ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「国際線」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「国際線」に関する情報が集まったページです。

羽田JAL国際線ラウンジで、スマートグラスで見る3D映像サービスを体験――KDDIとJALが共同実証
KDDIとJALは、2018年6月20日から29日の期間限定で羽田空港のJAL国際線ラウンジで、スマートグラスを利用した映像視聴サービスの共同実証を行う。来場者にスマートグラスを貸し出し、3Dコンテンツを視聴してもらう。視線でコンテンツを選ぶUIも体験できる。(2018/6/19)

特集「デジタルサイネージジャパン」:
デジタルサイネージジャパンからDS市場のトレンドを探る
国内最大級の電子看板の見本市「デジタルサイネージジャパン2018」が2018年6月13〜15日、千葉市美浜区の幕張メッセで開催された。(2018/6/18)

ポケセングッズを24時間販売 ピカチュウが接客してくれるポケモン自販機が東名高速SAなどに登場
ピカチュウのアルバイトかな?(2018/6/9)

ANAのピーチ・バニラ統合に対抗:
JALが新LCC設立 成田空港拠点に中距離国際線 20年夏就航
JALが中距離国際線を運航するLCCを設立。2020年夏の就航を目指す。成田国際空港を拠点に、アジアや欧米などに就航する計画だ。(2018/5/14)

KDDIがスマートグラス開発へ 米国企業と共同 「時間と空間を超える体験」目指す
KDDIが、米Osterhout Design GroupとVR/AR技術を活用したスマートグラスを企画・開発する。6月以降、日本国内で実証実験を行い、実用化を目指す。(2018/4/26)

KDDIがスマートグラスを開発 xR技術を活用した実証実験も
KDDIが、米ODGと提携してスマートグラスを開発していく。このスマートグラスとxR技術を活用した実証実験も行う。まずはJALと提携して、空港ラウンジで映像サービスを試験導入する。(2018/4/26)

5分で知るモバイルデータ通信活用術:
ドコモの「パケットパック海外オプション」を中国で使ってみた/ソフトバンクのプリペイドSIM、販売状況はどう?
NTTドコモが「海外1dayパケ」の代替サービスとして提供を開始した「パケットパック海外オプション」。事前準備なしで使ってみました。ソフトバンクの訪日旅行客向け「Prepaid SIM for Travel」の販売状況もチェックします。(2018/4/5)

水曜インタビュー劇場(ゴロッと公演):
街中で食べることができない、知られざる「JALカレー」の話
空港のラウンジでしか食べることができない「JALカレー」をご存じだろうか。SNSでJALカレーをアップしている写真をよく見かけるが、一体どのような味をしているのか。試食をしながら、JALの担当者に裏話を聞いてきた。(2018/4/4)

2019年度末めどに統合:
ANA、ピーチ・バニラ統合を正式発表 東南アジアへの就航拡大
ANAHDが、傘下のLCC、Peach・Aviationとバニラ・エアを経営統合すると発表。LCCを強化し、東南アジアなどへの就航を拡大する狙い。両社の売上高を合算すると、LCC首位ジェットスター・ジャパンを上回って市場トップとなる。(2018/3/22)

京急が「リラッ久里浜駅」「大キイロイ鳥居駅」に駅名変更 一体どうした、何だかどれもこれもリラックマ仕様に
「駅そば」までリラックマに。どんだけー。(2018/3/6)

航空券を売って終わりではない:
ANAはなぜデジタルでの顧客体験向上を重視するのか
27万ページ超の巨大Webサイトを「動的」なものにするために何が必要なのか。ANAの担当者に、その考え方を聞いた。(2018/3/6)

ハニーフラッシュで声優もチェンジ アニメ「Cutie Honey Universe」では変身後のハニーを6人が演じ分け
如月ハニー/キューティーハニー役に坂本真綾さん。ハニーの変身後を内田真礼さん、黒沢ともよさん、田村ゆかりさん、花澤香菜さん、三森すずこさんが担当します。(2018/2/8)

