ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  L

「LPO(Landing Page Optimization)」最新記事一覧

直感的に利用できるUI:
Act-on Softwareのマーケティングオートメーションを月額9万円で提供
MKTインターナショナルは、Act-on Softwareと販売パートナー契約を締結し、同社が提供するマーケティングオートメーションプラットフォームの販売を開始したと発表した。(2016/8/26)

【連載】“0円”から始めるマーケティングオートメーション 第5回:
無料のマーケティングオートメーション「Mautic」を使ってみた結果
無料のマーケティングオートメーションは実際にビジネスに使えるのでしょうか。今回は高機能なオープンソースツール「Mautic」を軸に、その活用法を紹介します。(2016/8/19)

【連載】“0円”から始めるマーケティングオートメーション 第4回:
実はこんなにある無料のマーケティングオートメーション、それぞれの実力は?
続々と新製品が投入されて活況を呈するマーケティングオートメーション市場。世界に目を向ければ、無料で使える製品もたくさん存在します。今回は、その中から代表的な製品を紹介します。(2016/8/12)

ディープラーニングとワードエンベディングの技術を応用:
データアーティストが「DLPO Ai」と「DLPO DMP」をリリース
データアーティストはディープラーニングとワードエンベディングの技術を用いた「DLPO DMP」と「DLPO Ai」をリリースした。(2016/7/1)

営業とマーケティングの連携をシームレスに:
セールスフォーム・ドットコム、新機能「Pardot Engagement Studio」の提供を開始
セールスフォース・ドットコムは、Salesforce Pardotの新機能「Pardot Engagement Studio」の提供開始を発表した。(2016/6/29)

「HubSpot」上で活用できるデザインテンプレート素材のショッピングサイト:
24-7、HubSpotマーケットプレイスで国内初のオリジナルテンプレートを販売開始
24-7は、HubSpotが提供するマーケットプレイス上で、国内初のオリジナルテンプレートの販売を開始したと発表した。(2016/6/6)

月額基本料7万9800円:
オウンドメディアを4ステップで構築、トライベック・ストラテジーが新サービスを提供開始
トライベック・ストラテジーは、企業サイト、採用サイト、キャンペーンサイト、LPなどを簡単に構築できるサービス「HIRAMEKI experience」の提供を開始した。(2016/6/1)

イベントなど施策の運用負荷を軽減:
「Marketo」や「Sansan」とも連係するマーケティングプラットフォーム「SCORE」、メジャースが提供
メジャースは、マーケティングプラットフォーム「SCORE(スコア)」の提供を2016年6月より開始すると発表した。第1弾として、「Perfect Event Cloud(パーフェクト イベント クラウド)」を提供する。(2016/5/26)

【連載】“0円”から始めるマーケティングオートメーション 第3回:
アナログなマーケティングをグレードアップ、無料でどこまでできるか
マーケティングオートメーション(MA)とは名ばかりの不完全なツールも少なくない背景には、日本企業のマーケティングの旧態依然とした体質があります。古いマーケティンはMAでどう変わるのでしょうか。(2016/5/27)

Webマーケティング最適化支援に:
「brick」、スマートフォン対応ランディングページの簡単作成機能を追加
テクロコは、Webマーケティング最適化支援ツール「brick(ブリック)」の新機能として、広告やキャンペーン用のランディングページを、簡単に作成して公開することができる「ランディングページ」の提供を開始した。(2016/4/20)

ゲーム開発が変わる! Google Cloud Platform実践インフラ構築 第1章
あらゆる書籍の中から、Windows Server Insider読者に有用だと考えられる情報をピックアップして転載する本連載。今回は、ゲームインフラエンジニア向けのGoogleのクラウドサービス「Google Cloud Platform」の中からGoogle Cloud Platformの全体的な紹介部分を転載する。(2016/4/7)

導入から運用まで企業に常駐して支援する人材を育成:
IBSとマルケト、「Marketo」人材育成プログラムを共同で開発
インテリジェンス ビジネスソリューションズとマルケトは「Marketo」の運用スペシャリストを育成し営業効率化と収益向上を実現する「Marketo運用定着支援サービス」を開始した。(2016/2/16)

