ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  O

「OpenSolaris」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!Solaris系OS→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でSolaris系OS関連の質問をチェック

PR:ニーズに適したSDSを急いで導入したい――製品選定と導入検証の課題、解決策は
ビッグデータ時代のストレージとして注目を集めるSDSだが、搭載するソフトウェアによって特長が異なり、自社に最適な製品選びが難しいのが現状だ。また導入時の動作確認に手間と時間がかかる点も、情報システム部門泣かせといえるだろう。こうした課題を解決するためにレノボが提供を開始するStorSelectプログラムは、企業にどんなメリットをもたらすのか。(2016/9/12)

ストレージ専用OS「NexentaStor」でVPSからクラウドサービスに転身
GMOインターネット「ConoHa」、性能大幅改善の鍵はSDSとSSD
GMOインターネットが2015年5月にリニューアルしたクラウドプラットフォーム「ConoHa」。ストレージ基盤にSSDを全面導入してパフォーマンスを格段に向上させた。その取り組みを紹介する。(2015/11/17)

数千台のVMも稼働可能:
フラッシュメモリ領域の処理効率を向上したOracle ZFS Storage
最新のストレージOSを搭載したOracle ZFS Storageは、メモリ内でデータの重複を排除するアーキテクチャを採用。自社データベース製品との組み合わせで最大のパフォーマンスを出す仕掛けを用意した。(2013/10/15)

Oracle Linux 5.9にコミュニティーから批判が続出
Oracle Linuxアップデートで再燃するコミュニティーの不満と怒り
Oracle Linuxの最新版「Oracle Linux 5.9」にオープンソースコミュニティーから批判の声が上がっている。だが根本的な不満は、Sun買収時にも問題になったオープンソースに対するOracleの姿勢にあるようだ。(2013/3/7)

コストだけでは計れない長所と短所
無償ストレージソフトウェアはリスクに値するか?
無償のストレージソフトウェアを利用すれば、中小企業が抱えているストレージに関する多くの課題を解決できる。しかし、単にコストだけに着目すると思わぬ落とし穴があるようだ。(2011/10/7)

仮想化ソフトの最新版:
MacでWinがサクサク動く! 「Parallels Desktop 7 for Mac」を試した
Boot Campを使って“MacでWin”を実現しているけれど、OS Xとの切り替えに再起動するのがちょっとね……そんな人に便利なのが仮想化ソフトだ。Parallelsの最新版では「Lion」をサポートし、グラフィックス機能も強化された。さっそく試してみたよ。(2011/9/14)

sun.comドメインが6月1日に廃止
OracleはOpenSolaris.comなどSun Developer Networkのコンテンツを自社サイトに移している。(2011/3/18)

Apache、Javaコミュニティー脱退を示唆――Oracleのテストキットライセンス拒否に反発
ASFは脱退をちらつかせるだけでなく、「Java SE 7」仕様に反対票を投じる方針も明らかにしており、ほかのメンバーにも同調するよう呼び掛けている。(2010/11/11)

IBM、Java実装「OpenJDK」でOracleと協力――Apache Harmonyから乗り換え
IBMとOracleが、Sunが開発したJavaのオープンソース実装OpenJDKの開発で協力すると発表した。IBMはApache Harmonyを離れ、Javaコミュニティーの安定を目指して“現実的な選択”を行った。(2010/10/13)

Oracleが四半期パッチを公開――Javaの定例パッチも同時公開
OracleデータベースやSolaris、OpenOfficeなど旧Sun製品の脆弱性に対処した四半期パッチと、Javaの脆弱性に対処した定例パッチが同時に公開された。(2010/10/13)

Oracleは「悪の枢軸」――Adobe幹部が批判
Adobeのオープンソース担当幹部は、OracleがかつてのMicrosoftのようになっていると指摘している。(2010/8/25)

小山博史のJavaを楽しむ(14):
UNIX/Linuxも楽しむ Java開発者になるための学習法
教育界、技術者コミュニティでJava言語の教育と啓蒙に長年携わってきた筆者が、独自の視点からJavaの面白さを掘り下げていく。(編集部)(2010/8/10)

ゼロから始める「インフラエンジニア養成所」(2):
インフラエンジニアはOSインストールにこだわるべし
Webがインフラとなりつつあり、クラウドコンピューティングが普及し始めている現在、「ちゃんと仕事のできるインフラエンジニア」は圧倒的に不足している。インフラを基礎から学び直し、市場価値のある優れたインフラエンジニアを目指そう。(2010/7/9)

フォーステン、ネットワーク管理を自動化する取り組みを発表
フォーステン・ネットワークスは、VLANを利用してネットワーク管理を自動化するという構想を発表した。(2010/4/13)

Oracle、「OpenSolaris」を継続すると約束
Sunの買収完了後の将来が懸念されていたOpenSolarisについて、Oracleがユーザーグループからの質問に答えた。「ポジティブでシンプル、ストレートだった」という。(2010/3/1)

