ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「イメージ検索」最新記事一覧

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
トヨタGRカンパニーとは何か?
トヨタは2016年4月、巨大な組織を7つのカンパニーに分割。その1年後、予想外の部署が新たなカンパニーとして加えられた。それが「GAZOO Racing Company」(GR)だ。(2017/9/25)

伝説の髪形「昇天ペガサスMIX盛り」って実在したの? 「メガ盛りスタイル」のその後を歌舞伎町のヘアサロンで聞いてきた
「“昇天ペガサスMIX盛り”のキャバ嬢っているの?」と疑問を抱いていた当時のギャルとネット民へ。(2017/9/22)

Apple Watch Series 3先行レビュー 林信行が読み解く「デジタルダイエットの提案」
あなたの人生を変えうる、ただ1つのファッションアイテム。(2017/9/20)

YouTubeやマップ検索ができるキーボードアプリ“Gboard”、ついに日本語対応 Google日本語入力も搭載
待ってました。(2017/9/20)

インスタ女子の“自撮りウォータースライダー”すげえや! オタク女子漫画家が“ナイトプール潜入レポ”公開
インスタ女子の執念まじ卍。(2017/8/24)

子どもたちの“科学の芽”を見つけるきっかけになりたい 番組プロデューサーに聞く大人にも人気の「夏休み子ども科学電話相談」の作り方
放送時間中、約1000件のアクセスがあり、その中から実際に番組で取り上げられるのは25から30件という狭き門。後半戦を前に“対話”でなりたつ番組の魅力とその意義を聞く。(2017/8/23)

Google、モバイル版画像検索にレシピや製品情報を示すバッジを追加
Android版「Google」アプリとWebブラウザでの画像検索結果のサムネイルに「レシピ」「動画(○分○秒)」などのバッジが表示されるようになる。バッジの付いた画像をタップすると、その場でレシピなどが表示される。(2017/8/2)

森永の分けられるアイス「ダブルソーダ」今春に販売終了していた 1983年発売
悲しいです。(2017/7/28)

警察官風のコスプレや、白バイ風のバイク改造はどこまで許される? 警視庁に聞いてみた
ケースによっては刑罰を受ける可能性も。(2017/6/19)

手描きスケッチや画像から「古典籍画像」を検索するシステム NIIらが開発
深層学習などのAI関連技術を用いて開発した。(2017/6/9)

APIで社内、そして世界とつながる――リクルートのAI活用、そのキーマンに迫る
自社サービスにAIを積極的に導入しているリクルートだが、その活用を推進する部署がリクルートテクノロジーズにある。彼らがどのようにして業務部門と連携しているのか。そのカギの1つに「API」があるという。(2017/6/5)

「Siri」と「AI」の関係を整理する
最近話題を集めている「AI(人工知能)」。AppleのAI技術といえば、音声アシスタントの「Siri」を思い浮かべる人も多いでしょう。今回は、AppleとSiri、AIの関係を整理していきます。(2017/6/4)

インターネットを守る翼竜:
「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」には絶対選ばれないであろうスーファミの美少女ゲーム10選
※当初の予定は「ミニスーパーファミコンに収録して欲しい作品10選」でした(担)。(2017/6/4)

Dev Basics/Keyword:
Bing Image Search API
Bing Image Search APIは、Bingが提供する画像検索機能と同様な機能をAPI化したもので、画像検索機能をユーザーに提供するなどの目的で使える。(2017/5/30)

石川温のスマホ業界新聞:
Google Assistantが今夏に日本語に対応。スピーカーも発売決定――グーグルのフラグシップスマホ「Pixel」、日本上陸はあり得るのか
Google Assistantが近日中に「日本語」対応を果たす。Googleのスマホ「Pixel」が日本未発売だったのは「Google Assistantに対応していないから」という説があったが、日本でも次期モデルが出る可能性が浮上した。(2017/5/26)

マストドンつまみ食い日記:
ユーザーローカル、マストドン検索に参入
「マストドンリアルタイム検索」が提供開始された。(2017/5/24)

