ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  I

  • 関連の記事

「iPhone SE」最新記事一覧

荻窪圭のiPhoneカメラ講座:
とにかくすごい! 「Lightroom for iPhone」のHDR撮影を試してみる【追記あり】
Adobeの写真アプリ「Adobe Photoshop Lightroom」にモバイル版があるのはご存じだろうか? そのモバイル版に、2017年3月のバージョンアップでHDR撮影機能が実装された。これがとにかくすごいので、紹介するのである。(2017/3/26)

石野純也のMobile Eye:
速度は十分だがサービスの拡充が必要 日本通信のソフトバンクSIMを使って感じたこと
ソフトバンク回線を使ったMVNOサービスがついに始まった。日本通信や、同社をMVNEとするMVNOが料金プランを発表。このソフトバンクのSIMはどこまで使えるのか? 実際に契約をして検証した。(2017/3/25)

ソフトバンク、iPhone 7/7 Plusの新色の「(PRODUCT)RED」の販売価格を発表 9.7型iPadと容量倍増iPhone SEの発売日・価格も決定
ソフトバンクが、「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」の新色の販売価格を発表した。9.7型「iPad」とストレージ容量を倍増した「iPhone SE」の発売日と価格も決定した。(2017/3/24)

ドコモ、iPhone 7/7 PlusのRED、iPhone SE新モデル、9.7型iPadの価格を発表
(2017/3/24)

ただ真っ赤になっただけ、でも、だからみんな欲しい:
林信行が魅力を解説 「iPhone 7」シリーズ(PRODUCT)REDモデル発売直前レビュー
新しいiPhoneの特徴は、色が赤いこと。ただそれだけだ。(2017/3/24)

「赤いiPhone登場」の今振り返る “iPhoneの10年間”とデザインの歴史
(2017/3/23)

UQ mobile、「iPhone SE」の32GBモデルを3月25日発売 4色をラインアップ【価格追記】
UQコミュニケーションズとUQモバイル沖縄のMVNOサービス「UQ mobile」において、「iPhone SE」の32GBモデルの販売が決定した。販売価格などの条件については、決まり次第別途発表される。(2017/3/22)

Y!mobileが容量倍増の「iPhone SE」を販売 3月25日から【価格追記】
Y!mobileが、「iPhone SE」の32GBモデルと128GBモデルを3月25日に発売する。価格など、詳細な販売条件は改めて発表される予定だ。(2017/3/22)

Apple、「iPhone SE」のストレージを倍増 「32GB」「128GB」から選択可能に
4型ディスプレイを搭載する「iPhone SE」が、ストレージ容量を「32GB」「128GB」に倍増させた。ストレージ増量モデルの受注は、3月25日からとなる。(2017/3/21)

ITはみ出しコラム:
3月中にAppleの新製品は出る? そろそろ一新してほしいモデルも
直近でスペシャルイベントはなさそうですが……。(2017/3/19)

iPhoneが故障した! 即日修理してくれる? 代替機はある?
日本で多くのユーザーが利用しているスマートフォン「iPhone」。故障したら代替機は借りられる? どんな補償サービスがある? 3キャリアやSIMフリー版ごとにチェックしていこう。(2017/3/16)

SIM通:
絶好調!「Y!mobile」「UQ mobile」のiPhone 5sとは
Y!mobileとUQ mobileにおいて、人気の屋台骨となっている機種がiPhone 5sです。しかし、iPhone 5sは2013年9月発売と約3年半も前の機種。そこで、他のiOS機種と比較しながらiPhone 5sを分析してゆきます。(2017/3/15)

「Lightroom Mobile」がRAW HDR撮影機能に対応 iOS/Android版ともに提供開始
(2017/3/7)

Spigen、Amazonストアで「ホワイトデーセール」開始 ホワイトのケースがクーポン利用で販売価格からさらに14%引き
3月14日の「ホワイトデー」に合わせて、SpigenがAmazonストアで「ホワイトデーセール」を開始する。クーポンコードを入力すると、iPhone 7/7 Plus、iPhone 6s/6s Plus、iPhone SE用のホワイトケースが販売価格からさらに14%引きとなる。(2017/3/6)

Spigen、公式ストアでスマホケースとアクセサリーのセット販売を開始 最大20%オフ
Spigenが、公式ストア限定でスマホケースとアクセサリーのセット販売を開始する。それぞれを単品購入した時よりも最大で20%引きで購入できる。(2017/2/24)

