ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  F

「FMV-BIBLO LOOX U」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「FMV-BIBLO LOOX U」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

中古PC活用(番外編):
Windows PCにPIXEL(Raspberry Pi OS) for PCをインストールしてみよう
「中古PC活用」の番外編として、Raspberry Pi向けOS「PIXEL」をx86対応にした「PIXEL for PC and Mac」を取り上げる。少ないリソースで実行できるのが特徴だ。Windows XP世代のモバイルPCでも実用レベルで実行することができた。(2017/11/2)

「FMV LIFEBOOK UH75/H」完全分解&開発者インタビュー:
前編 妥協なきデザインのUltrabookから富士通を変えていく
見た目も中身も徹底的にこだわり抜いた富士通初のUltrabook「FMV LIFEBOOK UH75/H」。その洗練されたデザインから内部の作り込みまで、開発陣に思う存分語ってもらった。(2012/9/7)

Windowsであることが重要なのだよ:
“キミに使いこなせるか?”と挑まれている……ようだ──「Windows 7 ケータイ F-07C」の可能性を探る(後編)
小さすぎる、遅いのでは……「確かに」そうだ。ただ、それは使い方によってかなり補える、と思う。後編では利用シーンを考察しつつ、ソフトウェアとパフォーマンスをチェックする。(2011/7/2)

重量218グラムの世界最小PC:
解き放てっ、“LOOX”愛──「Windows 7 ケータイ F-07C」の可能性を探る(前編)
重量200グラム台の通信機能付きポータブルデバイスといえば、iPhoneやAndroidスマートフォン……だけじゃない。実はWindows 7もそうだ。発売前のWindows 7 ケータイ F-07CをPC的にチェックする。(2011/7/1)

動画でも解説:
“DOS/V”襲来以来の変革期が訪れたと思っている──富士通、「Windows 7ケータイ」開発意図を説明
富士通が世界最小のWindows 7搭載PC「Windows 7ケータイ F-07C」の単独発表会を開催。OSを提供する日本マイクロソフト、プロセッサーを提供するインテルも登壇し「これまでなかった、わくわくさせる画期的なデバイス」と期待を寄せた。(2011/5/26)

ヘンタイ?、ヘンタイぢゃない?:
「Window 7ケータイ F-07C」のWindowsエクスペリエンスインデックスを測定
NTTドコモの夏モデル発表会では計測できなかった、「Windows 7ケータイ F-07C」のWindows エクスペリエンスインデックスを改めて計測した。(2011/5/26)

AndroidでもWindows Phoneでもないんです:
写真で解説する「Windows 7ケータイ F-07C」(外観編)
その名のとおりWindows 7が動いてしまうというiモード端末「Windows 7 ケータイ F-07C」。一見すると“スマートフォンな”その外観と気になる大きさに迫ってみた。(2011/5/19)

「超ちっこい7搭載PC(ケータイ機能もあるよ)」というところがいいですよ:
LOOX Uを超えたケータイサイズの新LOOX──“PC”として写真と動画で見る「Windows 7ケータイ F-07C」
ドコモより「Windows 7ケータイ」が登場。Windows Phone 7ではなく、Windows 7 Home Premiumがそのまま動くのに、フツーのケータイでもある──という、ほかとは違う面白い特徴を備えている。【一部更新】(2011/5/17)

スマートフォンオブザイヤー2010特別対談:
AndroidはiPhoneに対抗するべきではない
2010年1月から、審査会が開かれた12月中旬までに発売されたスマートフォンを一堂に会し、2010年を代表するスマートフォン、「スマートフォンオブザイヤー2010」を選出した。そのプロセスで交わされた議論と提言をお届けする。(2010/12/31)

PC販売ランキング(2010年12月6日〜12月12日):
デスクトップPCの売れ筋は地デジ付き液晶一体型──人気は「VALUESTAR N」
2010年冬商戦期が訪れたが、今回のPC販売ランキングは大きな変きがなかった。人気モデルの傾向は半ば固定化した印象だ。【2010年12月第2週版】(2010/12/17)

PC販売ランキング(2010年11月29日〜12月5日):
ノートPC売れ筋はA4オールインワンの秋冬モデル──中でも人気はNEC「LaVie S」
12月に入り、2010PC秋冬モデルにおける売れ筋の傾向がはっきりしてきた。同時に順位の変動もやや少なくなってきている。【2010年12月第1週版】(2010/12/10)

PC販売ランキング(2010年11月22日〜11月28日):
家電エコポイントの駆け込み需要、PC販売状況にも“若干”タナボタも
家電エコポイントの駆け込み需要で、11月末は家電量販店がかなり賑わった。PCはエコポイントの対象ではないが、“それならば”需要がそこそこあったようだ。【2010年11月第4週版】(2010/12/3)

