ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「イメージ検索」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「イメージ検索」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

CES 2019:
IntelがノートPC向けCPU「Ice Lake(仮)」を数カ月以内に発表 2019年末には製品登場予定
Intelの新マイクロアーキテクチャ「Sunny Cove」を採用するモバイルCPUが、間もなく姿を現す。同社としては初めての10nmプロセスのプロセッサで、2019年末までに搭載製品が発売される見込みだ。(2019/1/8)

GoogleのCEO、中国での「Dragonfly」立ち上げは「計画していない」と下院公聴会で証言
Googleのスンダー・ピチャイCEOが米下院公聴会で初めて証言。中国向け「Project Dragonfly」については「いまのことろ実施する計画はない」とこれまでの説明を繰り返した。(2018/12/12)

組み込みエンジニアの現場力養成ドリル(11):
生還を目指せ、爆撃機の装甲を厚くすべき場所はどこか?
第二次世界大戦で、最も危険な任務といわれたのが航空機による爆撃です。戦略上、相手の戦力を削ぐ空爆は必須ですが、爆撃機の被害は最小限に抑えたい……。爆撃機の生還率を上げるにはどの部分の装甲を厚くすればよいでしょうか? 無事に生還した爆撃機の被弾痕のパターンを参考に解決案を導き出してください。(2018/12/7)

「恐らくUFOではない」 豊島区のUFO出現事件に続報、オカルト研究家山口敏太郎が意外な正体を語る
UFOや心霊現象に関するお問い合わせは随時受付中です。(2018/12/4)

「小さいどころか米粒以下」「開幕から読めない」 “文字が小さい”だけで酷評を受けるゲームアプリに注目が集まる
ハズキルーペが必要。(2018/11/9)

ソフトバンク、「Pixel 3」で異例の発売セレモニー 行列なくスムーズ
ソフトバンクが「Pixel 3/3XL」の発売セレモニーをソフトバンク銀座で開催した。(2018/11/1)

大容量動画のインタラクティブ処理に向く:
動画処理を低コストで超高速化するフレームワークを開発、カリフォルニア大
カリフォルニア大学サンディエゴ校のコンピュータサイエンスの研究チームが、動画の検索やエンコード、変換、編集を現行技術より桁違いに高速化する新フレームワーク「Sprocket」を開発した。動画の長さにかかわらず、検索に要する時間がほぼ変わらないことが特徴だ。(2018/10/29)

Google画像検索で「Google Lens」利用可能に
Googleが画像内情報検索AIツール「Google Lens」をGoogle画像検索で利用できるようにした。まずは米国のモバイルブラウザで製品検索に使えるようになった。PinterestやInstagramのショッピング機能の競合になりそうだ。(2018/10/26)

「ソウルキャリバー 6」発売で恒例のキャラクリ祭りスタート! ボーボボやレッドマンなど再現度高すぎな作品の数々を御覧ください
ボーボボやVTuberの姿も。言われなければ何のゲームだか分からない。(2018/10/19)

懐かしの音楽プレーヤー「Winamp」、公式サイトが突如復活 クラウドやストリーミングに対応の最新バージョンを2019年に提供
スキンに凝ったあのころが再び?(2018/10/16)

石野純也のMobile Eye:
Googleの「Pixel 3/3 XL」はiPhoneの対抗馬になるか? カギは「AI」にあり
Googleが、Pixelシリーズの最新モデル「Pixel 3」と「Pixel 3 XL」を11月1日に発売する。満を持して導入されるPixelだが、その特徴やGoogleの狙いはどこにあるのか。過去、Googleが手掛けてきたデバイスとの違いなども含め、本連載で解説したい。(2018/10/14)

ITはみ出しコラム:
スマホ乗り換えで「Pixel 3」を選んだ理由
Googleのハイエンドスマホ「Pixel 3」が日本上陸。iPhoneとハードウェアスペックや価格を比較されがちですが、AppleとGoogleのスタンスの違いにも注目です。(2018/10/14)

Google、FeliCa対応の「Pixel 3/3 XL」発表 9万5000円から
Googleのオリジナルスマートフォン「Pixel 3/3 XL」が日本で発売する。「FeliCa」にも対応した。(2018/10/10)

山崎製パン、「モッチ クリームドーナツ」に誤ってこしあん使用 自主回収へ
大罪。(2018/10/4)

Google、画像検索結果の画像に制作者名と著作権者を明記へ
Googleの画像検索結果の画像に、画像の制作者と著作権保有者を確認できる項目が追加される。メタデータはCEPICおよびIPTCによるものだ。(2018/9/28)

