ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「人とロボットの秘密」最新記事一覧

人とロボットの秘密:
あとがき からくり技術に見る、日本人の独創性
日本人の技術には独創性がないという先入観が付きまとうが、からくり人形の技術には独創性があふれている。日本人は昔からテクノロジーが好きだったのだ。(2009/6/12)

人とロボットの秘密:
最終章-3 “人=ロボット”の時代へ
人間が肉体から解放され、機械が意識を持った時、人の意識も変容し、人と機械を区別する意味がなくなるだろう。そこには新たな可能性が広がっているはずだ。(2009/6/11)

人とロボットの秘密:
最終章-2 近づく攻殻機動隊の未来 ネットの発達と人の心
ネットの登場で、「攻殻機動隊」で描かれた世界が現実に近づいてきた。Second Lifeのような仮想世界でのコミュニケーションも発達。人の心は、肉体から離れつつあるようだ。(2009/6/10)

人とロボットの秘密:
最終章-1 ガンダムも参戦できる「ROBO-ONE」
二足歩行ロボによる格闘技大会「ROBO-ONE」は、ガンダムなどサンライズアニメをモチーフにしたロボットも参戦OK。ロボットはみなレベルが高く、操縦者の技量が勝敗を分ける。(2009/6/9)

人とロボットの秘密:
第6章-3 人の心を微分方程式で書けないか 高西教授の「情動方程式」モデル
演奏の解釈や人の心も定量化し、機械で再現する――高西教授の「ロボティクスヒューマンサイエンス」は、人間の芸術表現や情動のモデルまで踏み込んでいく。(2009/6/8)

人とロボットの秘密:
第6章-2 ロボットが“ものをかむ”には
ロボットを人間に近付けることで、「数値として定量化された人間のモデル」が得られる。高西教授は医学者の力も借りながら、人間の動作をロボットで再現しようとしている。(2009/6/4)

人とロボットの秘密:
第6章-1 人とロボットの歩行は何が違うのか
人間をロボットで模倣するには――早大の高西教授は、異分野の研究者と協力し、人間のふるまいを工学で再現しようとしている。(2009/6/3)

人とロボットの秘密:
第5章-2 機械が生命に学ぶ時代 吉田教授の「3つの“し”想」
ロボットをif文によるシナリオベースではなく、生物の模倣で動かす――慶応大の吉田教授は「システム生命」の理論をロボットに導入し、ロボカップを戦っていた。(2009/6/2)

人とロボットの秘密:
第5章-1 ガンダムのふくらはぎと「システム生命」
ガンダムの足にふくらはぎあったことは、「ロボットは人間」であることを表現する象徴的な出来事だった。だが機械で人を再現し、パートナーロボットを作り出すには、機械と生命の違いを考えなければならない。(2009/6/1)

人とロボットの秘密:
第4章-3 機械で心を作るには 「哲学的ゾンビ」と意識
「人間の心もロボットの心も変わらない」と前野教授は話すが、それは決して、ニヒルな考え方ではない。(2009/5/29)

人とロボットの秘密:
第4章-2 生物がクオリアを獲得した理由 「受動意識仮説」で解く3つの謎
われわれの意識にはなぜ、生き生きとした質感(クオリア)が伴うのか。「受動意識仮説」によれば、意識とは、エピソード記憶を実現するための機能に過ぎない。(2009/5/28)

人とロボットの秘密:
第4章-1 「意識は機械で再現できる」 前野教授の「受動意識仮説」
意識は判断を下す“司令塔”ではなく、結果として出力される“受動的な物語”。前野教授は「受動意識仮説」が意識の謎をうまく説明できると考えている。(2009/5/27)

人とロボットの秘密:
第3章-2 「親しみやすい」ロボットとは 記号論理の限界と芸術理論 中田亨博士の試み
記号論理では“生き物らしさ”を再現できない――産総研の中田亨博士は、感情表現についての理論をロボットに適用し、生き物らしさを研究している。(2009/5/26)

人とロボットの秘密:
第3章-1 子どもはなぜ巨大ロボットが好きなのか ポスト「マジンガーZ」と非記号的知能
子どもはなぜ巨大ロボットが好きなのか。「マジンガーZ」はなぜヒットしたのか。巨大ロボが日本の子どもたちの想像力を育んだ。(2009/5/25)

人とロボットの秘密:
第2章-3 アンドロイドが問う「人間らしさ」 石黒浩教授
人間らしさとは何か。石黒浩教授は人間そっくりのアンドロイドをつくることで、この問いに挑み続ける。(2009/5/22)

人とロボットの秘密:
第2章-2 ロボットは考えているのか、いないのか
ロボットは「考える」のか。人間そっくりなヒューマノイドの研究者として知られる石黒浩教授は、この存在論的な問いにエキサイティングな回答を用意している。(2009/5/21)

人とロボットの秘密:
第2章-1 マジンガーZが熱い魂を宿すには
「完全な人工知能が開発され、完全な人型機械が開発されたとしても、それだけではアトムは実現しない」――永井豪の人間観は「マジンガーZ」に生きている。(2009/5/20)

人とロボットの秘密:
第1章-2 「アトムを実現する方法は1つしかない」 松原仁教授が語る未来
わたしたちは人間について何も知らなかった――初期のAI研究が突き付けた現実。「アトムを実現する方法は1つしかない」と、はこだて未来大学の松原教授は話す。(2009/5/19)

人とロボットの秘密:
第1章-1 哲学の子と科学の子
錬金術が生んだ人造人間・ホムンクルスは、人智が作り出した「哲学の子」と呼ばれた。現代の技術が目指すヒューマノイド――科学の子――の頭脳は、どこまで人間に近づいているのだろうか。(2009/5/18)

人とロボットの秘密:
まえがき 自分と同じものをつくりたい業(ごう)
ロボット工学を「究極の人間学」として問い直し、最前線の研究者にインタビューした書籍「人とロボットの秘密」を、連載形式で全文掲載します。(2009/5/15)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。