ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  M

「MMS」最新記事一覧

Multimedia Messaging Service

iPhoneを振り返る:マニア向けから一般ユーザー向けに変貌を遂げた「iPhone 3GS」
2009年に発売された3代目「iPhone 3GS」の見た目は「3G」と変わらないが、中身は大きく進化している。「iPhone OS 3.0」に対応したことで、コピー&ペーストやMMSにも対応。今までのメールアドレスを使えることから、比較的抵抗なくiPhoneに乗り換えられるようになった。(2017/8/15)

Google、Androidの月例セキュリティパッチ公開、多数の深刻な脆弱性を修正
OpenSSLやBoringSSL、Mediaserverに深刻な脆弱性が存在し、メールやWeb閲覧、MMS経由で不正なメディアファイルを処理させる手口でリモートからコードを実行される恐れがある。(2017/3/8)

3Dプリンタニュース:
金属AM複合加工機に対応した営業支援システムを開発
カブクは、製造工場向けの基幹業務クラウドサービス「Rinkak MMS」を拡張し、金属AM複合加工機に対応した営業支援システムを開発した。簡単かつ短時間で、金属AM複合加工を用いた加工の概算見積もりを算出する。(2016/12/2)

3Dプリンタニュース:
オンデマンド製造サービスのグローバル展開に向け、業務提携
カブクは、グローバル製造プラットフォーム事業で三菱商事と業務提携する。三菱商事のグローバルネットワークを活用し、カブクが提供する金型などのオンデマンド製造サービス「Rinkak MMS Connect」をグローバルに展開していく。(2016/11/30)

カブク Rinkak MMS:
金属3Dプリント複合加工機向け営業支援システムを開発、即時自動見積もりが可能に
カブクは、製造工場向け基幹業務クラウドサービス「Rinkak MMS」を拡張し、金属3Dプリント複合加工機向けの自動見積もり支援機能を開発した。(2016/11/28)

iPhone 6s/SE、「UQ mobile」のプロファイル不要で通信可能に――テザリングにも対応
iPhone 6s、6s Plus、SEで、プロファイルのインストール不要でUQ mobileの通信が可能になった。テザリングやMMSも利用できる。UQがiPhone 5sを取り扱ったことが関係している?(2016/11/10)

MMSもテザリングも利用できる――UQ mobileの「iPhone 5s」を試す
7月15日に「UQ mobile」向けの「iPhone 5s」が発売された。“MVNOが扱うiPhone”という意味で珍しい機種なので、ソフトウェアや機能面で気になるポイントを確認していきたい。(2016/7/19)

Macの企業導入を支援:
IBM、Mac対応のMDMサービス「IBM Managed Mobility Services for Mac」の提供を開始
日本IBMは、Macの企業導入を支援するMDMサービス「IBM Managed Mobility Services for Mac(MMS for Mac)」の提供を開始した。(2016/5/17)

Google、Androidの月例セキュリティ情報を公開 深刻な脆弱性が多数存在
「Mediaserver」などの脆弱性を悪用されると、メールやWeb閲覧、MMSなどを介してメディアファイルが処理された際に、リモートでコードを実行される恐れがある。(2016/4/5)

Google、Androidの月例セキュリティ情報公開 新たなメディア処理の脆弱性も
「Mediaserver」の脆弱性は、メールやWeb、MMSなどを使ってメディアファイルを処理させる手口でコードを実行される恐れがある。(2016/3/8)

Androidに新手のマルウェア、端末を遠隔操作される恐れ
SMS/MMSのリンクをクリックすると感染し、端末を制御されてデータを消去されてしまう可能性もあるという。(2016/2/16)

Google、Nexus向けのパッチ公開 Androidの脆弱性を修正
Mediaserverの脆弱性は、電子メールやWebブラウザ、MMSなどを使って細工を施したメディアファイルを処理させる手口で、リモートの攻撃者が任意のコードを実行できてしまう恐れがある。(2016/1/5)

Silverstone、防じん/防水設計のUSB 3.0外付け2.5インチHDDケース
ディラックは、Silverstone製となるUSB 3.0接続対応の外付け2.5インチHDDケース「SST-MMS01」の販売を開始する。(2015/11/30)

Google、Nexus向け月例パッチ公開 Androidの脆弱性を修正
7件の脆弱性のうち2件は、電子メールやWebブラウザ、MMSなどを使ってメディアファイルを処理させることによって、リモートでコードを実行される恐れがある。(2015/11/4)

「Y!mobileメールアプリ」が新バージョンに
「Y!mobileメールアプリ」がバージョン2.0.0を公開。一括管理にSMS/MMSが追加となったほか、用途に応じて二2の表示を選択できるようになった。(2015/10/5)

AndroidのMMS悪用の脆弱性、対応策は?
パッチ適用できるのはNexusシリーズでもごく一部しかなく、メーカーやキャリアからのパッチ提供にも時間がかかる見通しだ。(2015/7/30)

