ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「番号通知」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「番号通知」に関する情報が集まったページです。

待ったなし!組み込み機器のWindows 10 IoT移行(3):
組み込み機器に必要なWindows 10 IoT Enterpriseの“ロックダウン機能”とは
2020年10月13日にサポートが終了する「Windows Embedded Standard 7」から最新の「Windows 10」世代への移行について解説する本連載。第3回は、組み込み機器でよく使われる“ロックダウン機能”のうち、よく使われる2つの機能を紹介する。(2018/8/29)

取材を受けていた:
大口病院点滴殺人 実像と乖離した容疑者像  顔色が変わったのは……
横浜市の大口病院(現・横浜はじめ病院)で、入院患者2人が薬物を投与されて殺害された連続点滴中毒死事件で、神奈川県警に逮捕された久保木愛弓(あゆみ)容疑者(31)は、数度にわたり本紙記者の取材に応じていた。(2018/8/2)

「arrows NX F-01K」がOSバージョンアップ Android 8.1に
NTTドコモの2017年冬モデル「arrows NX F-01K」がAndroid 8.1にバージョンアップする。同OSの新機能が使えるようになる他、端末固有の機能改善や不具合修正なども行われる。(2018/7/23)

119番じゃなくて、「113」に電話するとどうなるか知ってる? 困ったときに役立つ「3けたの電話番号」
緊急時向けの番号だけでも、頭に入れておくと良さそう。(2018/7/4)

生産性、セキュリティ、運用性の視点で整理
「Windows 10 April 2018 Update」の注目機能まとめ 「集中モード」とは?
「Windows 10」の最新アップデートは、ITプロフェッショナルにとってもエンドユーザーにとっても役に立つ。例えばエンドユーザーには、仕事に打ち込みやすくする「集中モード」が便利だ。(2018/5/19)

Tech TIPS:
Windows 10で、通知の状態を制御する「集中モード」を使いこなす
2018年5月1日に提供されたWindows 10の大型アップデート「April 2018 Update」では、これまでの「非通知モード」に変更が加わり「集中モード」となった。設定した時間帯で非通知モードになる「自動規則」などの機能も追加されている。「集中モード」の使い方を紹介する。(2018/5/17)

「dtab Compact d-01J」「AQUOS sense SH-01K」がOSバージョンアップ
NTTドコモの「dtab Compact d-01J」と「AQUOS sense SH-01K」がOSバージョンアップする。新バージョンが持つ新機能が使えるようになる他、機種固有の機能改善や不具合修正も行われる。(2018/3/15)

むしろセールスフォースユーザーに適する?:
「Amazon Connect」の、コールセンターを変える「破壊力」
Amazon Web Services(AWS)の「Amazon Connect」は、コールセンターをクラウド上にソフトウェアで構築できるサービスだ。最大の特徴はコールセンターの構築・運用コストの大幅な削減。だが、従来型のコールセンターシステムを、ビジネスの変化に柔軟に対応できるツールに変えたいという用途にも適している。AWSとセールスフォースの説明に基づき、このサービスをあらためて紹介する。(2017/9/20)

Tech TIPS:
Windows 10で通知をオフにする
Windows 10では、メールの着信の際などにインジケーター領域からポップアップで通知が表示される機能がある。ただ、プレゼンテーションなどの際に通知が表示されると具合の悪いこともある。そこで通知が表示されないように通知モードをオフにしよう。(2017/9/20)

人気YouTuber、東海オンエア・てつや、“いいね”数に応じて電話番号さらす企画が物議 一般人からクレーム続々
「いいね数に応じてわしの電話番号晒します。ガチです」という企画。(2017/8/3)

ドコモの「P-smart ケータイ P-01J」、アップデートでテザリングに対応
NTTドコモは、5月9日にパナソニック モバイルコミュニケーションズ製フィーチャーフォン「P-smart ケータイ P-01J」をアップデート。Wi-Fiテザリング機能に対応し、不具合も改善する。(2017/5/9)