3月開催のiPad Proイベントで、iPhone SEの容量アップ版も発表か?
MACお宝鑑定団による新情報。128GB版iPhone SE登場か? そして赤いiPhone 7?(2017/2/21)

MVNOに聞く:
「エンタメフリー・オプション」からKDDI傘下、iPhone SEまで――ビッグローブに聞く
「BIGLOBE SIM」を提供するビッグローブは、MVNOのシェア5位で、依然として存在感が高い。2016年11月からは「エンタメフリー・オプション」を提供。KDDIグループになって「au経済圏」拡大の一翼も担う。そんなビッグローブに最新戦略を聞いた。(2017/2/21)

手帳型スマホケース「ウォレットS」が最大78%引きで買える――Spigenの週替わりタイムセール第6弾
SpigenのAmazonストアで、シリーズ別ケースの週替わりタイムセールの第6弾が開催される。今回は手帳型ケース「ウォレットS」がセール対象で、2月17日から23日まで同ケースを最大78%引きで購入できる。(2017/2/17)

Spigenの週替わりタイムセール、第4弾は「シン・フィット」シリーズが最大75%オフ
SpigenのAmazonストアが、シリーズ別のケース週替わりタイムセールの第4弾を開催する。今回は「シン・フィット」シリーズが最大75%引きで購入できる。期間は2月3日〜9日まで。(2017/2/3)

石川温のスマホ業界新聞:
ワイモバイルがヤング割とAndroid Oneで春商戦に挑む――初心者にターゲットを絞った施策で格安スマホ市場をリード
ソフトバンクは1月18日、「Y!mobile」ブランドの2017年春商戦発表会を開催した。終了後に、Y!mobile事業素員本部の寺尾洋幸本部長との囲み取材が行われた。(2017/1/27)

Mobile Weekly Top10:
画面が割れてもケースを着けない心理/MVNOが直接iPhoneを扱える日は来るのか?
スマホの画面を何度も割っても、ケースやフィルムを着けようとしない人がいます。そのココロは、どこにあるのでしょうか?(2017/1/24)

Spigen、Amazonストアの週替わりタイムセール第2弾を開催 「ネオ・ハイブリッド」シリーズが最大65%引き
Spigenは、全デバイスを対象としたシリーズ別ケースの週替わりタイムセールを開催。第2弾は「ネオ・ハイブリッド」シリーズで、最大65%オフで提供する。期間は1月20日〜26日まで。(2017/1/20)

BIGLOBE SIMで「iPhone SE」の取り扱い開始 海外のメーカー整備品
ビッグローブが「iPhone SE」を1月19日から取り扱う。海外版の新品またはメーカー整備品。容量は16GB、カラーはゴールドのみ。(2017/1/19)

なんだか“サクッとつながる”なヤツを試してみよう:
思わぬ使い方も? iPhoneに最適化したLightningキーボードを試す
iPhoneやiPadの専用コネクターであるLightningに直接つないで操作できる低価格のキーボードが上海問屋から登場した。ワイヤレス接続の設定や充電が不要で手軽に使えるほか、意外なメリットもある。(2017/1/17)

Spigen、Amazonストアで週替わりタイムセール開催 第1弾は「リキッド・アーマー」シリーズ
Spigenは、全デバイスを対象としたシリーズ別ケースの週替わりタイムセールを開催。第1弾は「リキッド・アーマー」シリーズで、最大40%オフで提供する。期間は1月13日〜19日まで。(2017/1/13)

Spigen、「Amazonランキング大賞2016」受賞記念セールを開催 対象ケースが最大半額に
SpigenのiPhone 6s用ケース「ラギッド・カプセル」「ウルトラ・ハイブリッド」が「Amazonランキング大賞2016」のケース・カバー部門で1位・2位を獲得した。それを記念して、各機種用のラギッドシリーズとウルトラ・ハイブリッドを最大半額で販売するセールが実施される。期間は1月9日まで。(2017/1/7)

会員が注目した2016年記事ランキング(中堅・中小企業とIT編)
誰もが悩む「Android、iPhoneのどちらを使うか問題」 2016年に多く読まれたSMB向け記事は
2016年には「iPhone SE」「iPhone 7/7 Plus」「iPad Pro」が登場し、スマートモバイルのビジネス活用を中心としたさまざまな話題を取り上げました。2016年の中堅・中小企業向け記事のランキングを紹介します。(2017/1/2)

