ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「アプリ内課金」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「アプリ内課金」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

3割は暇つぶしのために利用……:
恋活・婚活マッチングアプリ、平均課金額は約1万1000円
恋活・婚活マッチングアプリの全体平均課金額は1万1293円――調査会社のマクロミルがマッチングアプリ利用経験者にアンケート調査を実施したところ、こんな結果が出た。(2018/5/15)

Build 2018:
「Microsoft Store」アプリの開発者収益配分を95%に
Microsoftが、Windowsのアプリストア「Microsoft Store」に登録するアプリの開発者収益配分を、現在の70%から95%に引き上げると発表した。ゲームは従来通りで、Microsoftが何らかの形で売り上げに貢献した場合は85%になる。(2018/5/8)

立ちどまるよふりむくよ:
「ピアノToy-Con」に至る任天堂音楽ソフトの歴史
4月20日のNintendo Laboまで待てない人向けに、任天堂音楽ソフトのこれまでの流れをまとめてみた。(2018/2/23)

荻窪圭のiPhoneカメラ講座:
写真の細かい情報を知りたい時に便利なアプリ「Metapho」
写真の撮影日時や場所、使ったカメラの情報を知りたい(隠したい)時、皆さんならどうするだろうか。今回は筆者が使っている「Metapho(メタフォ)」というアプリを紹介してみるのである。(2018/2/12)

スマートスピーカー、流行のトリガーは「オフィス」?──「Alexa for Business」の可能性
アマゾンの音声AIアシスタント「Alexa」搭載デバイスの「Amazon Echo」が流行するきっかけは「オフィスでの利用」かもしれない。法人向けサービス「Alexa for Business」から読み解いていく。(2018/1/22)

「もう! セロトニンでちゃう!」 脳みそになってしまったヒロインの肉体を再生するゲーム「My Love.」に衝撃を受ける人が続出
脳みそに恋してしまう人も。(2018/1/13)

Apple、「Developer Program」で一部開発者は年額99ドルから無料に
Appleが、一定の条件を満たす組織に対し、「Apple Developer Program」の年間メンバーシップの料金(99ドル)を無償にすると発表した。(2018/1/4)

スマホでカラオケ、“Bluetoothスピーカー合体マイク”
スマートフォンとこれさえあればカラオケが楽しめる――そんなスピーカー一体型マイクをアイ・オー・データ機器が販売している。スマホとBluetooth接続すれば、家や車など好きな場所で歌えるらしい。(2017/12/28)

どうぶつの森iOS版、Android版が公開 iPhone Xにも最適化
iOS版が数時間先行したが、現在はAndroid版もダウンロード可能になっている。(2017/11/21)

ものになるモノ、ならないモノ(75):
ITエンジニアの副業はあり寄りのなし? なし寄りのあり?
スマートフォン(スマホ)アプリにおけるインディ(個人)開発者のお話をしよう。副業での開発であるにもかかわらず、そのアプリを企業に持ち込めば、そのまま買い取ってもらえるのではと思える程のクオリティーを実現した事例を紹介する。(2017/11/16)

Facebookメッセンジャーのゲーム、広告と課金での収益化テスト開始
Facebook Messengerで遊べる「Instant Games」で、動画広告とゲーム内課金のテストが始まった。(2017/10/20)

「iOS 11」配信開始 App Storeをリニューアル、iPad向け新機能が多数
iOS 11の配信がスタートした。iPhoneは5s以降の端末が対象。主なアップデート内容をまとめた。(2017/9/20)

中学生のスマホフィルタリング利用率は48.5%、設定内容は「親子で話し合い」が理想
MMD研究所は、スマートフォンを所有する中学生とその親を対象とした「親と中学生に聞く初めてのスマートフォン利用の実態調査」を実施。フィルタリング利用率は48.5%で、設定内容については話し合いながら決めていきたいと考えている親子が最も多くなった。(2017/9/19)

間もなく配信! iOS 11の進化点をざっくりまとめる
iOS 11が9月20日に配信される。iOS 11では何が変わるのか? Appleが公開している情報をまとめた。(2017/9/19)

初音ミクがiPhoneで自由自在に歌う ヤマハMobile VOCALOID EditorとGarageBandで歌ってもらった
初音ミクとiPhoneの誕生から10年、ヤマハのiOS用VOCALOIDアプリ「Mobile VOCALOID Editor」が発売されて2年半。ついに初音ミクがやってきた。(2017/8/31)

iPhoneを振り返る:マニア向けから一般ユーザー向けに変貌を遂げた「iPhone 3GS」
2009年に発売された3代目「iPhone 3GS」の見た目は「3G」と変わらないが、中身は大きく進化している。「iPhone OS 3.0」に対応したことで、コピー&ペーストやMMSにも対応。今までのメールアドレスを使えることから、比較的抵抗なくiPhoneに乗り換えられるようになった。(2017/8/15)

