ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  S

「SMS」最新記事一覧

Short Message Service

Facebook、Android版「Messenger」でSMS利用を可能に(日本はまだ)
Facebookが、Android版「Messenger」を既定のSMSアプリに設定できるようにした。日本ではまだ使えないが、世界で“ローリングアウト”している。SMSメッセージにもFacebookのスタンプを使える。(2016/6/15)

閉じるとフィギュア、開くと電話機に――「ハローキティフォン」を使ってみた
通話とSMSに特化したSIMフリーのハローキティフォン「Hello Kitty FIGURINE KT-01」が発売された。閉じた状態はまさにキティちゃんのフィギュアといった印象で、電話機には見えない。そんなハローキティフォンの特徴を写真で紹介する。(2016/6/15)

Foursquare、スポットお勧めbotアプリ「Marsbot」をApp Storeで公開
位置情報サービスのFoursquareが、ユーザーの好みやコンテキストに合わせてお勧めスポットをSMSで通知するiOSアプリ「Marsbot」を米国で公開した。(2016/5/25)

Microsoft、企業向けIFTTT的サービス「Microsoft Flow」をプレビュー公開 「PowerApps」をパブリックプレビューに
MicrosoftがIFTTTのようにWebサービスを連係させるツール「Microsoft Flow」を企業向けにプレビュー公開した。例えば、特定の相手からメールを受信したらSMSでプッシュ通知する、キーワードを含む公開ツイートをCSVファイルに保存するといったワークフローをツール化して使える。(2016/4/30)

「ハローキティフォン」予約受け付けスタート 通話・SMS専用、1万2000円
ハローキティの形をしたSIMフリーの折りたたみ型携帯電話「Hello Kitty FIGURINE KT-01」の予約受け付けが始まった。(2016/4/27)

SIM通:
GMO、データ通信/SMS対応の格安SIMサービスを開始
GMOとくとくBBは、SIMフリースマホ向けの「SIM接続サービス」を開始した。「データSIM」と「SMS SIM」の2種類、1GB〜10GBまでのデータ容量が用意され、月額630円から利用できる。(2016/4/19)

「GMOとくとくBB」で格安SIMの取り扱いを開始――1GB・630円から
プロバイダーサービス「GMOとくとくBB」で、NTTドコモの回線を利用した格安SIMの取り扱いがスタート。「データSIM」「SMS SIM」の2種を用意し、データ容量は1GBあたり630円(税別)から。(2016/4/1)

Spigen製品+IIJmioの購入で500円を割り引くキャンペーン
Spigenが、格安SIM「IIJmio」と連動したキャンペーンを実施。Spigenの製品980円以上とIIJmioを購入すると、500円を割り引く。SMS付きのデータSIM(nanoSIM)とみおふぉんが対象。(2016/2/22)

Androidに新手のマルウェア、端末を遠隔操作される恐れ
SMS/MMSのリンクをクリックすると感染し、端末を制御されてデータを消去されてしまう可能性もあるという。(2016/2/16)

単なる“オマケ”では終わらなかった:
ソネット、月額0円から使える「0 SIM」の販売を開始 SMS・音声通話対応プランも登場
デジモノステーションの特別付録としてデビューしたソネットの「0 SIM(ゼロシム)」が、いよいよ販売開始。月間500MB未満の通信なら、月額0円(データ専用プランの場合)で利用できる。(2016/1/26)

DMM.comを装い架空請求するメッセージにご用心 消費者庁が注意呼びかけ
DMM.comを装って有料動画の未払料金を請求するSMSが報告されています。(2016/1/18)

auプラン(Aプラン)が対象:
mineo、iOS 9.2のiPhone 6/6 PlusでSMSが利用不可になった場合の復旧方法を案内
iOS 9.2にアップデートしたiPhone 6/6 Plusでmineo「Aプラン」のSIMカードを使うと、SMSを利用できなくなることがある。この問題が発生した場合の復旧方法が明らかとなった。(2016/1/7)

gooスマホ部:
iPhone5cのSIMカードをiPhone6に入れ替えましたが、インターネット接続ができません
SMSも機能していないのでセキュリティ番号も届きません。どうしたらいいのでしょうか?(2016/1/6)

「DTI SIM」に月額840円〜の3GBプランが登場――最長6カ月間無料のお試しキャンペーンも
月額料金はデータプランが840円、データSMSプランが990円、音声プランが1490円で、業界最安値を実現した(同社調べ)。(2015/12/18)

mineo「Aプラン」のiPhone 6/6 Plus、iOS 9.2でSMSが利用できない不具合
同社はSMSを利用する場合はiOS 9.2へのアップデートを控えるよう呼びかけている。(2015/12/9)

オーエス、お手頃価格のフロアスタンド型スクリーン2種
オーエスプラスeは、フロアスタンド型のスクリーン2種を発表した。パンタグラフ式の「SMS-P1」とポール固定方式の「SMS-E1」をラインアップ。(2015/11/24)

