ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  L

  • 関連の記事

「Lightningコネクタ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Lightningコネクタ」に関する情報が集まったページです。

iPhone/iPad向けの小型テレビチューナー発売 ピクセラから
ピクセラは、テレビチューナー製品ブランド「Xit(サイト)」第2弾製品としてXit Stick「XIT-STK200」を6月1日に発売する。Lightning端子に接続するだけでフルセグ視聴でき、視聴中にボタンのタップだけですぐに録画できる「すぐ録」機能も搭載。約15gと持ち運びやすい軽量・コンパクトな設計になっている。(2018/5/23)

チェーンソーでも切れないLightningケーブルなど8製品 フォーカルが発売
フォーカルポイントは、米Fuse Chicken社と日本総代理店契約を締結。5月10日にチェーンソーにも耐える堅牢なiPhone充電ケーブル「Titan Lightning to USB, 1m」など8製品を販売開始した。(2018/5/10)

Global Sources Consumer Electronics 2018:
香港の展示会で見つけた、一味違うガジェットたち
磁石でLightning、microUSBを付け替えできるケーブル、車輪付きでコロコロ転がすスマートフォンマウンター。香港のトレードショウを見てきた。(2018/4/17)

リンクス、モバイルバッテリー&Lightning/Micro USBケーブル3種を発売
リンクスインターナショナルは、4月21日にモバイルバッテリー「BRYDGE PORTABLE BATTERY」、Lightningケーブル「BRYDGE USB Cable with Lightning Connector」、MicroUSBケーブル「BRYDGE Micro-USB Cable」を発売する。(2018/4/16)

Lightningケーブル付きモバイルバッテリー2機種 アイキューラボから
アイキューラボは、スマートフォンアクセサリーブランド「ROCK」の「ROCK Odin MFI認証Lightningケーブル付 モバイルバッテリー」を発売。メタリックカラーがおしゃれな3色で展開し、バッテリー容量は5000mAh/1万mAhの2機種を提供する。(2018/4/9)

並ぶ前に見ておきたい、ほとんどの人が気づかない新宿三丁目「Apple 新宿」
壁や床の素材、展示方法、他のApple Storeとの比較など、MACお宝鑑定団ならではの超詳細Apple 新宿レポート。(2018/4/7)

iPhone効果で続々登場! 「Qi」対応ワイヤレス充電器、どう選ぶ?
「iPhone 8」「iPhone 8 Plus」「iPhone X」の対応をきっかけに、「Qi(チー)」と呼ばれるワイヤレス充電規格に対応する充電パッドが多く登場しました。どう選べばいいのでしょうか?(2018/4/4)

画面保護ガラス付き:
iPhone Xを全力で守る――Spigenの360度防護ケース「プロガード」「レヴェントン」を試す
SpigenがiPhone X向けに「360度全面保護」をうたうハイブリッドケースを2種類用意している。とりあえず装着してみよう。(2018/3/25)

電子メモ機能付きモバイルバッテリー「MEMO 記」 クラウドファンディングで
阿芙は、電子メモパッドを搭載した容量1万mAhのモバイルバッテリー「MEMO 記」のクラウドファンディングを開始。2つの出力ポートや底部にLEDインジケーターを備え、専用ケースのカラーはブラック、レッドの2色を用意している。(2018/3/13)

容量5000mAhの3in1ケーブル付き薄型モバイルバッテリー サンワサプライから
サンワサプライは、側面にラウンドエッジ加工を施した容量5000mAhの薄型モバイルバッテリーを発売。Lightningコネクタ、USB 2.0 Type-C、micro USBに対応した3in1ケーブルを備え、USB出力ポートを2ポート搭載している。(2018/3/12)

リンクス、iPhone Xにも対応したiOS専用の通話録音デバイス「Call Recorder X」発売
リンクスインターナショナルは、iOS専用の通話録音デバイス「Call Recorder X」を発売。音声通話や各種アプリでの会話を録音可能で、音声ファイルのテキスト変換機能も備えている。(2018/3/6)

