ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  K

「Kaspersky」最新記事一覧

銀行ATMに感染し、カード情報を集めるマルウェアをカスペルスキーが報告
マルウェアに感染したATMは、普通の人には見分ける手段がないところが恐ろしいとカスペルスキー。(2016/5/24)

「防御」「予見」「発見」「対処」4つのプロセスを包括的にカバー:
カスペルスキー、脅威情報やマルウェア緊急解析といったサービス群を提供
カスペルスキーは2016年4月20日、包括的なセキュリティサービス群「カスペルスキー セキュリティインテリジェンスサービス」を発表した。サイバー攻撃に関する情報提供や簡易的なマルウェア解析、インシデント対応、セキュリティ教育などを支援していく。(2016/4/21)

カスペルスキー、大企業に11種の標的型攻撃対策をサービス展開
SIEMに取り込める脅威情報の配信やマルウェア解析、人材育成や訓練などを提供する。(2016/4/20)

ゲームパッドやカスペルスキーの不具合修正 Windows 10のプレビュー版の最新ビルド「14295」公開
米Microsoftが、Windows 10プレビューのビルド「14295」を公開した。細かい不具合の修正が中心となる。(2016/3/28)

カスペルスキー、セキュリティインシデントの対応体制を強化
「インシデントレスポンスパートナープログラム」を新設し、2016年内に10社との連携を目指す。(2016/2/9)

SNSの写真だけで合鍵が作れる――3Dプリンタを使った現実世界の“ハッキング”に注意
3D印刷技術の発展で、SNSにあげた写真から合鍵が作れる時代に。最新の手法をカスペルスキーがブログで紹介し、注意を呼びかけている。(2016/1/28)

「東京はサイバーセキュリティ面で最も安全な都市」は本当か?:
カスペルスキーがサイバー犯罪の動向を解説、APTの性質は変わると予測
カスペルスキーは2015年12月10日、サイバー犯罪や標的型攻撃の動向と2016年の予測に関する説明会を開催し、多数の改ざんされたWebサイトが存在している現状やAPTの変化の予測などを解説した。(2015/12/11)

カスペルスキー、法人向けのMac用セキュリティソフト「Kaspersky Endpoint Security for Mac」最新版を発表
カスペルスキーは、法人向けとなるMac用セキュリティソフト「Kaspersky Endpoint Security 10 for Mac」の提供を開始する。(2015/12/9)

サイバー攻撃対策のポイントは「敵を知る、己を知る」こと:
PR:カスタマイズされた脅威情報を迅速に提供するインテリジェンスサービス
手口を変えながらやってくる標的型攻撃にボットネットによる攻撃、そして重要インフラを担う産業システムを狙った攻撃――日々変化する脅威の動向を把握しなければ、効果的な対策は望めない。カスペルスキーは、顧客のセキュリティ対策のプロセス全体を支援するさまざまなサービスを提供している。(2015/12/1)

2016年は標的型攻撃の検出がもっと困難に――Kaspersky
ごく限られた標的へのサイバー攻撃は、検出がさらに困難になり、痕跡を残さない攻撃が台頭するなどと予想している。(2015/11/18)

カスペルスキー、最新OSのサポートもうたったマルチOS対応セキュリティソフト「カスペルスキー2016 マルチプラットフォームセキュリティ」
カスペルスキーは、個人向け統合セキュリティソフト最新版「カスペルスキー2016 マルチプラットフォームセキュリティ」の販売を開始する。(2015/10/14)

Webトラッキングやブラウザー設定変更のブロックが可能に:
カスペルスキー、個人向けセキュリティ製品の最新版「カスペルスキー 2016 マルチプラットフォーム セキュリティ」リリースを発表
カスペルスキーは2015年10月13日、個人向けセキュリティ製品の最新版「カスペルスキー 2016 マルチプラットフォーム セキュリティ」のリリースを発表した。ブラウザー設定の変更を検知する機能や、Web上での行動トラッキングをブロックする機能などが追加された。(2015/10/13)

