ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「心理学」最新記事一覧

質問!心理学→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で心理学関連の質問をチェック

真説・人工知能に関する12の誤解(11):
“人工知能時代”に求められる人間の能力、たった1つの答え
来るべき“人工知能時代”に、人間に求められる能力は何か? そんな問いに対して「人間力」を挙げる人が増えてきています。結局これって、具体的に一体どんな力なのでしょうか。そしてそれを高めるための方法は……?(2017/11/22)

仕事が「つまんない」ままでいいの?(35):
いちいち否定されると、くたびれる――批判的な人に振り回されずに「いい気分」で働くには
あなたのまわりに「批判的な人」はいませんか? そんな人がいる環境で「いい気分」で働くためには、どのようにしたらよいのでしょうか。(2017/11/15)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
6000人のリーダー層を変えた「すごい習慣」とは?
ムリのないラクな方法で行える「行動科学マネジメント」に基づいた習慣化メソッド。(2017/11/9)

CODE BLUE 2017開催、内外の意外な専門家が一堂に:
セキュリティの広がりは車から国家、さらには宇宙空間まで?
IT技術者はもちろん、幅広い分野の人々がセキュリティに関する情報や意見を交換し合う場として、国際カンファレンス「CODE BLUE 2017」が2017年11月7〜10日に開催される。社会的なニーズの高まりを受け、幅広い分野の講演が行われる予定だ。(2017/11/6)

Twitterや自殺サイトで被害者誘い出しか 座間複数遺体
死体遺棄容疑で逮捕された白石隆浩容疑者は、「自殺サイト」やTwitterで被害者と接触していた形跡がある。(2017/11/2)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
劣等感をプラスに活用して、一瞬で自分を変える
心理学者、アルフレッド・アドラーに学ぶ劣等感の使い方。(2017/11/2)

MQAの音が良い理由 ニューロサイエンスが解き明かした聴覚の“真実”
急速に対応機器を増やしている新しい音楽フォーマット「MQA」。容量は少ないのに人が“良い音”と感じる理由は何か。AV評論家・麻倉怜士氏がMQA本社で開発者のボブ・スチュアート氏に徹底取材した。 (2017/10/31)

「社内ネットワークなら安全だ」は脆弱性の根源:
PR:「働き方改革」がサイバー犯罪者の標的に――セキュリティ専門家が指摘する脅威と対策
@IT編集部が2017年9月21日に開催した、セミナー「狙われる働き方改革〜攻撃者視点で明かす、モバイルワークの脆弱性〜」で、基調講演にゲヒルンの代表取締役であり、さくらインターネットのフェロー・CISOとセキュリティ・キャンプ実施協議会の顧問・企画実行委員も兼務する石森大貴氏が登壇した。石森氏は『狙われる働き方改革〜攻撃者とCSIRT、攻守の視点で語るモバイルワークの脆弱性〜』というテーマで、モバイルを活用したリモートワークの危険性と、そうした脅威に対して先進的な企業が行っている対策を紹介した。(2017/10/25)

東名高速夫婦死亡事故:
ハンドル握ると攻撃的になる“人格変貌”男の犯行か
神奈川県大井町の東名高速道路で6月、トラックがワゴン車に追突し、ワゴン車の夫婦が死亡した事故に関心が集まっている。車を運転する人には、とても他人事と言えない事故だったからだ。(2017/10/24)

激高、あおり……ハンドル握ると攻撃的になる“人格変貌”男の犯行か 東名高速夫婦死亡事故
東名高速道路でトラックがワゴン車に追突し、ワゴン車の夫婦が死亡した事故に関心が集まっている。事故を誘発したなどとして逮捕された男は、足でハンドルを操作する様子を知人らが目撃するなど、悪質運転の常習者だった。(2017/10/24)

仕事が「つまんない」ままでいいの?(34):
問題は「能力がないこと」ではない――もしも「社内失業」に陥ったら
仕事がうまくいか“ない”と、つい満たされてい“ない”ことに目が向きがち。でも問題は“ない”ことにあるのでしょうか……。(2017/10/18)

