ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  H

  • 関連の記事

「Hewlett-Packard Enterprise」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Hewlett-Packard Enterprise」に関する情報が集まったページです。

いまさら聞けない機械学習入門(後編):
機械学習はどうやって使うのか――意外と地道な積み重ね
前編では、AI(人工知能)と機械学習、ディープラーニングといった用語の説明から、AIを実現する技術の1つである機械学習が製造業を中心とした産業界にも徐々に使われ始めている話をした。後編では、機械学習を使ったデータ分析と予測モデル作成について説明する。(2018/5/22)

LUN数、マルチパスを重視
数字で見る SANストレージの購入理由と製品導入の基準
容量とアプリケーションに関するニーズは企業に新しいSAN(Storage Area Network)ストレージ導入を促している。その際の購入判断の鍵となるのは、LUN(論理ユニット番号)の数やマルチパスといった基準だ。(2018/5/15)

パブリッククラウドとオンプレミスの両方を使うだけがハイブリッドクラウドではない:
PR:単なるクラウド活用で発生する“二重管理問題”、ハイブリッドクラウドの真のメリットを得る方法とは
パブリッククラウドに限界を感じた企業が従来型のオンプレミスへ回帰する動きがある。しかし、それは本当に正しい道なのだろうか。そんな疑問に答えるように、パブリッククラウドのメリットをオンプレミスへ拡張するソリューションとして注目を集めている「Azure Stack」。提供元のMicrosoftと、ディストリビューターであるソフトバンク コマース&サービスに話を聞いた。(2018/5/14)

ディープラーニングの学習処理は前世代の3倍に:
企業のAI導入を手助け――HPEがAIに関する新製品とサービスを発表
日本ヒューレット・パッカードは、AI導入に関するコンサルティングサービス「HPE Artificial Intelligence Transformation Workshop」と、NVIDIAのGPUを8台内蔵したディープラーニング向けコンピューティングシステム「HPE Apollo 6500 Gen10 System」を発表した。(2018/4/24)

パートナーとの連携を強化:
日本NI、データ取得から予知保全まで提案
日本ナショナルインスツルメンツ(日本NI)は、「TECNO-FRONTIER 2018(テクノフロンティア)」で、機械学習による故障予知や異常検知システムなどのデモ展示を行った。(2018/4/23)

パブリッククラウド市場の椅子取りゲーム
AWS、Azure、Googleに続く、4位以下のクラウドベンダーはどこ?
一握りの企業がパブリッククラウド市場の大半を支配することになるのだとしても、まだ競合企業が参入する余地はあるだろうか、それとも遅過ぎるのだろうか。(2018/4/17)

高効率データセンターを救う技術か
東芝がNVMe SSDで攻める新製品、ストレージ管理「KumoScale」とは?
東芝グループは、NVMeのラインアップに新しいSSDを追加し、NVMe SSDをストレージ本体にプールして共有できる新しいソフトウェア「KumoScale」を発表した。その狙いとは。(2018/3/29)

クラウドでも重要性を増すファイルストレージ
専門家が予測 2018年の話題は「マルチクラウドストレージ」
専門家によると、企業向けクラウドストレージの2018年のトレンドには、マルチクラウドの利用、ハイブリッドクラウドストレージ、ファイルベースのクラウドストレージなどがあるという。(2018/3/23)

「ユーザーが置き去りになる」という意見も
大手ストレージベンダー9社が予測する2018年は? 新メモリ技術、NVMeに注目
NVMe、NVMe over Fabrics、そして新しいメモリテクノロジーが2018年以降のストレージ業界をかき乱すだろうというのが、ストレージ担当の企業幹部や業界アナリストの予測だ。(2018/3/14)

ポイントは「クラウドなら何ができるのか」
ビッグデータで輝くITスキルは、舞台がクラウドに移るとどう変わるのか?
企業は、ビッグデータの処理基盤をクラウドに移している。この動きは、それまでのITスキルを覆すことはないが、管理者や開発チームには幾つか変化が求められるだろう。(2018/3/12)