OracleがSun買収を完了、OpenOffice.orgは独立事業部に
Oracleが発表したSun製品/技術の統合計画は、基本的に「Sun技術は継続、中心となる戦略的製品はOracle Fushion」という方針で、OpenOffice.orgやVirtualBoxなどに関する今後の方針も明らかにされた。(2010/1/28)

Amazon EC2で「Windows Server 2008」「SQL Server 2008」が利用可能に
AmazonのクラウドコンピューティングサービスEC2で、Microsoftの「Windows Server 2008」と「SQL Server 2008」がようやく利用できるようになった。(2009/12/11)

企業技術者のためのOSSライセンス入門(5):
OSI系OSSライセンスに関する一考察
この連載では、企業がオープンソースソフトウェアとうまく付き合い、豊かにしていくために最低限必要なライセンス上の知識を説明します。(編集部)(2009/11/5)

Open Cloud Innovation Forum レポート:
PR:サンが模索する「あるべきクラウドの姿」
クラウドコンピューティングサービスへの参入を正式表明したサン・マイクロシステムズ。「The Network is The Computer」というビジョンに沿い、持ち前の技術力でクラウドの土台を磨いてきた同社による戦略が「Open Cloud Innovation Forum」で語られた。(2009/8/31)

2009 CommunityOne West Report:
SunがOpenSolarisの最新版を発表
仮想化技術やストレージ機能などを強化したOpenSolarisの最新版をSunは発表した。(2009/6/4)

Solaris ZFS集中講座(3):
ZFSはどう活用できるか
Solaris ZFSは新世代のファイルシステムだ。アプリケーションのOSとしてOpenSolarisを使わない人でもNASあるいはiSCSIストレージを簡単に構築できる。本連載では、Solaris ZFSの基本的なコンセプトやアーキテクチャから、その機能や実用・応用例を解説する(2009/5/28)

エリソンCEOの巨大な影:
OracleはSunの輝きを永久に奪う
OracleによるSunの買収は、とりわけオープンソースコミュニティーにとって悲しい出来事だ。Oracleがうるさい競合製品のMySQLを生かし続ける理由はない。(2009/4/21)

Solaris ZFS集中講座(2):
Solaris ZFSの機能を点検する
Solaris ZFSは新世代のファイルシステムだ。アプリケーションのOSとしてOpenSolarisを使わない人でもNASあるいはiSCSIストレージを簡単に構築できる。本連載では、Solaris ZFSの基本的なコンセプトやアーキテクチャから、その機能や実用・応用例を解説する(2009/4/15)

新データセンター戦略も:
Sun、「Nehalem-EP」搭載サーバ披露へ
Sun Microsystemsは4月14日開催のイベントにおいて、IntelのXeon 5500番台搭載サーバを披露する。このイベントでは、新データセンター戦略「Open Network Systems」も発表される予定だ。(2009/4/13)

Weekly Memo:
IBMのSun買収交渉で気になる富士通の立場
Wall Street Journalが先週、「交渉中」と報じたIBMによるSunの買収が実現すれば、Sunと関係の深い富士通の立場はどうなるのか。興味深い見方もあるようだ。(2009/3/23)

Sun、クラウドコンピューティング市場に本格参入
Sunがオープンプラットフォーム「Sun Open Cloud Platform」を基盤としたサービスで、クラウドサービス市場に参入する。(2009/3/19)

CommunityOne East Report:
Sun、オープン技術の全面採用で群雄割拠のクラウドサービスに参入
沈黙を守ってきたSunがクラウドコンピューティング分野に参入すると正式に表明した。オンラインストレージとアプリケーション稼働環境の提供を軸にしたサービスを夏に発表する。(2009/3/19)

Solaris ZFS集中講座(1):
Solaris ZFSの基本的な仕組みを知る
Solaris ZFSは新世代のファイルシステムだ。アプリケーションのOSとしてOpenSolarisを使わない人でもNASあるいはiSCSIストレージを簡単に構築できる。本連載では、Solaris ZFSの基本的なコンセプトやアーキテクチャから、その機能や実用・応用例を解説する(2009/3/13)

Sun、サーバ向けに32GバイトのSSDを発売
Solaris、ZFSと統合された32GバイトSSDが発売された。価格は1199ドルから。(2009/3/12)

Weekly Memo:
HPがSunを買収する日
HPとSunが先週発表したSolaris搭載HP ProLiantサーバに関するパートナーシップ契約は、来るべきクラウド時代をにらんだ動きだろう。もはや何が起こっても不思議ではない。(2009/3/2)

HP、ProLiantでSolarisをサポートへ
HPは、Solarisを搭載したHP ProLiant、HP BladeSystemを販売する。Solarisが持つ仮想化技術をProLiantやBladeSystemで利用できる。(2009/2/27)

アナリストが斬るITトレンド:
iSCSIが牽引する中堅・中小向けストレージ――大手ベンダーの動向は
データの増大にともない、ストレージへのニーズも高まる中、各ベンダーからさまざまなストレージ製品が発売されている。今回は特に、中小・中堅企業向けストレージにおけるベンダーの動きを探ってみよう。(2009/2/20)

