ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  P

「Parallels」最新記事一覧

「Parallels Desktop for Mac Business Edition」で一元管理も
ビジネスMacユーザーのたしなみ WindowsアプリをMac上で稼働させる
Mac上でWindowsアプリケーションを実行できるようにする米Parallelsの「Parallels Desktop for Mac」。そのBusiness Editionを使用すれば、仮想マシンの設定と展開と管理をIT担当者が制御することができる。(2015/10/29)

「VMware Fusion for Mac」も「Windows 10」をサポート(ただしバグあり)
「Boot Camp 6」、「Parallels Desktop 11 for Mac」に続いて、VMwareが「Windows 10」サポートの「VMware Fusion 8」を発売した。価格は新規が9990円、アップグレードは6290円。(2015/8/26)

「Windows 10」サポートの「Parallels 11」、8500円で発売
AppleのBoot Campに続き、ParallelsもWindows 10をサポートした。起動速度が50%速くなった他、CoherenceモードによりOS XでWindows 10の新アシスタント機能「Cortana」を使える(Cortanaは日本ではまだ使えないが)。(2015/8/20)

Windows 10とEl Capitanに対応:
MacでWindows 10の「Cortana」も使える! 「Parallels Desktop 11 for Mac」登場
OS X上でWindowsを実行できる仮想化ソフトの最新版「Parallels Desktop 11 for Mac」では、パフォーマンスの向上に加えて、MacとWindowsのシームレスな操作環境をさらに追求した。(2015/8/19)

WindowsアプリをMac、iOS、Androidへ配信
仮想デスクトップにも低価格の波、Parallelsが最大手2社に挑戦状
買収によってアプリケーション配信市場に参入するParallelsだが、デスクトップ仮想化ベンダーとして不動の地位を築いているCitrix SystemsおよびVMwareとの競争には多くの課題が付いて回る。(2015/3/30)

パラレルス、「Parallels Desktop 10 for Mac」の“Windows 10 Technical Preview”対応アップデータを公開
米Parallels、同社製の仮想デスクトップソフト「Parallels Desktop 10 for Mac」の最新アップデータを発表。このほど公開されたWindows 10 Technical Previewに対応する。(2015/2/16)

Yosemiteへの備えはこれでOK:
パラレルス、Yosemiteに対応するMac仮想化ソフト「Parallels Desktop 10 for Mac」
MacでWindowsを使いたいと思ったときに役立つのが「Parallels Desktop」だ。Mac向けの次期OS「Yosemite」への対応や、処理性能向上などの改良を加えた新バージョンが登場する。(2014/8/20)

iPhoneやAndroidにも対応、リモートアクセスアプリ「Parallels Access」の最新版提供開始
パラレルスは、iPadからWindowsやMacへのリモートアクセスを可能とするアプリ「Parallels Access」の最新版を公開。Android搭載スマートフォン、タブレットに加え、iPhoneにも対応した。(2014/6/17)

App Town ビジネス:
iPad向けリモートデスクトップアプリ「Parallels Access」が日本語に正式対応
パラレルスは、iPad向けリモートデスクトップアプリ「Parallels Access」の新バージョン「1.1」を発表した。日本語を含む9言語を正式にサポートした。(2014/1/30)

パラレルス、企業向けのMac OS X用仮想化ソフトウェア「Parallels Desktop for Mac Enterprise Edition」新版を発表
米Parallelsは、企業向けとなるMac OS X用仮想デスクトップソリューション「Parallels Desktop for Mac Enterprise Edition」の新バージョンを発表した。(2013/11/12)

「中堅中小企業のクラウド利用は間違いなく広がる」――Parallels・スティーンCEO
OS仮想化ソフトで知られるParallelsのバーガー・スティーンCEOが来日。日本の中堅・中小企業のクラウド利用状況や、同社のサービス戦略について説明した。(2013/9/27)

初回出荷分は5000円で手に入る:
パラレルス、Windows 8.1とMavericksに対応するMac用仮想化ソフト「Parallels Desktop 9 for Mac」
パラレルスが仮想化ソフトの最新版「Parallels Desktop 9 for Mac」を発表した。Windows 8.1やMavericksに対応したほか、クラウドストレージとの連携機能を強化。Windows 8への対応もより一層進んだ。(2013/8/29)

iPadのジェスチャーも利用可能:
パラレルス、Windows/Mac両方で使えるiPad向けリモートデスクトップアプリ
パラレルスがiPad向けのリモートデスクトップアプリ「Parallels Access」をリリースした。iPadの操作感をそのままに、MacやWindows PCを操作できる。(2013/8/28)

古いバージョンのままの「Parallels Plesk Panel」に注意:
国内のWebサーバ改ざん、古いコンパネソフトに一因? JPCERT/CCが警告
JPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)は4月8日、改ざんされたWebサイトの多くで、古いバージョンの管理コントロールパネルソフトウェア、「Parallels Plesk Panel」が稼働していると指摘し、注意を呼び掛けた。(2013/4/8)

