ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「違法ダウンロード」最新記事一覧

「マジコン訴訟」で最高裁が販売業者の上告を棄却 任天堂らソフトメーカーの勝訴が確定へ
損害賠償命は約1億円。(2016/1/19)

海賊版映画のファイル転送をメーカー公式サイトが推奨?
NETGEARがファイル転送の方法を解説したページに、海賊版映画ファイルを例に挙げた形跡が。(2016/1/12)

動画ストリーミングの普及で違法ダウンロードが減少? BitTorrentのシェアが7年で26%も減少
Netflixなど動画ストリーミングサービスの普及によりBitTorrentの利用が減少しているという調査結果が。(2015/12/18)

無線LAN乗っ取りに注意、家庭の機器をチェックして
暗号化しなかったり、認証設定が甘かったりする機器が悪用され、サイバー攻撃の踏み台になる恐れも。(2015/6/12)

ITmedia ニュース読者感謝祭:
2ちゃんねる、mixi、iPhone――IT業界10年の歩み 2004〜2014アクセスランキングTOP100
2004年にスタートしたITmediaニュース。誕生から11年の各年ごとのアクセスランキングTOP100をまとめました。……全1100個!(2015/2/18)

ふぉーんなハナシ:
ソーシャルゲーム時代の“チート”行為は深刻なユーザー離れをもたらすか?
プレイヤーがゲームを有利に進められるように行うチート行為が、スマホゲーム事業者に深刻な被害をもたらしそうです。(2014/11/27)

はてなとフリークアウト、不適切サイトへの広告出稿を制御する「アドベリフィケーション」共同開発
はてなとフリークアウトが広告配信先から不適切サイトを検出するアドベリフィケーション機能「BrandSafe はてな」を開発した。(2014/8/19)

「映画泥棒」のカメラ男が夏コミにやってくる! 日本国際映画著作権協会が企業ブースに出展
カメラ男と記念撮影できるぞ!(2014/7/24)

音楽関係7団体、今年も「STOP!違法ダウンロード」キャンペーンを展開
日本レコード協会など音楽関係7団体は、7月22日から今年度の「STOP!違法ダウンロード」キャンペーンを展開する。(2014/7/22)

冲方丁さん、自作の2次創作“全面解禁”を提案 「グレーゾーン」ではないあり方の模索
小説家・冲方丁さんが自身の作品の2次創作を“全面解禁”すると表明。ファン活動と海賊版の区切りを明確にすることで違法な利用を抑え、作品の宣伝や人材育成にもつながればという。(2014/7/17)

突然始まった国内向けiTunes Match レコード会社は「時代の流れ」
日本では楽曲権利や著作権の問題で同種のサービス提供は難しいのでは――とされていた「iTunes Match」がスタート。レコード会社は「ユーザー動向を踏まえた時代の流れ」という。(2014/5/7)

小室哲哉さんが“マウスのクリック音で作った新曲”を発表 違法ダウンロード防止の啓発で
100台のマウスを使ったライブ映像をご覧あれ。(2014/5/1)

歌いにくいからこそ歌われる――ボカロ曲がカラオケで人気な理由、JOYSOUNDに聞いた カギは「攻略」
「JOYSOUND」で配信されているボカロ曲は全3500曲。その管理を手がける担当者が「ボカロ×カラオケ」を熱く語ります。(2014/3/31)

違法アップロードファイルの削除要請件数が倍増――日本レコード協会
日本レコード協会は、2013年4月から2014年2月末までに行った違法アップロードファイルの削除要請件数を発表した。(2014/3/6)

ゲームを「割ったわー」 Twitterで挑発したユーザー、メーカーに謝罪と誓約書
Twitterユーザーが、美少女ゲームを違法コピーしたとツイートしていた件で、メーカーは「当人の謝罪と誓約をもって終結」とてん末を報告した。(2013/12/16)

2013年度「STOP!違法ダウンロード」キャンペーンがスタート
音楽関係団体7団体による「STOP!違法ダウンロード広報委員会」が、2013年度のキャンペーンをスタート。Webサイト広告やポスター、音楽フェスを通じた啓発活動を行う。(2013/7/24)

日々是遊戯:
「マジコン訴訟」でソフトメーカー勝訴 販売業者らに約1億円の損害賠償命じる
ソフトメーカー側の主張が全面的に認められた形。(2013/7/9)

