ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「医薬品」最新記事一覧

全ては社長の趣味から始まった 三重県の製薬会社内にある「BANKYOフィギュア博物館」がすごい
大人のおもちゃ箱や〜。(2016/9/18)

日本アイ・ビー・エム株式会社提供Webキャスト
人・技術・経営の課題の次はコグニティブ? 中外製薬が目指すセキュリティ対策
医薬品メーカーの中外製薬は、経営をめぐるさまざまなリスクの1つとしてセキュリティを位置付け、事前と事後の両輪での対策を進めている。そんな同社が今後のセキュリティ対策で注目するのが、IBM Watsonの持つコグニティブ技術だ。(2016/9/12)

肥満による大腸の炎症が糖尿病につながる 慶應大がメカニズム解明 治療薬開発へ
脂肪分が高い物を食べ過ぎると、免疫細胞が大腸に集まり過ぎて炎症に。炎症由来の物質がインスリンを効きにくくし、糖尿病につながるという。(2016/8/17)

医療機器ニュース:
血液ガス分析装置と試薬の共同販売契約を締結
シーメンスヘルスケア・ダイアグノスティクスは、同社の血液ガス分析装置2種と試薬について、扶桑薬品工業と共同販売契約を締結した。これにより、透析剤と透析液の品質管理手段を同時に提供可能になる。(2016/8/10)

知っておきたい医療のこと:
認知症を予防するには
増え続ける認知症のコントロールは現代社会においては喫緊の課題であり、治療薬も開発されているが、一旦発症すると根治が難しい。確実とはいわないが期待できる予防法はある。(2016/8/3)

Verily(旧Google Life Sciences)、グラクソと“バイオ電子薬”製造の新企業設立
英製薬大手のGlaxoSmithKlineがAlphabet傘下のVerily(旧Google Life Sciences)と提携し、バイオ電子薬企業を設立する。新企業は、体内に埋め込んで神経細胞の電気信号を整える極小端末を開発する。(2016/8/2)

産総研ベンチャーが双腕ロボで「ピペット奴隷」根絶を狙う
産総研発のロボットベンチャー、ロボティック・バイオロジー・インスティテュートが本格的な事業展開を開始する。「人間が使う実験道具をそのまま使えるロボット」で創薬事業の抜本的な改革を狙う。(2016/7/21)

医療機器ニュース:
米国食品医薬品局の承認を取得した、神経再生誘導チューブ
東洋紡は、医療機器製品として国内で販売している神経再生誘導チューブ「ナーブリッジ」について、米国食品医薬品局(FDA)の承認を取得したと発表した。今後の事業拡大を視野に、国内の製造設備能力も増強したという。(2016/7/13)

100万匹のゴキブリを飼育するG専門家たちに聞く ネットの「ブラックキャップ最強説」は本当なのか? 
アース製薬の専門家に直接聞いてきました。(2016/7/1)

マネーの達人:
風邪をひいたら――病院と市販薬、どちらが財布に優しいの?
風邪をひいたとき、あなたは病院に行きますか。それとも市販薬を購入しますか? 今回は、病院で診察を受けた場合と市販薬を購入した場合の料金を比較してみました。(2016/6/23)

がん細胞を放射線で“狙い撃ち” 量研機構、副作用少ない治療薬を開発
副腎のがん細胞に効く新薬を、量研機構が開発。投与した薬剤ががん細胞に到達し、体内で放射線を照射してピンポイントに治療する。(2016/6/14)

大塚製薬とアキュセラ、共同開発・共同販売契約の終了を発表 アキュセラはストップ安気配
大塚製薬と米創薬ベンチャーのアキュセラは6月14日、新薬の共同開発・共同販売契約を終了することを発表した。14日午前の株式市場ではアキュセラに売りが集中している。(2016/6/14)

爆買い商品、居ながら購入 小林製薬や花王、中国向け越境ECを強化
日用品各社が、日本の商品をネット経由で中国の消費者に売る「越境EC」を強化している。(2016/6/13)

