ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「楽天リサーチ」最新記事一覧

社内恋愛、経験者の半数以上が「おすすめしない」 楽天ウェディング調べ
楽天ウェディングが社内恋愛に関する調査結果を発表した。経験者の半数以上が「社内恋愛はおすすめしない」と回答した。(2016/6/13)

3人に1人は「割れスマホ」経験あり――楽天モバイルの調査から 3カ月無料キャンペーンも
楽天モバイルは「割れスマホ」に関する調査を実施。およそ3人1人が経験ありと回答し、職場や恋愛でマイナスの印象を与えることが分かった。また、割れスマホ提示で月額料金が3カ月無料になるキャンペーンも行う。(2016/4/11)

“詳しい人”も見落としがちな対策の落とし穴:
「隠れSQL Server」、まさかこんな場所に……
SQL Server 2005のサポートが2016年4月12日に終了する。残り約130日。日本マイクロソフトによると、エンジニアや情シス部門などの“詳しい人”も見落としてしまうSQL Server 2005の「ひっそり残っている、対策の落とし穴」があるようだ。(2015/12/4)

国立国会図書館、図書館に関する意識調査結果を発表
5000人を対象に実施。「情報行動の傾向」「公共図書館の利用状況」「公共図書館への意識」の3つを軸に調査を行った。(2015/4/28)

本との出会い、キュレーションサービス経由が存在感――トレンド総研調査
1年間に1冊以上本を読む20代〜40代の男女500名を対象に実施した。(2015/4/24)

石川、富山、新潟、長野はどうなる:
北陸新幹線開業直前――沿線の人気スポットはここ
3月14日、北陸新幹線が開業する。新幹線の開業で、沿線・駅周辺エリアの人気スポットはどう変化するのか? 動向とその理由を楽天トラベルが調査した。(2015/3/4)

キャリアニュース:
日本で最も誇れる産業は「製造業」。2位以下を大きく引き離す
楽天リサーチが20代から60代の男女1000人を対象にした調査結果を発表。日本の産業の現在と将来について、日本人はどう考えているのかを伝えている。(2015/1/26)

将来、女性にとって働きやすい環境になる……そう感じている人は2割
将来、女性にとって働きやすい環境になっていく――。このような「変化」を感じている人はどのくらいいるのだろうか。全国の男女に聞いたところ……。楽天リサーチ調べ。(2014/12/1)

将来「自分の埋葬方法」はこれで――男女で違い
「お墓参りの文化は薄れつつある」と感じている人も多いかもしれないが、実際のところどのくらいの人がお墓参りをしているのだろうか。20〜60代の男女に聞いたところ……。楽天リサーチ調べ。(2014/9/3)

スキマ時間に何読んでる? 楽天リサーチの読書調査
楽天リサーチが20代〜60代の男女1000人に読書調査を実施。スキマ時間にどんなジャンルの本が読まれているのかが明らかになった。(2014/9/1)

電力供給サービス:
電力小売自由化で利用者の意識、「原子力を保有する電力会社は選ばない」が3割に
電力小売の全面自由化で利用者の選択条件はどう変わるのか。楽天リサーチが全国1000人を対象に調査したところ、自由化によって電力会社以外から電力を購入できるようになることを回答者の6割が認識していた。特に原子力発電を理由に電力会社を敬遠する意向が明確に表れている。(2014/7/23)

携帯電話の料金は高い――けど、定額制の通話サービスはいらない?
携帯電話会社に支払っている1カ月分の金額についてどのように感じている人が多いのだろうか。15〜69歳の男女に聞いたところ「高い」と答えたのは65.9%だった。楽天リサーチ調べ。(2014/6/2)

異性からみた、メガネ男子・女子のイメージ
普段からメガネをかけている“メガネ男子”について、どのような印象がありますか? 20〜30代の女性に聞いたところ……。楽天リサーチ調べ。(2014/4/1)

楽天リサーチ調べ:
シニア層の読書量減少は75.5%、電子書籍利用メリットは文字の拡大
楽天リサーチが全国の50歳以上の男女1000人に「シニアの読書に関する調査」を実施。7割以上が「読書好き」だが、ここ数年で読書量が「減った」と回答した人は半数近くに上った。(2013/8/30)

50歳代、60歳代に高い節電意識:
もしも節電協力金がもらえるなら、いくらほしい?
2013年も夏本番。今年も節電に励んでいる人は多いようだ。楽天リサーチの調査によれば、6割以上の人が新たな追加節電策に取り組みたいとしている。(2013/7/23)