パリ同時テロ実行犯の連絡ツールは暗号化されていない素のSMS──英Telegraph報道
パリ同時テロの1つが発生したバタクラン劇場近くのゴミ箱から発見された実行犯のものとみられる携帯端末から、犯人同士が暗号化されていないSMSで連絡を取り合っていたことが明らかになった。(2015/11/19)

バイドゥのSDKにバックドア機能――バイドゥは「修正を完了した」とコメント
バイドゥのAndroid用SDK「Moplus」に、ユーザーの許可なしに連絡先の追加や偽のSMS送信などを行うバックドア機能が実装されていたことが、トレンドマイクロの調査で判明した。(2015/11/9)

「美濃ヤマタミ」の和紙紙抄技術を採用:
ドウシシャ、SANSUIブランドのCDコンポを2機種発売――和紙素材を使ったスピーカーを採用
SANSUIブランドのコンポ「SMC-150BT」、「SMS-800BT」が登場!どちらもスピーカーには新開発W-RPM(二重抄紙)製法のコーン紙を採用した。価格はいずれも2万5000円前後(税別)。(2015/11/4)

「Y!mobileメールアプリ」が新バージョンに
「Y!mobileメールアプリ」がバージョン2.0.0を公開。一括管理にSMS/MMSが追加となったほか、用途に応じて二2の表示を選択できるようになった。(2015/10/5)

アイツー、30日間・SMS100通までUS5ドルの「ヨーロッパSMS放題」スタート
アイツーは、海外旅行者向けSIM「トラベルSIM」で「ヨーロッパSMS放題」をスタート。ヨーロッパの各地で30日間、SMS100通をUS5ドルで送ることができる。(2015/9/10)

格安SIM Q&A:
SMSが使えて一番安いデータ通信SIMは?
とにかく低コストでLINE専用スマホを運用したい。というケースです。(2015/9/8)

日本通信の「おかわりSIM」にSMS付きプラン 月額630円から
月間1G〜5Gバイトの5段階定額制。(2015/9/1)

「R2-D2」や「ダースベイダー」が登場 SMS AUDIOの「スター・ウォーズ」コラボヘッドフォン第2弾
米SMS AUDIOと「スター・ウォーズ」のコラボヘッドフォン第2弾が登場。ラインアップは「チューバッカ」「タイ・ファイター」「R2-D2」「ダースベイダー」の4種。(2015/8/25)

FREETEL、通話&SMS特化のSIMフリーケ−タイ「Simple」発売 月額899円からのプランも用意
プラスワン・マーケティングは、SIMフリーのフィーチャーフォン「Simple」を発売する。通話とSMSに特化した手のひらサイズのシンプルな端末だ。(2015/8/24)

「日本初」SIMフリーガラケー、FREETELから 通話とSMSに特化
日本初というSIMロックフリーのフィーチャーフォン「Simple」がFREETELから。(2015/8/24)

ソネットの「PLAY SIM」に月額780円からの新プラン SMS付きもスタート
ソネットの「PLAY SIM」で月間のデータ通信容量に合わせて選べる3つの新プランのほか、データ通信とSMSに対応した「データ+SMS対応プラン」がスタートした。(2015/8/10)

SMSの情報漏えい対策を国内初提供――NTTソフト
Office 365やGoogle AppsなどのWebメールの漏えいも抑止する。(2015/5/19)

「hi-ho LTE typeDシリーズ」にエントリーコース登場――月額770円で2Gバイトから 5月1日スタート
hi-hoの格安SIMサービスに、エントリーコースが追加される。月額770円から利用でき、SMS対応SIMや音声通話対応SIMも取りそろえる。(2015/4/21)

インテル入ってる心拍測定イヤフォン、SMS AUDIO「biosport」登場
モダニティが米SMS AUDIOの心拍計測イヤフォン「biosport」を発売する。耳の静脈の血流から心拍数を計測できる。(2015/4/3)

ソフマップ秋葉原本館に「BIC SIM」専用受付カウンターが登場――最短1時間で開通可能に
ソフマップの秋葉原本館に、音声通話やSMS機能付きのオリジナルSIMカード「BIC SIM」の専用受付カウンター「BIC SIMカウンター powered by IIJ」が登場。最短1時間で新規契約やMNP転入手続きを行える。(2015/4/2)

Amazon偽ギフトでだますAndroidマルウェア、世界30カ国で感染拡大
ユーザーの連絡先を利用して増殖し、SMSやFacebookで拡散するモバイルマルウェアの感染が世界30カ国以上に広がっているという。(2015/3/5)

SMS利用の何でも代行サービス「Magic」、人気急上昇中
新興企業の多忙な創業者が自分で欲しくて立ち上げたサービス「Magic」は、ピザの出前や航空券の購入など、“合法なことであれば何でも”SMSで発注できる。(2015/2/24)