攻撃者とセキュリティベンダーの終わりなき戦い【前編】
短くなるセキュリティ脅威の検出時間、それでもリスクが減らないのはなぜ?
セキュリティベンダーがネットワーク上の脅威を見つけ出すまでの時間は年々短くなっているという。しかし、企業にとってのリスクはそれほど低減されず、場合によっては高まっている。その理由とは?(2016/2/16)

Web集客最適化ツール:
ユーザー属性や行動履歴をWebプロモーションに活用「GMO Audience Optimizer」
GMO TECHは2016年2月1日、ユーザーの属性やWeb行動履歴を取得/蓄積し、簡単にセグメント化できるツール「GMO Audience Optimizer」の提供を開始した。(2016/2/2)

MVNOに聞く:
半年無料、業界最安でも利益は残せる――DTI SIMがレッドオーシャンにあえて挑む理由
競争の激化でレッドオーシャンと化した格安SIM市場に“業界最安”路線で挑むDTI SIM。そこにはどのような戦略があるのか。DTIを率いる田中伸明氏に聞いた。(2016/1/29)

導入の“失敗”を回避するための予備知識:
PR:マーケティングオートメーションの理想と現実
外資系大手企業を中心として、「マーケティングオートメーション」を旗印に掲げるさまざまな製品が登場している。しかし、導入しても効果的に活用できない企業が多いのはなぜだろうか。(2016/1/27)

コンテンツマーケティングに必要な機能が1つに:
イノーバ、個人事業主・小規模企業向けマーケティング支援ソフトウェア「Cloud CMO Lite」を提供開始
イノーバは2015年12月22日、個人事業主・小規模企業のコンテンツマーケティング支援に特化したソフトウェア「Cloud CMO Lite」の提供を開始した。(2015/12/24)

ディーアンドエムとプリンシプルが業務提携:
ナーチャリング型プロモーションサービス「sirukuru」に送客後の行動分析機能を追加
ディーアンドエムとプリンシプルは2015年11月10日、マーケティング支援事業において業務提携したと発表した。(2015/11/12)

広告会社自身のコンテンツマーケティング:
売れるネット広告社が「広告業界用語まとめ動画」をリリース
売れるネット広告社は、社員が出演した21本の短編動画からなる「あるある!『広告業界用語まとめ動画』」をリリースした。(2015/10/29)

タグの設置のみで利用可能:
オプトグループのデジミホ、月額2万9800円で使えるマーケティングオートメーションを提供
オプトグループのデジミホは2015年10月1日、手軽にOne to Oneマーケティングを実現できるマーケティングオートメーションツール「R∞ base module」の提供を開始すると発表した。(2015/10/2)

Googleアナリティクス入門:
第3回 ユースケース別に見るGoogleアナリティクスの使い方
今回は用途ごとにGoogleアナリティクスの結果の見方を紹介する。マーケティング用途はもちろんのこと、システム管理者においてもGoogleアナリティクスを活用することで異常なトラフィックの検知や、システムチューニングを行うことも可能だ。(2015/10/1)

「何でもやらされた」は「何でもやらせてもらった」だった:
PR:全ての経験は、未来のキャリアにつながる「点」である
やりたい仕事があるけれど、今のスキルでは正社員として働くのは難しい。そこで彼女が選んだのは、派遣社員として経験を積みながらスキルアップするというものだった。(2015/8/31)

情報の品質を現場で高める方法論を聞いた:
PR:「保険市場」サービスの根幹「コンテンツ」の品質を担保する道具「Araxis Merge」とは
保険商品というセンシティブな情報を扱うWebサイト「保険市場」。運営者であるアドバンスクリエイトでは、正確な情報開示とタイムリーな商品展開が必要な「Web to Call to Real」のマーケティングを実現する手段として、コンテンツの品質を担保するマージツール導入を決断した。(2015/8/31)

制作リソースの迅速な調達を実現:
フロムスクラッチがクラウドワークスと事業提携、B→Dashから70万人の会員にクリエイティブ発注が可能に
フロムスクラッチは2015年8月4日、日本最大級のクラウドソーシングサービス「クラウドワークス」を運営するクラウドワークスと事業提携することで合意したと発表した。(2015/8/5)

SimilarWebで「ガンガンONLINE」の人気漫画ランキングを調べてみた
(2015/7/14)