1日約12円でユーザー保護、セキュリティソフトの仕事とは?
カスペルスキーが個人向けセキュリティソフトの最新版を発表。Webブラウザのセキュリティを強化する新機能を搭載した。(2015/10/13)

DDoS攻撃は、本来の目的を覆い隠すための「デコイ」にもなる:
カスペルスキー、企業のDDoS攻撃に対する認識と被害実態に関する調査結果を発表
ロシアのカスペルスキーは2015年9月17日、企業の経営者、IT担当者を対象に実施したDDoS攻撃に対する認識と被害実態についての調査結果を発表した。(2015/9/18)

Kasperskyが競合他社をはめた? 報道に反論
Kaspersky Labが他社のウイルス対策製品に意図的に誤検知を起こさせていたとするReutersの記事に対し、Kaspersky創業者のユージン・カスペルスキー氏は「事実無根」と反論した。(2015/8/17)

添付ファイルの自動削除機能を追加:
カスペルスキー、メールセキュリティ製品の最新版を販売開始
カスペルスキーは2015年7月24日、法人向けメールセキュリティ製品「Kaspersky Security for Linux Mail Server」の最新版(8.0.1.721)の販売を開始した。添付ファイルの自動削除機能を追加し、対応するOSのバージョンを拡充した。(2015/7/24)

AppleやFacebookを狙った連続サイバー攻撃、犯人の狙いは?
2013年に米Apple、Facebook、Twitter、Microsoftなどの大手が相次いで攻撃された事件は、産業スパイを目的とするハッカー集団が関与していたことが分かったと、Kaspersky LabとSymantecが報告した。(2015/7/9)

新型マルウェア「Duqu 2.0」、攻撃にFoxconnの証明書を利用
攻撃を仕掛けた集団は証明書を盗む目的でFoxconnなどのハードウェア製造業者をハッキングしている可能性が高いとKasperskyは推測する。(2015/6/16)

新型マルウェア「Duqu 2.0」出現、Kaspersky社内で見つかる
国家の関与が疑われるマルウェア「Duqu 2.0」は、Kasperskyのセキュリティ技術やイランの核開発協議に対するスパイ活動に使われていたことが分かった(2015/6/11)

カスペルスキー、Mac用「カスペルスキー インターネット セキュリティ for Mac」をアップデート
カスペルスキーは、個人向けMac用セキュリティソフト「カスペルスキー インターネット セキュリティ for Mac」の最新版を発表。ネット決済保護機能などの新機能を追加した。(2015/4/23)

あの漫画が名前の由来に?:
「よろしい、ならばAPT戦争だ」――Kaspersky Labが観測
Kaspersky Labは、緊張の高まる南シナ海周辺諸国で、「Naikon」と「Hellsing」というAdvanced Persistant Threat(APT)同士の抗争を観測したという。(2015/4/17)

“超精巧な”攻撃を仕掛けるサイバースパイ集団の存在、セキュリティ企業が指摘
報告したKaspersky Labは、「Equation Group」は極めて複雑で精巧な手口を使うという点で、どんな集団をもしのぐ存在だとしている。国家の関与が指摘された「Stuxnet」などともつながっているという。(2015/2/17)

MacやiPhoneはいま、どのくらい危ないのか?
かつて「Macは安全」というCMが話題になったが、ユーザーの広がりから今ではマルウェアなどの危険性と無縁ではなくなりつつある。現在はどの程度危ないのか? Kasperskyのセキュリティ研究者に聞いてみた。(2014/12/11)

「Stuxnet」マルウェアの最初の侵入先は5つ、感染手法に新たな疑問
2010年に見つかった高度なマルウェアの「Stuxnet」が、どのような手口でどこに侵入しようとしたのか――Kasperskyが4年以上の調査で特定したという。(2014/11/28)