1260億円の売上見込み:
がん患者の希望の星「ニボルマブ」 小野薬品が“爆弾”新薬で狙う第2ステージとは
大阪・小野薬品工業のがん治療薬「オプジーボ」の売り上げが大きく拡大し、注目が集まっている。患者自身の免疫に働きかけてがんを抑える画期的な薬で、心待ちにする患者、医療関係者は多い。(2016/6/9)

省エネ機器:
現場で作る「過酸化水素」、太陽光発電を生かす
系統に悪影響を与える太陽光発電や風力発電の短周期変動。これを有用薬品の合成に使う研究をドイツFraunhofer IGBが発表した。合成するのは「過酸化水素」。貯蔵や輸送にコストが掛かる過酸化水素を、必要に応じて現場で合成する。電力を無駄なく利用し、薬品の低コスト化に役立つ取り組みだ。(2016/6/7)

ウェットプロセスの限界を突破!:
無電解銅メッキで「L/S=2/2μm」が可能に
奥野製薬工業は、「JPCA Show 2016」において、2/2μmのL/S(ラインアンドスペース)で微細な回路形成を可能とする技術「トップUFP(ウルトラファインパターン)プロセス」をパネルで紹介した。(2016/6/2)

6日連続ストップ安のアキュセラ、ついに寄り付く 1100円スタート
米創薬ベンチャーのアキュセラが、6日連続ストップ安から1100円で寄り付いた。(2016/6/2)

創薬ベンチャーのアキュセラ、5日連続ストップ安 1日で41%下落
5月31日午後の株式市場で、米創薬ベンチャー企業のアキュセラが5日連続ストップ安となった。開発中の治療薬「エミクススタト」の臨床結果の公表前後から株価が下落し続けている。(2016/5/31)

従業員はアイドル! メンバー全員薬局で働く「DDプリンセス」 業務の合間にレッスン、NMBと共演も
薬局「ダイコクドラッグ」のイメージガールとして活動しているユニット「DDプリンセス」が、関西発のご当地アイドルとしての存在感を高めている。(2016/5/31)

創薬ベンチャー企業のアキュセラ、治療薬候補「効果なし」で株価急落
創薬ベンチャー企業「アキュセラ」が加齢黄斑変性の治療薬を開発していたが、臨床試験の結果「効果なし」と公開。売りが集中している。(2016/5/26)

きれいな万華鏡……と思ったらエイズの治療薬! 顕微鏡で撮影された美しい写真を収録した「美しい顕微鏡写真」発売へ
解説とともに楽しめます。(2016/5/17)

製造ITニュース:
製薬会社の医薬品安全性向上に貢献するクラウドサービス
Oracle Health Sciencesは、製薬会社の医薬品安全性向上に貢献するクラウドサービス「Oracle Health Sciences Safety Suite 8.0」を発表した。製品のライフサイクル全体のリスクを総合的に管理できるようになるソリューションだ。(2016/5/6)

製造IT導入事例:
人工知能技術による臨床試験解析のセミオートメーション化に着手
SAS Institute Japanは、塩野義製薬が、SASの機械学習エンジンを活用し、臨床開発業務で使用されるSASプログラムとその関連文書を自動生成する人工知能(AI)アプリケーションの開発に着手したと発表した。(2016/4/25)

製造IT導入事例:
研究開発業務のユーザーPC環境に仮想デスクトップ環境を導入
富士通は、日本たばこ産業医薬事業部の医薬研究開発業務のユーザーPC環境として、仮想デスクトップ環境を構築したと発表した。基盤サーバに、富士通のブレードサーバ「FUJITSU Server PRIMERGY BX400」を採用している。(2016/4/14)

WHILL Model M:
電動車いす「WHILL」、米FDA認可を得て米国で医療機器として販売
WHILLは、米国市場向けに販売を予定している電動車いす「WHILL Model M」が、米食品医薬品局(FDA)の認可を取得したと発表した。(2016/4/14)