Lightning、Micro USB、Type-Cに対応した最長1mの巻取り式ケーブル
サンワサプライはLightningコネクタ、USB 2.0 Type-C、micro USBのコネクタを付け替えて使用できる巻取り式USBケーブルを発売。充電やデータ通信が可能で、タブレットなども充電できる最大出力2.4Aに対応している。(2018/2/17)

iPhone向け360度ビデオカメラの上位モデル「Insta360 Nano S」発売
アスクは2000万画素の静止画、4Kの360度動画が撮影が行えるiPhone向けビデオカメラ「Insta360 Nano S」を2月中旬に発売。複数アングルの映像をまとめて表示できるマルチビュー機能、ジャイロセンサーを利用した手ブレ補正機能などを搭載している。(2018/1/29)

Lightning、MicroUSB、USB Type-Cコネクターを搭載したUSBケーブル発売
サンワサプライは、Lightning、MicroUSB、USB Type-Cコネクタを搭載したUSBケーブルを発売。断線や引っ張りに強い丈夫なナイロンメッシュ仕様で、アルミ製のコネクタカバーも搭載している。(2018/1/25)

Kingston、Lightningも備えたデュアル接続USBメモリ
Kingstonは、USB 3.1およびLightning接続に両対応したUSBメモリ「DataTraveler Bolt Duo」を発売した。(2017/11/27)

初代iPhone発売10周年記念モデル
「iPhone X」徹底レビュー、Appleが全力を尽くしたきら星のごとき新機能に冷静さを失う
10周年を記念するAppleの「iPhone X」には、多くの特徴がある。大画面、ホームボタンの廃止、顔認証「Face ID」、ワイヤレス充電など、きら星のごとき新機能を備えた本機を徹底レビューする。(2017/11/25)

MFi認証取得&耐久性を備えた「Anker PowerLine+ IIライトニングUSBケーブル」 アンカーから
アンカー・ジャパンは、11月21日にApple社のMFi認証を取得した「Anker PowerLine+ IIライトニングUSBケーブル」を発売。一般的なケーブルの30倍以上となる耐久性と、約80kgの力にも耐える強度を実現している。(2017/11/21)

iPhone 8、iPhone 8 Plus、Apple Watch Series 3の実機をチェック(動画あり)
iPhone X以外の新ハードウェア実機を見てきた。(2017/9/13)

オウルテック、超タフストロングケーブル&急速充電対応の車載用充電器をセット販売
オウルテックは、耐久性と柔軟性を兼ね備えた超タフストロングケーブルと車載用充電器をセットにした「超タフで断線に強い車載用充電器」シリーズを発売。2つのUSBポートを搭載し、合計出力4.8Aを可能としている。(2017/9/5)

正統派2-in-1の頂上決戦
徹底比較: 2017年モデルの「12.9インチiPad Pro」vs.「Surface Pro」、決め手は“どっちのOSが好きか”?
Microsoftの「Surface Pro」とAppleの「iPad Pro」の違いを際立たせているのはソフトウェアであり、OSだ。どちらが自分のニーズにマッチしているか、決め手となる要素を本稿で見つけてほしい。(2017/8/26)

BLUEDOT、容量1万mAh&2ポート搭載のモバイルバッテリーを発売
BLUEDOTは、容量1万mAhのモバイルバッテリー「BMB-101」を発売。USB出力は2ポート用意し、充電にはmicro USBとLightningケーブルを利用できる。(2017/8/24)

iPhone 8モックアップを詳細チェックしてわかったこと
既に「iPhone 8のモックアップ」なるものが売られている。それをいち早く入手したMACお宝鑑定団のレポート。(2017/8/23)

cheero、ツチノコ風フォルムのLightningケーブルと一体化した小型モバイルバッテリーを発売
cheeroは、ツチノコ風フォルムのLightningケーブルと緊急用の小型モバイルバッテリーが一体化した「cheero Tsuchino-cord 450mAh」を発売。充電だけでなくデータ転送にも対応する。(2017/8/18)

5万回以上の折り曲げに耐える充電ケーブル「超タフストロングケーブル」
オウルテックは、同社の「ストロングケーブル」シリーズの上位モデルとなる充電ケーブル「超タフストロングケーブル」シリーズを8月中旬に発売する。ユーザーの声をもとに改良を加え、5万回以上の折り曲げ試験に合格する耐久性能を実現した。(2017/7/27)