「Snapchat」、“カメラで撮影したアイテムをAmazonでショッピング”のテスト開始
写真共有SNSの「Snapchat」で、気になるアイテムを撮影して検索すると、そのアイテムを紹介するAmazonのカードが表示され、それをタップすると購入できる新機能のテストが始まった。(2018/9/25)

これからのAIの話をしよう(日本編):
人工知能開発は「儲けないと意味がない」 東大・松尾豊さんが見た“絶望と希望”
日本が人工知能開発で世界と戦う上で可能性のある分野や領域は。日本国内におけるディープラーニング研究の第一人者である東京大学の松尾豊特任准教授に聞く。(2018/9/25)

「神絵師が現れたぞ! 俺だ」入院したオタクの幼なじみを励ます男子の漫画 笑って、キュンとして、グッとくる
ふたりとも相当に愛すべきキャラ。(2018/9/8)

Google、「ウイルスが検出されました」などの不正広告を制限 検出用のプログラムも提供へ
これで少しでも不正広告が減ればよいのですが……。(2018/9/3)

いろんな単語で検索したくなる 入力した「単語」に関連する色を表示するサイト
どんな単語でもカラーパレットができあがります。(2018/9/2)

「ヨシ!」と指差確認する“現場猫”がネットで謎の流行 改変コラからリアル猫まで多ジャンルへ派生
意味はよく分からないけれどヨシ!(2018/8/23)

ITはみ出しコラム:
家にスマートスピーカーを増やすと「誤反応」も増える?
スマートスピーカーが家に複数台あると、ウェイクワードを個別に設定したくなりますが、場合によっては誤反応が増えてしまうようです。(2018/8/5)

ネットでよく見かける“スペースキャット”が現実に……! 「猫」と「宇宙」を合成したような写真が壮大なかわいさ
その愛らしい表情が宇宙にマッチ!(2018/8/3)

「AIメーカー」登場 画像認識AI、誰でも簡単に作れる 「ポケモン判定」「バイクメーカー判定」など続々
「猫と犬を見分ける」など、画像を認識・分類するAIを誰でも簡単に作れる「AIメーカー」が登場。バイクの画像を入力すると、メーカーを判定するAIなどが作成され、盛り上がっている。(2018/7/23)

0.5歩先の未来を作る医療IT
人工知能(AI)の普及で、医師が「本来やるべき業務」に集中できる、これだけの理由
医療従事者が事務作業の負担によって本来やるべき医療に専念できない――という課題は、長きにわたり問題視されてきました。人工知能(AI)技術の普及は、こうした課題も解決するかもしれません。(2018/7/2)

AI時代に生き残る人たち 私たちは“AI人材”を目指すべきなのか
最近よく聞く「AI人材」とは何なのか。政府も企業も世界で戦えるAI人材育成に力を入れている。(2018/6/21)

“シミがベリベリ剥がれるクリーム”はウソ 漫画村関与の代理店が偽装広告作成、販売元は「広告見たことない」
実在のテレビ番組で紹介された、と記載するなど悪質な手口。(2018/6/8)

知る人ぞ知る「死のエラー画面」 ブルースクリーンより恐ろしい“伝説のレッドスクリーン”
「Windows Vistaで廃止された」といわれていますが……?(2018/6/6)

「イルカがせめてきたぞっ」はありうるのか 1960年代から存在する「軍用イルカ」
半世紀以上にわたって続く「米海軍海洋哺乳類プログラム」。(2018/6/4)

“RPA×コグニティブデータキャプチャー”で紙の設計図を電子化――荏原製作所がIBMの自動化ソリューションを導入
荏原製作所は、IBMのRPAソリューション「IBM Robotic Process Automation with Automation Anywhere(IBM RPA)」とデータキャプチャーソフト「IBM Datacap」を導入して、紙ベースで管理していた設計図面を電子化し、工場の生産効率向上と自動化を推進する。(2018/6/1)

アラレちゃん風アシリパ、あだち充タッチの杉元 『ゴールデンカムイ』を著名漫画家風に描く「イタコマンガ家金カムまつり」盛り上がる
秀逸な作品にヒンナヒンナ。(2018/5/25)

ITはみ出しコラム:
「障害のある人にAIができること」 MicrosoftとGoogleのアクセシビリティ最前線
Microsoftの「Build 2018」、Googleの「Google I/O 2018」――2社の年次開発者会議が続いた1週間。両社とも障害のある人を支援するAI活用の発表が印象に残りました。(2018/5/13)