Nutanixを使いこなすと何がうれしいか:
PR:ネットワールドのエキスパートが語る、「ハイパーコンバージドインフラ(HCI)の向こう側」
大手IT製品ディストリビューターであるネットワールドは、Nutanixに関して他に見られないユニークな活動を展開している。その理由は、Nutanixが単なるハイパーコンバージドインフラではなく、使いこなせばほとんどのユーザーの期待を超えるメリットがあるからだという。そこで、ネットワールドのエキスパートに、あらためてNutanixとは何なのか、HCIの導入効果を最大限に引き出すにはどうすべきなのかを聞いた。(2018/3/1)

次世代のデータセンターアーキテクチャとして期待
コンポーザブルインフラはハイパーコンバージドに次ぐ大ブームを巻き起こすか
昨今のITシステムは、柔軟性が向上し、価格が低下して、近代化が加速している。そして、プログラム可能なインフラがHCIとCIに次ぐ一大ブームを巻き起こすかもしれない。(2018/2/14)

捨てられないコールドデータをどう保存するか
徹底比較:HDD、テープ、SSD、光ディスク コスト効率の高いコールドストレージは?
コスト効率に優れたコールドストレージ製品、サービス、メディアへの需要が急速に高まっている。それには多くの理由がある。非構造化データが飛躍的に増加していることも理由の1つだ。関連技術を比較する。(2018/2/12)

2019年までに半分以上のデータがクラウドへ
クラウドストレージ利用調査 企業の過半数がAWSを選ぶ理由は?
企業がクラウドストレージ導入に踏み切る主な理由は、バックアップ、アーカイブ、災害復旧、コラボレーション用のストレージ容量の確保だ。(2018/2/7)

ポイントはマルチクラウドか否か
クラウド自動化ツールを比較 ネイティブ vs. サードパーティーの勝者は?
クラウドでの自動化とオーケストレーションのツールには、プロバイダーネイティブのツールとサードパーティー製ツールの2形態がある。最適なツールを選ぶには、将来のニーズ、特にマルチクラウドのニーズを把握しておくことが必要だ。(2018/1/31)

HPEのホイットマンCEO、スマホ向け動画ベンチャーNewTVの初代CEOに
今月いっぱいでHPEのCEOを退任するメグ・ホイットマン氏の次の行き先はジェフリー・カッツェンバーグ氏が設立した動画プラットフォーム会社。(2018/1/25)

ハイブリッドストレージのベストバイ
フラッシュ vs. HDDではなくハイブリッドストレージが答え その技術と製品は
フラッシュとHDDの両方を搭載したハイブリッドストレージアレイは、パフォーマンスの点でオールフラッシュストレージやオールHDDを上回る利点があり、今日の組織の多種多様なワークロード要求に対処できる。(2018/1/24)

記事と注目キーワードから探る
2018年の「デジタルトランスフォーメーション」、その最重要課題は?
2017年に掲載したCIO向け記事では、デジタルトランスフォーメーション、高速化、スケーリング、そして明確なコミュニケーションの必要性に関するテーマが注目された。2018年は?(2018/1/22)

フラッシュストレージからHCI、SDSまで
インフラを取り巻く環境変化 生き残ったベンダーは何を選択してきたのか
インフラ、特にストレージ環境に関する変化は著しい。かつて有望視されたスタートアップも、幾つかはすでに事業を畳んでいる。生き残った企業が選択した技術は何なのか。(2018/1/17)

ストレージベンダーの群雄割拠が加速
データストレージ2018年のトレンド:話題を独占する5つのテクノロジーとは
データストレージは着実な進化を遂げている。本稿では2017年を振り返りつつ、2018年に話題となるであろう5つの技術について解説する。(2018/1/8)