Androidに極めて深刻な脆弱性、MMSで端末制御可能に
Googleは修正のためのパッチをメーカーやキャリア向けに提供済みだが、ユーザーへの配信は各社に任されている。(2015/7/28)

ドコモ、国際MMSサービスを6月末に終了
iモードケータイから海外のMMSユーザーへのメール送信サービスが終了する。(2014/3/19)

今日から始めるiPhone:
「メール」と「メッセージ」はどう違う?――アプリとキャリア別サービスをチェック
iPhoneには「メール」アプリのほか、「メッセージ」アプリも用意されている。2つのアプリは何が違うのか。3社のキャリアメールを比較し、利用可能なサービスとSMS/MMS/iMessageの違いを見ていこう。(2014/1/28)

ソフトバンク、「S!メール(MMS)どこでもアクセス」の提供を11月28日に再開
ソフトバンクモバイルは、不具合改修のため8月29日から停止していた「S!メール(MMS)どこでもアクセス」の提供を、11月28日に再開すると発表した。(2013/11/25)

Firefox OSがバージョン1.1に 提供地域も拡大
Firefox OSがバージョン1.1にアップデートし、GmailとHotmailの連絡先のインポートやMMSなどに対応した。(2013/10/10)

spモードメールは10月1日から――iPhone 5s/5cで利用できるドコモサービス
ドコモが、iPhone 5s/5cで利用できる同社のサービスを案内。spモードメールは10月1日から提供するが、それまでに受信したメールは50Mバイトまでドコモのメールサーバに保存される。MMSには対応しない。(2013/9/13)

PCから利用できる「S!メール(MMS)どこでもアクセス」、10月31日まで無料提供
ソフトバンクモバイルは、同社のMMSサービスをPCから利用できる「S!メール(MMS)どこでもアクセス」を8月29日〜10月31日まで無料提供する。(2013/8/29)

ソフトバンク、「S!メール(MMS)どこでもアクセス」を8月29日から
ソフトバンクモバイルは、同社のMMSサービスをPCなどから利用できるサービスを発表した。提供開始は8月29日からで、月額使用料は315円となる。(2013/7/29)

App Town ナビゲーション:
iPhone向け「MapFan+」がアップデート 地図URLのメール送信が可能に
インクリメントPがiOS用地図ナビアプリ「MapFan+」をアップデート。地図の変化点を投稿できる機能と、メッセージ(SMS、MMS)による地図URLの送信機能を追加した。(2013/6/28)

The Microsoft Management Summit 2013:
Azure連携の強化でCloud OSビジョンを推進するマイクロソフト
統一アーキテクチャによるオンプレミス、プライベートクラウド、パブリッククラウドの連携や、運用・管理の優位性を示したMMS2013。キーノートでは、Cloud OSのビジョンと呼応する同社製品群のアップデートが披露された。(2013/4/9)

ウィルコム、スマホ向けメールアプリのアップデートを再開
ウィルコムは、スマートフォン向けのメール(MMS)アプリのアップデートを再開した。Wi-Fi環境でもMMSの送受信が可能になる。(2013/1/28)

ウィルコム、スマホ向けメールアプリのアップデートを一時中断
ウィルコムはAndroid端末向けMMSアプリのアップデートを一時停止した。Wi-Fi接続時でもメールを受信できるようになる内容だったが、不具合が発覚したため。(2013/1/17)

ソフトバンクモバイル、「iPhone 5」のテザリングオプションを12月15日に開始
iPhone 5のテザリングを利用できる「テザリングオプション」が、12月15日から提供される。あわせて、iPhone 5で最大2MバイトのMMSを送受信できるようになる。(2012/11/30)

石野純也のMobile Eye(4月9日〜4月20日):
HTCが日本特化スマホを開発した理由/絵文字統一で変わること/MMS対応でau版iPhone 4Sが優位に?
この2週間は後半に大きなニュースが集中した。特に注目は、発表されたばかりのauスマートフォン「HTC J ISW13HT」だ。事業者間の絵文字統一に向けた取り組みや、au版iPhone 4SのMMS、ビジュアルボイスメール対応などもピックアップした。(2012/4/20)

au版iPhone 4SでMMSとビジュアルボイスメールが利用可能に
4月14日から、au版iPhone 4SでMMSとビジュアルボイスメールが利用できるようになる。SMSの仕様も変更され、au版iPhone 4Sでもパケット通信料が発生しなくなる。(2012/4/14)

au版「iPhone 4S」、MMSやビジュアルボイスメールへの対応を4月中旬に延期
KDDIは、3月中に提供するとしていたau版「iPhone 4S」のMMS、ビジュアルボイスメール、国際SMSについて、4月中旬以降に延期すると発表した。(2012/3/29)

モバイルネイティブで行こう:
ソーシャルメッセージングが持つ2つの意味と多重化の重要性
東日本大震災に際して、iPhoneからSMSとMMS(ケータイメール)を送ったのだが、普段通りには届かなかったのは筆者だけではあるまい。LINEやFacebook MessengerなどSNSと連係したサービスでメッセージングの多様化を考えた。(2012/3/16)