ランサムウェア対策強化や高リスクの無線LANへの警告など:
近年増加する脅威への対策を強化、カスペルスキーが個人向けセキュリティ製品の新版
ファイルを暗号化し「身代金」を要求するランサムウェアや、PCに内蔵されたWebカメラによる「盗撮」を防止。カスペルスキーの個人向けセキュリティ製品が一新した。(2014/10/7)

Webカメラの乗っ取り防止機能も:
“人質”に取られたユーザーファイルを復元――「カスペルスキー2015年版」発表会
「カスペルスキー 2015 マルチプラットフォーム セキュリティ」では、Webカメラのぞき見防止機能と公衆無線LANの安全度チェック機能が加わったほか、ランサムウェア対策やオンライン決済保護の強化などが図られている。(2014/10/6)

カスペルスキー、盗撮対策を搭載した2015年版セキュリティソフト発表
最新版の個人向けセキュリティ製品ではWebカメラの不正操作による盗撮対策などが搭載され、ランサムウェア対策も大幅に強化された。(2014/10/6)

カスペルスキー、“無線LAN安全診断”機能なども備えた「カスペルスキー 2015 マルチプラットフォーム セキュリティ」
カスペルスキーは、同社製の個人向けセキュリティソフト「カスペルスキー マルチプラットフォーム セキュリティ」シリーズの新版を発表。新たに、Webカメラ遠隔操作の防止機能などを備えた。(2014/10/6)

TSUKUMO、「カスペルスキー同時購入版」購入者が対象のくじ引き抽選会を店頭で開催
ProjectWhiteは、同社製PCとセットで購入できる「カスペルスキー2014 ツクモオリジナル同時購入版」の購入者を対象とした店頭抽選会を実施する。(2014/8/26)

中国政府調達局、SymantecとKasperskyを締め出し
中国政府調達局のリストに記載されたウイルス対策ソフトウェアのメーカーは、「奇虎360」など中国の5社のみになった。(2014/8/5)

カスペルスキー、小規模オフィス向けのセキュリティパッケージ発売
新製品は最大でPCとAndroid端末をそれぞれ10台、Windowsのファイルサーバ1台を保護する。(2014/7/17)

“政府御用達”の監視システムが世界に AndroidとiOSも標的――Kaspersky調査
「政府機関のためのハッキングスイート」の制御用サーバは世界40カ国以上に張り巡らされ、日本にも存在しているという。(2014/6/25)

サイバー攻撃をリアルタイムに表示する地図がかっこいい カスペルスキーが公開
“脅威にさらされている国ランキング”もリアルタイムに分かっちゃう。(2014/4/5)

エネルギー業界を狙う精巧なサイバースパイ攻撃見つかる、国家が関与か
攻撃は極めて高度なマルウェアやrootkitで構成され、Kaspersky Labは「現時点で最先端級の脅威」と位置付ける。(2014/2/12)

Flash Playerの脆弱性を突く攻撃、日本のWebサイトも標的リストに
Kaspersky Labによると、Flash Playerの脆弱性を悪用してソーシャルメディアなどのパスワードを盗み出すゼロデイ攻撃が発生していたという。(2014/2/6)

粕部家を鉄壁防御!:
PR:家族全員で1日たった15円! スマホもMacもPCもガッチリ守る「カスペルスキー」って?
スマホとタブレットとPCと……あなたの家にはデジタルデバイスが何台ありますか? カスペルスキーなら、家族全員分のデバイスを1日たった14.19円、つまり15円かからずに家族みんなが安心してネットを使えるようになるんです。(2013/12/2)

悲報:
日本がサイバー犯罪の攻撃対象に――ユージン・カスペルスキーCEOが語る最新インターネット脅威動向
世界有数のセキュリティ企業、カスペルスキーの最高責任者であるユージン・カスペルスキー氏は、日本が“ガラパゴス”だった時代は終わりを告げ、サイバー脅威の波が押し寄せていると警鐘を鳴らす。(2013/11/29)