夏のボーナスはいくら? 支給見込額に6割の人が不満
今年の夏にボーナスの支給予定がある人はどのくらいいるのだろうか。20〜60代のビジネスパーソンに聞いた。楽天リサーチ調べ。(2013/5/23)

地下鉄での携帯電話の電波開通――ネットの接続時間は増えた?
地下鉄での携帯電話の電波開通によって、スマートフォンでのネット接続時間にどのような変化があるのだろうか。通勤・通学で東京メトロまたは都営地下鉄を利用していて、スマートフォンを使っている人に聞いた。楽天リサーチ調べ。(2013/4/15)

この1年間で宝くじを買った合計、平均で1万5900円――もし8億円当たったら、何を買う?
過去1年間で宝くじをどのくらい購入しましたか? 宝くじを買った人に合計金額を聞いた。楽天リサーチ調べ。(2013/4/5)

1人暮らしの女性に聞く、引っ越しでお願いしたいことは?
引っ越しをする際、面倒なので誰かに任せたいことは何だろうか。1人暮らしを2010年以降に開始した女性に聞いた。楽天リサーチ調べ。(2013/3/18)

いまだ氷河期? 2014年の新卒採用
2014年4月入社の就職戦線は「氷河期」または「売り手市場」どちらなのだろうか。企業の人事担当者に聞いた。楽天リサーチ調べ。(2012/12/28)

86.6%の人が、英語教育に不満を持っている
子どもを持つ親は、日本の英語教育についてどのように感じているのだろうか。未成年の子どもを持つ親に聞いたところ、86.6%が「日本の英語教育に不満」と回答した。楽天リサーチ調べ。(2012/12/5)

ソーシャルネットワークを活用した調査サービス:
ソーシャルネットワークを使った調査「ソーシャルリサーチ」の提供を開始、楽天リサーチ
楽天リサーチは12月17日より、ソーシャルネットワークを活用したMROCタイプの調査サービス「ソーシャルリサーチ」の提供を開始する。(2012/11/27)

子どもの教育に熱心な親は子どもに本を2倍読ませる――楽天リサーチ
子供を持つ親を対象に実施した「子供の教育と読書に関する調査」で、子どもの教育に熱心な親は子どもに平均の2倍本を読ませていることが分かった。(2012/11/12)

ビジネスノベル新世紀:
内容が良いだけじゃダメ、出版界が模索する販促方法とは
近年、ビジネス書が小説やイラストの力を使って、実売を伸ばそうとしている傾向がある。しかし、パッケージングで工夫が行われているのはビジネス書に限った話ではない。連載「ビジネスノベル新世紀」最終回では、出版業界の現状について改めて振り返る。(2012/9/17)

今夏のボーナス見込み額、昨夏より「減少」が「増加」を上回る
2011年夏のボーナス支給額と今夏の支給見込み額を比較すると、「減りそう」が28.1%と「増えそう」の15.2%を12.9ポイントも上回った。楽天リサーチ調べ。(2012/5/22)

「ポイントが貯まる」「年会費無料」、よく使うクレジットカードの特徴
ポイントサービスがあったり、Web上の決済手段として使えたりと、便利なクレジットカード。「現在最もよく使っているクレジットカードのメリット」を聞くと、「ポイントがよく貯まる」「年会費が無料」が上位だった。楽天リサーチ調べ。(2012/3/26)

現代の花見スタイルは「団子より花、花よりコミュニケーション」
「花より団子」ということわざもあるが、楽天リサーチが花見宴会をする理由を調べたところ、「家族や友人と楽しい時間を過ごすため」が断トツ。「団子より花、花よりコミュニケーション」がポイントになっているようだ。(2012/3/21)

バレンタインデー、ホワイトデーってどんな日?
女性にとってはバレンタイデー、男性にとってはホワイトデー、それぞれどのような日ですかと聞いた。その結果、“恋の祭日”といった意識は、男女ともに薄らいでいるようだ。楽天リサーチとオーネット調べ。(2012/2/13)

冬のボーナス、100万円以上の人はどのくらいいる?
東日本大震災や欧州債務危機などが社会に不安を与えた2011年。今冬のボーナスの支給予定が「ある」という人は66.1%と、「ない」の21.3%の3倍強であることが分かった。楽天リサーチ調べ。(2011/12/9)

人事担当者の過半数、2013年卒も「氷河期」――楽天リサーチ
本格的に始まりつつある2013年卒の就職戦線。しかし、人事担当者の過半数は、2013年卒学生の就職戦線は氷河期の中にあると考えているようだ。楽天リサーチ調べ。(2011/11/30)