統合データセンター構想を推進:
Ciscoがストレージ企業と関係強化、ParallelsやNetAppと連携
米Cisco SystemsはParallelsへの出資を1月17日に、続いてストレージ大手NetAppとの提携拡大を24日に発表した。(2013/1/29)

Windows8/Mountain Lionに対応:
パラレルス、Mac用仮想化ソフトの最新版「Parallels Desktop 8 for Mac」
パラレルスが仮想化ソフトの最新版「Parallels Desktop 8 for Mac」を発表。Mountain Lion関連の機能をWindowsで使えるようになったほか、Mountain Lion自体をゲストOSとしてインストールできる。(2012/8/30)

VMwareとParallels、それぞれMac版仮想化ソフトをWindows 8に対応
VMwareは8月24日発売の「VMware Fusion 5」で、Parallelsは9月4日発売の「Parallels Desktop 8 for Mac」で、それぞれWindows 8をサポートする。(2012/8/24)

Parallels Desktop for MacがアップデートでRetinaディスプレイに対応
デスクトップ仮想化ソフト「Parallels Desktop 7 for Mac」がアップデートされ、Retinaディスプレイに対応した。(2012/7/12)

仮想化ソフトの最新版:
MacでWinがサクサク動く! 「Parallels Desktop 7 for Mac」を試した
Boot Campを使って“MacでWin”を実現しているけれど、OS Xとの切り替えに再起動するのがちょっとね……そんな人に便利なのが仮想化ソフトだ。Parallelsの最新版では「Lion」をサポートし、グラフィックス機能も強化された。さっそく試してみたよ。(2011/9/14)

ラネクシー、Mac OS用仮想化ソフト「Parallels Desktop 7 for Mac」を発売
ラネクシーは、米Parallels製のMac OS用仮想化ソフト「Parallels Desktop 7 for Mac」の取り扱いを開始する。(2011/9/7)

「OS X Lion」でWindowsを動かせる「Parallels Desktop 7 for Mac」発表
Windowsだけでなく、OS X LionもゲストOSとして稼働させられるようになった。iOS向けの「Parallels Mobile」と連係させると、モバイル端末と仮想マシン間でテキストのコピー&ペーストもできる。(2011/9/2)

共用ホスティングの運用効率を高める新モジュール、Parallelsが提供
Parallelsは、共用ホスティングシステムのリソース管理やセキュリティ対策を強化したサービスモジュールを発表した。(2010/10/1)

iPadでWindowsアプリが使える「Parallels Mobile」登場
Parallelsが、Mac向けデスクトップ仮想化ソフトの新版発売と同時に、iPadからMac上のParallelsで稼働するWindows環境にアクセスし、Outlookの利用やFlash動画の再生を可能にするモバイルアプリを公開した。(2010/9/15)

「Parallels Desktop 5 for Mac」がリリース
「Fusion 3」発売の1週間後に登場の新版Parallelsは、Windows、Mac、Linux間でのテキストや画像のコピー&ペースト、トラックパッドのマルチタッチへの対応など、70以上の新機能が追加された。(2009/11/5)

ラネクシー、Mac用仮想OSソフト「Parallels Desktop 5 for Mac」
ラネクシーは、Parallels製のMac用仮想OSソフト「Parallels Desktop 5 for Mac」の取り扱いを発表した。(2009/11/4)

ラネクシー、「Parallels Desktop 4.0」最新アップデートを公開――Snow Leopardに対応
ラネクシーは、Intel Mac向け仮想OSソフト「Parallels Desktop 4.0」の最新アップデートを公開。Snow Leopardでの動作をサポートした。(2009/9/4)

WindowからMacへの移行をサポート:
Parallels、USB経由でPCのデータをMacに転送する「Switch to Mac」発表
ParallelsはWindows搭載PCのOS、アプリケーション、データをそのままMacに転送し、Mac上で環境を使えるようにする「Parallels Desktop Switch to Mac Edition」を発表した。(2009/8/26)

オープンソースの仮想PCソフトウェア「VirtualBox」
VMwareやMicrosoftの仮想PC製品に匹敵する無償ソフトウェア
VMwareやParallels、Microsoftの製品にも引けを取らないのではといわれている、オープンソースの仮想PCソフトウェア「VirtualBox」の特徴を紹介する。(2009/7/10)

Apple Snow Leopardにも対応:
Sun、無料仮想化環境「VirtualBox」の新版でOVFをサポート
標準規格OVFをサポートすることにより、VMware、Microsoft、Parallels、XenSourceなどの仮想化技術と互換になった。(2009/4/9)

「Parallels Desktop 4.0 for Mac」がリリース
Mac上でWindowsやLinuxなどのOSを動かすことを可能にする「Parallels Desktop for Mac」の最新バージョンがリリースされた。(2008/11/12)