医薬品をドローンで空輸、エアロセンスらが事業化向け合意
ZMPとソニーモバイルコミュニケーションズが設立したエアロセンスが、医薬品配送事業の実用化に向けて製薬会社のMSD、医薬品物流のアルフレッサと合意した。(2016/4/6)

医療機器ニュース:
米FDAの認可を取得した電動車いす、医療機器として販売可能に
WHILLは、2016年初夏からの発売を予定しているアメリカ市場向けの車いす「WHILL Model M」が、米食品医薬品局(FDA)の認可を取得したと発表した。(2016/4/6)

医療機器ニュース:
医薬品・医療機器メーカー向けSOP整備支援サービスを提供
日立製作所は、医薬品・医療機器メーカー向けに「SOP整備支援サービス」の提供を開始した。SOP(標準作業手順書)の作成から維持管理までの一連の業務に対応し、SOP整備にかかる作業負担や管理コストの削減が期待できる。(2016/3/17)

ウイングアーク1st Dr.Sum EA:
あすか製薬、高速データ処理が可能な自由度の高いBIツールを採用
ウイングアーク1stは、同社の集計・分析プラットフォーム「Dr.Sum EA」を、あすか製薬が導入したことを発表した。(2016/3/7)

医療技術ニュース:
世界最高速の振動分光法を開発
東京大学は、世界最高速の振動分光法を開発した。高速に動作する単一の光検出器のみを用いるフーリエ変換分光法の技術で、従来のラマン分光法の最高速手法に対して20倍以上速いという。同手法を細胞評価に利用して、再生医療や医薬品研究に役立てる。(2016/3/4)

製造IT導入事例:
BIツール導入により、誰もが簡単に使えて自由度の高いBI基盤を構築
ウイングアーク1stは、同社の集計・分析プラットフォーム「Dr.Sum EA」をあすか製薬が導入したことを発表。あすか製薬では、誰もが簡単に使えて高度な分析にも対応できるBI基盤を構築し、現場で活用しているという。(2016/3/3)

医療機器ニュース:
36項目のアレルギー検査を同時に実施できる体外診断用医薬品を発売
日立化成は、36項目のアレルギー検査を同時に実施できる、同時多項目アレルゲン特異的IgE抗体測定試薬「マストイムノシステムズIV」を発売すると発表した。新たにトマト、モモ、アスペルギルスの3項目を追加した。(2016/2/15)

製造IT導入事例:
製薬企業向けの透明性ガイドライン対応システムを導入
田辺三菱製薬は、NTTデータ イントラマートのシステム共通基盤「intra-mart」を活用した、JSOLの「医療関係者支払集約システム」を導入した。2015年4月に本番稼働を開始している。(2016/2/11)

医療機器ニュース:
COPD治療薬の吸入器のデジタル・イノベーションで提携
ノバルティスは、クアルコムの子会社であるクアルコム・ライフを通じて、クアルコムと提携すると発表した。提携分野は、COPD治療薬の吸入器「ブリーズへラー」のデジタル・イノベーションとなる。(2016/2/2)

Google、1年間で7億8000万の「悪質広告」を阻止
システム警告を装ってユーザーをだます広告、偽医薬品や偽ブランド品の宣伝、不正なダイエットサプリメントの広告、フィッシング詐欺サイトなどが摘発された。(2016/1/22)

海外医療技術トレンド(8):
米国の事例に見る、マルチデバイス化する「非医療機器」のリスク管理
近年、健康増進用途の消費者向けウェアラブル端末やモバイルソフトウェアなど、医薬品医療機器等法(薬機法)の適用対象外となる「非医療機器」のマルチデバイス化が進んでいる。それに伴ってどのようなリスクが出てくるのか。米国の動向をみてみよう。(2016/1/21)

NTTドコモ、電子お薬手帳サービス「おくすり手帳Link」3月から提供開始
NTTドコモが電子お薬手帳サービス「おくすり手帳Link」を3月に開始する。薬局向けシステムとアプリで構成し、汎用的で手軽に導入しやすい仕組みとなっている。(2016/1/15)

