ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「東京スカイツリー」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

楽天のMNO参入でどう出る? ドコモダケはどこに? ドコモ株主総会 質疑応答
ドコモが6月19日、第27回定時株主総会を開催。ドコモの吉澤和弘社長が事業報告をするとともに、株主からの質問を受け付け、吉澤氏をはじめとする役員が答えた。楽天のMNO参入やポイント事業について多くの質問が集まった。(2018/6/19)

地方発!次世代イノベーション×MONOist転職:
地元の技術を集結「完全地産」のお土産――製造業ご当地お土産プロジェクト(長野県)
「次世代の地域創生」をテーマに、自治体の取り組みや産学連携事例などを紹介する連載の第27回。長野県伊那市の製造業者が連携して、完全地産に取り組んでいる「製造業ご当地お土産プロジェクト」を取り上げる。(2018/6/15)

佐川、手荷物配送で“手ぶら観光”サポート 京都・大阪でも
佐川急便とエムケイ、JALエービーシーは、関西国際空港と京都市内間で、手荷物を即日配送するサービスを始めた。エムケイのタクシーの空きスペースを利用する。(2018/6/4)

ドコモ、来年にも5Gプレサービス 一般向け体験の場を提供
一般向けに5Gのサービスを体験できる場を設けることで、本格的な実用化を円滑に進める狙いがある。(2018/5/24)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」GW特別編:
JRの“大回り乗車”で房総半島1周 海を眺めて名物駅弁を食べる
JRの大都市近郊区間のみを利用する場合の「特例」を利用して、大回り乗車を楽しむ旅。今回は房総半島方面に向かう「海編」。(2018/5/2)

家族で楽しめる「5G体験空間」 ドコモが東京ソラマチにオープン
NTTドコモが、東京ソラマチに常設型の5G体験スペースをオープンする。家族や子供でも楽しめるような展示を目指すという。(2018/4/19)

あなたの知らない路線図の世界:
自己中心的! “思惑”が見え隠れする「えこひいき」路線図
路線図には企業が独自に作る「インディーズ」のものもある。特定の建物に案内するための路線図は、時として「誰をターゲットにしているか」といった思惑を浮かび上がらせることも……。(2018/4/9)

時代超え愛される:
「人生ゲーム」50周年、12年ぶりの「ゾイド」 競争激しい玩具市場、タカラトミーが狙うもの
タカラトミーは、発売50周年になる「人生ゲーム」で新しい試みを打ち出し、かつて展開していた「ゾイド」も“復活”。以前からのファンの期待に応えつつ、新しいファンを取り込もうとしている。(2018/4/3)

「人生ゲーム」50周年、12年ぶりの「ゾイド」……競争激しい玩具市場、タカラトミーが狙うもの
どの分野でも、新しいヒット商品を生み出すのは至難の業。それよりも、長く取り扱ってきた商品を、時代に合わせて変化させ、市場を活性化させる方が早く売り上げに結びつく。(2018/4/2)

さよならPHS。往年の名機「京ぽん」をいま使ってみた 11万画素のカメラで写す、2018年の東京
PHSは2018年3月31日に新規受付を終了します。(2018/3/31)

「パソコンが2000年をカウントできない」 50年の歴史を追体験できる「人生ゲームタイムスリップ」
タカラトミーは、「人生ゲーム」の発売50周年を記念して「人生ゲームタイムスリップ」を3月末に発売する。コンセプトは、「家族みんなでニッポンの50年を人生体験する」(同社)。(2018/3/15)

新商品続々:
「人生ゲーム」50周年 友情・努力・勝利の「少年ジャンプ」コラボも
タカラトミーの「人生ゲーム」が発売50周年を迎える。50周年を記念した新商品ラインアップが続々と登場。「週刊少年ジャンプ」とコラボした「週刊少年ジャンプ人生ゲーム」も発売する。(2018/3/15)

月食でスーパームーン 珍しい「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」の写真、SNSに続々
ステキ!(2018/2/1)

Dev Basics/Keyword:
Custom Vision Service
Custom Vision Serviceを利用すると、何点かの画像をアップロード/タグ付けすることで、画像分類を行うためのカスタムモデルを作成可能だ。(2018/1/23)

乗って解説:
「革新ライン」が動きだしたKYB岐阜北工場、クルマの個性を支える足回りの秘密
KYBの売上高の過半数を占める四輪車用のダンパーと電動パワーステアリング(EPS)。クルマの個性や運転の感触を決める重要な部品でもある。KYBの岐阜北工場で、ダンパーやEPSの競争力を支える生産ラインや評価施設、テストコースを訪れた。(2018/1/5)