想像の翼を広げてみよう
2018年のストレージ業界を大胆予測 まさかの「4D NANDフラッシュ」登場なるか?
毎年恒例の「未来予測」だ。真実、現実、正当性にとらわれず、怖いもの知らずの思い切った視点で、2018年におけるデータストレージのトレンドを考察してみよう。(2018/1/5)

ハードルは高いが……
HCIアプライアンスではなく、あえて“自作”の意義とは? そのメリットとデメリット
ハイパーコンバージドインフラ(HCI)ベンダーはHCI構築ソフトウェアだけを提供するオプションも用意している。これを利用すれば、IT部門はベンダーロックインとスケーラビリティの問題を回避できるが、別の問題もある。(2017/12/28)

クラウドビッグ3だけではない選択肢
IaaS比較は落とし穴ばかり 「Amazon、Microsoft、Googleから選ぶ」では失敗する?
さまざまなメリットがあるパブリッククラウド。どのクラウドベンダーを選ぶかは難しい問題だ。復旧性、ハイブリッドクラウドのサポート、データサービスなど、ベンダーが提供する機能を慎重に評価する必要がある。(2017/12/26)

エッジとクラウドの関係は競合か共存か
IoT普及で爆発的に増える「マイクロデータセンター」とは何か
Gartnerがエッジコンピューティングやマイクロデータセンターの重要性を強調する中、専門家はその潜在的な利用場面の検討を進めている。ただし対処すべき課題もあることから、導入は難しい決断となる可能性がある。(2017/12/22)

ランサムウェアに特化した機能とは
バックアップデータを狙ったランサムウェア攻撃が発生、データ復旧に使える製品は?
ランサムウェア攻撃は、通常のデータ損失事案とは異なる。データ保護を手掛けるベンダーの中には、それを念頭に、ランサムウェアに特化した機能を製品に搭載するところもある。(2017/12/21)

Microsoftの2018年を占う【後編】
Windows Serverの新GUI追加から量子コンピューティングまで、最新技術トレンドを探る
Microsoftのテクノロジーは多くの領域にわたる。後編は、クラウドやコンテナに関心の高いユーザーに向けた情報をお届けする。(2017/12/14)

著名なストレージベンダーの見解も解説
SSDにはファイバーチャネル ベンダー11社調査で分かったフラッシュストレージの実態
ストレージベンダーに対する調査でオールフラッシュストレージとハイブリッドストレージ(HDDとSSD)において、ファイバーチャネルが主流ストレージネットワークテクノロジーになっていることが明らかになった。(2017/12/11)

オンプレミスとパブリッククラウドのいいとこ取りを実現:
運用管理をシンプルに――HPE、従量課金制ITソリューションスイート「HPE GreenLake」をリリース
HPEは、主要ワークロードに対応する従量課金制のITソリューションスイート「HPE GreenLake」をリリースした。(2017/11/29)

Enterprise IT Kaleidoscope:
「Windows 10 Pro for WorkStation」って、結局“誰得”なの?
Winodws 10 Fall Creators Updateともにリリースされた、Windows 10の新たなエディション「Windows 10 Pro for Workstation」。ワークステーション向けというややニッチなOSだが、そのニーズや価値はどこにあるのだろうか。(2017/11/27)

高いセキュリティと経済性を提供:
“シリコンレベルの信頼性”を備える――HPE、AMDのEPYCプロセッサ搭載サーバ「HPE ProLiant DL385 Gen10」を発表
Hewlett Packard Enterprise(HPE)は「HPE Gen10」サーバの新モデル「HPE ProLiant DL385 Gen10」を発表した。AMDの「EPYC」プロセッサを搭載し、最適なパフォーマンスとセキュリティを提供するとしている。(2017/11/22)

試行錯誤を始めた関連メーカー:
“FPGAaaS”は業界に浸透するのか?(後編)
「FPGAaaS(FPGA-as-a-Service:サービスとしてのFPGA)」というコンセプトが登場する中、FPGA業界に関わるメーカーは、フレームワークの構築やパートナーシップの締結などに向けて試行錯誤している。(2017/11/9)

