ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「辞任・退任」最新記事一覧

偽社長の送金指示メールで大金被害、本物の社長が辞任するケースも
「急に資金が必要だ」といった内容のメールで経理担当者などに入金させる詐欺が横行し、毎日400社近くが狙われているという。(2016/7/15)

退任したアローラ氏、役員報酬は64億円 最高額更新
ソフトバンクグループの副社長を退任したニケシュ・アローラ氏の役員報酬額は過去最高を更新した。(2016/6/22)

孫社長「悩んでさらに毛が抜けた」 “後継者”アローラ氏退任の理由を語る
ソフトバンクグループの孫社長は、“後継者”ニケシュ・アローラ氏の退任について「とても悩んだ」と明かした。「シンギュラリティ」を迎えるに当たり、「あと5年、10年は社長でいたい」と考えを変えたという。(2016/6/22)

ソフトバンク退任のアローラ氏、「マサとは今でもお互いを敬愛している」とツイート
ソフトバンクが代表取締役副社長のニケシュ・アローラ氏の退任を発表した後、アローラ氏は自身のTwitterアカウントで約3時間にわたってフォロワーからの質問や激励に答えた。(2016/6/22)

孫社長の後継者候補、ニケシュ・アローラ副社長が退任
ソフトバンクグループのニケシュ・アローラ副社長が6月22日の株主総会をもって代表取締役と取締役を退任する。ニケシュ氏は孫正義氏の後継者候補だったが、当面は孫氏が社長を継続する。(2016/6/21)

ソフトバンク孫社長の後継者・アローラ氏が退任 トップ交代時期の意向に隔たり
ソフトバンク孫社長の後継者・アローラ氏が退任へ。(2016/6/21)

元ジブリP西村義明氏、英紙の性差別発言について謝罪 「映画を作るのに性別は関係ありません」
インタビューは昨年9月に行われたもので、すでにジブリを退社後であったとのこと。(2016/6/13)

Nest LabsでCEO交代──“iPodの父”トニー・ファデル氏から元Motorola Mobility幹部へ
Nest Labsの共同創業者で“iPodの父”として知られるトニー・ファデル氏が、同社のCEOを退任する。後任はMotorola MbilityのGoogle傘下時代にIoT部門の責任者を務めたマルワン・ファワズ氏。(2016/6/4)

別の車のデータを組み合わせたケースも 三菱自、「パジェロ」などで燃費データ不正を確認
三菱自の燃費データ不正で、相川社長の引責辞任を発表。データ不正はパジェロなど4車種にも拡大。(2016/5/18)

“プロ経営者”でも成果示せず ベネッセ原田社長退任、2年連続で最終赤字
ベネッセホールディングスは11日、原田泳幸会長兼社長が退任し、後任の社長に福原賢一副社長が昇格する人事を発表した。(2016/5/12)

ベネッセHD、原田会長兼社長が退任へ 引責か
ベネッセホールディングスは、原田泳幸会長兼社長が退任する役員人事を発表した。(2016/5/11)

東芝社長交代 室町氏から綱川氏に
東芝は、室町社長が退任し、綱川副社長が社長に昇格する人事を発表した。(2016/5/6)

元AKB48高城亜樹が4月末で所属事務所を退社、フリーに
公式ブログで発表、5月1日の握手会が最後に。(2016/5/2)

セブン&アイ、新社長に井阪氏 鈴木氏は退任 正式発表
セブン&アイ・ホールディングスの鈴木敏文会長が退任し、井阪氏が社長に昇格する人事を正式発表。(2016/4/19)

グループトップに約24年君臨:
セブン&アイの鈴木会長が晩節を汚す結果を招いたワケ
7日、セブン&アイ・ホールディングスの中興の祖であり、カリスマ経営者として名をはせた鈴木敏文会長兼最高経営責任者(CEO、83)が自ら辞任を表明した。(2016/4/18)

「井阪社長の発言にがっかり」「なんで息子の話が出てくるのか」セブン鈴木会長辞任会見
セブン&アイ・ホールディングスの鈴木敏文会長兼最高経営責任者の会見での一問一答の詳細は次の通り。(2016/4/8)

クックパッド穐田氏が代表退任 創業者佐野氏、執行役に復帰 「料理に集中」
クックパッド穐田氏が代表を退任。創業者の佐野氏は執行役に復帰した。今後は料理を柱とした事業に集中するという。(2016/3/25)