Apple、新型ピザボックスの特許を出願していた ピザが冷めにくくふやけにくいスマートな設計
Macintosh LCシリーズがリバイバルするわけではありません。(2017/5/22)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Windows 10本命アップデート「Fall Creators Update」の気になる中身
毎年恒例となったMicrosoftの開発者会議「Build」。2017年はクラウドとAIへの注力がより鮮明になったが、まずは身近なWindowsの話題から見ていこう。(2017/5/16)

Google、「Allo」に顔写真からオリジナルスタンプを作るニューラルネットワーク機能
Googleのメッセージングアプリ「Allo」に、自撮り顔写真から似顔スタンプを自動作成する機能が加わった。Googleの研究ラボが、ニューラルネットワーク技術とアーティストのイラストを組み合わせて構築した。(2017/5/12)

ナイキの靴に見える鳩さんがすごい 擬態能力が高すぎてGoogleでも「ナイキ」認定される
ナイキシューズと判断された鳩さんなのだった……。(2017/4/29)

統計で見るサイバーセキュリティ群像劇(4):
CasperJSと類似画像分類で見えてきた、Android野良アプリの具体的な危険性
筆者が独自に収集した統計データを基に、サイバーワールドの裏側を探る本連載。今回は、「使うのは危険だ」とよくいわれるAndroid野良アプリの具体的な危険性について調査してみました。(2017/4/19)

密かに連携:
高級腕時計ブランド、「灰色市場」は必要悪か
スイスの腕時計メーカーは「グレーマーケット」に対し、大幅な値引きは高級感を損ねると嫌悪感を露わにするが……。(2017/4/17)

Microsoft Focus:
「誰にでも使えるAI」のインパクト
「みんなのAI」といった表現を使い、“AIの民主化”を進めるというMicrosoft。そこには多くの人が利用できる、より身近なAIの実現を目指す同社の姿が見て取れる。(2017/4/15)

モバイル版Google検索でコーデの参考になる「スタイルのアイデア」表示開始
モバイル版Googleでファッション関連の画像検索をすると、結果の画像を実際にコーデした「スタイルのアイデア」画像が複数表示されるようになった。「関連項目」と同様、機械学習による機能だ。(2017/4/14)

Google画像検索の結果に価格表示の“関連項目”カードスタート
Google画像検索の一部の結果に「関連項目」カードが表示されるようになった。例えばスニーカーの画像検索結果の下に、同じスニーカーの複数のオンラインショップのカードが表示され、比較できる。2タップでオンラインショップのページを開ける。(2017/4/11)

Google、AIチップ「TPU」はGPUより30倍速い
Googleが人工知能「AlphaGo」やGoogle翻訳などのディープラーニング採用サービスで使っているオリジナルプロセッサ「TPU」はCPUやGPUより15〜30倍速いと説明した。(2017/4/6)

男性同士で手をつないだ写真投稿、オランダのSNSで広がる 男性カップルへの暴力事件受け
「#allemannenhandinhand」というハッシュタグとともに広まっています。(2017/4/5)

目の粘膜までアイメークするのは危険? 医師、化粧品メーカー、メークアップアーティストを取材
ネット上ではマイボーム腺という器官を塞いでしまうと言われています。(2017/4/8)

忘れ物防止に! 玄関のドア全体をホワイトボードにするアイデアに注目集まる
ホワイトボードシートを取り付ける方法も。(2017/4/3)

レギンスはいた少女の搭乗拒否 ユナイテッド航空に批判
レギンスをはいた少女の搭乗を拒否したユナイテッド航空に、「いつからユナイテッド航空は女性の服装を取り締まるようになったのか」と批判が寄せられました。(2017/3/27)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
ヨッタスケール時代に求められるビッグデータの“質”
1ヨッタ(10の24乗)バイトのデータは、1テラ(10の12乗)バイトのHDDが1テラ個あれば入ります。(2017/3/9)

「けもフレ」が画像検索汚染を起こさず住み分けできていることが判明 本当に「のけもの」はいなかったんだ
なおカバちゃんとライオンちゃんは……。(2017/2/27)