Lightning&Micro USBに両対応したケーブル一体型モバイルバッテリー「TUKOOシリーズ」発売
ミスターカードは、LightningとMicro USBに両対応したリバーシブルコネクタ搭載のケーブル一体型モバイルバッテリー「TUKOOシリーズ」を発売。容量は5000mAhで、耐久性に優れたプラスチック材質を採用したスリムかつ軽量なモデルとなっている。(2017/7/20)

L字型USBコネクターを採用した高耐久Lightningケーブル「CHEYNN」
ミスターカードは、L字型USBコネクタのLightningケーブル「CHEYNN」を発売。タブレットにも利用できる出力2.1Aに対応し、アルミ材質のコネクタガードや、高耐久のTPE材質で柔軟性のある銅線コアを採用している。(2017/7/5)

Lightningケーブルの先のちっちゃいおっさん
(2017/6/27)

Lightningコネクター搭載のmicroSDカードリーダー サンワサプライから
サンワサプライは、Lightningコネクターを搭載したmicroSDカードリーダーを発売。iPhone/iPadに接続すれば、iPad/iPhone間でデータ転送でき、端末の充電も行える。(2017/5/10)

アンカー、高耐久Lightningケーブルを発売 1万2000回以上の折り曲げテストをクリア
アンカー・ジャパンは、高耐久Lightningケーブル「Anker PowerLine II Dura ライトニングUSBケーブル」を発売。1万2000回以上の折り曲げテストをクリアし、ケーブル内部のワイヤーを断線から保護する。(2017/5/9)

アイ・オー、Android/iPhoneにも直接挿せる3端子搭載USBメモリ
アイ・オー・データ機器は、機器間のデータ共有にも向く3端子対応のUSBメモリ「U3-IP2」シリーズを発表した。(2017/4/5)

iPhone 7を充電しながらイヤフォンを使うには?
(2017/3/29)

ピクセラ、コンパクトなiPhone/iPad向けLightningフルセグチューナーを発売
ピクセラは、iPhone/iPadのLightningコネクタで接続する地デジフルセグチューナー「PIX-DT350N」を発売。バッテリーレス設計により、シリーズ最高の携帯性を実現している。(2017/3/17)

プレミアムな「iPhone Edition」は、まだ開発段階? 現在の噂が混迷している原因判明
Apple Watchと同様のプレミアムモデル「Edition」がiPhoneに来る可能性が高い。そして様々なソースから出てきた次期iPhone情報をMACお宝らしく「鑑定」している。(2017/3/8)

iPhone 7を充電しながら音楽を聴けるLightningイヤフォン「RAYZ Plus」――NC機能にアプリ連携も
パイオニアからLightning接続のイヤフォン「RAYZ」(レイズ)および「RAYZ Plus」(レイズプラス)が発表された。音質に妥協せず、使い勝手と消費電力の面で現在のiPhoneユーザーが抱えている問題を解決する製品だという。(2017/2/15)

iPhone 7/7 Plusに最適――スタンドになる吸盤付き、Lightning-イヤフォンジャック変換アダプター
サンコーは、吸盤付きでスタンドとしても使えるLightningイヤフォンジャック変換アダプタを発売した。音楽再生/停止、音量調節ボタンに加え、マイクも内蔵している。(2017/2/14)

上海問屋、iPhone 7にイヤフォンジャックを増設できるLightning外付けアダプタ
ドスパラは、iPhone用となるイヤフォンジャック接続アダプタ「DN-914038」を発売した。(2017/1/27)

ケースを付けたまま接続OK――Lightningコネクター搭載USBメモリ2種、サンワサプライから
サンワサプライは、ケースをつけたまま接続できるLightningコネクターを搭載したUSBメモリ2種を発売。それぞれUSB3.0対応で、USBコネクター内にMicro USBコネクタを内蔵したタイプも提供する。(2017/1/25)