コミケで使える決済アプリ「pixiv PAY」 アプリ上で売上管理も
ピクシブがスマホ向け決済アプリ「pixiv PAY」を10日にリリースする。コミケなどのイベントで使えるという。(2017/8/9)

マストドンつまみ食い日記:
iOS用マストドンアプリのTootterがテキスト検索対応、お絵かき機能も
マストドン検索はモバイルではTootdon、MastoPaneに次ぐもの。(2017/7/12)

社員の“アプリ課金”に月1万円支給 メルカリが新制度
メルカリが、海外アプリを体験するための出張費やアプリ内課金の費用を補助する社内制度をスタート。(2017/7/11)

AI・人工知能 EXPO:
「お姉さん、よかったら添い寝していきませんか」――記者(♀)が男子プリズムスタァにキスしてもらった VR世界で
「KING OF PRISM by PrettyRhythm」のVR第2弾がスマホアプリで登場。開発者いわく「ファンが一番したいことを実現」。(2017/6/28)

新感覚のスマホ専用アニメ配信サービス「タテアニメ」とは?
(2017/6/6)

マストドンつまみ食い日記:
マストドン始めて1カ月、2つのiPhoneアプリに集約
マストドンを始めてから1カ月が過ぎ、モバイル環境でトゥートを眺める方法も絞り込まれ、便利になった。(2017/5/13)

マストドンつまみ食い日記:
iPhoneで複数タイムラインを見るための理想的アプリ「Ore2」 MastodonとTwitter両対応
iPhone用Mastodonクライアント比較記事を破棄してこの原稿を書いている。(2017/4/30)

米Amazon、子どもが親に無断で支払ったゲームアイテム代金約77億円を返金へ
未成年が保護者に無断でアプリ内アイテムを購入できるシステムに問題があるとして、2014年に提訴されていました。(2017/4/6)

電脳ハックVRをスマホで体験可能に 「攻殻機動隊 新劇場版 Virtual Reality Diver」アプリ配信開始
PlayStation VRでの配信は中止に。(2017/3/19)

脱Excelで作業速度が10倍に:
1人の“ゲーム女子”が「Tableau」でデータ分析チームを作るまで
買い切り型から運用型へとビジネスモデルがシフトしつつあるゲーム業界。業界大手のカプコンも既存ブランドのオンラインタイトルをリリースしている。収益のカギを握るユーザー動向の分析に立ち上がったのは、1人の“ゲーム女子”だった。(2017/2/27)

水晶を回して謎の事象カードを収集 「ムー」編集部監修のアプリ「超都市伝説ガチャ」誕生
「ムー」っぽさあります。(2017/1/30)

「スーパーマリオ ラン」のAndroid版が登場へ 「Google Play」で事前登録開始
任天堂のスマートフォンゲーム「スーパーマリオ ラン(Super Mario Run)」のAndroid版のアプリページがGoogle Playに登場した。Google PlayアプリまたはWebサイトから事前登録すると、配信開始時に通知される。(2016/12/29)

アップルPickUp!:
Apple直営店のロゴが赤く染まる
12月1日は世界エイズデー。Appleはエイズ撲滅を目指す(RED)の支援を続けており、毎年12月1日、1日限定でApple直営店のロゴを赤くライトアップしています。(2016/12/1)

Apple Payアプリ開発入門(1):
ついに日本対応開始! 開発者が知っておきたいApple Pay決済アプリの仕組みとPassKitの使い方
2016年10月25日から日本でも利用可能になったApple Payについて、アプリ内課金における決済処理の流れを、実装フレームワークPassKitの使い方とともに解説します。(2016/10/26)

「レア当選率に適正表示を」 ガチャについて消費者委がゲーム業界へ意見 賭博罪にあたりうるとも
国民生活センターには「10万円投入して得たキャラクターが運営により一方的に弱体化した」との意見も。(2016/9/23)

天才バカボン×バイオハザードのコラボゲーム「バカハザ」登場 洋館ホラーがバカ怖いのダ?
コラボでいいのだ!(2016/9/15)

アプリストア「楽天アプリ市場」終了へ サービス開始から1年で
楽天がAndroidアプリストア「楽天アプリ市場」を年内終了。9月12日からは掲載アプリの新規ダウンロードができなくなる。(2016/9/12)

