ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「マネジャーの教科書」最新記事一覧

マネジャーの教科書:
予算不足でプロジェクトを頓挫させないための心得
ITプロジェクトマネジャーが職務の遂行上で遭遇するトラブルは数多く存在するが、その中でも最も普遍的な問題である「予算の不足」についての解決策を考察したい。(2007/11/29)

マネジャーの教科書:
IT業界で給与と手当の交渉を行う7つのヒント
多くの人はオファーの内容は確定していて交渉の余地はないと思っているが、たいていの場合、そんなことはない。本稿では、この先、仕事のオファーをもらって雇用条件について交渉を始める際に役立つ7つのヒントを紹介する。(2007/11/5)

マネジャーの教科書:
失敗しないITプロジェクトの秘訣は明確化にあり
失敗したり完全には成功しなかったりしたプロジェクトを評価すると、「用意、撃て、狙え」式であることが多い。ITプロジェクトの成否は、明確化できたかどうかにあるが、ここでは、その準備のための基本的能力についてヒントを提示しよう。(2007/10/12)

マネジャーの教科書:
次世代ITマネジメントの3つの鍵
今日のIT組織に求められるもの。それは機動、適応、先制という3つのキーワードに集約される。しかし、IT部門をめぐってわれわれは間違った考えに基づく意見をいつも耳にする。(2007/9/26)

マネジャーの教科書:
新米ITマネジャーが知っておくべきこと
新米ITマネジャーとしてあなたは、少なくともチームを統率してプロジェクトを効率良くこなすということは期待されるようになる。仕事をうまく始めるためにここに挙げたようなことをすると良いだろう。(2007/9/19)

マネジャーの教科書:
説得の技術:ITマネジャーが成功するための秘訣
ITに関するあなたの要求をより頻繁に実現させるために、「説得する」というゲームをうまく行ない、あなた個人の強みの1つにしよう。本稿では、仕事に関するメッセージを次回はもっと説得力のあるものにすることができる方法を紹介しよう。(2007/8/22)

マネジャーの教科書:
IT分野で批判をやり過ごして成功するには
プロジェクトを進める中では、ITの専門家に「批判攻撃」が行われることは珍しくない。本稿では、厳しい批判をくぐり抜け、さらにそうした状況で自らを成長させるという重要な方策について検討する。(2007/7/18)

マネジャーの教科書:
ITプロジェクトの成否は組織変革のための計画にかかっている
失敗するはずがないはずのIT改善プロジェクトが「失敗するはずはなかった」という碑文が書かれた墓の下に埋まることは少なくない。ITプロジェクトを行う際には、ここで紹介する10個のポイントを押さえるようにしよう。(2007/7/13)

マネジャーの教科書:
ITプロジェクトを失敗させないための7つのガイドライン
組織のリソースを無駄にすることなく、ITプロジェクトによって組織の価値を高める責任は、ITマネジャーに課されている。本稿では、これから新たに進めるプロジェクトを破局に導かせないためのヒントを幾つか紹介することにしよう。(2007/4/27)

マネジャーの教科書:
プロセスはITプロジェクトにとって最善の策とは限らない
ITプロジェクトの成功には、優良で、繰り返し行うのに適していて、確固とした「プロセス」が必要不可欠だ。しかし一方で、プロセス自体がむしろ思わぬ落とし穴となっている場合もある。以下では、プロセスを敵ではなく味方につけるための定番で実用的なアイデアを紹介する。(2007/4/26)

マネジャーの教科書:
IT企業における付加価値を持つリーダーシップ能力の育成法
あなたの周囲を見回せば、リーダーに求められる資質を常に発揮し続け、かかわるすべての活動に付加価値を与えているという人材が、多数存在しているはずだ。彼らに共通する4つの点におけるリーダーシップを開陳しよう。(2007/3/28)

マネジャーの教科書:
FOSSプログラマーを統率する7つのヒント
マネジメント手法に関する書籍でコンピュータプログラマーを統率する方法について述べたものはめったにない。プログラマーの統率は企業の本流から離れた仕事であり、一筋縄ではいかないものである。ここでは、オープンソースソフトウェアのプログラマーを統率する7つのヒントを教授する。(2006/11/28)

マネジャーの教科書:
恐怖のIT屋敷へようこそ
亡霊、妖怪、幽霊屋敷、打ち砕かれたカボチャ――ぞっとするような恐怖が時として、あなたのオフィスのすぐ近く、あるいはあなたのデスクの脇に潜んでいることがある。(2006/11/1)

マネジャーの教科書:
プロジェクト中止のタイミングを計る
ときには、痛みをできるだけ抑えながら中止することこそがITプロジェクトにとって最善の措置になる場合がある。感情に流されて不必要に時間と資金を注ぎ込む前に、ポイントを押さえて事実を直視する必要がある。(2006/6/30)

マネジャーの教科書:
オープンソース開発者を雇う前に解決すべき課題
オープンソース開発者を雇いたい、と考えている企業は最近では珍しくないのかもしれない。ここではその前に企業として考えておくべきことを幾つか述べることとする。(2006/6/21)

マネジャーの教科書:
ITリスクの回避傾向を緩和する
ITはもともとハイリスクな専門領域なのだが、中には適度なITリスクを負うことさえ避けている組織もある。リスクに対してあまりに慎重過ぎる組織は、ITの持つ潜在的な恩恵をまったく受けられない可能性がある。(2006/6/13)

マネジャーの教科書:
IT部門の管理職をオファーされたら
おめでとう――あなたにIT部門の管理職のオファーが来た。しかし、それを受け入れる前に次のようなことを考えただろうか。(2006/5/26)

マネジャーの教科書:
「事前の削除」で無駄を一掃する
仕事を行き詰まらせ、その完了を妨げるガラクタやごみのことはクラッタ(clutter)と呼ばれる。仕事を始めるに当たって、そこで使う資料やデータをいつ削除するのかを同時に決めてはどうだろうか。(2006/5/26)

マネジャーの教科書:
ITプロフェッショナルの採用方法を再考する
有能なITプロフェッショナルを確保できないと、その企業は教競争力の低下を招くことになる。ここでは、ITプロフェッショナルの採用に関するよくある過ちと、本来あるべき姿について再考する。(2006/4/12)

マネジャーの教科書:
人材募集:コントラリアン求む
IT部門の能力アップに関心を持つCEO諸氏、ITコントラリアンなる新たな職位を設けたらいかがだろうか。大方の会社では耳慣れぬコンセプトだろうから、この職位を提案する論拠とともにその仕事に求められる責任の範囲、役割、技能を検討してみよう。(2006/2/22)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。