ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「社長交代」最新記事一覧

製造マネジメントニュース:
ヤマハ発動機で社長交代、2030年の成長に向けて若返り図る
ヤマハ発動機は、取締役会において代表取締役の異動を決定した。2018年1月1日付で代表取締役社長 社長執行役員に日高祥博氏(ヤマハ発動機 取締役 上席執行役員 企画・財務本部長)が就任し、社長の柳弘之氏は代表権のある会長を務める。(2017/11/6)

モノづくり最前線レポート:
第3の矢を放つVAIO、新事業の勝算はVRだけではない
VAIOは都内で経営方針発表会を開催し、2017年6月に就任した新社長吉田秀俊氏が今後の方針を説明した。従来のPC、EMSに加え、3本目の柱としてVRソリューション事業を立ち上げる他、PCの中国展開を復活させることを発表した。(2017/8/2)

VAIO Phoneは「悩み」、新PCは「近いうち」――VAIO新社長語る
VAIOの代表取締役社長に就任した吉田秀俊氏は、PCの事業戦略で「中国市場への参入」とVAIO PCのブランドイメージを語った。(2017/8/1)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
小田急電鉄「保存車両全車解体」デマの教訓
開業90周年、ロマンスカー・SE就役60周年と記念行事が続く小田急電鉄について、「新社長の指示で保存車両を全て解体するらしい」という怪文書が出回った。正確には一部解体にとどまり、将来の博物館建設につながる話でもあった。ほっとする半面、この騒ぎから読み取っておきたいことがある。(2017/7/7)

製造業IoT:
プラットフォーマーになれないパナソニックが描いた“勝ち筋”
パナソニック コネクティッドソリューションズ社はこのほど新社長に就任した樋口泰行氏が記者向けの懇談会に登壇。「現場」を基軸とした“ラストワンマイル”にこそ勝算があるとした。(2017/6/20)

チロルチョコの社長交代告知がインパクト抜群で最高にロック
「誠に勝手ながら本掲載をもってお取引先各位へのご案内に代えさせていただきます」……!(2017/6/10)

「Dropbox Japanはユニークな立場にある」──新社長が掲げる“2つのテーマ”
Dropbox Japanの新社長に元Appleの五十嵐光喜氏が就任。日本の取り組みで生きるDropboxの優位性とは。(2017/5/26)

新社長も就任:
Dropboxがビジネス版に本腰 企業の働き方変える
Dropbox Japanが今後の事業戦略を発表。五十嵐新社長のもと、ビジネス向け製品「Dropbox Buisiness」を強化し、さらなる法人客の獲得を図るという。(2017/5/25)

メルカリ社長交代 「グローバル成長を加速させるため」
創業者の山田進太郎氏が社長を退任し、会長兼CEOに就く。代表権は維持する。(2017/4/17)

「グローバルでの成長加速」目指す:
メルカリ創業者山田進太郎氏、会長に 新社長は小泉氏
メルカリが新体制を発表。創業者であり代表取締役社長の山田進太郎氏が、代表取締役会長兼CEOに就任する。グローバルでの成長加速を目指す。(2017/4/14)

業績回復が目的:
業績不振のブックオフ、社長交代 立て直し図る
ブックオフコーポレーションで社長交代。業績の早期回復を図る。(2017/4/10)

日本IBMがトップ人事、新社長にキーナン氏 4月1日から
日本IBMが役員人事を発表。4月1日付で社長に米IBM出身のエリー・キーナン氏が就任する。(2017/3/1)

「経営体制を刷新」:
赤字転落の「かっぱ寿司」、社長交代
「かっぱ寿司」を展開するカッパ・クリエイトで社長交代。(2017/2/27)

「重要な経営課題」は……:
ANA、新社長に平子氏 篠辺氏は持ち株会社副会長に
ANAの篠辺社長が退任し、後任に平子執行役員が昇格する人事を発表した。(2017/2/16)

セキュリティ企業のラック、新社長に西本専務が昇格へ
国内セキュリティ業界の“顔”として知られる西本逸郎氏が社長に昇格する。(2017/2/3)

DMM.com、新社長にピクシブ片桐孝憲氏を招請 2017年1月から
!?(2016/12/6)

DMM.comが社長交代 新社長にピクシブ創業者の片桐孝憲氏
DMM.comとDMM.comラボが、両社の代表取締役社長にピクシブの創業者で現社長の片桐孝憲氏が内定したと発表。片桐氏はピクシブ社長を退任する。(2016/12/6)