ドコモの「Xperia Z4 Tablet」、Android 7.0に
NTTドコモは、4月19日にソニーモバイルコミュニケーションズ製タブレット「Xperia Z4 Tablet SO-05G」をAndroid 7.0へアップデートした。マルチウィンドウ対応や不具合の改善が行われる。(2017/4/19)

iモードケータイの「代用」になる? VoLTE対応spモードケータイを試す(テンキー操作・電話編)
NTTドコモがiモード携帯電話の出荷を終了した。機種変更先の1つとしてドコモが提案しているのが、VoLTE対応のspモード携帯電話だ。果たして、iモード携帯電話の「代用」として便利に使えるものなのだろうか? 今回はテンキーによる操作と電話機能についてレビューする。(2017/4/18)

Tech TIPS:
Windows 10のクイックアクションのボタンをカスタマイズする
Windows 10には、「機内モード」「VPN」「Bluetooth」などのオン/オフが簡単に行えるクイックアクションと呼ばれる機能が用意されている。普段使用しないものも多いので、これを整理する方法を紹介する。(2017/7/19)

SIM通:
TONE software 3.0アップデート TONEファミリー機能をさらに進化
トーンモバイルは、サービス3周年を迎え説明会を実施。この3年間の振り返りなどのほか、「TONE software 3.0」のバージョンアップ内容に関する説明を行った。(2016/12/13)

トーンモバイル、IP電話かけ放題やフィルタリングサービスを発表――新機種はどうなる?
トーンモバイルは11月30日、スマートフォン「TONE」向けの新サービスを発表。石田社長が直近の戦略を語った。格安SIMのレッドオーシャンの中で、同社はどのように生き残りを図っていくのか。(2016/11/30)

ドコモ、VoLTE対応ケータイを2機種投入 テザリングは非対応
NTTドコモが、いよいよVoLTE対応ケータイを発売する。おサイフケータイやワンセグといった日本のケータイならではの機能を継承しつつ、VoLTEの高音質通話を生かすための工夫を凝らしている。(2016/10/19)

事業はまだ赤字? LINEモバイルは脅威?――「楽天モバイル」新サービス発表会 質疑応答まとめ
「楽天モバイル」の新プラン発表会は、「LINEモバイル」発表会の開催予告の翌日に開かれた。そんな絶妙なタイミングに開かれた発表会で、記者たちはどのような質問をし、楽天の担当者はどのように答えたのだろうか。主なやりとりを見ていこう。(2016/9/2)

国内通話料金が当面無料:
楽天モバイル、SMS付きデータSIMに「050番号」を付与 料金据え置きで音声通話にも対応
楽天モバイルが、SMS付きデータSIMをリニューアルし、IP電話を使った音声通話に対応する。通話時に必ず050番号を通知できることが大きな強みだ。(2016/9/1)

月額1300円で国内電話がかけ放題の「NifMoでんわ」、iOS版が登場
ニフティが、「NifMoでんわ」のiOSアプリを2月15日に提供開始した。月額1300円で国内電話がかけ放題になる。ただしフリーダイヤルや緊急通報は利用できない。(2016/2/15)

約24万円を請求する「ゼロクリック詐欺」攻撃が発生
ワンクリック詐欺よりも悪質な日本語の「ゼロクリック詐欺」が新たに見つかった。(2016/1/27)

SIM通:
キャリアと比べて通話料金もおトク?MVNOの通話サービス
基本料金、通信料金、端末代金などキャリアと比較するとかなり安いMVNOですが、「通話料金」はウィークポイント。そこで、各MVNOが独自に展開している通話サービスを紹介します。(2015/12/15)

低予算でも意外と使える
無料版「Skype」でどこまでできるか徹底検証 「Skype for Business」は必要?
実際の業務にフル機能の「Skype for Business」は必要なのか。無料版の「Skype」でどこまで代替可能なのか。本稿で検証する。(2015/11/15)

ニフティ、定額制の電話かけ放題サービス「NifMo でんわ」提供開始――国内通話は月額1300円
ニフティは、MVNOサービス「NifMo」のオプションサービスとして電話かけ放題サービス「NifMo でんわ」を提供開始。「国内かけ放題プラン」は月額1300円、「国内+海外かけ放題プラン」は月額2700円で利用可能だ。(2015/10/29)

