ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「統合型リゾート(IR)」最新記事一覧

Integrated Resort

警察庁、パチンコに出玉数引き下げなど規制強化へ 改正案を公開し一般の意見を募集
ギャンブル依存症対策となるか。(2017/7/11)

「ギャンブルが悪なのではない」:
依存〜断てないギャンブル:「死んだら」母の言葉で目覚める
ギャンブルが原因の使い込みや横領で会社を2度追われた男性は、母の一言から一度は死のうと考えたが……。(2017/5/18)

「ちくしょう」叩き続けるスロット:
依存〜断てないギャンブル:警察聴取後もパチンコ店へ
人の心に巣くう依存という暗闇。ギャンブル依存症を取り巻く実態を追う。(2017/5/16)

国内でのカジノ解禁、いまいち盛り上がっていないのはなぜ?
「カジノ法案」って結局どういう法律?(2017/5/13)

「ネットが一番つらい」民進・野田幹事長 「今は批判ばかり」
「われわれに非常に厳しく(自民党に)非常に甘い状況が生まれている」と民進・野田幹事長。(2017/4/13)

「世界最高水準のカジノ規制」:
カジノ含む「統合型リゾート」、夏ごろに大枠とりまとめへ
カジノを含む統合型リゾート(IR)を設立するため、政府がIR推進本部(本部長=安倍晋三首相)の初会合を開いた。(2017/4/4)

7ユーロで遊べる:
“元祖IR”独バーデンバーデンでカジノを体験
高級保養地として知られるドイツ南西部のバーデンバーデン。カジノや温泉が一度に楽しめ、国際会議などのイベントも誘致できる統合型リゾート(IR)の先駆けだ。IRは日本も導入を目指しており、そのヒントを求めてバーデンバーデンを歩いてみた。(2017/3/27)

Microsoft Focus:
パナソニックに復帰のMS樋口会長、古巣で待つ新事業とは
25年振りに古巣、パナソニックに復帰する樋口泰行氏。同氏が担当するコネクティッドソリューションズは、どんな新事業を展開するのか。(2017/3/4)

世界を読み解くニュース・サロン:
シンガポールに学ぶ、カジノ実現の進め方
カジノを含む統合型リゾート(IR)を推進する法案が可決された。安倍首相はIRを成長戦略の一環だと位置付けているが、実現するにはまだまだハードルがたくさんある。一足先にカジノ解禁に踏み切ったシンガポールはどのような議論を経て、実現することができたのか。(2016/12/15)

45秒以内にBotを10体倒せば倍率ドン FPS型のギャンブルマシン「Danger Arena」が米国のカジノで稼働中
ビデオゲームを利用したギャンブルマシン「Danger Arena」。(2016/11/9)

スピン経済の歩き方:
「豊洲新市場はカジノにすればコスト削減になる」は本当か
10月9日号の『サンデー毎日』で、複数の大手流通企業やアミューズメント会社が「豊洲を買いたい」と名乗りを上げているという。「カジノは豊洲に誘致したらいい」という声も出ているが、本当にそれでいいのか。筆者の窪田氏は……。(2016/10/4)

投資4コマ漫画『カブ・ジェネレーション』:
統合型リゾート(IR)でWin-Winの関係が生まれる?
土曜不定期連載でお送りする『カブ・ジェネレーション』。どこかにお金を落としてしまったというはるか。それを聞いたあずさは励ますどころか……。(2014/10/25)

ついに実現? カジノにまつわる素朴な疑問
(2014/10/14)

杉山淳一の時事日想:
なぜ甘い? 映画やドラマの鉄道考証──蒸気機関車C62形「129号機」のナゾ
映画やドラマの「鉄道考証」は、なぜズサンなのだろうか。制作側にも諸事情ありそうだし、駅や列車の場面は重要ではないかもしれないが、鉄道ファンには気になる。でも見方を変えると、そのズサンなところに資料的な価値が見つかったりもする。やっぱり映画は面白い。(2014/9/5)

