ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「辞任・退任」最新記事一覧

Ampere Computing:
Intel元社長、サーバ向けArm SoCで再始動
2015年にIntelを退任した、元プレジデントのRenee James氏が、Ampere ComputingのCEOとして、データセンター向けサーバ向けArm SoC(System on Chip)を発表した。データセンター向けサーバ市場は現在、Intelの独占状態だ。(2018/2/20)

好きをカタチにする行動力:
女子アナから働き方を変えた前田有紀さんがいま伝えたいこと
テレビ朝日のアナウンサーとして活躍した前田有紀さんは、入社10年という区切りの年に退社。そこからフラワーやガーデニングの世界に飛び込んだ。彼女自身の歩みを振り返りながら、いま、そしてこれからをじっくりと語ってくれた。(2018/2/13)

Uber、Google系列Waymoとの特許訴訟で和解 2億4500万ドル支払い
Uberが買収した自動運転トラック企業OttoのCEOがGoogle(後のWaymo)退社時に自動運転技術情報を持ち出したとしてWaymoがUberを提訴していた訴訟が和解に達した。(2018/2/11)

Intelの牙城を切り崩せるか:
Intelの元社長、サーバ向けArm SoCで再始動
2015年にIntelを退任した、元プレジデントのRenee James氏が、Ampere ComputingのCEOとして、データセンター向けサーバ向けArm SoC(System on Chip)を発表した。データセンター向けサーバ市場は現在、Intelの独占状態だ。(2018/2/7)

製造マネジメントニュース:
ソニーが20年ぶりの好業績、改革やり遂げた社長の平井氏は退任へ
ソニーは2018年度第3四半期の業績発表と併せて、現社長の平井一夫氏が会長に退き、現副社長の吉田憲一郎氏が社長に就任する社長交代人事を発表した。(2018/2/5)

ソニー、平井社長が会長に 吉田副社長が昇格
ソニーの平井一夫氏が社長兼CEOを退任し、会長へ。後任として吉田憲一郎副社長兼CFOが昇格する。(2018/2/2)

“田中プロ”退任で高橋社長体制へ:
KDDI、4〜12月期は増収増益 金融事業など好調で“新体制”へ弾み
KDDIの17年4〜12月期は増収増益だった。金融・保険事業など「ライフデザイン事業」が好調だった。田中孝司社長が4月1日付で退任し、高橋誠副社長が社長に就く新体制に向けて弾みをつけた。(2018/1/31)

KDDI、田中社長が退任 高橋誠氏が新社長に
KDDIが社長交代。田中孝司氏が退任し、後任は高橋誠氏に。高橋氏は主にコンテンツ事業や新規事業を担い、直近では経営戦略本部長として、田中社長を支えてきた。(2018/1/31)

CNNに会社を買収された人気YouTuber、ケイシー・ナイスタット氏が約1年で退社
人気YouTuberのケイシー・ナイスタット氏が、13カ月前にCNNに売却した自身のソーシャルメディア企業Bemeから去る。BemeはCNNに吸収される。(2018/1/26)

HPEのホイットマンCEO、スマホ向け動画ベンチャーNewTVの初代CEOに
今月いっぱいでHPEのCEOを退任するメグ・ホイットマン氏の次の行き先はジェフリー・カッツェンバーグ氏が設立した動画プラットフォーム会社。(2018/1/25)

データに強い会社に変える:
社長交代のヤフー、宮坂・川邊両氏が明かした「目的と舞台裏」
ヤフーが社長交代を発表。宮坂学社長が退任し、後任には川邊健太郎副社長が就く。記者会見で、宮坂・川邊両氏がその目的と舞台裏を明かした。(2018/1/24)

ヤフー社長交代 宮坂氏から川邊氏に 「若返り」重視
ヤフーの宮坂学氏が6月に代表取締役社長を退任し、代表権のない取締役会長に。(2018/1/24)

TwitterのノトCOOが退任し、新興ファイナンス企業のCEOに
Twitterのジャック・ドーシーCEOを支えてきたCOO(最高執行責任者)のアントニー・ノト氏が同社を去る。ノト氏は前CEOがセクハラで辞任して空席になっていた新興ファイナンス企業SoFiのCEOに就任する。(2018/1/24)

JR西、副社長が交代 のぞみ“亀裂トラブル”で
JR西日本の代表取締役副社長の吉江則彦氏が1月5日付で退任。(2018/1/5)

Apple Musicのキーマン、ジミー・アイヴォン氏が8月退社か
Appleの3億ドルでのBeats Electonics買収でApple入りしたジミー・アイヴォン氏(64)が今夏に同社を退社するとBillboardが報じた。(2018/1/5)

ピクシブ社長交代 創業者・片桐氏は取締役退任
ピクシブの伊藤社長が退任。創業者の片桐氏も取締役を退任する。(2018/1/5)