アップルPickUp!:
1月2日のApple初売り、2017年はどんな内容?
ラッキーバッグはなし。(2016/12/31)

2017年の新iPhoneはどうなる? Twitter身売り騒動の行方は――2016年“うわさの真偽”総まとめ
来年のiPhoneはどうなる? 注目企業の動向は? 2016年に上がったIT・ネット業界のうわさをもとに2017年を占います。(2016/12/30)

スマートフォン・オブ・ザ・イヤー2016:
いよいよ発表! 2016年を代表するスマホは……?
2015年12月から2016年11月までの期間に発売されたスマートフォン10機種の中から最優秀機種を選出する「スマートフォン・オブ・ザ・イヤー2016」。この記事では、いよいよ最優秀機種を発表します……!(2016/12/30)

スマートフォン・オブ・ザ・イヤー2016:
審査員が選ぶ「2016年を代表するスマホ」は?(後編)
2015年12月から2016年11月に発売されたスマートフォン10機種の中から最優秀機種を選出する「スマートフォン・オブ・ザ・イヤー2016」。選考委員は、何を基準にノミネート候補を挙げたのでしょうか。この記事では、3名の選考委員と、ITmedia Mobile編集部の意見を見ていきます。(2016/12/29)

石野純也のMobile Eye(2016年総括編):
“実質0円”禁止、MVNOとSIMフリースマホの飛躍――2016年のモバイル業界を振り返る
2016年で大きな話題を集めたのが大手キャリアの「実質0円の禁止」。その反動でSIMフリースマホの販売が伸び、MVNOも飛躍した。MVNOではLINEモバイルが注目を集め、特定サービスの通信料を無料にする「カウントフリー」の提供も増えた。(2016/12/29)

スマートフォン・オブ・ザ・イヤー2016:
審査員が選ぶ「2016年を代表するスマホ」は?(前編)
2015年12月から2016年11月に発売されたスマートフォン10機種の中から最優秀機種を選出する「スマートフォン・オブ・ザ・イヤー2016」。選考委員は、何を基準にノミネート候補を挙げたのでしょうか。まずは、6人の選考委員の意見を見ていきます。(2016/12/28)

2016年の記事ランキング トップ30:
業界が驚いたM&AからIntelモバイル撤退まで、2016年に最も読まれた30本
1年の締めくくりとして、EE Times Japanに掲載した2016年全記事(1430本)の中から、最もアクセスを集めた記事を30本、紹介します!(2016/12/28)

スマホ強化にこれ1台 モバイルバッテリーにもなるWi-Fiカードリーダーは買い?
SDメモリーカードはもちろん、USBメモリや外付けHDDもワイヤレスで接続でき、おまけにモバイルバッテリーにもなる。そんなラトックシステムの便利アイテム「REX-WIFISD1H」を試してみた。(2016/12/17)

ソフトバンク、12月21日から「学割モンスター」「スマホデビュー割」を実施
ソフトバンクが、データ定額を利用している25歳以下のユーザーを対象とする割引「学割モンスター」と、ケータイ(フィーチャーフォン)からスマートフォンに機種変更する人を対象とする割引「スマホデビュー割」を提供する。いずれも12月21日から申込を受け付ける。(2016/12/13)

スマホの容量不足にWi-Fi HDDという選択はアリ? 実際に試してみた
スマホやタブレットから直接ワイヤレスで利用できるWi-Fi対応のポータブルHDDがあるのをご存じだろうか。今回はバッファローのWi-Fi HDD「ミニステーション エア(HDW-PDU3-C)」を実際に試してみた。(2016/12/10)

アップルPickUp!:
Apple直営店のロゴが赤く染まる
12月1日は世界エイズデー。Appleはエイズ撲滅を目指す(RED)の支援を続けており、毎年12月1日、1日限定でApple直営店のロゴを赤くライトアップしています。(2016/12/1)

「iPad Pro 2」とは呼ばないという説も
次期「iPad Pro」はイヤフォン端子無しで防水? これまでのうわさをまとめた
12.9インチiPad Proが発売して1年以上が経過した。そろそろ発表が近いと思われる「次期iPad Pro」の現段階でうわさされている情報をまとめた。(2016/11/26)

