ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「生活保護」最新記事一覧

マネーの達人:
「ベーシック・インカム」は日本を元気にする秘策になるか
社会保障の1つに「ベーシック・インカム」という考え方がある。ベーシック・インカムとは、政府が全国民に最低生活保障として一定の現金を支給する政策のこと。今回は、日本を元気にする秘策として堀江貴文氏も提唱していたベーシック・インカムについて説明しよう。(2016/7/14)

福山雅治そっくり? 「乳首おじさん」仰天素顔にネット騒然
電車内でシャツ越しに自らの乳首をいじる――奇行を繰り返していた男が逮捕された。ネットで「乳首おじさん」として話題を集め、衝撃的な写真が投稿されていた。(2016/6/27)

生活保護世帯、過去最高に 高齢者が初の半数超
生活保護を受給した世帯が過去最高に。高齢者世帯が初めて全体の半数を超えた。(2016/6/1)

障害者の6割以上が年収100万円以下
障害者の61.1%が年収100万円以下だったことが分かった。(2016/5/20)

作られた「高齢者像」を鵜呑みにするな
高齢者白書などが発表された際、「大変だ」「かわいそうだ」という点だけに焦点が当たったニュースになってしまっている。しかし……。(2016/5/6)

漏らさずしっかりガードするための「マイナンバーQ&A」(前編)
2016年の1月からスタートしたマイナンバー制度。政府の方針の変化もあり、まだまだ広く世の中に周知されているとは言い難いマイナンバーの取り扱いについて、Q&A形式で紹介します。前編ではおさらいをかねた「マイナンバーの基礎知識」と「マイナンバーの収集」を解説します。(2016/4/27)

年間約3兆8000億円:
「パチンコしか行き場がない」 増え続ける生活保護費、パチンコで浪費
生活保護費は年間約3兆8000億円。17年度からの10年間で1.5倍に拡大し、厚労省は37年度に5兆2000億円に上ると試算。支出を膨張させている最大の理由が高齢化だ。(2016/3/28)

3分で読める 荻原博子の今さら聞けないお金の話:
高齢者の5人に1人が貧困 どうすれば老後を守れるのか
高齢者の貧困率が問題になっています。なぜ高齢者が貧困に陥ってしまうのでしょうか。私たちの老後はどう守ればいいのでしょうか。経済ジャーナリストの荻原博子さんが分かりやすく解説します。(2016/3/22)

生活保護家庭の苦悩描くマンガ「陽のあたる家」が売れている理由
親から子供への「貧困の連鎖」をどう断ち切るのか――生活保護や貧困家庭で育つ子供たちを描いた漫画が大きな反響を呼んでいる。(2016/3/3)

高齢者への3万円給付もいただき:
政府の投資促進税制でパチンコ業界がウハウハ!
「パチンコ業界の復権を狙っているのでは?」と勘ぐりたくなるような政府の政策が相次いでいる。(2016/3/1)

世界を読み解くニュース・サロン:
フランスで「食品廃棄禁止法」が成立、日本でも導入すべき意外な理由
フランスで「賞味期限切れ食品」の廃棄を禁止する法律が成立した。世界で類を見ない画期的な法律であると世界各地のメディアで取り上げられ話題になっている。課題もたくさんあるが、フランスのこの取り組みは日本でも参考になるのではないだろうか。(2016/2/12)

スピン経済の歩き方:
「下流老人」「老後破産」報道の正しい受け取り方
「下流老人」「老後破産」といった言葉をよく目にするが、こうしたネガティブなワードを私たちはどのように受け止めればいいのか。筆者の窪田氏は……。(2016/2/2)

スピン経済の歩き方:
「中年フリーターが増えると日本は危ない」は本当か
メディアが「中年フリーター」が増えていることに警鐘を鳴らしている。2000年代に入ってから増え始め、2015年には273万人に達しているそうだ。しかし、筆者の窪田氏は「中年フリーター」という言葉から、スピンコントロールの要素を強く感じるという。その理由は……。(2015/12/15)

子どもの貧困、改善しなければ2兆9000億円の経済損失に 日本財団が推計
子どもの貧困を放置した場合、現在15歳の1学年だけでも経済損失が約2兆9000億円に上るとの推計を日本財団が発表した。(2015/12/3)

生活保護世帯、過去最多を更新
生活保護を受給した世帯は162万8905世帯と、3カ月連続で過去最多を更新。(2015/10/7)

出版社のトイレで考えた本の話:
ヘタすりゃワーキングプア!? いまどきの印税事情
本の著者はどのくらいの印税を手にしているのだろうか。人気作家になれば「印税生活」を送れるかもしれないが、そんな夢を実現できるのはひと握り。ひょっとしたら、ワーキングプアに陥っている人も少なくないかも……。(2015/7/23)

マイナンバー・企業の対応と注意点:
マイナンバー制度の情報漏えいリスクを検証する(後編)
マイナンバー制度において、日本年金機構での情報漏えい事故と同じ事象が発生した場合にどのようなことが起きるでしょうか。懸念されている「マイナンバーの漏えい」と「漏えいによる被害」の2つの可能性について検証します。(2015/7/14)