記事と注目キーワードから探る
2018年の「デジタルトランスフォーメーション」、その最重要課題は?
2017年に掲載したCIO向け記事では、デジタルトランスフォーメーション、高速化、スケーリング、そして明確なコミュニケーションの必要性に関するテーマが注目された。2018年は?(2018/1/22)

目指すは国際線におけるサービスアップ
モバイルファーストを追求するANA、明らかになったアジャイル開発の成果と課題
国際線におけるサービスアップを目指す全日本空輸(ANA)は、顧客とのタッチポイントとなるモバイルアプリをデジタル戦略の中核に据え、即時性のある施策をシステムに反映するためアジャイル開発を導入した。(2018/1/17)

パナソニック コネクティッドソリューションズ社:
法務省、パナソニックの「顔認証ゲート」採用――出入国審査の合理化に向けて
法務省はインバウンドの増加に対応すべく、顔認証技術の活用による日本人の帰国手続きの合理化を検討。パナソニックの社内カンパニーであるコネクティッドソリューションズ社が新開発した「顔認証ゲート」を採用し、2017年10月18日から羽田空港国際線ターミナルで運用を開始している。これを受け、パナソニックは技術セミナーを開催し、顔認証ゲートの開発背景や特長を詳しく紹介した。(2018/1/9)

海外旅行は過去最高:
年末年始をどう過ごす? リゾート・近場の海外が伸びている
2017年の年末年始は、海外旅行に行く人の数が過去最高になりそうだ。(2017/12/27)

来週話題になるハナシ:
全米最悪クラスの空港の「類を見ない変貌」とは
ロサンゼルス国際空港が大きく変わろうとしている。空港内には、8つのターミナルと国際線専用のターミナルがあり、2016年は前年比8%増となる約8100万人もの乗客が利用した。世界第4位の空港がどのように変わるかというと……。(2017/12/27)

TechFactory通信 編集後記:
使いやすさの追求とパナソニックの強みが生み出した「顔認証ゲート」
開発を担当したエンジニア自身が「楽しい開発」と振り返る。(2017/12/23)

“激混みでヘロヘロ”から解放!?:
「5秒で帰国審査」を実現 パナソニックの顔認証技術
2017年10月18日から羽田空港に、顔認証技術を使って帰国審査を行うシステムが導入されている。同技術を開発したのがパナソニックだ。(2017/12/18)

トランプ大統領訪日、駅のコインロッカーが一時閉鎖へ ハロウィーンや三連休重なる 各鉄道の閉鎖計画は
テロ対策の一環とはいえネットでは不満を漏らす声も。鉄道会社に閉鎖計画を取材しました。(2017/10/26)

「スーパースターセール」:
ジェットスター、中部発着便をセールで「片道6円」に
LCC「ジェットスター」が、中部国際空港を発着する国内・国際線の航空券が片道6円になる「スーパースターセール」を10月17〜22日に実施する。(2017/10/16)

東京・NY間を37分で! 火星移住用ロケットを利用した国際線旅客機をイーロン・マスクが提案
その発想はなかった。(2017/10/1)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
伊丹空港アクセス線が再起動 空港連絡鉄道の現状と展望
阪急電鉄が伊丹空港乗り入れに積極的な姿勢を見せた。鉄道路線建設が停滞する中で、有望株は空港連絡鉄道だ。地方空港の空港連絡鉄道計画の動向を振り返ってみよう。(2017/9/22)

「アプリ」でフライトを高品質に:
JALが「航空整備士」の働き方を変えた意味
日本航空が、iOSアプリを活用した航空整備士の働き方改革を開始した。航空機関連のさまざまな情報をモバイル上で閲覧可能にすることで、整備業務を効率化しているという。アプリの導入の背景や効果を、アプリ開発を担ったJALエンジニアリングの中島逸雄氏に聞いた。(2017/8/28)