下り4.52Gビット/秒を達成:
スカイツリー〜浅草間で28GHz帯5Gの伝送に成功
Huawei(ファーウェイ)とNTTドコモ、東武鉄道の3社は2017年12月7日、東京スカイツリーと浅草間で、28GHz帯を用いた第5世代移動通信(5G)の高速伝送に成功したと発表した。(2017/12/8)

タイムアウト東京のオススメ:
運動不足を解消する
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2017/11/28)

スターバックス481店舗が12月11日にライトダウン(消灯) 「京都議定書」採択から20年
埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、横浜市、川崎市、千葉市、さいたま市、相模原市の九都県市内の一部店舗が対象。(2017/11/23)

【連載】浅草ソーシャルおじさんが教える、小さな組織のメディア運営 第1回:
「インバウンド」で注目される浅草、訪日外国人観光客で賑わう理由とは?
口コミ時代のWebとソーシャルメディアは最大の武器。最小限の手間で最大の効果を発揮するSNS動線設計とは。(2017/11/17)

繁盛店から読み解くマーケティングトレンド:
“おとなのパルコ“は上野・御徒町で成功するのか?
人気急上昇中のイースト東京エリア、その中心的な街とも言える上野・御徒町に新しい「パルコ」が11月4日にオープンしました。これまでのパルコと何が違うのか? 店づくりの特徴からこれからの消費トレンドを探ります。(2017/11/6)

東京都内で8月から開始:
タクシー代を「乗る前に」決定 国交省が実験のワケ
国交省が、タクシーの配車アプリを活用して乗車前に運賃を確定するサービスの実証実験を8月から都内で実施する。どのような目的があるのだろうか。(2017/7/28)

ポケモンGOの“伝説”レイドバトルに挑戦!
(2017/7/23)

「ポケモンGO Plus」にリングオプションを装着してみた――ステッカーでスーパーボールに変身!
(2017/7/17)

北千住と赤羽が浮上:
住みたい街の基準、潮目は変わったのか?
毎年発表されている「住みたい街(駅)ランキング」に、異変が起きている。「北千住」や「赤羽」など、これまであまり見向きもされなかった街が、人気エリアとして浮上している。今後、どんな街が浮上して、どんな街が寂れていくのだろうか。(2017/7/10)

うまみちゃん、歌うまっ! 「うまい棒」妹キャラがまさかのCDデビュー決定
歌もうまい。(2017/6/20)

Smart Sensing 2017:
ソニーが独自LPWAを展示、100km超の通信を実現
ソニーセミコンダクタソリューションズは、「Smart Sensing 2017」で、独自開発の低消費電力広域(LPWA:Low Power Wide Area)ネットワーク技術について紹介した。2017年4月に発表したもの。極めて遠い距離や高速移動中の車両からでも安定した無線通信が行える。こうしたいくつかの実験データを示した。(2017/6/9)

電波の動きが「見える」機械も:
重機やロボを遠隔操作、4K動画で犯罪防止 ドコモの5G
NTTドコモが、展示会「ワイヤレスジャパン」に第5世代移動体通信技術(5G)関連のブースを出展。パートナー企業と共同開発中のさまざまな技術を公開した。(2017/5/26)

水曜インタビュー劇場(ガシャポン公演):
殻を捨てた「ザク」が、20万個以上売れている秘密
バンダイが発売しているガシャポン「ザク」が売れている。機動戦士ガンダムシリーズに登場するザクの頭部を再現したものだが、最大の特徴はサイズ。カプセルよりも大きいこのアイテムはどのように開発したのか。担当者に聞いた。(2017/5/24)

ドコモの「5Gトライアルサイト」が東京スカイツリーにオープン 東武グループと実証実験も開始
東武鉄道とNTTドコモが、第5世代移動体通信(5G)の通信技術を体感できるトライアルサイトを開設した。また両社は新型特急電車「リバティー(東武500系)」を使った実証実験も実施する。(2017/5/22)

きらびやか! 開業5周年の「東京スカイツリー」に新ライティング「幟」
(2017/5/19)

ESEC2017&IoT/M2M展:
ソニーのLPWAはテレビチューナー技術がベース、富士山から奈良まで通信が届く
ソニーは、「第6回 IoT/M2M展」において、独自開発したLPWAネットワーク技術をアピールした。現時点では、各地で実証実験を実施している段階で、正式なサービス開始時期は検討中。ブランド名なども決めておらず「Sony's LPWA(ソニーのLPWA)」と紹介している。(2017/5/11)

お土産「東京ばな奈」全6種がはじめて集合 東京ソラマチに新ショップ「1st Tree by東京ばな奈」がオープン
姉妹ブランドの人気スイーツも販売されます。(2017/4/25)