中堅・中小企業を先手必勝へと導く「一歩進んだIT活用」を学ぶ【第2回】
「マイナンバー制度」と「ストレスチェック義務化」を賢く乗り切る秘訣とは
「マイナンバー制度」と「ストレスチェック義務化」は、新たな法制度に伴う重要な“不可避のIT投資”だ。いずれも2015年中に対応を済ませておく必要がある。企業はどう取り組むべきだろうか。(2015/6/26)

電子書籍(実は)もうかります! ちきりんの“I Love ebook”宣言
(2015/5/30)

自分との関わりは? 業務への影響は?:
5分で分かるマイナンバー
「マイナンバー」という言葉は聞いたことはあっても、自分の生活や業務にどう関わってくるのか、あいまいにしか理解していない人も多いのではないでしょうか。主に民間企業の視点から、何が必要で、何をしてはいけないのか、そして今後の適用領域はどう変化していくかについて説明します。(2015/3/12)

「Apple Pay」を米連邦政府が採用 サイバーセキュリティの官民連携の一環で
Appleのティム・クックCEOは米連邦政府主催のサイバーセキュリティサミットに登壇し、サイバー攻撃から国民を守るための政府の取り組みへの協力と、モバイル決済システム「Apple Pay」の連邦政府による採用について語った。(2015/2/16)

捨てる「習慣」:
「他人に対するプライド」が人生を台無しにする
他人に対するプライドを捨てられる人は、年下の人にも頭を下げて教えを請うことができます。ちっぽけなプライドではなく、自分の知識欲を満たしたり人脈を広げたりと、自分の成長にフォーカスしているからです。(2015/1/23)

マンガやアニメを振興する「MANGA議連」とは? 日本漫画家協会理事の赤松健先生に聞いてきた
超党派の議員連合「MANGA議連」はどのようなアニメ・マンガ振興政策を目指すのか。設立総会に出席した赤松健先生に聞きました。(2014/12/19)

新法令・通達解説:
平成26年度の地域別最低賃金は?
「地域別」最低賃金が決定した。これにより、最低賃金で働いた収入が生活保護水準を下回る「逆転現象」が、平成20年(2008年)の改正最低賃金法施行後はじめてすべての都道府県で解消されたことになる。(2014/11/5)

とある逮捕された男のニュース記事の最後にとんでもない一文が書いてあって事件よりそっちが気になる
衝撃の展開すぎるだろ!(2014/9/25)

伊吹太歩の時事日想:
米国が日本の“足かせ”になる時代がすぐそこまで来ている?
国力、国際的な影響力が低下し続けている米国。イスラエル、パレスチナ間の紛争でも影響力の低下を露呈してしまった。しかしこれは、日本にとっても他人事ではない。米国が、日本にとって“足かせ”になってしまう危険性があるためだ。(2014/8/7)

あるホームレスのおっちゃんが語った自分の人生
わたしたちが毎日の生活ですれ違う多くの人々。そんなさまざまな人生についての語りを集めた書籍から、あるホームレスの人生を紹介します。(2014/7/22)

世の中の動きの個人資産への影響を考えてみる:
訪日外国人が1000万人を突破!――外国人の受け入れを考える
外国人旅行者が増え、街中でも外国の人たちを見かけることが多くなりました。新幹線も飛行機もホテルも、よく混んでいる印象です。今回は、訪日外国人の増加と経済成長、外国人の受け入れについて考えます。(2014/6/23)

河出書房新社、選書フェア「今、この国を考える〜『嫌』でもなく『呆』でもなく」を開催
「嫌」や「呆」に踊らされず、過去を知り、これからを生き抜くための本を選出。参加書店も募集している。(2014/5/16)

気鋭の経営者に聞く、組織マネジメントの流儀:
組織のあり方すべてを決定づける「利他」の哲学
人生はジャッジの連続。物事をジャッジするときに、自分目線ではなくて相手目線になって考えられるようになると、人生は豊かになる。(2014/5/14)

日本の貧困の最底辺 「出会い系」で売春するシングルマザーたち
現代日本の深刻な問題であるシングルマザーの経済的困窮。今回は、「出会い系」で売春するシングルマザーたちに焦点を当てた書籍を紹介します。(2014/4/30)

地方自治体のIT活用探訪:
地域の暮らしを見守る活動にタブレット、佐賀が挑む社会福祉の未来とは?
地域の生活を見守る民生委員や児童委員の活動にタブレット端末を活用しようという実証実験が佐賀県で行われている。地域福祉が抱える課題の解決に多くの可能性を秘めている――県CIOの森本登志男氏は語る。(2014/3/26)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2014/1/27)

なぜ貯金好きはお金持ちになれないのか?:
日本、米国、中国――お金に、一番無計画な国民は?
日本人、米国人、中国人。この中でいちばん計画性のない国民は誰? こう聞くと、ほとんどの日本人は、無計画は米国人で、日本人はもっとも計画性の高い国民であると答える。しかし、驚くべき事実が浮き彫りになった。(2014/1/20)