IFA 2015:
TCLコミュニケーション、「ALCATEL ONETOUCH」ブランドの新製品を発表 若者向け新ブランドや超巨大タブレットが登場
TCLコミュニケーションが「IFA 2015」に合わせて、スマホ・タブレット・ウェアラブルデバイスの新製品を発表した。若者向け新ブランド「GO」と、超大型タブレット「Xess」ともに意欲作と言える仕上がりとなっている。(2015/9/7)

Facebook、Androidダイヤラー(通話アプリ)「Hello」をリリース
Facebookが、発信者番号通知、着信拒否、電話帳、VoIP通話機能を備えるAndroid向け通話アプリ「Hello」を米国でリリースした。(2015/4/23)

スマートフォンでのワンクリック請求の新たな手口 情報処理推進機構が注意呼びかけ
「請求画面の表示と同時に写真を撮られてしまったようだ」という相談が増加したため。(2015/4/9)

スマホのワンクリック詐欺に新たな手口、落ち着けば大丈夫
従来の脅迫画面を表示させる手口に加えて、カメラのシャッター音を鳴らすなど巧妙化が進む。だが、慌てず対処すれば被害は回避できるという。(2015/4/1)

SIM通:
格安SIMの通話料金は、IP電話でもっと安くなる!
格安スマホの料金をもっと節約したい! そこで注目なのが、IP電話サービスと回線交換型のお得な通話サービス。どこまで安くなるのか、検証してみました。(2015/3/19)

電話に出る前に相手の名前と声を確認 振り込め詐欺対策機能がついた電話機、シャープが発売
通話後に冷静になれるきっかけをつくる 「通話後声かけ」など、7種類の機能がついています。(2015/2/9)

被害額559億円:
どんな機能が搭載されている? シャープ、振り込め詐欺対策用の電話機
シャープは振り込め詐欺対策の機能を搭載したファックス・電話機の計4モデルを発表した。東京都足立区の65歳以上の100世帯を対象に無償で貸与し、2015年4月から9月までの半年間で社会実験の実施も予定されている。(2015/2/5)

スマホ時代は若年層もターゲット? マカフィーが迷惑電話対策アプリを提供する理由
主に高齢者が被害者となっていた詐欺・迷惑の電話の被害が若年層にも広がっている。マカフィーはスマホ時代の迷惑電話対策として、キャリア向けにAndroidアプリを提供する。(2014/12/3)

格安SIMで活用したい通話アプリまとめ――090番号サービス編
MVNOのSIMを利用しつつ格安通話サービスを使って通話料を抑えようという企画の第3回目。今回は「楽天でんわ」「G-Call」「LINEでんわ」の3サービスをチェックする。(2014/11/10)

順位を付けてみました:
iPhone 6&格安SIMなら出番アリ! 定番IP電話アプリ5本
もう無料通話アプリに出番は無い? いえ、SIMフリーや中古iPhoneにはまだまだお得なアプリ。とくにデータ通信のSIMで通話をしたいときはとても便利なのだ。(2014/10/14)

イタズラ禁止?:
誰の声だ!? iOS向けボイスチェンジャーアプリ5本
今や映像だけでなく、自分の声もネット上に公開する時代。だけど自分の声が嫌い、知られたくない……。そんなときに便利な声を変換するアプリがあるんです!(2014/10/9)

フュージョンの「IP-Phone SMART」と「SMARTalk」に新機能
フュージョン・コミュニケーションズが「IP-Phone SMART」サービスに着信拒否機能を追加し、公式アプリ「SMARTalk」を複数端末で利用できるよう改良した。(2014/9/29)

格安SIMで活用したい通話アプリまとめ――050IP電話サービス編
MVNOの格安SIMで、格安通話サービスを使って通話料を抑えようという本企画。今回は、050から始まる電話番号が発行され、より一般の電話に近い感覚で使える「050IP電話サービス」を試してみた。(2014/9/11)

ビッグローブ、電話番号がそのままで通話料が半額になる「BIGLOBEでんわ」を開始
ビッグローブが「BIGLOBE LTE・3G」の音声通話SIM利用者向けに、国内通話が30秒10円から利用できる通話サービス「BIGLOBEでんわ」を開始した。(2014/9/1)