アーキサイト、iPhone/iPad向けLightningコネクター搭載USBメモリ「Leef iBRIDGE3」発売
アーキサイトは、Lightningコネクターを搭載したiOSデバイス向けUSBメモリ「Leef iBRIDGE3」を発売。独特のJ字型デザインはそのままに小型化&USB 3.1(Gen 1)を備え、セキュリティ機能やクラウド連携を強化している。(2016/11/25)

PR:格安スマホへの乗り換えを迷っている人にこそ――「UQ mobile」を勧めたい5つの理由
「毎月の通信料金をもっと安くしたい」「SNSのヘビーユーザーだけどデータ通信量を抑えたい」「iPhoneを使い続けたい」「通信品質やサポートも重視したい」――そんなわがままな要望をかなえてくれる格安スマホがUQ mobileだ。その魅力を見ていこう。(2016/11/21)

石野純也のMobile Eye(11月7日〜11月18日):
SIMロック解除の条件緩和、端末の実質価格に新基準――改正ガイドラインの影響は?
11月18日、総務省がSIMロック解除とスマートフォン端末購入補助についての改正ガイドラインを公開し、意見を募集する。SIMロック解除は条件が緩和され、端末の実質価格には新たな基準が設けられる見通し。業界に与える影響を考えた。(2016/11/19)

4.6インチHDディスプレイを採用
徹底レビュー:「Xperia X Compact」は最新ソニー技術を小型ボディーに集約、その実力は?
ソニーが5インチ未満のAndroidスマートフォンとして市場に送り出している「Xperia X Compact」。小型スマートフォンの中でトップクラスの性能を誇るが、その実力とは。実機ハンズオンレポートを紹介する。(2016/11/19)

Mobile Weekly Top10:
「4G」「4G+」の“衝撃”/「UQ mobile」で一部iPhoneのテザリングに対応
NTTドコモの端末における「LTE」の通信状態表示が、2016年冬モデルから「4G」「4G+」になりました。「通信できればどちらでもいい」という人もいますが、LTEの「言い出しっぺ」が表記を変更したことは大きな衝撃なのです。(2016/11/15)

iPhone 6s/SE、「UQ mobile」のプロファイル不要で通信可能に――テザリングにも対応
iPhone 6s、6s Plus、SEで、プロファイルのインストール不要でUQ mobileの通信が可能になった。テザリングやMMSも利用できる。UQがiPhone 5sを取り扱ったことが関係している?(2016/11/10)

iPhone 7 PlusでもOK――マルチケース「Universal Folio Madison Collection」を使ってみた
マルチケースは、スマホのサイズや形状が違っても使い回せるのがメリット。KODAWARIが販売している「Universal Folio Madison Collection」は、高級牛革を使った手帳型のマルチ型ケース。iPhone 7 PlusやGalaxy S7 edgeを装着して試した。(2016/11/2)

「運用が徹底されていなかった」――KDDI田中社長、総務省の行政指導にコメント
総務省が、「スマートフォンの端末購入補助の適正化に関するガイドライン」に違反したとして3キャリアを行政指導。KDDIはクーポンを減額することでこれに対応。冬モデルについて、田中社長は11月に追加の発表があることを予告した。(2016/11/1)

「iPhone 7」を買った人が後悔するかも
日本では知られていないコスパ最強スマホ、魅力的な“400ドル以下の世界”とは
「iPhone 7 Plus」や「Galaxy S7 edge」は魅力的だが、スマートフォンに7〜8万円支払うことにためらう人もいるだろう。日本未発売の製品も視野に入れると、4万円以下で購入できるスマートフォンには豊富な選択肢がある。(2016/10/29)

iPhone 7ユーザーの7割が防水性能を重視――MMDのスマホ購入調査
MMD研究所は「2016年4月〜9月スマートフォン購入に関する定点調査」の結果を発表。購入者の64.8%が「iPhone」と回答し、重視する項目上位は操作性やバッテリーとなった。(2016/10/26)

Apple Payアプリ開発入門(1):
ついに日本対応開始! 開発者が知っておきたいApple Pay決済アプリの仕組みとPassKitの使い方
2016年10月25日から日本でも利用可能になったApple Payについて、アプリ内課金における決済処理の流れを、実装フレームワークPassKitの使い方とともに解説します。(2016/10/26)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。