参謀の戦略眼:
さえないままに30歳を過ぎてしまったビジネスパーソンが考える、これからの働き方
30歳までに死に物狂いで頑張れば、実力と結果を残すことができ残りの人生を利息で生きていける。では、それができなかった人は……?(2013/11/22)

リア充と非リア充の境界線はどこ?
さまざまな統計データからリア充と非リア充の境界線を探る書籍『夜の経済学』を紹介する。(2013/11/7)

出版業界ニュースフラッシュ 2013年9月第2週
出版業界で先週起こった出来事をまとめてお届けする週刊連載。9月第2週は、「文春学藝ライブラリー」や「ポプラ新書」の創刊が発表されています。(2013/9/17)

フィフィが提唱する“SNS時代の「匿名力」の使い方”
エジプト人タレントとして日本で活躍しているフィフィさんの初著書が出版されました。フィフィさんの提唱する「匿名力」とは? 本書の中から紹介します。(2013/9/10)

世の中の動きの個人資産への影響を考えてみる:
なぜ消費税でなければダメなのか?――直接税と間接税の違いを考える
消費増税の議論がいよいよ大詰めです。今回は私見ですが、増税するのが「なぜ消費税なのか?」を考えてみたいと思います。(2013/9/6)

「話し方」より「答え方」:
価値を生むメモ、ゴミになるメモ
ビジネスパーソンのメモで最も大事なのが、他人が見ても議事録を書けるレベル「再現性」があることです。そのためのコツを2つ覚えておきましょう。(2013/8/15)

「話し方」より「答え方」:
ビジネス文書に「私は」はいらない
論文、新聞記事、報告書、仕事上のメール――これらフォーマルな文章は物事を正確に、つまり客観的に説明する必要があります。そこに書き手の主観が混じると「説明の正確さ」に疑念を抱かれてしまうのです。(2013/8/8)

「話し方」より「答え方」:
賛成派も反対派も納得させる「落としどころ」
職場では、利害の異なる人たちの調整をする役割が回ってくることもあります。賛成派と反対派が真っ向から対立し、お互い聞く耳も持たず一歩も譲らない状況は厄介なもの。どうすればよいでしょう?(2013/8/1)

窪田順生の時事日想:
ブラック企業問題はなぜ「辞めればいいじゃん」で解決しないのか
従業員を劣悪な環境で働かせ、使い捨てにする――。いわゆるブラック企業が社会問題になっているが、なぜそこで働く人は会社を辞めようとしないのか。その背景にあるのは……。(2013/7/30)

「話し方」より「答え方」:
他人の心は変えられないもの
他人の心は変えられない――この真理に気が付かずに、果てしないストレス地獄に苛まれている親や教師や上司や販売員がいかに多いことか。変えられないものは放置して、変えられるものから手をつけるほうが現実的です。(2013/7/25)

海外在住者から見た日本人の異常な労働環境
海外在住者から見た日本人の異常な労働環境とは? 『日本に殺されず幸せに生きる方法』の著者、谷本真由美さんにお話を伺いました。(2013/6/11)

窪田順生の時事日想:
ルネサス国有化に見る、“敗者”を救うと誰にツケがまわるのか?
経営再建中の半導体大手ルネサス エレクトロニクスの「国有化」が決まった。これで再出発となるわけだが、手放しに喜んでいいのだろうか。もし死に銭になると、この皺寄せは誰に……。(2013/2/26)

公的補助の悪用例、医療従事者の半数が経験
困っている人にとっては助かる医療費の補助。しかし、中にはその制度を悪用する人もいるが、現場の医療従事者は、公的補助の悪用をどのくらい見聞きしているのだろうか。QLife調べ。(2013/2/18)

個人サイト管理人の「目」:
「虚構新聞」らが“ネットで光る”ワケ 人気サイトの共通点を探る
ブログやSNSの登場で、誰もが容易に情報発信をすることが可能になった。だが、それは同時に情報量の激増を招いたため、発信した情報がすぐに埋もれてしまうようになった。そんな難しいネット時代に、ネットで人気を得るための秘訣を、人気個人サイト運営者に聞いた。(2013/1/28)

「個人的に楽しくなくなっちゃった」 次長課長・河本さんがTwitter終了宣言
「また、楽しめると思ったら始めましょうかなぁ。さようなら」(2013/1/17)

個人サイト管理人の「目」:
1億総情報発信のSNS時代がもたらした「炎上の日常化」と付き合う方法
SNSが普及し、誰でも気軽に情報発信できるようになった半面、連日“炎上”が相次ぐようになった。そのうえ情報量が激増し、ネット社会はより複雑化してしまっている。そんななかで、我々はネットの情報とどう付き合っていけばよいのだろうか。ネット黎明期から約10年以上個人サイトを運営する“ネットのベテラン”たちに話を聞いた。(2013/1/10)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。