4月以降S!メールが利用できず:
ソフトバンク、旧ボーダフォンの「702MO」「702sMO」を現行機種に無償交換
ソフトバンクモバイルは、旧ボーダフォン時代に発売した「702MO」「702sMO」の無償交換を開始する。4月に予定しているネットワークの設定変更により、S!メール(MMS)が使えなくなるため。(2012/1/10)

KDDI、iPhone 4Sの絵文字やメール即時通知などの対応時期を案内
KDDIが、au向けiPhone 4Sの絵文字、メール即時通知、MMS、iMessage、国際ローミング時の事業者選択などの対応時期を案内した。(2011/12/16)

カイ士伝のアプリライフ(7):
iPhoneの外側にショートメッセージが飛び出したら
これまでケータイのみに閉じられていたSMSやMMSがiOS 5限定とはいえ他の機器にも広がった。が、メールアドレスがIDになるという仕様が誤解を招くのが課題だ(2011/11/15)

フィギュアシリーズ「武装神姫」、EXウェポン2種類を10月6日発売
KONAMIが発売しているMMSフィギュアシリーズ「武装神姫」のEXウェポンセットの新作として「フォートブラッグ」「ゼルノグラード」のリペイントバージョンを10月に発売される。(2011/5/21)

ソフトバンクモバイルが3月11日から1週間、すべてのメールを無料に
ソフトバンクモバイルが、東北地方太平洋沖地震の発生した3月11日から1週間、すべてのメールを無料にすると発表した。SMSだけでなくMMSも対象になる。(2011/3/13)

ソフトバンク、X06HT/X06HTII向けにAndroid 2.2を10月8日に提供
ソフトバンクのAndroid端末、X06HT/X06HTII向けのAndroid 2.2が10月8日から提供される。あわせて、S!メール(MMS)も同日から利用可能になる。(2010/9/24)

ソフトバンクのHTC Desire、MMSとAndroid 2.2に対応――10月上旬以降
ソフトバンクモバイルは10月上旬以降、HTC DesireをS!メールに対応させるとともに、Android 2.2へのアップデートを提供する。(2010/8/27)

ソフトバンクが「HTC Desire」新モデル発売 ディスプレイがTFT液晶に
ソフトバンクモバイルがAndroid端末「HTC Desire」の新モデルを発売する。ディスプレイを有機ELからTFT液晶に変更している。MMSアプリも提供。(2010/7/22)

「HTC Desire X06HT」 のMMS対応とAndroid 2.2へのアップデート予定を公表
ソフトバンクの孫正義社長が、販売を終了する「HTC Desire X06HT」のMMS対応とAndroid OSのバージョン2.2(Froyo)へのアップデートを予定していることを明らかにした。詳細は近日発表する。(2010/7/22)

Symbian携帯を狙うマルウェアに新たな亜種、MMSメールで拡散
今回の亜種は「LanPackage」という名称で、システム強化/言語アドオンと称して流通しているという。(2010/2/26)

MMSの送信元を隠せる問題、スマートフォンで悪用の恐れ
研究者がスマートフォンのMMSメッセージを送信元を隠すことができてしまう問題を報告した。(2009/9/15)

ネットワークの準備完了:
AT&T、iPhoneのMMSにようやく対応へ
「iPhone OS 3.0」で追加されたMMS機能に、AT&Tが9月25日から対応する。(2009/9/4)

ソフトバンク、iPhone 3G/3GS向け「新着MMS受信」アプリ配信
iPhone 3GとiPhone 3GS向けに、MMSの新着メールを手動で受信できるアプリ「新着MMS」が配信された。(2009/7/10)

“vodafone”アカウントも引き継ぎ可能:
ソフトバンクモバイル、「iPhone OS 3.0」のMMS仕様を公表
ソフトバンクモバイルは、iPhone OS 3.0にアップデートしたiPhone 3G向けにMMSを開始した。機種変更時にS!メールからアカウントを引き継ぎるようになったほか、Eメール(i)も変わらず無料で利用できる。(2009/6/18)

「iPhone OS 3.0」でS!メールが利用可能に――ソフトバンク、MMSのサポートを表明
ソフトバンクモバイルが「iPhone OS 3.0」の新機能であるMMS送受信をサポートすると表明した。6月18日以降、iPhone 3Gで同社のS!メールを送受信できるようになる。(2009/6/10)

NTTドコモ、国際MMSのサービス内容を拡充――国内受信料を無料に
NTTドコモは7月1日から、国際MMSのサービス内容拡充を行う。MMS受信時の国内パケット通信料を無料にするほか、最大300Kバイトまでの大容量ファイルの送信に対応。送信可能なエリアも7以上に広げる。(2009/5/25)

ACCESSのメールソフト「NetFront MMS Client」が「X01T」に採用
(2007/12/6)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。