アップルPickUp!:
親が覚えておくべき「子供用iPhone」設定
子供たちはただいま夏休み真っ盛り。昔はプールに行ったりセミの抜け殻を集めたりしたものですが、今やスマホで「ポケモンGO」や「Minecraft」に興じる時代です。(2016/8/12)

「読み放題」のつもりが、「1クリックで今すぐ買」ってしまった……Kindle Unlimitedの“罠”に注意
「読み放題のつもりが、本の代金を請求された」――「Kindle Unlimited」のユーザーから、こんな報告が寄せられている。まぎらわしいUIが原因だ。(2016/8/5)

iPhone版使ったらKindle Unlimitedが「てのひら図書館」になった
Kindle Unlimitedレビュー第2弾。iPhoneで使ってみたら、これまでのKindleアプリとはまったく違っていた。(2016/8/4)

「ポケモンGO」10人中3.7人がプレイ 男女比では女性が男性上回る
ニコニコのアンケート調査により判明。(2016/7/29)

絵師たちも絶賛 手足頭を360度自由に見られるアプリで創作活動がはかどる
手フェチなあなたにも。(2016/7/29)

ポケモンGOで課金するなら――iTunesカードやGoogle Playギフトカードを安く買おう
ポケモンGOは基本無料で遊べますが、持ち物をたくさん持てるようになりたい、ポケモンをもっといっぱい持ち歩きたい、あるいは効率よくレベルアップしたい、となると、課金が必要です。少しでもお得にポケコインを手に入れる方法を紹介します。(2016/7/26)

WWDC 2016現地レポート:
4つの新OSで何が変わる? Appleが示した7つの方向性を林信行が読み解く
Appleの4つのOSが秋ごろ一斉にアップデートする。これにより一般ユーザーにどんな恩恵があるのか、開発者にとってはどうなのかを林信行が解説する。(2016/6/15)

WWDC直前の重大独占ニュース!:
App Storeに加えられる3つの改善――林信行がフィル・シラーにインタビュー
WWDCの開催に先駆けて実施した電話インタビューで、AppleはApp Storeに関する重要な取り組みを明かした。Apple幹部のフィル・シラー氏が語るアプリ開発者にとっての重要なトピックとは?(2016/6/9)

PR:これ聞いちゃって大丈夫? Simejiユーザーが気になる広告への疑問 10問10答
バナー広告が表示されるようになった「Simeji」。無料アプリの多くが広告収入に頼っているが、Simejiもそうなのか。ホントはもうかっていてウハウハなんじゃないのか? 矢野氏に聞いた。(2016/6/9)

動きが何かキモい! 物理演算でリアルなソーセージ同士をぶつけて戦う謎のゲームが登場
みんなの熱いソーセージをぶつけよう!(2016/6/1)

2020年には英国とドイツ中心に6000億円市場へ:
サイバーエージェントが欧州4カ国のモバイルゲーム市場調査を実施
サイバーエージェントは、シード・プランニング、デジタルインファクトと共同で、欧州主要4カ国のモバイルゲームの市場動向調査を行った。(2016/5/24)

これハン・ソロが遊んでたやつみたい! SWのモンスターチェスを手掛けた巨匠・フィル・ティペットがARカードゲームを開発
クラウドファンディングの成功次第で、Playstation VRやOculusへの移植も。(2016/5/5)

課金したアプリの削除、男女に差――スマホゲーム課金の実態調査
課金するゲームは「1つ」というユーザーが最多。複数アプリに課金する場合、7割が「別ジャンルで」と答えた。(2016/4/26)

アプリで遊んで環境保護 Appleがアースデイのチャリティ・キャンペーン
特典もらって楽しくお勉強。(2016/4/19)

Simeji、売上の2倍を義援金にする「特別きせかえデザイン」販売
価格は120円。売上ごとにバイドゥがさらに120円を加え、日本赤十字社に募金する。(2016/4/19)

シャープの“ロボット型電話”19万8000円で5月に発売(月額料金など追記)
シャープが二足歩行する“ロボット型電話”「RoBoHoN(ロボホン)」の発売日と価格を発表した。発売日は2016年5月26日、本体価格は19万8000円(税別)。月額料金やアプリケーションなど追記)(2016/4/14)

iPhoneデビューしよう:
子どもが使う初めてのスマホに「iPhone SE」が最適な理由
スマートフォンを使いこなす小中学生が今や当たり前の時代です。(2016/3/31)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。