LINEビジネスコネクトと連係:
LINEでステップメールの仕組みを実現、売れるネット広告社が提供
売れるネット広告社は単品通販支援ASPツール「売れるネット広告つくーる」の新機能として、「自動フォローLINE(ステップLINE)」を発表。2015年7月7日より提供開始する。(2015/7/7)

企業とスペシャリストをマッチング:
ネット広告運用のクラウドソーシングサービス、テクロコが提供
中小・ベンチャー企業のデジタルマーケティング支援を行うテクロコは2015年6月22日、ネット広告運用のクラウドソーシング「Draft」の提供を開始した。(2015/6/23)

視聴完了率は80%:
大和ハウス工業も採用するパーソナライズド動画サービス「livepass Catch」がスタート
livepassは6月18日、特許出願技術を活用したパーソナライズド動画サービス「livepass Catch」の提供を開始した。(2015/6/19)

よりROIの高い施策を実現:
エスワンオーインタラクティブがSocketと業務提携
エスワンオーインタラクティブは2015年4月30日、スマートフォン向け販促プラットフォーム「Flipdesk(フリップデスク)」を展開するSocketと業務提携を締結したことを発表した。(2015/4/30)

ブロガーのレビュー×マンガ家の手掛けたLPで商品の魅力を訴求する「マンガレビュー」
アイズのブログプロモーションサービス「レビューブログ」と、シンフィールドの「マンガLP」を組み合わせた新たなレビューサービスがリリースされた。(2015/4/27)

細かなチューニングはお任せ:
テコラス、リスティング広告の自動最適化・運用サービス「ADmatic」を提供
テコラスは2015年4月22日、リスティング広告の最適化および運用を自動化するサービス「ADmatic(アドマチック)」の提供を開始した。(2015/4/22)

多彩な配信プラン提供へ:
ニューステクノロジー、スマートフォン特化型の動画アドネットワーク「TRAILERS」を提供
ニューステクノロジーは2015年4月22日、スマートフォンに特化した動画アドネットワーク「TRAILERS」の提供を開始した。(2015/4/22)

Webサイトで店舗並みの商品提案へ:
横浜銀行がレコメンドエンジン搭載プライベートDMP「Rtoaster」を導入
ブレインパッドは2015年4月14日、横浜銀行にレコメンドエンジン搭載プライベートDMP(Data Management Platform)「Rtoaster(アールトースター)」を導入したことを発表した。(2015/4/15)

エンジニアのためのWebデザイン基礎の基礎(最終回):
「AIDA」でデザインの効果を計測する
デザイン初心者向けにWebデザインのイロハを解説する本連載。最終回は、Google Analyticsを使ってデザインの効果を計測する際のポイントを解説する。(2015/3/27)

一目で分かるネイティブ広告運用を:
JIAA、ネイティブ広告に関するガイドラインを発表
インターネット広告推進協議会(以下、JIAA)は3月18日、ネイティブ広告に関するガイドラインを策定/発表した。(2015/3/19)

エンジニアのためのWebデザイン基礎の基礎(5):
28歳、女性、未婚、年収300万円――サイトの方向性を決める「ペルソナ」
デザイン初心者向けにWebデザインのイロハを解説する本連載。今回は、サイトの方向性を決める際に有効な「ペルソナ(顧客にすべき典型的なユーザー像)」の定義方法を解説する。(2015/3/13)

【連載】グローバリゼーションという長い旅 第7回:
進出市場に特化したローカライゼーションを
ローカライゼーションの目的は、プロダクトやサービスがまるで“特定の市場のために”作られたように工夫することです。第7回は、プロダクトやサービスを現地市場にローカライズ(適応)させることの重要性について紹介したいと思います。(2015/3/3)

コンテンツ事業者の悩みを解決:
PR:抜群の拡張性とコストのバランスを実現するクラウドインフラとは
あらゆるコンテンツ配信事業者は、高速かつ安全で、拡張性に優れ、なおかつ低コストなコンテンツ配信環境を望んでいる。しかし、果たして、そんな都合のよいコンテンツ配信環境を実現できるクラウドインフラは存在するのだろうか?(2015/2/18)

売れる文章術:
売れるセールスレターをまねしても売れない
誰かのまねをすることは、学ぶステップとして有効な方法です。しかし、それはゴールではありません。まねすることを「通過地点」としなければ、いつまでも一定のレベルを超えることはできないのです。(2015/1/30)