格安SIMで活用したい通話アプリまとめ――無料VoIPアプリ編
MVNOが提供している格安SIMカードを利用すれば、毎月の利用料金を安く抑えらるが、音声通話料を安く抑えるには一工夫がいる。本特集ではスマートフォンで利用できる通話アプリを紹介する。今回は無料のVoIPアプリ6つをピックアップした。(2014/8/28)

ソフトニック:
迷惑電話の防止に 掛かってきた電話番号の情報を知らせてくれるサービス――「LINE whoscall」
「LINE whoscall」は、着信のあった電話番号の情報を通知するAndroidアプリです。迷惑電話の情報もデーターベース化されていて、簡単に確認できます。(2014/5/7)

Android版「LINE」の最新バージョン公開――新機能追加や認証プロセス強化
LINEが、Android版LINEアプリの最新版であるバージョン4.3.0を公開した。スタンプやグループトークなどで新機能を追加したほか、認証プロセスを強化した。(2014/4/30)

IIJ mio meeting #3:
MVNOからみたLINE電話とは?――IIJ宮本氏「ちょっと普通じゃないところがある」
「LINE電話はちょっと普通じゃないところがあるかなと思う」と話す、IIJの宮本氏。MVNOのSIMカードで「LINE電話」を利用すると、使用するSIMの種類によって、通常の携帯電話のように通話ができない場合がある。さらに、LINE電話によって「電話番号の役割が変わってきている」という。(2014/4/28)

音質は? 使い勝手はどう?――LINE電話の“ここ”が知りたい
Android版が提供されている「LINE電話」。その使い勝手や音質など、気になるところを試してみた。(2014/4/14)

Mobile Weekly Top10:
LINE電話で再び注目集める「電話番号偽装問題」 各社の対策は?
LINE電話が浮き彫りにした「電話番号偽装」という古くて新しい問題。業界団体のTCAは2005年に防止のためのガイドラインを設けているが、実際の対策方法は足並みがそろっていない。(2014/4/8)

「LINE電話」番号偽装防止策を導入へ 端末SIM情報の確認など追加、未確認の場合は非通知に
「LINE電話」で電話番号を偽装できる可能性がある問題で、LINEが防止策を段階的に実施すると発表。端末のSIMカード情報を確認するなどのプロセスを追加し、これが確認できず再認証が完了しない場合は番号が非通知となる。(2014/4/4)

「LINE電話の端末・番号確認プロセスを強化」――LINEが公式ブログで段階的な対策実施を表明
電話番号が偽装できると指摘されている「LINE電話」について、LINEが公式ブログで対応策を段階的に実施することを表明した。まずは、「端末・電話番号確認プロセス」を強化する。(2014/4/4)

KDDIとソフトバンクが「電話番号偽装」問題にコメント――ソフトバンクは非通知対応も検討
LINE電話の登場で再燃した「電話番号偽装」問題。KDDIとソフトバンクがその対策についてコメントを寄せた。(2014/3/31)

「LINE電話」番号偽装問題で同社が釈明 「悪用は極めて困難」との説明も、残る偽装の可能性
「LINE電話」で番号偽装が可能な問題についてLINEが釈明。2台持ちユーザーが別の端末の番号で発信できたり、解約した番号でも発信できる点などには触れず、「第三者による電話番号なりすましや悪用は現実的には極めて困難」とのみ説明している。(2014/3/28)

石川温のスマホ業界新聞:
LINE電話「電話番号偽装」を試してみた━━サービス多角化でマネタイズを急ぐLINEに最良の相手とは
Android版「LINE電話」が公開され、電話番号を偽装できることが問題になっている。次々と新サービスを発表するLINEの将来を考えてみた。(2014/3/28)

ふぉーんなハナシ:
LINE電話で発信者番号が通知されない理由をドコモに聞いてみた
Android版「LINE電話」アプリが提供されましたが、相手がドコモ端末だと発信者番号が通知されません。その理由をドコモに聞いてみました。(2014/3/25)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。