膨大なデータを処理、分析し、リアルタイムのビジネス洞察を獲得:
768GBから48TBまでスケーリング可能――HPEがモジュラー型インメモリプラットフォーム「HPE Superdome Flex」をリリース
Hewlett Packard Enterprise(HPE)は、スケーラブルでモジュラーなインメモリコンピューティングプラットフォーム「HPE Superdome Flex」の販売を開始した。(2017/11/8)

Hitachi Vantaraが商用版をリリース
日立の“次の100年”を担うIoT基盤「Lumada」の可能性とは?
日立製作所は、Hitachi Vantara(日立ヴァンタラ)の設立とIoT基盤「Lumada」の商用リリースを掲げ、デジタル変革市場の競争に参入した。(2017/11/1)

4つのAI専用ソリューションをラインアップ:
ディープラーニングアプリの迅速な開発を可能に――HPE、AIプラットフォームおよびサービスセットを発表
HPEは、企業がディープラーニングなどAIを容易に導入できるよう支援する新しいプラットフォームやサービスを発表した。(2017/10/31)

大容量と拡張性は当然
「オブジェクトストレージ」主要製品の詳細過ぎる特性分析
オブジェクトストレージシステムは複数のベンダーが発売しているが、その特徴を把握することは難しい。本稿はその助けとなるべくアクセス方法やデータセキュリティ、導入オプションなどについて解説する。(2017/10/24)

セキュリティチップにRSA暗号鍵の脆弱性、GoogleやMicrosoftの製品にも影響
Infineon製のセキュリティチップに、RSA秘密鍵を取得されてしまう脆弱性が発覚。問題のセキュリティチップはGoogleやMicrosoftなど幅広いメーカーの製品に使われている。(2017/10/18)

「The Next Platform」で読むグローバルITトレンド(12):
HPEが開発する「The Machine」のカギは、メモリのスケーラビリティ
Hewlett Packard Enterpriseが開発を進めている「The Machine」は、メモリをアーキテクチャの中心に据えている。理論上は1.35PBの共有メモリに対し、40960のCPUコアからアクセスできる。このスケーラビリティが新たなアプリケーションにつながる可能性がある。(2017/9/20)

NVMe対応ストレージアレイも次々登場
「NVMe over Fabrics」でストレージ環境が一変する――注目の技術革新を解説
Non-Volatile Memory Express(NVMe)はSSDストレージの接続規格としてSCSIやSASプロトコルに取って代わり、NVMe over Fabricsはハイエンドネットワーク環境のデータ転送用に採用されていく可能性がある。(2017/9/15)

データセンター担当者が称賛する機能とは
HCI製品、最も売れているベンダーは? 調査で分かった期待と現実
機能性や拡張性、使いやすさに後押しされ、企業はハイパーコンバージドインフラ(HCI)を採用する方針を取りつつある。実際に導入してみてわかったHCIの魅力的な機能について市場調査結果と併せて説明する。(2017/9/14)

単独インタビュー:
NutanixのCEOとCTOに聞いた、エンタープライズクラウドの近未来
Nutanixは2017年6月末、Nutanix .NEXT Conference 2017で、ソフトウェア単体での展開、アプリケーション視点のクラウド管理ツール「Nutanix Calm」、Google Cloud Platform(GCP)上で同社のソフトウェアスタックを動かし、これを従量課金で使えるサービスの「Xi Cloud Services」を発表した。本記事ではNutanixのCEO、ディラージ・パンディ氏およびNutanix CTOであるスニル・ポッティ氏への単独インタビューの抜粋をお届けする。(2017/9/13)