運用コストを6割カット:
「トラフィックの8割以上がボットだった」――JAL、「Bot Manager」で航空券予約サイトへの迷惑ボットを撲滅
日本航空は、海外地区のJAL Webサイト(航空券予約サイト)への全アクセスの8割以上を占めていた迷惑ボットの照会アクセスを制御する「Bot Manager」を導入。迷惑ボットを排除した結果、運用コストを約6割削減した。【訂正】(2017/8/25)

訪日客の増加が後押し:
空港は最先端技術の発信地、羽田空港で公開実証
訪日外国人が年々増加する中、羽田空港の国際線旅客ターミナルは、誰もが使いやすい空港を目指して、ユニバーサルデザインの採用に積極的に取り組んできた。その一環として、NTTとパナソニックがそれぞれ開発した技術の実証実験を2015年末より行ってきたが、実際に利用客に使ってもらう公開実証をいよいよ開始した。(2017/8/9)

auが「世界データ定額」の1周年キャンペーンを実施 空港カウンターでデータチャージカードをプレゼント
auの「世界データ定額」が1周年を迎えた。それを記念して、KDDIカウンターで100MBの「データチャージカード」をプレゼントするキャンペーンを実施する。(2017/7/21)

ドコモが訪日外国人旅行客向けプリペイドSIMを発売 リワード式の無料プランも用意
NTTドコモが、訪日外国人旅行客向けのプリペイドSIMカードを7月に発売する。利用期間は15日間で、広告動画の視聴やアンケート回答などを条件とする“完全無料プラン”や高速通信容量のチャージサービスも用意する。(2017/6/26)

Switch無料で遊べる「Nintendo Check In」 関西国際空港にオープン
関西国際空港に、「Nintendo Switch」「ニンテンドー3DS」などを無料でプレイできるスペース「Nintendo Check In」がオープン。(2017/6/23)

海外旅行で余った外貨を電子マネーに 福岡空港で外貨変換端末「ポケットチェンジ」がサービス開始
2月に羽田空港に初導入された外貨を電子マネーやギフト券などに交換できる専用端末です。(2017/6/18)

ノートPC・タブレットの客室持ち込み禁止、米国発着の全国際便にも適用拡大か
米国向けの一部の国際線旅客機ではノートPCの客室内持ち込みが禁止されているが、これを米国発着の全ての国際便に拡大する動きが出てきた。(2017/5/29)

格安航空のPeach、ビットコイン決済導入へ
日本国内の航空会社がビットコイン決済サービスを導入するのは初めてという。(2017/5/22)

米英政府による電子機器の機内持ち込み禁止令 生産性低下だけでなく発火を懸念する声も
貨物室に持ち込まれたノートPCは果たして大丈夫なのか?(2017/3/23)

米政府、一部地域からの電子機器の機内客室持ち込み禁止 英国も追随
英米政府当局が、テロ対策として、中東や北アフリカの一部地域から自国への旅客機の搭乗者による電子機器の機内客室持ち込みを禁止した。国籍にかかわらず、ノートPCなどは貨物スペースに預ける必要がある。(2017/3/22)

ふぉーんなハナシ:
iPhone・Android両対応! ソフトバンクの「訪日旅行者向けSIM」を日本人が使ってみる
ソフトバンクは端末の種類によってUSIMカード(SIMカード)が細かく分かれています。ゆえにiPhoneとAndroidで同じUSIMカードを使い回せない……のですが、公式に使い回せるSIMカードが1つだけあります。(2017/2/26)

海外旅行で余った外貨を電子マネーやギフト券に交換 専用端末「ポケットチェンジ」が羽田空港でサービス開始
中途半端に余ってしまった硬貨も交換できて便利!(2017/2/21)

「重要な経営課題」は……:
ANA、新社長に平子氏 篠辺氏は持ち株会社副会長に
ANAの篠辺社長が退任し、後任に平子執行役員が昇格する人事を発表した。(2017/2/16)

1人乗り自動運転ドローン、ドバイで7月に運行開始(動画あり)
乗り込んでタッチスクリーンで行き先指定すればパイロットなしで運んでくれる。(2017/2/14)