Windows優位とは限らない
徹底比較:「Surface Pro 4」 vs. 「iPad Pro」 ビジネスユーザーの理想はどちら?
Microsoftの「Surface Pro 4」は「Windows 10」を搭載している。Appleの「iPad Pro」は優れた操作性を実現している。企業にとって最適なのはどちらだろうか。(2017/1/22)

cheero、ポケモンとコラボした巻き取り式充電用ケーブルを発売
cheeroは、1月13日にポケットモンスターとコラボした巻き取り式充電用ケーブル「cheero 2in1 Retractable USB Cable with Lightning & micro USB POKEMON version 70cm」を発売した。モンスターボールをデザインし、カラーはレッド・ブルー・イエローの3色を用意している。(2017/1/13)

iPhoneの容量不足を解決するテクニック10選
iPhoneを使い続けていると、いつの間にか容量がいっぱいになってしまう。快適に使うには定期的なデータの整理が必要だ。iPhoneユーザーが知っておきたい、10の“データ断捨離術”を紹介しよう。(2016/12/28)

iPhone 7/7Plusで音楽を聴きながら充電できるアダプター、ベルキンから
ベルキンは、iPhone 7/7Plus用のLightningアダプター「Lightning Audio + Charge RockStar」を発表した。Lightningコネクターを2つに分岐。イヤフォンで音楽を再生しながら充電も行える。(2016/12/16)

コブラデザインを採用したTPU材質の高耐久Lightning/Micro USBケーブル「LAZER」発売
ミスターカードは、12月1日に「REMAX」ブランドから断線に強いTPU材質の高耐久Lightning/Micro USBケーブル「LAZER」を発売した。(2016/12/1)

アーキサイト、iPhone/iPad向けLightningコネクター搭載USBメモリ「Leef iBRIDGE3」発売
アーキサイトは、Lightningコネクターを搭載したiOSデバイス向けUSBメモリ「Leef iBRIDGE3」を発売。独特のJ字型デザインはそのままに小型化&USB 3.1(Gen 1)を備え、セキュリティ機能やクラウド連携を強化している。(2016/11/25)

KODAWARI、iPhone 7/7 Plus向けケース「JetShell Hybrid Clear」「Glozzy case」発売
KODAWARIは、10月31日にCAZE製のiPhone 7/7 Plus向けケース2種を発売した。2種類の素材を使用した「JetShell Hybrid Clear」、柔軟性と衝撃吸収力を備えた「Glozzy case」をラインアップ。(2016/10/31)

古田雄介のアキバPickUp!:
超小型でVR環境が作れる「ZBOX MAGNUS 1070/1060」が登場!
GeForce GTX 1070/1060を内蔵した超小型ベアボーン「ZBOX MAGNUS 1070/1060」が各ショップで目立っている。14万円以上の高価なモデルだが、注目している人は多いそうだ。(2016/10/24)

iPhone 7ユーザーにも:
手元のリモコンで音響効果を変更できるLightning直結イヤフォン、ラディウスから
ラディウスがLightningコネクターに直結するタイプのカナル型イヤフォン「HP-NHL21R」を発表した。専用アプリと連携し、音響効果のオン/オフや切り替えが手元のリモコンで行える。内蔵のDACアンプは48kHz/24bit対応。(2016/10/18)

音質の変化は? AppleのLightning接続アダプタ「Apple Lightning - 3.5 mmヘッドフォンジャックアダプタ」を試す
オーディオジャックをなくした代わりにAppleがiPhone 7/iPhone 7 Plusに付属させるコンバーター。気になる音質の変化についてもMACお宝鑑定団が調べた。(2016/9/16)

純正Lightningイヤフォンで音はどう変わる? AppleのLightning接続イヤフォン「EarPods with Lightning Connector」をチェック
iPhone 7とiPhone 7 Plusに同梱されているイヤフォンがLightning接続に変わった。それで使い勝手はどう変わるのか? 音質は? MACお宝鑑定団がチェック。(2016/9/16)

レンズ使い分け、ジェットだけの仕様、「総務省指定」の意味 iPhone 7/7 Plusを詳細チェックしてみた
MACお宝鑑定団検証の結果、iPhone 7 Plusが持つ2つのレンズは予想以上に複雑なことをやっていることが分かった。ジェットブラックだけのハードウェア変更点、「総務省指定」の意味も。(2016/9/16)

iPhone 7のお供に――iQLabo、ハイレゾ音源も楽しめる「LIGHTNINGイヤホン」発売
iQLaboは、同社のアクセサリーブランド「DIGNITY」から「LIGHTNINGイヤホン」を発売。Lightningコネクタに直接接続し、ダイレクトに24bit/48kHzデジタル信号が供給可能となっている。(2016/9/8)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。