松阪牛:
カスペルスキー、「家族を想えば、カスペルスキー。家族満足キャンペーン」実施
カスペルスキーは、同社の最新セキュリティ製品購入者を対象に旅行券や松阪牛などが当たるキャンペーンを開始した。(2013/11/14)

恋人でも可:
家族なら人数も台数も無制限で保護――「カスペルスキー 2014 マルチプラットフォーム セキュリティ」
最新セキュリティソフト「カスペルスキー 2014 マルチプラットフォーム セキュリティ」では、新しいライセンス形態として「ファミリー版」を用意したのが特徴。(2013/10/29)

カスペルスキー、2014年版セキュリティソフトを発表 脆弱性攻撃対策などを強化
「カスペルスキー インターネット セキュリティ」最新版では家族間で台数や人数に関係なく利用できるファミリーライセンスを新たに導入した。(2013/10/29)

Kaspersky、日中韓で活動するゲリラ型サイバー攻撃を確認
攻撃者は欧米企業のサプライチェーンを標的に、数日ないしは数週間程度の活動を展開していたという。(2013/9/26)

「金の運び屋募集」メールに注意、日本狙いの配信見つかる
フィッシング詐欺などで搾取された金銭の運び屋を募るメールをカスペルスキーが確認。「犯罪に加担することになる」と警告している。(2013/7/10)

Web閲覧でのマルウェア検知が日本で急増、カスペルスキーが注意喚起
6月下旬から「Trojan-Downloader.JS.Iframe.deg」というマルウェアの検知が増え、日本と米国で顕著に増えているという。(2013/7/5)

34%の企業がMDMソリューションを未導入――カスペルスキー調べ
カスペルスキーは、職場へ持ち込まれた私物デバイスを管理するMDMソリューションの企業導入が進んでいないという調査結果を発表した。(2013/6/14)

Android史上「最も高度なマルウェア」、Kaspersky Labが報告
このマルウェアの複雑さと、未解決の脆弱性を多数悪用しているという特徴は、ほかのAndroidマルウェアよりも、Windowsマルウェアに近いとKasperskyは指摘する。(2013/6/10)

VMware環境向け製品も:
カスペルスキー、法人向けセキュリティ製品群を刷新
カスペルスキーは6月6日、法人向けセキュリティ製品の構成を刷新し、必要に応じて機能を追加できる「Kaspersky Endpoint Security for Business」を発表した。同時に、VMware vShpere環境向けの「Kaspersky Security for Virtualization 2.0」もリリースしている。(2013/6/7)

カスペルスキー、法人向けエンドポイントセキュリティ製品の最新版をリリース
「Open Space Security」を「Endpoint Security for Business」にリニューアルし、ユーザーが自社の環境に応じて機能を選択できる構成となった。併せて仮想化環境向け製品や管理ツールの最新版も発表している。(2013/6/6)

政府機関や軍事産業を狙うマルウェアスパイ、日本など40カ国350組織に被害
Kaspersky Labによると、世界の大手企業や政府機関などがマルウェア「NetTraveler」に感染している。(2013/6/6)

カスペルスキー、Mac向けのウイルス“検知”ソフト「カスペルスキー ウイルススキャナー for Mac」
カスペルスキーは、Mac OS X用のウイルススキャンソフト「カスペルスキー ウイルススキャナー for Mac」を発表。上位版から機能を省いた“安全性確認”向けのタイトルだ。(2013/6/4)

偽ブランド品の日本語サイトの大半は海外に、被害抑止に挑む大阪府警
大阪府警は、国内のセキュリティ各社と連携して偽ブランド品サイトによる詐欺被害を抑止するための取り組みを始めた。大阪府警の担当者と府警に協力するカスペルスキーがその様子を説明した。(2013/5/28)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。