PC販売ランキング(2010年11月15日〜11月21日):
PC販売状況、じわじわ活発化──ノートPCはTOP10すべてが秋冬の新モデルに
PCの売れ筋は9月〜10月にかけて発売した2010年秋冬モデル。ノートPCはランクインしたすべてのモデルが秋冬の新モデルで占められた。【2010年11月第3週版】(2010/11/26)

PC販売ランキング(2010年11月8日〜11月14日):
PCランキング、秋冬の新モデルが大多数に──MacBook ProとiMacも人気劣らず
PCの販売ランキングはすでに8割が秋冬の新モデルに移ったが、アップルのMacBook ProやiMacも変わらず高い人気を維持している。【2010年11月第2週版】(2010/11/19)

PC販売ランキング(2010年11月1日〜11月7日):
秋冬の新モデルが売れ筋に──中でも売れているのは?
PC販売ランキングは、ノートPCもデスクトップPCも2010年秋冬モデルが7割を占める状況。売れ筋はすでにこれら新モデルに移行している。【2010年11月第1週版】(2010/11/12)

PC販売ランキング(2010年10月25日〜10月31日):
じわじわ浮上、2010年PC秋冬モデル──LaVie、LIFEBOOK、dynabookがランクイン
2010年冬商戦期が近づき、PCの売れ筋は新モデルへ移行しつつある。今回はノート/デスクトップともに秋冬の新モデルが首位を獲得した。【2010年10月第5週版】(2010/11/5)

PC販売ランキング(2010年10月18日〜10月24日):
新モデルか、お得価格になった旧モデルか──今、PC買うならどうする?
冬商戦向けのPC新モデルが各メーカーより発売され、ランキングの動きが激しくなっている。【2010年10月第4週版】(2010/10/29)

PC販売ランキング(2010年10月11日〜10月17日):
PC秋冬新モデルが続々ランクイン、中でも何が人気?
10月も半ば、ノートPCも2010年PC秋冬モデルがランキングに登場。売れ筋傾向も変化してきた。【2010年10月第3週版】(2010/10/22)

PC販売ランキング(2010年10月4日〜10月10日):
「VALUESTAR N」秋冬新モデルが急浮上、計2機種がランクイン
秋冬商戦向けの発表ラッシュが終わり、一部メーカーの新モデルが早々にランクインしてきた。【2010年10月第2週版】(2010/10/15)

PC販売ランキング(2010年9月27日〜10月3日):
富士通「FMV ESPRIMO FH」、初のトップに
PC秋冬モデルの登場を控え、既存モデルの売れ筋に少し変化が出てきた。【2010年10月第1週版】(2010/10/8)

PC販売ランキング(2010年9月20日〜9月26日):
早速「2010年PC秋冬モデル」がランクイン
PC新モデルの発表が相次ぐ中、先だって発売したVALUESTAR Nの秋冬モデルがランクインした。【2010年9月第4週版】(2010/10/1)

PC販売ランキング(2010年9月13日〜9月19日):
デスクトップ&ノート、双方で首位──東芝「dynabook」シリーズ
前回デスクトップPCで首位を獲得した「dynabook Qosmio DX」に続き、ノートPCもdynabookシリーズが獲得。【2010年9月第3週版】(2010/9/27)

PC販売ランキング(2010年9月6日〜9月12日):
「dynabook Qosmio DX」が躍進、初のトップへ
前回に続き、デスクトップPCの変動が大きい。今回は東芝「dynabook Qosmio DX」が初の首位を獲得した。【2010年9月第2週版】(2010/9/17)

PC販売ランキング(2010年8月30日〜9月5日):
デスクトップPCに「8週ぶり」のトップ変動、ソニー「VAIO J」が首位に
前回のノートPCに続き、今回はデスクトップPCでひさびさの首位変動。そろそろ新モデル登場の時期も近づいている。【2010年9月第1週版】(2010/9/10)

PC販売ランキング(2010年8月23日〜8月29日):
7週ぶりの変動、「dynabook EX」夏モデルが初の首位
8月最終週の集計は7週ぶりにノートPCの首位が入れ替わり、売れ筋の傾向もやや変わってきた。【2010年8月第5週版】(2010/9/3)

PC販売ランキング(2010年8月16日〜8月22日):
お盆期間の売れ筋、東芝「dynabook TX」が急浮上
お盆休み期間のPC販売状況は、ノートPCにやや大きな順位の変動。dynabook TXが6位から2位に浮上した。【2010年8月第4週版】(2010/8/27)