納得できるTCOとは
TCOと機能で比較 ハイパーコンバージドインフラ(HCI)選びの勘所
どうしても価格が目についてしまうハイパーコンバージドインフラ(HCI)だが、特にVDIを検討している企業はTCO(総所有コスト)に注意が必要だ。仮想化製品の特長を比較しながらコスト管理のポイントを解説する。(2017/9/13)

コスト削減と柔軟性アップを実現
いまさら聞けないソフトウェア定義ストレージ(SDS)、その技術と主要製品一覧
ソフトウェア定義ストレージ(SDS)とは、データストレージのリソースと機能を管理する技術だ。基盤となる物理ストレージとは依存関係を持たない。(2017/9/6)

PR:HPEが提案する新時代のコンピュートエクスペリエンス【Vol.3】
2017年7月27日に開催された「HPE サーバーフォーラム 2017」は、800人を超える来場者の熱気に包まれた。ヒューレット・パッカード エンタープライズ(HPE)が総力を結集した新製品、「HPE Gen10 サーバー プラットフォーム」のデビューイベントである。“ハードウェアレベルのセキュリティ”という新たな業界標準で来場者を惹きつけたセッションの模様を通じて、『世界標準の安心サーバー』の価値を明らかにしていこう。(2017/8/30)

ネットワールドが技術力で強力に後押し:
PR:Nutanixの国内普及が加速、それでも残る課題とは
Nutanixのハイパーコンバージドインフラ(HCI)製品の普及が加速している。こうした時期だからこそ、多くの課題をクリアしていく必要があると、ネットワールド マーケティング本部の三好哲生氏は話す。課題とは何なのか。(2017/8/30)

「The Next Platform」で読むグローバルITトレンド(8):
シンプルな分散メモリプーリングをRDMAで実現する技術が面白い
ミシガン大学の研究者チームが、Linuxカーネルに常駐するオープンソースプログラム「Infiniswap」を生み出した。Infiniswapの目標はノードが相互のメモリをスワップファイルとして使用し、各ノードで動作するアプリケーションで使用可能な実行メモリ容量を増やし、クラスタ全体でメモリリソースを効率的に利用することだ。(2017/8/29)

802.11acよりも「エキサイティング」
“10ギガビット無線LAN”が現実に? 新規格「IEEE 802.11ax」とは何か
新しい無線LAN規格「IEEE 802.11ax」は、「IEEE 802.11ac」をはじめとする現状の無線LAN規格と何が違うのか。要点をまとめた。(2017/8/25)

「The Next Platform」で読むグローバルITトレンド(7):
ついに最後の「Itanium」が登場、HPEは搭載プラットフォームを2025年までサポート
2017年5月、Intelが「Itanium 9700」を発表した。今回は、Itaniumの歴史を振り返り、その未来を考察する。(2017/8/24)

「ThinkPad」と「Yoga」双方の良さを兼備
徹底レビュー:新「ThinkPad X1 Yoga」はThinkPadファン納得の出来、ネックは高価格?
Lenovoの「ThinkPad X1 Yoga」は、使い勝手も性能も高レベルの2-in-1デバイスに仕上がっている。だが「最高の2-in-1デバイス」と呼ぶことにはためらってしまう、わずかな理由がある。(2017/8/19)

Dell EMCやHPE、IBMなどの主要製品をピックアップ
徹底比較:オールフラッシュストレージシステム8社 自社とベストマッチは?
大手ベンダー8社の主要なオールフラッシュアレイ製品を取り上げ、機能や性能を詳しく紹介する。どの構成が自社のニーズに最も合うだろうか。(2017/8/18)

Enterprise IT Kaleidoscope:
「Windows 10 Pro for Workstations」はなぜ生まれたのか
現地時間の8月10日、Microsoftが「Windows 10 Pro for Workstations」を発表した。Windows 10の新たなエディションとなるのか、追加ライセンスのような形になるのかは不明だが、従来のWindows 10よりもサーバOSに近い位置付けの製品になるのではないかと見ている。(2017/8/16)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。