PEZY斉藤社長、詐欺罪で起訴 退任へ
スパコンベンチャー・PEZY Computingの斉藤社長が、詐欺罪で東京地裁に起訴された。斉藤社長は退任する予定だ。(2017/12/26)

GoogleのCEOも務めたAlphabetのエリック・シュミット会長が退任へ
2001年にGoogleの会長に就任して以来17年間、共同創業者を支えてきたエリック・シュミット氏が、Alphabetの会長を2018年1月に退任する。退任後はテクニカルアドバイザーとして同社にかかわる。(2017/12/22)

ドワンゴ川上氏、代表取締役会長を退任 「新技術の開発に集中」
ドワンゴ創業者の川上量生氏が代表取締役会長を退任した。今後は代表権のない取締役、IT全般の最高責任者(CTO)に就き、動画サービス「niconico」の強化、AI(人工知能)、教育事業などIT関連の新規事業開発に注力するという。(2017/12/21)

取締役CTOに:
ドワンゴ、川上量生氏が会長を退任
ドワンゴ創業者の川上量生氏が代表取締役会長を退任し、代表権のない取締役CTO(最高技術責任者)に就任した。(2017/12/21)

ドワンゴ川上量生氏が会長職から退任 今後は”取締役CTO”へ
「新技術の開発により集中することがグループの価値を極大化できる」との判断から。(2017/12/21)

電通時代のセクハラを告発された広告クリエイター・岸勇希さん 刻キタルの代表を辞任・退職
ライター・作家のはあちゅうさんからセクハラ・パワハラ行為を告発されていました。(2017/12/19)

ドワンゴ川上会長、niconico運営責任者を“退任” 栗田取締役のもと新体制へ
ドワンゴの川上会長が「niconico」運営責任者を退き、栗田穣崇取締役が引き継ぐと明らかに。ユーザーから批判が殺到した「画質、重さ」問題に臨む。(2017/12/12)

無償で草むしりも:
清水建設の執行役員辞任 取引先に実家の雪降ろしさせる
清水建設の執行役員が辞任。福島県で除染工事を請け負っていた業者に、無償で実家の雪降ろしや草むしりをさせていたという。(2017/12/11)

「いい親父」と慕われた名将:
仙台育英野球部の名将、佐々木監督の辞任にOBたちは……
高校野球の強豪、仙台育英学園高の佐々木順一朗氏が野球部監督を辞任。突然の発表に、野球部のOBたちからは戸惑いの声も……。(2017/12/11)

ドローンがオフィス内を定期巡回、残業を監視――大成らが来春からサービス開始
大成、ブルーイノベーション、NTT東日本は、屋内ドローンを利用したオフィスの巡回サービスを開発。夜間警備などに加え、残業状況を遠隔監視し、退社を促すこともできる。(2017/12/8)

夜のオフィスでドローンが残業監視 「働き方改革に貢献」
夜間のオフィス内にドローンを飛ばし、スタッフの残業状態を監視する新サービス「T-FREND」をNTT東などが開発。人が巡回しなくても、残業している人に退社を催促したり、オフィスの警備が可能に。(2017/12/7)

心労不可避 ハッシュタグ「IT業界クソ現場オブザイヤー」に常識や時間の概念を超えた現場の声が集う
33時退社とは。(2017/12/4)

Tumblrのデビッド・カープCEOが辞任を発表
2007年にソーシャルブログサービスTumblrを立ち上げたデビッド・カープCEOが、来年同社を去ると発表した。(2017/11/28)

Twitter従業員、退職日にトランプ大統領のアカウントを失効させて英雄扱い
Twitterを退社するカスタマーサポート担当従業員が最終出社日にドナルド・トランプ米大統領のアカウントを失効させ、11分間無効になった。Twitterのこの説明を受け、Twitter上ではこの元従業員を英雄視するツイートが多数投稿された。(2017/11/3)

健全な環境は健全な社内文化から生まれる
UberのCEO辞任から学ぶ健全な社内文化の作り方
女性にとって安全で快適な環境は、そのまま企業の働きやすさにつながる。問題はどのようにすれば安全で快適な環境を構築できるか、ということだ。セクハラ問題を起こした企業を反面教師としてその解決方法を探る。(2017/11/1)

「神回と言われるやつ」 “モヤさま”にテレ東退社の大橋アナが出演、三村マサカズ大興奮
やったぜ!(2017/10/27)

Facebookの「Building 8」リーダー、レジーナ・デューガン氏が退社へ
FacebookがGoogleのATAPから引き抜いたレジーナ・デューガン氏がBuilding 8のリーダーを18カ月務めた後、2018年初頭に同社を去る。(2017/10/18)