Sun、ストレージ暗号化鍵管理プロトコルを公開
Sunはストレージ製品と鍵管理システム間の通信プロトコルを公開した。オープンソースプロジェクトとして、開発ツールキットを提供する。(2009/2/20)

Sun、商用Webサーバをオープンソースとして公開
Sunは商用Webサーバソフトウェア「Sun Java System Web Server」をBSDライセンスの下で「Open Web Server」として公開した。ただし一部のコンポーネントは公開されていない。(2009/1/20)

DTraceをサポートした「FreeBSD 7.1」がリリース
DTraceをサポートする「FreeBSD 7.1-RELEASE」が発表された。標準スケジューラを一新し、複数のプロセッサの利用が可能になった。(2009/1/7)

米Sunが「OpenSolaris 2008.11」をリリース、東芝ノートPCにプリインストールへ
オープンソース版Solaris OSの最新版がリリースされた。コミュニティ機能や開発者向けのリポジトリを5種類用意し、Songbirdなどのアプリケーションを利用できる。(2008/12/11)

海外ダイジェスト(12月11日)
Yahoo!のジェリー・ヤンCEOが同社の人員削減を全社メールで告知、7〜9月期の世界ミニノート出荷のシェア1位はAcer、など。(2008/12/11)

安藤幸央のランダウン(43):
あなたの知らないJDKの便利ツールたち
「Java News.jp(Javaに関する最新ニュース)」の安藤幸央氏が、CoolなプログラミングのためのノウハウやTIPS、筆者の経験などを「Rundown」(駆け足の要点説明)でお届けします(編集部)(2008/11/13)

IBMとSun、IBMメインフレーム用OpenSolarisのプロトタイプをリリース
IBMとSun Microsystemsは、IBMのSystem zメインフレーム上で動作するOpenSolarisのプロトタイプをリリースした。開発にはSine Nomine Associatesというコンサルティング会社が協力した。(2008/11/5)

小山博史のJavaを楽しむ(11):
Javaはクラウドのプラットフォームになり得るのか
教育界、技術者コミュニティでJava言語の教育と啓蒙に長年携わってきた筆者が、独自の視点からJavaの面白さを掘り下げていく。(編集部)(2008/10/30)

雲の向こうは天国か地獄か:
クラウドに賭けることができるか?
クラウドが勢いを増している。インターネットという雲にあらゆるものを置いてしまうというモデルは、特にシステム投資力の弱い中小企業にうってつけだ。ただ大企業が本格導入するには「サービス停止」というリスクの評価が必要になる。(2008/10/7)

OpenSolarisで始めるブログサーバ構築(最終回):
DTraceでトラブルシューティング
この連載では、サーバOSとして十数年発展してきた「Solaris」をオープンソース化した「OpenSolaris」を紹介し、ブログサーバ「Roller」と組み合わせて運用していくうえで有用なさまざまな知識を紹介していきます。(編集部)(2008/8/6)

Sun、新製品投入でオープンストレージ戦略を強化
Sun Microsystemsが、新ストレージアレイ製品3種、ストレージサーバ製品1種を発表。オープンストレージ戦略を強化する。(2008/7/11)

Linux Hacks:
FUSE経由でZFSを使う
LinuxカーネルではサポートされていないZFSだが、ZFS_on_FUSEを使えばLinuxでも用いることができる。読み取りを多く行う用途であれば、FUSE経由でZFSを使用することによる速度的なマイナスはない。(2008/6/27)

OpenSolarisで始めるブログサーバ構築(6):
シングルノードで手軽にクラスタを試す
この連載では、サーバOSとして十数年発展してきた「Solaris」をオープンソース化した「OpenSolaris」を紹介し、ブログサーバ「Roller」と組み合わせて運用していくうえで有用なさまざまな知識を紹介していきます。(編集部)(2008/6/18)

SunのSSDはSolarisとZFS統合、2008年後半リリース
SunのSSDはMySQLデータベースなどの主要アプリケーション向けに最適化される。(2008/6/5)

バンドル版が対象:
Sun、SolarisアップデートでFlash Playerの脆弱性に対処
Solarisのプラグインとしてバンドル配布されているFlash Playerの脆弱性に対処した。(2008/6/4)

OpenSolarisで始めるブログサーバ構築(5):
可用性を高めるOpen HA Cluster
この連載では、サーバOSとして十数年発展してきた「Solaris」をオープンソース化した「OpenSolaris」を紹介し、ブログサーバ「Roller」と組み合わせて運用していくうえで有用なさまざまな知識を紹介していきます。(編集部)(2008/5/13)

Googleのクラウドユートピアは企業ニーズに合致せず――MuleSourceのCEOが指摘
最近では誰もがクラウドを話題にするようになったが、MuleSourceのダン・ローゼンバーグCEOは、Googleはうわついていると批判する。(2008/5/12)

OpenOffice.org 3.0公開β版リリース
3.0はMac OS Xにネイティブ対応する初のバージョン。「Start Centre」など多数の新機能が盛り込まれている。(2008/5/8)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。