児童ポルノ禁止法改定の真の目的は何か? 単純所持禁止、マンガ・アニメ「調査研究」への懸念
国会提出が迫っている児童ポルノ禁止法改定案では、児童ポルノ写真やデジタル画像を所持する「単純所持」の禁止に加え、マンガ・アニメの規制につながる調査研究の実施が盛り込まれている。「児童を守る」という本来の目的から逸脱しているのではないか──マンガをめぐる表現問題・著作権問題に詳しい作家・マンガ研究家の幸森軍也さんに問題点・懸念点を論じてもらった。(2013/5/27)

日本レコード協会、違法音楽配信対策で専任組織を設置
ネット上の違法音楽配信対策の強化を図り、日本レコード協会が専任組織を発足。(2013/3/19)

中村伊知哉のもういっぺんイってみな!(30):
デジタル業界、2013年の行方は見えた?
2013年も半ばだが、デジタル十大ニュースを振り返ってみよう。ビッグデータからスマートテレビ、LINEは成長市場となるか?(2013/4/25)

「今後も違法ダウンロードする」1割以下に オリコン調査
オリコンの調査で、「今後も違法ダウンロードする」と答えた人は8.7%と初の1ケタ台に。「違法ダウンロードを食い止めるため、音楽業界が一丸となって啓発活動を行った効果」としている。(2013/2/27)

P2Pファイル共有ソフトユーザーが大幅減少 Winnyノードは約2万台に
ACCSの今年1月の調査によると、P2Pファイル共有ソフトユーザーが大きく減少している。(2013/2/25)

発売前のゲームが不正ダウンロードで流出、発売日1週間前倒しへ アリスソフト
アリスソフトの新作PCゲーム「パステルチャイム3」が発売前に不正にダウンロードされたことが分かり、同社は正規ユーザーへの影響を考慮し発売日を1週間前倒しすることを決めた。(2013/2/6)

ジョブズそっくりフィギュアからステマ騒動まで──アクセストップ100記事で振り返る2012年
いろいろありました。(2012/12/29)

ねとらぼが選ぶ「2012年ネットニュース大賞」は「ステマ騒動」に決定! 読者投票上位は「大津いじめ」「ココロコネクト炎上」など
今年1年を振り返り、もっともネットを騒がせたニュースを投票で決める「ネットニュース大賞」。栄えある第1回大賞は――。(2012/12/29)

アニメビジネスの今:
ジブリなしでも好調だった2012年のアニメビジネスを振り返る
スタジオジブリ作品の公開がなかったにもかかわらず2012年の劇場アニメは好調、テレビアニメの制作分数も前年以上となる見込みだ。2012年最後の記事ということで、2012年のアニメビジネスを振り返ってみたい。(2012/12/28)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2012/12/20)

あの女性がいないだと……! 「NO MORE 映画泥棒」のCMがいつのまにか新しくなっていた件
なぜ変わった? いつのまに? 日本映画製作者連盟に疑問をぶつけてみました。(2012/12/19)

【告知】ねとらぼ、オフ会やります! & 「ネットニュース大賞」現時点での上位15本はコレだ!
……聞こえますか……聞こえますか……ねとらぼ読者の……みなさん……イベントの……前売り券を……買うのです……。(2012/12/18)

違法ダウンロードの示談金拒否で9歳女児のPC押収──フィンランドで
9歳の娘が知らぬ間に違法コンテンツをダウンロードしてしまったフィンランド在住の男性が、著作権保護団体からの示談金支払い要求を拒否したところ、警察に娘のPCを押収されてしまった。(2012/11/26)

日々是遊戯:
「マジコン」ついに完全終了か 経産省が輸入禁止へ
不正コピー防止へ大きな第一歩。(2012/11/22)

本日21時から!:
“手帳王子”が解説! オススメ2013年手帳を探せ&違法ダウンロード特集
毎月1回のネット生放送「ビジネステレビ誠」。11月は「『小説・文学』『経済・ビジネス』電子書籍ランキング」「“手帳王子”が解説! オススメ2013年手帳を探せ」「著作権法改正、何をすると違法ダウンロードで刑事罰?」をお届けします。(2012/11/9)

石野卓球「おせーよ!」 小室哲哉「SME頑張って!」 iTunesでソニー邦楽“解禁”
iTunes Storeでソニー・ミュージックエンタテインメント系邦楽アーティストの楽曲配信がスタート。ファンは歓迎する一方、「なぜここまで時間がかかったのか」という声も少なくない。(2012/11/7)

ソニー・ミュージック系楽曲がiTunes Storeで配信開始
ソニー・ミュージックがついにiTunes Storeで楽曲配信を開始した。(2012/11/7)

「音楽業界を守る仕事」です――日本コロムビアが違法配信の実態調査員を募集中
国内外のインターネットを巡回して違法ファイルを発見するお仕事です。(2012/11/6)