スマホのリユースを促進:
ブックオフ、格安スマホ「スマOFF」を発表――買取サービス利用で端末プレゼント
ブックオフは、端末価格1万円のSIMフリースマホに、1日70Mバイトまで通信できるSMS付きSIMをセットしたMVNOサービス「スマOFF」を発表した。1月28日から販売する。(2015/1/27)

gooスマホ部:
格安SIMカードの選び方
タブレットを購入する予定なのですが、格安SIMは、やっぱりSMS付きがいいですか?(2014/12/22)

「mineo」にモバイルWi-Fiルーターが登場、データSIMにもSMSオプションを無料提供
auのネットワークを利用したデータ通信サービス「mineo」向けに、モバイルWi-Fiルーター「Aterm(MR03LE)」が発売された。また、データSIMの「シングルタイプ」にもSMSオプションが提供される。(2014/12/10)

家計を助ける節約テク:
1人月額ワンコイン? 家計を守る格安MVNOプランはこれだ!!――データ通信編
家族全員がスマホを持つと家計が厳しい。だが、MVNOの格安プランを利用すれば1人500円ほど(SMS機能除く)でスマホを使うことができる。(2014/12/2)

Apple、iPhone→Androidユーザー向けSMSトラブル解消ツール公開
iPhoneからAndroid端末などに移行すると、他のiOSユーザーからのテキストメッセージが受信できなくなる問題を解決する「iMessageの登録解除」ツールがAppleのWebサイトで公開された。(2014/11/10)

Twitter、モバイルアプリ向け新SDK「Fabric」発表 パスワード不要の次世代認証「Digits」リリース
Twitterがモバイル開発者向けプラットフォーム「Fabric」を発表した。従来の埋め込みツイートや広告を一元管理できるほか、電話番号とSMSを利用した新たなユーザー認証機能などを搭載する。(2014/10/23)

MIL規格準拠:
防水・防じん・耐衝撃性能を備えた「キッズケータイ HW-01G」
ドコモが、通話やSMSに機能を絞った「キッズケータイ HW-01G」を11月上旬に発売する。防水と防塵(じん)性能に加え、米国のMIL規格に準拠した耐衝撃性能を備えている。(2014/9/30)

PHSと携帯電話の番号ポータビリティ、10月1日から
携帯電話とPHSとの間でSMS(ショートメッセージサービス)が可能になる。(2014/9/26)

携帯電話とPHSのMNP、10月1日に開始――SMSの相互接続も
携帯電話とPHSのMNPが10月1日にスタート。SMSの相互接続も始まる。(2014/9/25)

携帯−PHS間の番号ポータビリティ、10月1日スタート SMSも利用可能に
同じ電話番号のまま携帯電話−PHS間で事業者を乗り換えられる番号ポータビリティ(MNP)が10月1日に始まる。携帯−PHS間でSMSの送受信も可能に。(2014/9/25)

日本通信、短期滞在の訪日外国人に適したプリペイドSIM「PAYG SIM」発売
日本通信から、短期間の訪日でも国内・国際通話やSMS、インターネットがすぐに使える訪日外国人向けプリペイドSIM「PAYG SIM(ペイジー・シム)」が登場。(2014/8/19)

SIM通:
SMS付きSIMカードのメリットって何?
データ通信専用のSIMカードを購入する場合は、SMS対応の製品を選んだ方が無難です。(2014/7/29)

KDDI、「AQUOS PAD SHT21」の不具合をアップデートで解消――絵文字の表示を修正
KDDIが、シャープ製タブレット「AQUOS PAD SHT21」のソフトウェアアップデートを公開。SMS(Cメール)受信時に絵文字を正常に表示できないことがあるという事象を修正した。(2014/7/3)

石川温のスマホ業界新聞:
iOS8が国際ローミング料金不要の「Wi-Fi Calling」に対応へ――またもアップルがキャリアの収益モデルを壊すのか
AppleがWWDCで発表したiOS 8は、Wi-Fi環境があれば電話番号を使って音声発信やSMSの送受信ができる「Wi-Fi Calling」に対応する。海外出張の多いユーザーにはニーズがありそうだ。(2014/6/13)

フュージョンのLTE対応SIMサービス「SANNET LTE サービス」で「モバイルデイリーオプション」受付開始
フュージョン・コミュニケーションズが、LTE対応SIMサービス「SANNET LTE サービス」における「モバイルデイリーオプション」を受付開始。SMS機能の提供もスタートする。(2014/6/2)

1000店舗に導入へ:
顧客感動システム総合研究所、美容業界のモバイル販促支援へSMSを積極的に活用
昨今のスマートフォンの普及により、マーケティングツールとしてシンプルなSMSの活用が見直されている。美容業界でも積極的に活用していこうという動きがある。(2014/5/29)

携帯6社がキャリアメール・SMSの絵文字を共通化
他社の携帯に送った絵文字が別のものに置き換わったり、文字化けする問題に対処する。(2014/4/24)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。