エネルギー市場最前線:
「太陽光発電ビジネスは量から質へ」エクソル新社長インタビュー
4つの事業を柱に太陽光発電総合企業として成長するエクソル。市場環境が変転する中、今後どのようなビジネス展開を考えているのか。エクソル新社長に就任した鈴木伸一氏に目指す方向性などについて聞いた。(2016/8/22)

セキュリティ人材不足、「解決支援に注力」とインテル セキュリティの新社長
インテル セキュリティの新社長に就任した山野修氏が新体制での戦略を表明した。(2016/7/20)

「格安SIMに通話定額がないのはドコモのせい?」 ドコモ株主総会でも目立ったMVNOの広がり
ドコモの株主総会で感じられた格安SIM/格安スマホの広がり。4年ぶりの増収増益を達成し、社長が交代するドコモの経営陣に、どんな質問が寄せられたのだろうか。(2016/6/22)

ドコモ吉澤新社長が就任 AI開発に意欲、料金の値下げにも言及
「パートナーのアイデアを広く受け入れ、新たな発想を生み出したい」とコメント。スピード感ある経営判断が重要と意気込みを見せた。(2016/6/16)

ドコモ新社長に吉澤氏 加藤社長と二人三脚で「ショルダーフォン」開発
ドコモが6月の社長交代を発表した。副社長の吉澤氏が昇格し、加藤現社長は相談役に就く。吉澤氏は技術出身で、加藤氏と二人三脚で「ショルダーフォン」を開発していた。(2016/5/13)

ドコモ社長交代 吉澤副社長が昇格 「スピード感を最重視」
ドコモ社長に吉澤副社長が昇格。(2016/5/13)

NTTドコモが社長交代 加藤氏から吉澤氏に
NTTドコモは、吉澤和弘副社長が社長に昇格する人事を発表した。加藤社長は相談役に。(2016/5/13)

マカフィー、新社長に前EMCジャパン社長の山野修氏を起用
旧RSAセキュリティやEMCジャパンのトップを務めた山野修氏が新社長に就任する。(2016/5/10)

製造マネジメントニュース:
東芝新社長に綱川智氏、キヤノンに売却した東芝メディカルシテムズ社長など歴任
東芝は、代表執行役副社長の綱川智氏を、新たな代表執行役社長候補に決定したと発表した。綱川氏は、キヤノンに売却した東芝メディカルシテムズの社長をはじめ、東芝グループ内で一貫してヘルスケア領域を担当しており、PCや半導体といった不正会計に関わりのあった事業から縁遠い“クリーン”な人材だ。(2016/5/6)

室町氏は特別顧問に:
東芝 新社長に綱川氏、新会長に志賀氏
東芝の新社長に現副社長の綱川智氏が2016年6月に就任することになった。会長には、志賀重範氏が就く。(2016/5/6)

東芝社長交代 室町氏から綱川氏に
東芝は、室町社長が退任し、綱川副社長が社長に昇格する人事を発表した。(2016/5/6)

セブン&アイ、新社長に井阪氏 鈴木氏は退任 正式発表
セブン&アイ・ホールディングスの鈴木敏文会長が退任し、井阪氏が社長に昇格する人事を正式発表。(2016/4/19)

「防御」「検知」「対応」のバランスが重要に
経営者は「サイバー攻撃は防げて当然」という“幻想”から脱却せよ――シマンテック新社長
標的型攻撃をはじめとするサイバー攻撃がビジネスへ与える影響は甚大だ。こうした中、企業の経営陣はセキュリティ対策にどう向き合えばよいのだろうか。就任直後のシマンテック社長に聞いた。(2016/2/26)

フォルクスワーゲン日本法人がトップ人事 3月1日付けで社長交代
フォルクスワーゲン グループ ジャパンは3月1日付けで新社長にティル・シェア氏が就任すると発表した。現社長は副社長として経営陣に残る。(2016/2/23)

ジャストシステム、新社長に関灘氏
2016年3月期第3四半期決算で過去最高益を更新したジャストシステムが代表取締役社長を交代。「成長を加速させ、更なる企業価値の向上を目指す」としている。(2016/2/8)

シマンテック、新社長にMS出身の日隈氏が就任
同社の法人向けセキュリティ事業を推進する。(2016/1/27)

NECの新野新社長が挑む、成長への“3つの課題”
NECが社長および会長人事を発表。安定成長を目指す従来路線を継承することを重視し、副社長の新野氏が昇格する形となった。新野氏は次の中期経営計画で“縦割り”体制の解消や注力事業の絞り込み、そして事業のグローバル化に注力すると語った。(2015/12/26)

トップ人事:
NECが新社長発表、携帯電話端末事業も再編
2016年4月1日付で副社長の新野隆氏が社長兼CEOに就任する。現社長の遠藤信博氏は会長に。(2015/12/25)