Pinterest、リアル世界で画像検索+αできる「Lens」(β)他、2つの新機能を発表
画像共有SNSのPinterestが、スマートフォンで撮影した写真上のアイテムの関連情報や(食品の場合は)レシピなどを表示する「Lens」機能を発表した。(2017/2/9)

狂気すら感じる色鮮やかな世界観 仏教系シューティングゲーム「摩尼遊戯 TOKOYO」がクラウドファンディングで資金調達中
マニ車のように、プレイすることで功徳を積むことができる(かもしれない)ゲームだよ!(2016/12/19)

伝説の深夜番組「トゥナイト2」が14年ぶり復活 よりによってクリスマスにラブホ特集
当時のメンバーが集結し、お色気企画を振り返ります。(2016/12/19)

世界を「数字」で回してみよう(37) 人身事故:
物理シミュレーションで知る「飛び込みコスト」の異常な高さ
以前私は、「電車への飛び込みの(当事者の)コストは安い」と申し上げました。ですが、実は安いどころか相当に高いということが分かってきました。今回からは、非常にツラい作業ではありますが、「飛び込み」について物理シミュレーションを行い、飛び込みがどれだけ酷なものであるかを皆さんに知っていただきたいと思います。(2016/12/12)

踏切で一時停止した車にトラック運転手が激高、鈍器でドアガラスを殴る動画が拡散中 会社側は非を認めて謝罪
動画撮影者にけがはありませんでした。(2016/12/5)

ハーレイ・クイン役の女優、“リアル”彼氏とのキス写真投稿で死屍累々 「人生最悪の日」「どうかフォトショップでありますように」
笑顔で男心を引き裂いていくスタイル。(2016/12/5)

「ポケモンGO」、メタモンがついに発見される ポッポやコラッタを捕まえたら変身したとの報告続々
11月23日9時からの感謝祭開始後に出現報告が。(2016/11/23)

安全ピンを身につけて「Safetypin」ハッシュタグ トランプ氏当選後に広がるトレンド
不寛容に反対し、マイノリティーに「私といると安全ですよ」と示す「Safetypin」運動が拡大。(2016/11/15)

深海生物「ラブカ」の生態をイラスト付きで解説 「シン・図解」が分かりやすいと話題に
※「シン・ゴジラ」のネタバレを含むのでご注意を。(2016/11/14)

Adobeが開発した人工知能「Adobe先生」の正体 何ができるのか
そのネーミングで日本を沸かせた「Adobe Sensei」だが、いったい何ができるのか。(2016/11/9)

今年もやるぞ! 年末恒例、ガキ使「笑ってはいけない」シリーズのバスが目撃される
ネタバレ注意。(2016/11/7)

男性がカメに乗ってサーフィンのポーズ SNSに投稿された写真が炎上 豪で
オーストラリアで男性がカメの上に乗った写真が炎上。「愚かだ」「カメがかわいそう」と批判のコメントが殺到しています。(2016/11/4)

Adobeが人工知能「アドビ先生」発表 名前の由来は?
Adobe Systemsも人工知能に参入。その名はなんと「Adobe Sensei」だ。(2016/11/3)

「カーセンサー中古車検索」アプリ、車種の画像検索機能を追加
リクルートマーケティングパートナーズの「カーセンサー中古車検索アプリ」に、車の画像から車種を判別できる検索機能が追加。定番500車種では90.3%の検索精度を実現し、ユーザーが利用するほど精度が向上する仕組みを取り入れている。(2016/10/27)

誰やお前!? 3DS「桃鉄2017」のキングボンビーが全くの別人に生まれ変わる
その他にも多くのキャラクターがリニューアルされています。(2016/10/25)

宇都宮市、城址公園付近で爆発2カ所、1人が心肺停止
同日開催の「宇都宮市城址まつり」は中止に。(2016/10/23)

グラブルに、マルメターノおじさんが来た!(誰?) デレマスとのコラボで「にこやかな巨人」が話題に
元の名前、どのくらいの方が知っているんでしょう(2016/10/14)

株式会社「の穴」ってなんだ!? 謎の通販サイトを装ったスパムメールにご用心
同人誌通販「とらのあな」のフリをしようとして間違った?(2016/10/11)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。