ITで“おもてなし”はどこまで可能? 業界の垣根を越えて実証実験
訪日外国人に自ら登録してもらうパーソナルデータと交通系ICカードを連動させ、ホテル・レストラン・小売などで各人に適したサービスを提供する仕組みなどを検証する。(2017/2/2)

ソニーネットワーク、福岡空港でプリペイド式SIM「Prepaid LTE SIM」を販売開始
ソニーネットワークコミュニケーションズは、福岡空港の国際線ターミナルビル1階 到着口前に設置する自動販売でプリペイド式SIM「Prepaid LTE SIM」を販売開始した。(2017/2/1)

成功の鍵は社外クラウド─自社システム間の強固なデータサービス基盤:
PR:全日本空輸が国際線予約サービスのデータ提供基盤に「Oracle Exadata」を採用 国際線のインバウンド予約が増加
全日本空輸は先頃、増加が続くインバウンド需要への対応強化などを目的に、業界標準のクラウドサービスを利用して国際線予約システムを大きく刷新した。このシステムの実現で鍵となる社内外のデータ提供基盤に採用されたのが、高いデータ処理能力を備える「Oracle Exadata」である。[プライベートクラウド/データベース統合][Engineered System](2017/2/1)

外国人客は1割増:
成田空港の国際線客数、外国人が初の日本人超え 16年
2016年に成田空港の国際線を利用した外国人旅客数が、初めて日本人を上回った。(2017/1/26)

Engineered Systemsを“日本品質”で提供できる理由:
PR:長年蓄えた独自ノウハウを凝集 Oracle Exadataの導入から活用までをワンストップで支援するNEC
日本国内における「Oracle Exadata」の導入推進において大きな存在感を放つNEC。2012年に取り扱いを開始して以来、さまざまな業種/業界に170台以上を導入してきた同社のエキスパートらに最新の活用事例や取り組みを聞いた。[プライベートクラウド/データベース統合][Engineered System](2017/1/25)

キティさんがヤンバルクイナと合体してコップのフチに降臨 「沖縄限定はろうきてぃ」が発売決定
「クマノミ」「ジンベイザメ」「シーサー」とも合体。(2017/1/17)

SIM通:
くまモンデザインのSIM自販機 阿蘇くまもと空港に登場だモン!
U-NEXTは、「U-mobile」のプリペイドSIMカードを購入できる自動販売機を、阿蘇くまもと空港に設置。この自販機と販売されるプリペイドSIMのパッケージには、「くまモン」と「あそらくん」が描かれた特別デザインになっている。(2017/1/13)

製造業IoT:
日本の航空大手に燃費効率を向上させるソリューションを提供
GEアビエーションは、全日本空輸と「フライト・アナリティクス」契約を締結した。飛行データを分析し、燃費効率の向上を図る航空業界向けデジタル・ソリューションを、日本市場に初めて提供する。(2017/1/5)

京急蒲田、羽田国内線ターミナルなど5駅にホームドア導入へ 2020年度までに
京急電鉄が、2020年度までに京急蒲田駅、京急川崎駅、横浜駅、上大岡駅、羽田空港国内線ターミナル駅にホームドアを設置すると発表。(2016/12/22)

タイムアウト東京のオススメ:
ベストスポットで新年を迎える
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2016/12/20)

本田雅一のウェアラブルスタイル:
PR:これはもう身につけるプライベートシアター!! 有機ELパネルで進化したエプソン“MOVERIO”(モベリオ)「BT-300」の実力
3世代目となる“MOVERIO”(モベリオ)「BT-300」は、新たに有機ELパネルを採用したことで大幅な画質向上とヘッドセット部の軽量化を実現。映像を楽しむためのデバイスとしても見逃せない存在になった。(2016/12/1)

遅延情報まで完璧! 流ちょうな英語のアナウンスをする車掌さんがすごい
業務命令ではなく車掌さんが個人的にやっているそうです。(2016/11/28)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。