最強タッグ「インテル プロセッサー + Windows 7 + WiMAX搭載」で選ぶ:
PR:“今、何を買うべき”か分かる 2010年夏版「WiMAX内蔵PC」購入ガイド
「WiMAX内蔵PC」、どれが自分に向いているのか、どれを買えばいいのか──。2010年夏のWiMAX内蔵PCカタログとともに、シーン別「WiMAX内蔵PCの購入ポイント」を考察する。(2010/8/23)

PC販売ランキング(2010年8月9日〜8月15日):
ノートPCの売れ筋に小変化、売れ筋TOP3は「LaVie L」「dynabook EX」「VAIO E」
上位を占めていたNEC製PCの一部が下落。今回はやや大きな順位の変化が見られた。【2010年8月第3週版】(2010/8/20)

PC販売ランキング(2010年8月2日〜8月8日):
新旧「iMac」で順位逆転、ノートPCは「LaVie L」が人気
ノートPCは「LaVie」シリーズ、デスクトップPCは「VALUESTAR」シリーズ、NEC製PCが上位を占めた。【2010年8月第2週版】(2010/8/13)

PC販売ランキング(2010年7月26日〜8月1日):
新「iMac」と「dynabook Qosmio DX」、液晶一体型の新モデルが初ランクイン
現在のPC売れ筋は夏の新モデルがほぼすべてを占めている。今回は発売間もない新iMacや、東芝の液晶一体型デスクトップが初ランクインを果たした。(2010/8/6)

PC&PC周辺機器販売ランキング(2010年7月19日〜7月25日):
2009年発売の「iMac」、いまだ上位にランクイン──次回はどうなる?
夏のボーナス商戦期はそろそろ終盤。PCの売れ筋はほぼすべて夏の新モデルに移ったが、2009年発売モデルが1つだけ長期に渡って売れ続けている。新モデル登場の前週となる今回、iMacは何位に入っただろうか。(2010/7/30)

PC&PC周辺機器販売ランキング(2010年7月12日〜7月18日):
PC夏商戦本格化、現在一番売れているPCは?
夏のボーナスシーズンを迎え、PCの夏商戦も激しくなっている。今回はノートPCのTOP10モデルすべてが夏の新機種で占められ、夏モデルの売れ筋傾向も明確になってきた。(2010/7/23)

PC&PC周辺機器販売ランキング(2010年7月5日〜7月11日):
売れ筋は夏モデルへ──富士通新ブランド「LIFEBOOK/ESPRIMO」もランクイン
ランキングの8割が夏のPC新機種が占めるようになった。夏商戦が始まり、順位の入れ替えもかなりあるようだが、中でも人気のモデルは何だろうか。(2010/7/16)

PC&PC周辺機器販売ランキング(2010年6月28日〜7月4日):
夏のWindows PC新モデル横目に、2009年発売「iMac 21.5インチ」がトップに
7月に入り、ランキングの7割が2010年PC夏モデルが占めるようになった。売れ筋は夏モデルに移っているが、デスクトップPCにおいては2009年発売のモデルが首位に躍り出る意外な動きとなった。(2010/7/9)

PC&PC周辺機器販売ランキング(2010年6月21日〜6月27日):
いよいよPC夏商戦──PC夏モデル、TOP10圏内に早くも6機種
各社の2010年夏商戦向けPC新モデルがランキングにも続々登場。今回はTOP10圏内に6機種の新モデルが顔を見せた。(2010/7/2)

これならポケットに入る!?:
388グラムのキーボード搭載ミニPC――「Viliv N5」徹底検証
個性的なタッチパネル付きミニノートPCを多数投入している「Viliv」の新モデルは、ハードウェアキーボード搭載で約388グラムというコンパクトボディが魅力だ。(2010/6/28)

PC&PC周辺機器販売ランキング(2010年6月14日〜6月20日):
新Mac mini、登場1週目でいきなりランクイン
PCメーカー各社による2010年PC夏モデルの発表ラッシュがようやく一息。いよいよ夏モデルが続々登場してくる。そんな中、6月15日発売の「Mac mini」が発売1週目でみごとランクインを果たした。(2010/6/25)

PC&PC周辺機器販売ランキング(2010年6月7日〜6月13日):
PC売れ筋、他社登場待ちでNECが一歩リード──新Mac miniも発売
今回は、PC夏モデルの発売ラッシュと2010年夏商戦を目前に控えた6月第2週の集計。一足先に夏モデル第1弾を発売したNECがノートPC、デスクトップPCともに首位を獲得した。(2010/6/18)