「うなずく」と好感度アップ 「首振り」より40%増 北大が研究
「うなずく」動作は「首振り」「静止したまま」より好感度が40%アップ――北海道大学が効果を検証した。(2017/10/13)

「犯人扱いするな!」ドンキ値札付け替え詐欺、逆ギレ夫婦の行状
「ドン・キホーテ」などで、商品の値札が安値のものに付け替えられる詐欺事件が相次いでいる。露見しても「わしらちゃう、店のミスやんけ!」と開き直られると、犯罪だと告発しにくい背景があるのだ。(2017/10/13)

「付け間違いやろ!」:
「犯人扱いするな!」ドンキ値札付け替え詐欺、逆ギレ夫婦の行状
「ドン・キホーテ」などで、商品の値札が安値のものに付け替えられる詐欺事件が相次いでいる。(2017/10/12)

性別や体格に縛られないおしゃれを 男性の骨格でもかわいく着られるガーリーなカーディガン登場
ベストマッチなワンピースも販売中。(2017/10/2)

赤ちゃんは「大人が奮闘する姿」を見て学ぶ 米MIT研究者
子供は親の背中を見て育つ。それが実証された形だ。(2017/9/26)

Over the AI ―― AIの向こう側に(15):
心を組み込まれた人工知能 〜人間の心理を数式化したマッチング技術
「マッチング」と聞くと、合コンやお見合いなどを思い浮かべる方も多いかもしれませんが、もちろん、それだけではありません。今回は、ゲーム理論、オークション理論、行動経済学を「マッチング技術」として解説します。実はこれらの技術は、“人間の心理を数式として組み込むこと”に成功していて、幅広い分野で成功事例がみられる、とても興味深く珍しいAI(人工知能)技術なのです。(2017/9/21)

仕事が「つまんない」ままでいいの?(33):
仕事がヒマ過ぎるのは、幸せなのか不幸せなのか
長時間労働の抑制をはじめとして働き方改革が叫ばれている中、「ヒマ過ぎてつらい」という悩みも。どのようにすれば解決できるのでしょうか。(2017/9/20)

フェイクニュース検出技術の開発にNSFが30万ドルの助成金 米ペンシルベニア州立大学
フェイクニュース一掃のために全米科学財団が支援する。(2017/9/7)

MONOist編集部が語る10年:
製造業の今までの10年、これからの10年(前編)
2017年8月1日に10周年を迎えたMONOist。それを記念して編集部員が製造業のこの10年と将来について語った。笑いあり、涙ありの熱いトークバトルをお伝えする。(2017/8/30)

ありそうでなかった防災教育 シヤチハタら、世界初の「避難経路を歩きながら災害を疑似体験するスタンプラリー」開発
学校、自治体などの企画で利用する機会があるかも。(2017/8/27)

仕事が「つまんない」ままでいいの?(32):
あなたは細マッチョ? ゴリマッチョ?――スマートな「働く筋肉」の付け方
「働く筋肉」を付けるために必要なのは、「過度な仕事」ではなく「楽しさ」でした。(2017/8/23)

ネットのPR動画はなぜ「炎上」するのか テレビCMとの違いとは
企業や自治体のインターネット動画で、表現が問題視される例が増えている。表現を理由に削除に追い込まれた動画は少なくない。一方で、奇抜さが成功を呼んだ例もある。一線を分けるのは何か。(2017/8/22)

榊巻亮の『ブレイクスルー備忘録』:
敵は社内にあり! 抵抗勢力との向き合い方 「頑固な抵抗に対処する」
目立たぬ時に解決できなかった抵抗勢力が「頑固な抵抗」にまで育ってしまったら……。理性的な判断力でを取り戻し、客観的な判断をしてもらうための対応策を紹介します。(2017/8/11)