音楽離れに歯止めかからず。ダウンロードの刑事罰化の効果は
違法ダウンロードの刑事罰化後のアンケートは、「音楽離れ」の傾向が現れる結果となった。(2012/11/5)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
予防策にのみ頼ってはいけない
9月11日に開催された第24回 ITmedia エグゼクティブセミナーの基調講演で、ラックの西本氏は情報セキュリティの最新トレンドについて語った。(2012/10/29)

ビジネステレビ誠「著作権改正、何をすると違法ダウンロードで刑事罰?」
2012年10月1日に施行された改正著作権法について、どんなことをすると違法ダウンロードとして罰せられるのか、弁護士が解説する。配信は10月17日21時0分〜。(2012/10/16)

ビジネステレビ誠:
著作権法改正、何をすると違法ダウンロードで刑事罰?――ビジネステレビ誠アーカイブ
毎月1回のネット生放送「ビジネステレビ誠」。10月は「著作権法改正、何をすると違法ダウンロードで刑事罰?」「今夜発表! 誠 ビジネスショートショート大賞」「誠トレンド格付2012 みんなでノミネートを考えよう」をお届けしました。(2012/10/4)

音楽配信「mora」がDRMフリーに 違法ダウンロード刑事罰化と同タイミングで
音楽配信サービス「mora」が10月1日にリニューアル。配信する楽曲ファイルをAAC 320kbpsに高音質化するとともに、DRMフリー化する。(2012/9/24)

Q&A付き特設サイトも:
著作権者7団体が「STOP!違法ダウンロード広報委員会」を設立
日本レコード協会など映像や音楽の権利者7団体が「STOP!違法ダウンロード広報委員会」を設立した。9月14日には、具体的事例に沿ったQ&Aなどを掲載したキャンペーン特設サイトを公開。(2012/9/14)

「STOP!違法ダウンロード」啓発サイト、音楽7団体が開設 刑事罰化前に
違法ダウンロードに刑事罰を導入する改正著作権法の10月1日施行を前に、日本レコード協会など7団体による啓発サイトが開設された。(2012/9/14)

ほぼ全文書き起こし:
電子書籍時代に出版社は必要か――創造のサイクルと出版者の権利をめぐって
7月上旬、「東京国際ブックフェア」の最終日、ある重要な議論の場が設けられた。出版業界の抱える課題が凝縮されたいわば「パンドラの箱」のようなこのシンポの様子を全文書き起こしでお届けする。(2012/8/23)

【連載】“ヤフー・トピックスの中の人”が紹介するヤフー・トピックス:
第1回 13文字で伝えるニュース――ヤフー・トピックス
「読まれないけれど、価値の高いと思われるニュース」をどう伝えるか――。新聞記者や放送記者など元マスコミ関係者を中心とした約20人で構成される編集部の創意工夫が、あの「ヤフー・トピックス」を作り上げている。(2012/9/5)

「違法ダウンロード刑事罰化・著作権法改正」を現役政治家が語る ニコSPA!タックル
「違法ダウンロード刑事罰化・著作権法改正」をテーマに現役政治家が語る。週刊SPA!のニコニコ生放送チャンネル「ニコSPA!タックル」の番組で、出演者は藤末健三参議院議員、森ゆうこ参議院議員ほか。配信は7月23日20時0分〜。(2012/7/17)

違法ダウンロード刑事罰化、文化庁が見解とQ&Aを公開
違法ダウンロードに刑事罰を導入する改正著作権法について、文化庁が改正内容についての見解とQ&Aを公開した。権利者団体が告訴する場合は「事前に警告を行うなどの配慮が求められる」などとしている。(2012/7/12)

ユニークなITサービスで音楽界を盛り上げ 英Songkick
ケンブリッジ大学の音楽好き3人が立ち上げたベンチャー企業は、自らの不満に着目し、ビジネスに転換させた。(2012/7/11)

アノニマス、渋谷にあらわる 第1回清掃オフに50人超
ハッカー集団「アノニマス」による第1回渋谷清掃オフが開催に。現地には報道陣も殺到した。(2012/7/7)

OpJapan(オペレーションジャパン)から学ぶサイバー攻撃への備え
日本の政府や組織を狙った「Anonymous」によるサイバー攻撃から得られる教訓とはなにか――。(2012/7/3)

Weekly Access Top10:
「ワイルドだろう?」 六本木に謎の巨大戦車とアイドルが出現
休日の昼下がり、六本木ヒルズアリーナに20トン級戦車が出現。アイドルの篠崎愛さんや「ワイルドだろう?」でおなじみの芸人も登場したこのイベント、一体何だったのか。(2012/7/2)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。