あの“P”や“U”より小型軽量:
388グラムのWindows 7搭載ミニPC――「Viliv N5」を眺め回す
スマートフォンが普及しても、汎用性がより高いWindows環境をできるだけ手軽に携帯したいと考える人は少なくない。「Viliv N5」はこうした層を狙い打ちしたミニPCだ。(2010/6/15)

PC&PC周辺機器販売ランキング(2010年5月31日〜6月6日):
PC夏モデル、発表ラッシュ──販売店の動きも活発に
PC各メーカーのPC夏モデルが続々発表された。今回はいち早く夏モデル第1弾を投入したNEC製PCが上位に入ったが、今後はどうなるか。各社夏モデルの登場でランキングに変動をもたらしつつ、商戦を盛り上げてくれることを期待したい。(2010/6/11)

2010年PC夏モデル:
デジタル3波チューナー搭載となった18.4型フラッグシップノート――「FMV LIFEBOOK NH」
フルHD対応の18.4型液晶を搭載するフラッグシップノートPC「FMV LIFEBOOK NH」は、テレビ機能とCPUの強化が見どころだ。(2010/6/9)

2010年PC夏モデル:
キュートなデザインが光る14型ワイドノート――「FMV LIFEBOOK LH」
1366×768ドット表示の14型ワイド液晶を搭載する「FMV LIFEBOOK LH」は、“やさしい”デザインが特徴の「FMV-BIBLO S」を引き継ぐモデルだ。2010年夏モデルではCPU性能が引き上げられている。(2010/6/9)

2010年PC夏モデル:
富士通、「FMV ESPRIMO/LIFEBOOK」の夏モデルを発表――世界初“トリプル3D”対応PCも登場
富士通がPCブランドをワールドワイド共通の「FMV ESPRIMO/LIFEBOOK」に統一し、2010年夏モデルとして一挙投入した。注目は世界初“トリプル3D”対応の液晶一体型モデルだ。発売は6月17日から。(2010/6/9)

PC&PC周辺機器販売ランキング(2010年5月24日〜5月30日):
夏モデルが初の首位──新機種待ちか、値下げ旧機種狙いか
夏商戦期の約1カ月前ということで、PC関連機器の販売状況はやや中だるみ感がある。ただ、今回は夏のPC新機種が初の1位を獲得するなど、売れ筋が変動していくであろう傾向が見られた。(2010/6/4)

PC&PC周辺機器販売ランキング(2010年5月17日〜5月23日):
夏の新モデルが2位まで浮上、他社夏モデルもそろそろか
商戦期の狭間となる現在、PCの購買需要がやや減る傾向がある。ただ、一部のメーカーがいち早く投入した2010年夏モデルは旧モデルとの入れ替えが順調に進んでいるようで、じわじわ順位を上げてきた。(2010/5/28)

3分LifeHacking:
目の疲れをやわらげる、文字の変換候補を拡大表示するソフト
高解像度のモバイルノートでは、文字が小さすぎて読み書きの際に目が疲れることがある。文字の変換候補を拡大表示することで、目の疲れをやわらげるソフトを紹介しよう。(2010/5/24)

PC&PC周辺機器販売ランキング(2010年5月10日〜5月16日):
早々登場の一部夏モデル、やや伸び悩み──Office 2010待ちか
一部、早々に夏モデルを投入したメーカーもあるが、PCの販売傾向はやや鈍めとなっている。モデルチェンジが近いためか、現行の春モデルをやや値下げする店舗もかなり確認できる。(2010/5/21)

PC&PC周辺機器販売ランキング(2010年5月3日〜5月9日):
PC夏モデルがじわじわ上昇──GW後半、何が売れた?
夏のPC新モデルが複数発表され、PC各モデルはそろそろモデルチェンジの時期を迎えている。今回はゴールデンウィークの後半を含む集計だが、中でも人気だったモデルは何だろうか。(2010/5/14)

PC&PC周辺機器販売ランキング(2010年4月26日〜5月2日):
PC夏モデルが初登場、GW影響で売れ筋にやや変化
今回はゴールデンウィークの前半を含む集計。2010年は、より「安・近・短」の傾向が進み、近場の家電量販店に出向く機会が多くなる──との報道があったが、PCの購買傾向にどんな変化があっただろうか。(2010/5/7)

PC&PC周辺機器販売ランキング(2010年4月19日〜4月25日):
「MacBook Pro」、登場2週目でランクイン
値下げ傾向のある現モデルか、夏の新モデルか──。そんな微妙な状況にあるゴールデンウィーク直前の集計は、ノートPCの売れ筋傾向に少し変化が見られた。(2010/4/30)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。