Apple、新法務顧問にキャサリン・アダムス氏 FBIと闘ったスウェル氏は引退
Appleが、年末に法務顧問兼上級副社長を退任するブルース・スウェル氏の後任として、Honeywellの法務顧問、キャサリン・アダムス氏を指名したと発表した。(2017/10/9)

Uberの前CEO、取締役2人を突然指名 取締役会は「驚いている」
投資家からの圧力でCEOを辞任したUberのトラヴィス・カラニック氏が、取締役会に無断で2人の新取締役を指名した。近く開かれる取締役会で自分の権限が縮小されるのを避ける目的とみられる。(2017/10/2)

1億人以上の顧客情報を流出したEquifax、CEOが引責辞任
顧客約1億4300万人の個人情報流出事件を起こした米信用情報機関大手Equifaxの会長兼CEOが辞任する。同社は暫定CEOを立て、正式CEO探しを始める。(2017/9/27)

「物件ファン」に新会社で注力:
はてな創業者・近藤会長、代表取締役を退任へ
はてな創業者の近藤淳也氏が代表取締役会長を退任する。(2017/9/26)

「大統領の衝動は誰も抑えられない」:
バージニア州衝突、大統領の対応巡り政権幹部の辞任に発展も
米バージニア州で白人至上主義団体と反対派が衝突した事件でトランプ米大統領の対応に批判が集まっている問題は、今後政権幹部の辞任にも発展する可能性がある。(2017/8/17)

劇的な変革のウラ側:
「定時退社」「残業時間2割減」三井住友海上とJALの挑戦
社員約2万人に対して「原則午後7時退社」を可能にした三井住友海上火災保険、わずか半年で残業時間を2割減少させた日本航空――働き方改革を成功に導いた企業は、どのようにして変革を進めたのか?(2017/7/19)

Twitter、ようやく新CFO(最高財務責任者)を指名
Twitterが、COO退社後アントニー・ノト氏が兼任してきたCFOの座に、Goldman Sachs出身のネッド・シーガル氏を迎えた。(2017/7/12)

明確な行動理念を打ち出すことが重要
UberのCEO辞任が証明する「企業文化が病めば企業全体が病む」
Uberのトラビス・カラニックCEOの辞任は、企業文化の重要性を浮き彫りにした。CIOは企業文化の育成にどう貢献できるのだろうか。(2017/7/5)

Pandoraの創業者CEOが退任 元Sling Media社長が取締役会に参加
オンラインラジオの老舗Pandoraを創業したティム・ウェスターグレン氏がCEOを辞任し、取締役会からも退く。SpotifyやApple Musicとの競争に苦戦する同社はSiriusからの出資や新取締役の参加で音楽市場シェア拡大に向かう。(2017/6/28)

UberのカラニックCEO、辞任 投資家からの圧力で
攻撃的な手法で知られる創業者がCEOを退いた。(2017/6/21)

富士ゼロックス会長ら退任 不適切会計で375億円損失
富士ゼロックスの海外グループ会社の不適切会計をめぐり、同社の会長らが退任。(2017/6/12)

Uber、ドライバーによるレイプ被害者の診断書保持幹部をメディアに発覚後解雇
Uberが弁護士事務所に依頼した社内調査の過程で、2014年にインドで起きたレイプ事件の被害者の診断書をアジア担当責任者が保持していたことが明らかになり、この幹部は退社した。(2017/6/8)

16年に退任:
7&iHD、鈴木前会長に役員退職慰労金など総額11億円
7&iHDは16年5月に退任した鈴木敏文前会長に対し、総額11億3200万円の報酬を支払っていた。(2017/6/7)

Apple Music責任者のボゾマさん、トラブル続きのUberのCBOに
昨年のWWDC 2016でのユニークなプレゼンで注目を集めた「Apple Music」責任者のボゾマ・セイント・ジョン氏がAppleを退社し、Uberの最高ブランド責任者に就任した。セクハラやCEOの暴言で下落した同社のブランドイメージ回復に努める。(2017/6/7)

「一切イジメ受けてない」 紺野あさ美、テレ東退社で仲間たちへの感謝を伝える
「紺野、今から踊るってよ」がまた見たい。(2017/6/2)

Evernote創業者のフィル・リービン氏、“人工知能スタジオ”立ち上げ
Evernoteの会長退任後、ベンチャーキャピタリストとして活躍してきたフィル・リービン氏が、AIのアイデアを持つチームのアイデア製品化を支援するスタジオ方式の企業All Turtlesを立ち上げた。(2017/5/16)

「東北は桜の季節」:
「#東北でよかった」 東北応援ツイートが多数集まる
暴言によって今村復興相が辞任した一方、「東北でよかった」を逆手に取り、東北の良さを挙げて応援する投稿がTwitterで人気になっている。(2017/4/26)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。