医療ツールとしての仮想現実(第2回)
機器の低価格で開かれた仮想現実(VR)の医療利用
仮想現実(VR)は今、医療現場に導入されてさまざまな治療に成果を挙げている。VRの可能性、そして課題とは何だろうか。(2017/8/9)

医療ツールとしての仮想現実(第2回):
機器の低価格で開かれた仮想現実(VR)の医療利用
仮想現実(VR)は今、医療現場に導入されてさまざまな治療に成果を挙げている。VRの可能性、そして課題とは何だろうか。(2017/8/2)

「恥ずかしい……でも解決したい」の心理突き 「アダルトサイトのトラブル解決」真っ赤なウソ
アダルトサイトとのトラブル解決をうたう詐欺容疑で、探偵業者の男が逮捕。検索連動型広告を悪用して集客していた。(2017/7/31)

医療ツールとしての仮想現実
効果が認められた仮想現実(VR)治療、なぜ導入が進まないのか?
仮想現実(VR)は今、医療現場に導入されてさまざまな治療に成果を挙げている。VRの可能性、そして課題とは何だろうか。(2017/7/31)

「ただの見せかけ、パフォーマンスだ」:
北朝鮮との最前線 おとぎ話が覆い隠す韓国の悪夢
韓国の首都ソウルから車で北に30分ほど有刺鉄線沿いの幹線道路を走ると、サッカースタジアム数個分の広さを擁するショッピングモールが2つある。その目と鼻の先にあるのは、南北朝鮮を隔てる世界有数の軍事境界線だ。(2017/7/28)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
一流の研究機関で行われたモチベーションに関する実験結果
私たちを動かしている「モチベーション」とは一体なにか? スタンフォード大学やハーバード大学をはじめとする、各研究機関で解明された「人の心理と行動」のパターンを紹介する。(2017/7/27)

やまぬTwitter「なりすまし」 偽の「唐澤弁護士」140以上も 対策難しく……
Twitterは、他人になりすましてウソの情報を発信することもできてしまう。6月下旬には実在する弁護士になりすまして、小林麻央さんの訃報を弄んだ投稿が混乱を引き起こした。(2017/7/19)

仕事が「つまんない」ままでいいの?(31):
ファシリテーター型リーダーの時代
あなたは「先頭で引っ張る」のが得意なタイプですか? リーダーのスタイルは複数あります。あなたの個性に合ったやり方が分かれば、リーダーの仕事に対する抵抗感は和らぐでしょう。(2017/7/19)

仕事疲れの頭と体回復に特化 ビジネスライフ、フィットネスジム事業参入
ビジネスパーソン向けに頭と体の疲労を取ることを目的に、ストレッチ、ヨガ、瞑想を組み合わせた独自のトレーニングメニューを開発。(2017/6/28)

仕事が「つまんない」ままでいいの?(30):
正しい「残業ゼロ」の実践法
上層部は「残業ゼロ」と言い、ユーザーは「何とかしろ」と言う。どっちの言うことを聞けばいいのでしょか?(2017/6/21)

インターネットの第二の波とソーシャルメディアマーケティング:
AppleのHomePodはイノベーションのジレンマを克服できるか
本格化が予想されるスマートスピーカー市場に後発で切り込んだAppleの「HomePod」。独自なアプローチに関心が集まる一方、サービス支配論理で見るとAppleが直面する課題が見えてきます。(2017/6/14)

エクストリーム営業だこれ 商談の駆け引きをブレイクダンスで表現した動画「サラリーマン交渉バトル」
取引先もノリノリでブレイクダンス。(2017/6/12)

ITエンジニアのための開発現場で役立つ心理学:
伝わる対話の約7割が“言葉より雰囲気” 伝え上手がやっていること
言葉以外の「非言語メッセージ」は、二者間の対話で65%を占めるとの実験結果も。意図せず誤解を与えてしまわないためのコミュニケーション法とは?(2017/6/9)