Macを職場へ――「Enterprise Desktop Alliance」立ち上げ
Parallelsほか5社が、Macのエンタープライズ環境への統合を推進する団体を立ち上げた。(2008/7/2)

プロトン、「Parallels Desktop 3.0」のトレーニングDVD付属版を発売
プロトンは、Mac OS X用仮想化ソフト「Parallels Desktop 3.0」にトレーニングDVDを添付した「Parallels Desktop 3.0 for Mac トレーニングDVD バンドル版」を発売する。(2008/2/18)

Mac OS X Serverが動くParallels Server、公開βに
“Leopard”Serverが、仮想環境のゲストOSとして動作する。(2008/1/10)

元麻布春男のWatchTower:
“日本語版”ParallelsとFusionの違いを把握する――MacでWindowsを動かす
MacでWindowsを動かせるのはBoot Campだけにとどまらない。仮想化ソフトの「Parallels」と「Fusion」の日本語版を試してみた。(2008/1/7)

SWsoft、社名を子会社名の「Parallels」に変更
SWsoftが社名を傘下に収めたParallelsへと変更する。(2007/12/13)

ディーネット、SWsoftの仮想化ソフトをホスティングサービスに導入
ホスティング事業のディーネットは、共有サーバサービス「extremeserv.」にSWsoftのサーバ自動化ソフトウェアと仮想化技術を搭載した。(2007/10/25)

Intel Mac用仮想化ソフト「Parallels Desktop 3.0 for Mac」を発表――10月5日より発売
プロトンは、米ParallelsのIntel Mac用仮想化ソフト最新版「Parallels Desktop 3.0 for Mac」の取り扱いを発表した。(2007/9/4)

予告通り発表:
「Parallels Server」は「Xserve」の救世主になるか!?
WWDCが開催されているサンフランシスコで、Parallelsのラドルフ氏がサーバ版Parallelsの存在を明らかにした。インタビューとともに現地からの動画デモをお届けする。(2007/6/14)

Macの「もう1つの仮想化ソフト」VMwareがβ4に
Intel Mac用仮想化ソフトがParallelsに対抗する機能を搭載し、製品版に向けて一歩進んだ。(2007/6/8)

「3D強化」のParallels Desktop 3.0が出荷開始
Mac OS XとWindowsを共存させるソフトのParallels Desktop最新版は、3DやWindowsとの運用性を強化している。(2007/6/8)

Parallels、「3Dゲーム」対応のMac仮想化ソフト新版を予約開始
Intel Mac用仮想化ソフト、Parallels Desktop 3.0の予約販売が開始された。(2007/6/1)

NEWS
プロトン、「仮想化/バックアップ統合ソリューション」を発売
プロトンが、SWsoftとの代理店契約により、「仮想化/バックアップ統合ソリューション」を発売する。本ソリューションは、仮想化ソフト、バックアップソフト、サーバ、NAS、サーバOS、サポートなどで構成される。(2007/5/25)

言語サポートとローカライズの世界規模な強化を発表 ── SWsoft
5月7日、SWsoftは言語サポートとローカライズのグローバルコミュニティを強化するため、オンラインフォーラムと拡充リソースの提供を発表。このサミットには30カ国以上から300人近い出席者が参加した。(2007/5/8)

Mac用仮想化ソフトのParallels、仮想アプライアンスでVMwareに対抗
「VistaをMac OS Xと並行して動かせる」仮想化ソフトで知られるParallelsが、独自の仮想アプライアンスネットワーク構築を始めた。(2007/4/29)

MacとVistaが同時に使えるParallels新版、正式公開
VistaのアプリとOS Xアプリを「混在」動作できる、Mac用仮想化ソフトの定番が正式リリースされた。(2007/2/28)

Parallels、実は仮想化ベンダーSWsoftに買収されていた
デスクトップからサーバまでのソリューションをそろえることで、VMwareなどの仮想化ライバルに対抗していく。(2007/1/23)

USB 2.0に対応した「VMware Fusion for Mac」がβテスターに公開
Parallelsに続くIntel Mac仮想化ソフトがVMwareからβリリースされた。USB 2.0とデュアルコア対応が実装されている。(2006/11/4)

Parallels、「Windows一発インストール機能」をMac版仮想化ソフトで提供
長時間マシンに張り付いていることを強いる「Windowsインストール作業」を楽にしてくれる機能がParallels Desktopに追加された。(2006/11/2)

プロトン、Intel Mac用の仮想化ソフト「Parallels Desktop for Mac」を国内販売
プロトンは、米Parallels製のIntel Mac用仮想化ソフト「Parallels Desktop for Mac」の国内販売を発表した。製品は日本市場向けにローカライズ済みとなっている。(2006/9/15)

「Leopard上でVistaを動かす」が可能に
Parallels Desktopの最新版で、Mac OS X“Leopard”とWindows Vistaを同時に走らせることが可能になった。(2006/9/8)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。