FM:
ビル管理に「スマートグラス」を実戦投入、遠隔から若者に技術を伝授
大京グループのオリックス・ファシリティーズはビル管理や工事検査業務に「スマートグラス」を導入する。遠隔地から作業指示による業務効率化や、若年層にベテランの持つ技術やノウハウを伝えるのに活用していく。(2017/4/24)

東京スカイツリータウン5周年 新ライティング点灯式や「能×VJ」ライブ実施
5周年を迎える東京スカイツリータウンでさまざまなイベントが実施される。(2017/4/20)

スカイツリーに進撃の巨人ならぬ、進撃の巨塔が出現!  天空で繰り広げられる大熱戦イベントが始まるぞ
オリジナルストーリーのアニメ上映もあります。(2017/4/8)

要点を押さえる:
京成電鉄に学ぶ、課題解決の方法
この部門さえネックになっていなければ、あるいはこの問題さえ解決すれば、事態は大きく打開できるのに、と感じたことがある人も多いはず。京成電鉄の青砥〜京成高砂間の複々線は、問題を解決する際のポイントの押さえ方を教えてくれる。(2017/4/4)

間もなくオープンの「レゴランド」に行ってみた レゴが成型され流れていくのを眺めるのもまた楽し
東海地区最大のテーマパーク誕生。レゴアートからアトラクション、レゴブロック工場まであるよ!(2017/3/31)

意外な穴場が見つかるかも 「旅好きが選んだ!日本の展望スポット」ランキング 1位は京都・清水寺
初登場は4施設。(2017/3/16)

カビゴンがスカイツリーに現れた理由は?【みんなのポケGO写真】
この組み合わせはレア。(2017/2/4)

オートモーティブメルマガ 編集後記:
「クルマの電源を切らないでください。更新プログラムをインストール中です」
早くインストールしてよ! と思うことはよくあります。(2017/1/24)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
「DMV」計画実現へ、徳島県はホンキだ
JR北海道が開発し、トヨタ自動車までを巻き込んだ「DMV(デュアル・モード・ビークル)」が徳島県で実用化されそうだ。わずか8.5キロメートルの第三セクター鉄道を大改造する起死回生策。目指すは約38キロメートル離れた室戸岬だ。(2017/1/20)

発売30周年の2017年:
アサヒ、スーパードライの再成長狙う
アサヒビールは、2017年に発売30周年を迎える主力商品「スーパードライ」の飲用機会を増やす取り組みを強化する。限定商品などを投入し、縮小傾向にある国内ビール市場の活性化を狙う。(2016/12/21)

空の上に「乙女のときめき回廊」誕生――60周年の「りぼん」が「東京スカイツリー」とコラボ
東京スカイツリーが月刊少女漫画雑誌「りぼん」とコラボ。「250万乙女のときめき回廊 at TOKYO SKYTREE」を開催する。(2016/12/9)

ビジネスパーソンのための建設と建築:
ゼネコン、サブコン、CM 東京五輪前に押さえておきたい「建設の常識」
建設と建築の違いは? 知っているようで知らない基礎知識を解説。(2016/11/21)

10Gbpsの高速通信にも実現のめどが――ドコモが5Gの最新技術やサービス像を披露
NTTドコモは11月17日から18日にかけて、同社の最新技術などを展示する「ドコモR&Dオープンハウス」を開催。同イベントの開催に先駆けて、11月16日にはドコモは次世代の通信技術とされる「5G」に関する取り組みを報道陣に公開した。(2016/11/17)

「ペンパイナッポー」がリアルメニューに! 期間限定の「PPAP CAFE」東京スカイツリータウンにオープン
パイナップルを丸ごと使ったPPAPがおいしそう。(2016/10/28)

都内各所でハロウィン仕様のゴミ袋が配布 渋谷区と連携し「エコステーション」も設置へ
普段使いしたいデザイン。(2016/10/24)

ガチなのからネタに走ったものまで 食品サンプルコンクールのクオリティーがとんでもないと話題に
リアルな食品サンプルでネタに走るとすごいシュール。(2016/10/12)

「ポケモンGO Plus」、次回出荷は11月に
任天堂と株式会社ポケモンは9月17日、品薄状態になっている「Pokemon GO Plus」の次回出荷時期を明らかにした。(2016/9/17)

「ポケモンGO Plus」を買いに“桜吹雪”の中へ
9月16日は「Pokemon GO Plus」の発売日。スマートフォンの画面を見続けなくても「Pokemon GO」を遊べるというアイテムです。さっそく購入しに東京スカイツリータウンまで行ってきました。(2016/9/16)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。