外貨投資をしたことはありますか? 5人に1人が経験者
(2011/10/24)

住宅ローン借入先、三大メガバンク以外に地銀や住信SBIネット銀行も人気
住宅を購入する人の多くが利用する住宅ローン。借入先では三大メガバンクのほかに、地方銀行や住信SBIネット銀行も人気があるようだ。楽天リサーチ調べ。(2011/9/22)

電子書籍を読むのに使いたい端末、「スマフォ」が躍進
電子書籍にどのような機能がほしいですか? 電子書籍を利用したい人に聞いたところ「文字の拡大・縮小ができる機能」「インターネット検索ができる機能」と答えた人が目立った。楽天リサーチ調べ。(2011/8/30)

このサービスが充実すれば……ゴールドカードを保有するのに
ゴールドカード(プラチナ、ブラックカードを含む)を利用しようと思ったきっかけは何ですか? 現在ゴールドカードを利用している人に聞いたところ「ポイントが貯めやすい」と答えた人が最も多かった。楽天リサーチ調べ。(2011/8/22)

家事を行っている夫は9割弱、年齢が若いほど積極的に
(2011/6/13)

ボーナスをもらう人の2割、震災支援を行う予定
夏のボーナスはどのくらい支給されるのだろうか。ボーナスが支給される予定の人に聞いたところ「増えそう」と答えた人は16.3%に対し、「減りそう」は29.6%だった。楽天リサーチ調べ。(2011/5/23)

確定申告、e-Taxを“知っていながら使わない”理由とは
今年も確定申告の季節がやってきた。国税庁が電子納税制度のe-Taxを始めてから数年経っているが、まだ、確定申告の方法で一番使われるようにはなっていない。その理由は何なのだろうか。楽天リサーチ調べ。(2011/2/28)

やや好転の兆し? 冬のボーナスの支給額
冬のボーナスが支給される人はどのくらいいるのだろうか。「支給される予定」という人が65.5%に対し、「支給されない予定」は22.3%だった。楽天リサーチ調べ。(2010/12/7)

ネットバンキングを利用する理由、利用しない理由
(2010/10/22)

雪解け見えず「氷河期」……2012年卒の就職戦線
厳しい景況感が続いている、2012年卒の就職戦線はどのような状況になるのだろうか。人事担当者に聞いたところ「氷河期」と答えた人が半数を超えていることが分かった。楽天リサーチ調べ。(2010/10/6)

ローンカードの利用目的、生活費より趣味・娯楽費が上位に
(2010/7/26)

夏の旅行、格安レンタカーでもっと安上がりにできる?
(2010/7/23)

2010年の夏は“クルマで国内旅行”が人気――楽天調査
夏休みのレジャーは何を予定していますか? 20〜69歳の男女1000人に聞いたところ、日帰りで出かけると答えた人が53.8%だった。楽天リサーチ調べ。(2010/7/16)

調査リポート:
電子書籍、6割超が「利用したい」
楽天ブックスが電子書籍に関するインターネット調査の結果を発表。電子書籍の認知度は7割を超え、「利用したい」という回答は6割超となった。(2010/6/28)

電子書籍「利用したい」が6割超 専用端末は「5000円以下」望む声
「楽天ブックス」と楽天リサーチの調査結果によると、電子書籍を「利用したい」という回答が全体の6割を超えた。電子書籍端末に求める価格で最も多いのは「5000円以下」だった。(2010/6/25)

いくらまでなら電子書籍を買いますか?
iPadの発売などで、注目度が上がっている電子書籍。多くの人は電子書籍端末や電子書籍の価格が気になっているようだ。楽天リサーチ調べ。(2010/6/25)

生命保険にいくら支払っていますか?
(2010/6/24)

景気回復は感じないが……夏のボーナスは“支給される”人が増加
夏のボーナスが支給されるという人はどのくらいいるのだろうか。20歳以上のビジネスパーソンに聞いたところ「支給される予定」と答えた人は7割近くいることが、楽天リサーチの調査で分かった。(2010/5/21)

結婚時に相手に求める貯蓄額、女性の2人に1人は「300万円以上」
結婚式や新婚旅行、新生活の準備など、結婚するにあたってはいろいろとお金が必要なもの。未婚女性の49.5%は、結婚相手の男性に300万円以上の貯蓄額を求めているようだ。東京スター銀行調べ。(2010/5/20)

結婚にまつわる費用、平均は281万7000円
(2010/5/17)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。