杉山淳一の時事日想:
京急電鉄のカジノ構想で注目、「統合型リゾート(IR)」が“うさんくさい”ワケ
京急が統合型リゾート(IR)を運営する「カジノ構想」を発表した。リゾートというと聞こえはいいけれど、その裏が分かるといきなりうさんくさい言葉になる。27年前の「リゾート法」の悪夢を忘れちゃいけない。なぜわざわざ「IR」と略すのか、なぜ「カジノ」とはっきり言わないのか。(2014/8/29)

窪田順生の時事日想:
あれほど騒がれた「お台場カジノ」の話がぷっつりと消えた理由
石原さんや猪瀬さんが都知事だったころは「お台場カジノ」構想に前向きだったのに、なぜか舛添さんが都知事になってからは慎重な動きに。その背景には、何があるのか。(2014/8/26)

窪田順生の時事日想:
日本は最後の“黄金郷”――黒船カジノと国産カジノの戦いが勃発
安倍首相が訪問中のシンガポールでカジノを視察した。これまで“カジノ法案”はなかなか成立しなかったが、首相が視察したことで、国内外の企業から「ひょっとしたら……」という機運が高まってきている。(2014/6/3)

コナミ、国内でのカジノ事業へ向けて新会社設立
どうなる日本版カジノ法案。(2014/5/28)

コナミ、国内カジノへの投資子会社設立へ 法案成立に合わせ
コナミは、日本版カジノ法案の成立に合わせて、国内でのカジノ施設への投資を目的とする子会社を設立する。(2014/5/28)

窪田順生の時事日想:
どうなる? 日本のカジノ――“役者”はそろった
カジノやホテルなどIR(統合型リゾート)を日本にも作ろうという機運が高まってきた。ただ、反対派も黙ってはいない。決起集会なるものをのぞいてみると、予想以上の盛り上がり。さて、この争い……今後はどうなる?(2014/4/15)

窪田順生の時事日想:
最近よく耳にする「お台場と沖縄にカジノができる」報道の読み方
最近、「カジノ解禁へ向けた動きが本格化」というニュースをよく耳にする。「日本国内でカジノができるのは2カ所。東京のお台場、沖縄が有力だ」といった声も聞くが、本当にそうなのか。カジノ解禁の裏には、いろいろな思惑がからんでいるようで……。(2014/3/25)

誠 Weekly Access Top10(2013年12月2日〜12月8日):
価格.comの普及で“競り”滅亡の危機?
今回のランキングは家電量販店とネット通販の値下げ競争に関する記事が1位に。“シンガポール推し”なフジテレビの狙いを解説した記事も好調でした。(2013/12/10)

窪田順生の時事日想:
最近のフジテレビはなぜ「シンガポール推し」なのか
最近のフジテレビが「シンガポール推し」であることをご存じだろうか。「めざましテレビ」のあるコーナーではシンガポールネタが目立つ。映画『謎解きはディナーのあとで』でも舞台はシンガポール。ここまで取り上げると、なにやらオトナの事情があるようで……。(2013/12/3)

窪田順生の時事日想:
対馬に韓国資本をもちこむ「エージェント」ってナニ?
長崎県の対馬がキナ臭いことになっている。広大な森林が競売入札となり、韓国など外国の業者が買うんじゃないかとちょっとした騒ぎに。結局は対馬市が購入することになったが、問題はこれで“解決”したのだろうか。(2013/9/3)

窪田順生の時事日想:
「カジノ王VS. 朝日新聞」の行方が日本経済に影響するってホント?
あまり話題になっていないが、実は今、日本経済を左右する死闘が繰り広げられている。それは、パチスロ界の雄「ユニバーサルエンターテインメント」と「朝日新聞」のバトルである。両社が争っていることとは……。(2013/3/26)

窪田順生の時事日想:
石原慎太郎が公約に「カジノ」を入れないのは、なぜ?
「カジノを日本に」と訴えてきた石原慎太郎氏と橋下徹氏が、手を結んだ。当然、日本維新の会の公約に「カジノ」が入っているかと思ったが、その文言はなかった。おかしいなあ……と思って調べてみると、ある事情が浮かびあがった。それは……。(2012/12/4)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。