「ワン・シスコ」でサービス/製品営業を一体化:
新社長の下、日本に根ざした事業を――シスコシステムズ2016年度事業戦略発表
シスコシステムズは2015年9月29日、2016年度における同社の事業戦略を発表した。2015年5月に新社長に就任した鈴木氏は、日本市場に特化した新ブランドの展開、そして「Internet of Everything(IoE)」を見据えたビジネス展開を目指す。(2015/9/29)

任天堂、新社長に君島達己氏 過去にはポケモン社長、任天堂アメリカ取締役など歴任
岩田社長の後任。(2015/9/14)

任天堂の新社長に君島達己常務
任天堂の社長に君島達己常務が昇格。宮本氏と竹田氏は「フェロー」に。(2015/9/14)

目指すはロボット製造のVAIO?:
「2017年度にPCと新事業の収益を1:1へ」――大田新社長が語るVAIOのこれから
発足から1年を迎えたVAIO新会社は、PCの販売も新規事業も強化する。6月に就任したばかりの大田新社長は、都内で記者会見を行い、今後の事業方針について語った。(2015/8/20)

Palmi:
「VAIOの里」は「ロボットの里」にも、VAIO新社長が新領域を目指す
VAIOの新社長は「VAIO」ブランドの海外進出を図るとともに、AIBOの製造拠点としても知られた安曇野工場の能力を生かし、ロボットやFAなど新領域の開拓を急ぐ。(2015/8/19)

「モバイル・ファースト」時代のWindows最前線:
日本MS新体制で、「Lumia」シリーズの国内展開はどうなる?
7月に経営体制を刷新した日本マイクロソフト。新社長の平野氏のもとでモバイル分野はどう変わるのだろうか。米国ではスマホ事業のリストラやLumiaの継続投入など動きが激しくなってきた。(2015/7/27)

デル日本法人の社長交代:
デル新社長の平手氏は、IoTなど事業のためのITソリューションを推進へ
デルは2015年8月1日で日本法人の代表取締役社長が交代する。これまで社長を務めてきた郡信一郎氏と、新社長の平手智行氏が7月25日に記者会見を行った。平手氏は、コンサルティング企業やシステムインテグレーターとの関係をさらに強化することで、事業に直結するITソリューションを提供していくと話した。(2015/7/27)

顧客視点でのソリューションビジネス拡大へ:
「脱PCメーカーとして突き進むデル」――前ベライゾンの平手氏が社長就任
デルが新社長就任の記者会見を実施。日本アイ・ビー・エムやベライゾンジャパンで経験を積んだ平手智行氏が新社長に就任する。(2015/7/24)

デルがトップ人事 郡社長が退任へ
新社長には前ベライゾンジャパン社長の平手智行氏が就任する。(2015/7/7)

日本マイクロソフトの平野新社長が語る、変革へのビジョンと経営者の視点
人事発表から4カ月、日本マイクロソフトの新社長に平野拓也氏が就任。具体的なビジョンや経営方針について説明した。社長に就任したことで、物事を判断するための考え方も確立したという。(2015/7/3)

これからのWindowsは「製品ではなく体験」 日本マイクロソフト、平野新社長が就任
日本マイクロソフトの新社長に平野拓也氏が就任。「徹底した“変革”の推進」を掲げ、リリースが近いWindows 10の普及などに取り組む。(2015/7/2)

Surface 3は想定を超える初動:
「コアは変革という言葉」──日本マイクロソフト、平野“新体制”が始動
平野拓也氏が新しい執行役社長に就任し、「すべて彼が選んだ役員」と樋口前社長が述べる新しい体制が動き出した。日本マイクロソフトの変わる姿を新社長が語る。(2015/7/2)

企業動向 Altera:
日本アルテラ新社長に、元インターシル日本法人社長の和島正幸氏が就任
日本アルテラは2015年7月1日付で、代表取締役社長に和島正幸氏が就任したと発表した。(2015/7/1)

スズキ、2019年度に売上高3兆7000億円 中計を発表
スズキが5カ年の新中期経営計画を策定。同時に社長交代も発表した。(2015/6/30)

「タカラトミーを変えたい」――老舗おもちゃメーカー、新社長はオランダ人 ドコモと開発したロボット「オハナス」にかける思い
「タカラトミーを大きく変えたい」――タカラトミー新社長に就任予定のメイ氏は対話型ロボット「オハナス」発表会でこう宣言した。ドコモの「しゃべってコンシェル」技術を活用。グローバルにも展開する計画だ。(2015/6/4)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。