ハンバーグは、もともと生肉のまま食べる料理だった
「ユッケの兄弟」のような食べ物だったもよう。(2018/5/7)

片手で使えるWebブラウザ「Opera Touch」登場
Opera Softwareが、片手で使うために設計した新しいWebブラウザ「Opera Touch」をまずはAndroid向けに公開した。iOS版も“間もなく”公開の予定。PCでOperaブラウザを使っていれば「My Flow」で連携できる。(2018/4/26)

漫画だけではない、Kindle“海賊出版”の実態 Amazonの審査体制に「漫画村プロと変わらない」と批判も
Kindleで広がる海賊版コンテンツについて、「きんどう」管理人のきんどうさんに聞きました。(2018/4/27)

さよならPHS。往年の名機「京ぽん」をいま使ってみた 11万画素のカメラで写す、2018年の東京
PHSは2018年3月31日に新規受付を終了します。(2018/3/31)

Google、「画像検索」や「Gboard」でのGIF検索強化目的でTenor買収
GoogleがGIF検索企業のTenorを買収する。「Google画像検索」でGIFアニメも検索できるようになるかもしれない。(2018/3/28)

君は「世界CapsLockの日」を知っているか 年に2回もあるんだぞ
地球のみんなは、キーボードのあのキーにお困りのようです。(2018/3/28)

Googleさん:
あの日見た花の名前をGoogle Lensはもう知ってる
GoogleのAI採用画像検索技術「Google Lens」が、私のiPhoneの「Googleフォト」でも使えるようになりました。花の名前やランドマークを当てるのは得意ですが、ワインのラベルを読むのは苦手みたいです。(2018/3/22)

電通、VRを使った発想支援ツール開発 「HMD装着時に気になる口元まで覆う」専用ウエアも
VR空間に画像や動画を自由に配置することで、ビジネスの発想などを支援ツール「COMOLU」を電通などが開発。COMOLU空間に没入するための専用ウエア「COMOLU WEAR」も。(2018/3/14)

これぞ「はんだ誤手」 なぜか世界的に広まっている間違った“はんだごて”の持ち方にネット民から総ツッコミ
なぜかヒーター部分を握るドヤ顔がたくさんヒットする事態に……。(2018/2/27)

京大“折田先生像”、2018年は“どうぶつの森”の「リセットさん」に! 出題ミス問題のDis看板も
「みしらぬネコ」からの力作看板にも注目!(2018/2/26)

画像検索AIの「Google Lens」、「Pixel 2/2 XL」以外の端末でも利用可能に
Googleの画像解析AI技術「Google Lens」が、ようやく「Pixel 2/2 XL」以外でも使えるようになる。まずは向う数週間中に英語版「Googleフォト」で利用可能になる。(2018/2/25)

最後に重大発表も飛び出したMA2017決勝戦まとめ――年末恒例「テクノロジーの異種格闘技イベント」2017年の覇者は?
街に年末の喧噪が見え始めた2017年12月16日。東京・日の出桟橋に近い倉庫のようなたたずまいの会場で、開発者が互いにアイデアと技術力で覇を競う開発コンテスト「Mashup Awards 2017」ファイナルステージ(決勝戦)が開催された。全447作品の中から激戦を勝ち抜いた15作品が、賞金と誇りを懸けて挑んだ決勝戦の模様をお伝えする。(2018/2/22)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Office 365+OneDriveの画像内テキスト検索を試してみた
OneDriveの画像内テキスト検索を活用すれば、写真の整理が手間いらずになる上、ビジネス文書の整理にも役立つかもしれない。(2018/2/21)

Googleの画像検索結果から「画像を表示」ボタンが消滅
Googleの画像検索結果にあったフルサイズの画像を手軽に保存できるボタン「画像を表示」がなくなった。Getty Imageとの和解を受けた著作権保護対策の一環だ。(2018/2/16)

Pinterest、画像検索機能「Lens」とテキスト検索併用可能に
PinterestのAI採用画像検索機能「Lens」を、テキスト検索と併用できるようになる。例えば食材の写真と「レシピ」でその食材を使ったレシピを検索できる。(2018/2/9)

メルカリで「ハードウェアウォレット」が出品禁止に
利用者の安全のためとしています。(2018/1/31)

21年前のワープロ「書院」で2018年にインターネットをしたら、無間地獄に突入した
ネット機能を搭載した21年前のワープロで、2018年のネットの世界を見てみました。(2018/1/27)

もう兄弟であれ! 「三四郎」小宮と声優・花江夏樹、2ショット公開で“そっくり説”を確実にする
積極的に“目”マヒしてこーぜ。(2017/12/27)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。