FAニュース:
バイオ抗体原薬生産プラント設備を一式受注
日立製作所は、中外製薬子会社の中外製薬工業が新設する、バイオ抗体原薬生産プラント設備において、設計・調達・建設までの一式を受注したと発表した。(2016/1/15)

スマホと連携する腕時計サイズの血圧計、オムロン ヘルスケアが開発中
オムロンヘルスケアが、手首に巻いて腕時計や活動量計のように使える血圧計を開発中です。医薬品医療機器法未承認ですが、日本での発売にも期待したい、コンパクトな血圧計です。(2016/1/13)

電子ブックレット:
偽造ICを判別できる“魔法の粉”、その正体は?
EE Times Japanに掲載した記事を読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、米国の新興企業が開発に取り組む偽造薬品や偽造チップを判別する新しい技術を紹介します。同技術の要は、直径数ミクロンという非常に小さな粒子です。(2016/1/3)

やってはいけない「薬と飲み物」の飲み合わせ
普段、何げなく飲んでいる便秘薬や風邪薬。コーヒーやジュースなどで飲んでいませんか? 実は薬によっては体にとって害となってしまうものも。(2015/12/18)

明治、「イソジン」手放す シオノギヘルスケア・塩野義製薬が「イソジン」販売へ
ただいま〜のあとは〜……。(2015/12/9)

FAニュース:
ロボット技術を創薬分野へ適用するベンチャーに資本参加
安川電機は、産業技術総合研究所の技術移転ベンチャーであるロボティック・バイオロジー・インスティテュートに資本参加した。創薬分野における研究・開発者とロボット技術者が手を組み、ロボット新市場の創出に取り組んでいく。(2015/12/9)

光を当てて識別:
偽造ICを判別できる“魔法の粉”、その正体は?
米国の新興企業が、偽造薬品や偽造チップを判別する新しい技術の開発に取り組んでいる。同技術の要となっているのが、直径数ミクロンという非常に小さな粒子だ。(2015/11/10)

医療技術ニュース:
抗がん抗原抗体を高感度に検出する新技術を開発
岡山大学は、抗がん抗原抗体を高感度に検出する新技術を開発した。大量調製を困難にしていた課題を解決して開発された試薬と調製技術は、がん免疫治療や関連医薬品開発における重要なツールとして期待される。(2015/11/10)

医療用手書き入力アプリも活用
「iPad」で業務を効率化した徳永薬局が目指す“在宅調剤”の理想像
首都圏西部を中心に在宅医療に注力をしている徳永薬局では、「iPad」を活用した情報共有基盤を整備して在宅調剤の業務効率化を進めている。(2015/10/28)

医療機器ニュース:
消費電力最低2μAの埋め込み型医療デバイス向け3軸加速度センサー
STマイクロエレクトロニクスは、米国食品医薬品局(FDA)がクラスIIIに分類する、埋め込み型医療デバイスを含む医療アプリケーション向けに、超低消費電力の3軸加速度センサー「MIS2DH」を発表した。(2015/10/14)

100歳以上の人を対象にした研究で明らかに、健康に長生きする鍵
医療の発展により、平均寿命がますます延びることが予想されています。今後平均寿命の延び以上に健康寿命を延ばすことが重要だと考えられていますが、将来は新薬の開発によって健康寿命を延ばすことができるかも!?(2015/10/2)

小林製薬「アンメルツ」の語源は「あんまを詰める」? うわさを検証したら深い歴史背景があった
そう、私たちはまだ「アンメルツ」を知らなかったのだ……!(2015/9/18)

製造ITニュース:
立体物の商品を自動検品する「画像・重量検品ソリューション」
NECは、画像認識技術を活用し、食品・飲料品・医薬品など立体物の自動検品ができる「画像・重量検品ソリューション」を発売した。出荷検品業務の効率が向上するとともに、品質確保も図れるという。(2015/8/24)

PR:医師専門の求人サイト 医師、ドクター専門の転職サイト「e-doctor」



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。