー!プレミアムサービス」が4K画質でUSB HDDに録画可能になる。3月24日には「ひかりTV 4K」の受信にも対応予定。(2015/1/21)

組み込み開発ニュース:
スマホでコンテンツ作成できるデジタルサイネージ、東芝から
東芝ライフスタイルは「国内で初めて」(同社)、スマートフォンの専用アプリでコンテンツ作成できるデジタルサイネージ「スマホでサイネージ」を発売する。FlashAirを介したコンテンツ転送も可能だ。(2014/12/4)

放送局も協力:
「追加料金は必要ありません」――初の4K対応商用VoD「ひかりTV 4K」が間もなくスタート
NTTぷららが「ひかりTV 4K」の商用サービスを開始する。コンテンツ面ではNHKや民放各社がサポート。テレビメーカーもこぞって対応を表明している。(2014/10/3)

レグザをもっと便利に!:
東芝レグザ用に録りためた番組を一発検索するiOSアプリ「TimeOn 番組シーン検索」
東芝は、レグザ用のスマホアプリ「TimeOn 番組シーン検索 for iOS」を10月中旬に無料で公開する。Android版は2015年春にリリース予定だ。(2014/10/1)

空気清浄機能を大幅に強化:
東芝、”プラズマ空気清浄機能付きエアコン”「SDR」シリーズ
東芝ライフスタイルは、16畳用の空気清浄専用機に相当する高い集じん機能を備えたルームエアコン”プラズマ空気清浄機能付エアコン”「SDR」シリーズ10機種を発表した。(2014/8/28)

TORNEO ROBO:
ゴミ捨ては月1回でOK、東芝が自動ゴミ捨て機能を備えたお掃除ロボ
東芝はロボットクリーナー“TORNEO ROBO”「VC-RCX1」「VC-RVD1」「VC-RV1」を9月上旬より販売開始する。アルゴリズムやブラシの改良で集じん力を高めたほか、上位モデルは充電台を兼ねた集じん台へ自動的に“ゴミ捨て”をする機能を備えた。(2014/8/22)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。