ターゲットモニターの声活用:
ストラテジックマーケティング、売れるWebサイトを実現 「ウレウェブ」サービス提供
インターネットとリアルを融合した統合マーケティングを展開するストラテジックマーケティングは1月8日、売れるWebサイトを実現するサービス「ウレウェブ」の提供を始めた。(2015/1/8)

広告改善率98.5%の実績:
成果が出なければ0円! エクスコア、リスクなしのリスティング運用新サービス始める
エクスコアは1月7日、広告主の広告費を低減し、リスクを抑えながら効果的なリスティング広告運用を実現するため、初期手数料0円で、完全成果報酬型サービスの提供を始めた。成果が出た場合でも、運用費は広告費の20%のみだという。(2015/1/7)

電話問い合わせ/注文を分析:
オプティマイザー、電話問い合わせにつながった広告を分析する「コールオプティマイザー」の提供を開始
総合マーケティング支援事業を営むオプティマイザーは12月26日、電話で問い合わせしてきた顧客がどの広告を見たのかを特定して広告効果を分析する「コールオプティマイザー」の提供を開始した。(2014/12/26)

【連載】MARKETING INNOVATORS:
スマートニュースが考える「コンテンツとしての広告」
スマホアプリのアドネットワーク事業を開始したスマートニュース。厳格な掲載基準によって展開されるネイティブ広告の可能性をスマートニュース 執行役員 広告事業開発担当 川崎裕一氏に聞いた。(2014/12/24)

ランディングページに動画:
オプティマイザー、「顧客獲得型動画広告」の提供を開始
総合マーケティング企業のオプティマイザーは12月4日、ランディングページに動画を適用して顧客の離脱率低減/滞在時間を向上させる「顧客獲得型動画広告」の提供を開始した。(2014/12/4)

国内最大級のネイティブ広告ネットワーク:
スマートニュース、モバイル広告事業を本格始動
ニュースアプリ「SmartNews」を提供するスマートニュースは12月1日、以前より実証を進めていた動画広告/ネイティブ広告の配信事業を開始した。モバイルニュース広告事業への本格始動となる。(2014/12/2)

SmartNews、広告事業をスタート SNS・メディア大手とネイティブ広告ネットワーク展開
SmartNewsが広告事業をスタート。「コンテンツとしての広告」を掲げ、良質な企業コンテンツをユーザーにマッチする形で届けることでユーザー体験を損なうことなく効果的な広告を配信できるとうたう。大手メディアらが参加するネイティブ広告ネットワークもスタートしたほか、「公共性」を打ち出した新しい取り組みも始める。(2014/12/1)

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない(2):
PR:壁ドンされたって、ドキドキなんかしない……んだから……ね……
美人上司と可愛い過ぎる後輩と共にIT企業で働く梧籐 剛(ごとう ごう)。ハードな仕事が続き、とうとう退職を決意したが……。(2014/12/1)

自動取引が可能に:
ログリー、ネイティブ広告のRTBを実現する「logly lift Exchange」をリリース
ログリーは11月27日、ネイティブ広告配信プラットフォーム「logly lift」で、ネイティブ広告枠をリアルタイム入札方式で取引できる「logly lift Exchange」をリリースした。ログリーは、これに先駆けてリリースした媒体社向け「logly lift for Publisher」と連携し、ネイティブ広告専用のアドエクスチェンジ事業を開始する。(2014/11/27)

読者の望むページデザイン、簡易に表示:
Kaizen Platform、サイバーエージェントのDMPと連携し、オーディエンスに最適化したA/Bテストの実施を実現
WebのUI(ユーザーインターフェース)改善を容易にするプラットフォーム「Kaizen Platform」を運営するKaizen Platform, Inc.(以下、Kaizen Platform)は11月13日、サイバーエージェントが提供するプライベートDMP (データマネジメントプラットフォーム)「RightSegment」と連携し、オーディエンスに最適化したA/Bテストを実現するサービスをリリースした。(2014/11/13)

【連載】今こそ! ヒートマップ:
第5回 ヒートマップでSEO担当者の働き方が変わる(後編)
前編では、「1.『not provided』にヒートマップで挑む」として、オーガニック検索キーワードの収集方法を解説しました。後編では、収集したキーワードとヒートマップツールを活用して、ユーザーのインサイトを掘り出す方法を説明します。(2014/10/30)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。