よりぬきAIの遺電子さん:
近未来SFマンガ「AIの遺電子」出張掲載 第11話「寡黙な彼女」
週刊少年チャンピオンで連載中の“近未来版ブラック・ジャック”こと「AIの遺電子」がITmedia NEWSに登場。編集部おすすめのよりぬきエピソードを全4回にわたって紹介する。(2017/6/8)

人が「2時間しか寝てねえわ〜」とつい言ってしまう理由を心理学的に説明してみる 
つれーマジつれー。(2017/6/6)

問題解決力を高めるコツはプログラミングの原則・思考にあり(終):
貯まった問題との付き合い方――割れた窓の法則、エントロピーの法則に見る技術的負債が起こる理由
本連載では、さまざまなプログラミングの原則・思考の中から、特に問題解決力を高めるのに役立つものをピックアップ。プログラマーは、その思考法をビジネスに応用し、そうではない人はプログラマーと一緒に働く際に思い出してほしい。最終回は、「割れた窓の法則」「エントロピーの法則」から「技術的負債」が起こる理由や、貯まった問題との付き合い方を示す。(2017/8/25)

新連載・ITりてらしぃのすゝめ:
ランサムウェアから大切なデータを守る鍵「レジリエンス」とは何か?
「身近な話題を例にITリテラシーを高める」連載がスタート。世界中で猛威をふるったランサムウェア「WannaCry」。大切なデータを守るために普段からできることはあるのだろうか。(2017/5/25)

仕事が「つまんない」ままでいいの?(29):
オブジェクト指向なんて分かんない!――エンジニアに「基礎力」は必要か?
「あー、これは大体こういう感じね」。新しい仕事をするとき、大枠をざっくりと把握できたらやりやすくなると思いませんか?――それがエンジニアの「基礎力」です。(2017/5/24)

ファッションシェアリングに注目:
「承認されたい!」女性の欲望で育つシェア経済
日本ではやや遅れている「シェアリングエコノミー」。しかし、ファッションシェアリングの分野は成長中だ。ブランドバッグシェアサービス「ラクサス」から、女性をターゲットにしたシェアビジネスを探っていこう。(2017/5/23)

6月病特集:
カウンセラーが教えるアドラー流“捉え方術”
管理職向けにアドラー心理学を応用した教育研修を行うカウンセラーの岩井俊憲さんに、ストレスをかわす“捉え方術”を聞いた。(2017/5/23)

精神科医に聞く:
近年増えている“6月病”とは?
5月は環境の変化や連休による反動で、体調不調を起こしやすい時期である。「いやいや、私の職場は大丈夫」と思っているかもしれないが安心してはいけない。実はいま、5月ではなく6月に突然メンタル不全で倒れてしまう「6月病」が増えているのをご存じだろうか。(2017/5/22)

ストレスフルな職場でエンジニアが心穏やかに働くための5段階感情コントロール(6):
「あなたにはスキルがない」と言われたら――感情コントロール「ステップ5 感情を活かす」
悔しさや怒りの感情が持つエネルギーは、かなり強力。そのエネルギーを、物事を前に進める原動力に変えられたら良いと思いませんか?(2017/5/12)

新生活になじめない人へ ストレスを減らすための4つのポイント
環境の変化に戸惑うことも多い新生活。ストレス軽減のポイントを臨床心理士が解説します。(2017/5/1)

ストレスフルな職場でエンジニアが心穏やかに働くための5段階感情コントロール(5):
私の理想が私をイラッとさせる――感情コントロール「ステップ4 感情を切り替える」
感情が生じるスイッチが自分の中にあるのなら、スイッチが切り替わると感じ方そのものが変わってくるかもしれません。(2017/4/28)

「中二病」って病気なの? 治し方を精神科医に聞いてみた
くそっ鎮まれ……俺の疑問よ……!(2017/4/28)

“中の人”が明かすパソコン裏話:
PCの買い替え時はいつ? 「ITの引っ越し」前に知りたい最新PCとOS事情
メーカーの中の人だからこそ知っている“PCづくりの裏話”を明かすこの連載。今回は「PCの買い換え周期」について語ります。(2017/4/24)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。