元G+のガンドトラ氏がCEOの新興企業、心電計になるApple Watchバンドを発表
2014年にGoogleを退社した“Google+の顔”、ヴィク・ガンドトラ氏がCEOを務めるAliveCorが、心電計機能を持つ「Apple Watch」バンド「Kardia Band」を発表した。(2016/3/17)

文字数制限を1万字に拡大:
米ツイッターで内紛か お騒がせ創業者の復帰で幹部社員が一斉退社
短文投稿サイトの米ツイッターが文字数制限を1万字へ拡大すると話題を呼んでいる。経営の混乱と業績低迷で“お騒がせ”創業者をトップに呼び戻したが、今度は主要幹部が一斉退社するという「非常事態」に陥った。(2016/2/9)

米Twitterで内紛か お騒がせ創業者の復帰で幹部社員が一斉退社 起死回生「140字→1万字」の成算はいかに?
「つぶやいている」場合じゃない?――Twitterが非常事態だ。一度は放逐した“お騒がせ”創業者をトップに呼び戻したが、今度は主要幹部が一斉退社。文字数制限は1万字に拡大されるとの観測だ。(2016/2/8)

Googleの検索責任者、アミット・シングハル氏が退社へ 後任は人工知能(AI)担当幹部
Googleに15年務めたベテランで検索アルゴリズムを統括してきたGoogleフェロー、アミット・シングハル氏が退社し、社会貢献に専念すると発表した。後任は人工知能部門責任者のジョン・ジャナンドレア氏。(2016/2/4)

お疲れ様でした! ディレ1こと、アイマスの総合ディレクター、石原章弘さんが退社
声優さんたちからも多数感謝の言葉が。(2016/2/2)

「アイマス」総合ディレクターの石原さん、バンダイナムコを退社
「アイドルマスター」シリーズの開発を総合ディレクターとして手がけてきた石原章弘さんがバンダイナムコエンターテインメントを退社。(2016/2/1)

Twitter、元アメックスのマーケティング幹部をCMOに採用
Twitterは、American Expressで広告・マーケティングの責任者を務めるレズリー・バーランド氏を新たな役職であるCMO(最高マーケティング責任者)に迎えると発表した。Twitterからは最近、4人の幹部が退社している。(2016/1/27)

また1人離脱:
Twitter幹部のジェイソン・トフ氏、「GoogleでVRやります」とツイート
TwitterのドーシーCEOが4人の幹部の退社を発表した後、また1人離脱を発表した。Vine担当GMのジェイソン・トフ氏が同社を離れ、GoogleのVR(仮想現実)チームに参加する。(2016/1/26)

TwitterのドーシーCEO、幹部4人の退社をツイートで発表
Twitterの“リーダーシップチーム”10人中4人が退社すると、ジャック・ドーシーCEOがツイートで発表した。後継者はまだ決まっておらず、COOとCTOが暫定的にカバーする。(2016/1/25)

カトパン、フジテレビ辞めるってよ 4月から早起きできねえぇぇ!!!
「めざましテレビ」は4月1日卒業、同月いっぱいで退社。(2016/1/22)

前TwitterのCEO、ディック・コストロ氏がフィットネスアプリ企業を立ち上げへ
2015年7月にTwitterのCEOを辞任したディック・コストロ氏が、フィットネスアプリの企業を立ち上げると、テキストのスクリーンショットをツイートに添付する形で発表した。(2016/1/20)

「Google X」は「X」になり、ロボット事業も統合──re/code報道
Googleの“ムーンショット工場”である「Google X」がAlphabet傘下の「X」になり、従来よりインキュベーター的な組織になるとre/codeが報じた。アンディ・ルービン氏退社後不在だったロボティクス部門のリーダーが決まり、同部門もX下に入る。(2016/1/18)

在任わずか半年で突然辞任!:
ルネサス 遠藤会長兼CEOが辞任
ルネサス エレクトロニクスは2015年12月25日、代表取締役会長兼CEOである遠藤隆雄氏が辞任したと発表した。(2015/12/25)

Meet Recruit:
情報処理力から情報編集力へ 「東京都で義務教育初の民間校長」を務めた藤原和博が語る、教育環境のパラダイムシフト
18年間勤務したリクルートを退社し、義務教育初となる民間人の中学校校長になった経歴を持つ藤原和博氏。現在は教育改革実践家として、自らが提唱する正解がない答えに向き合うための教育を軸とした「よのなか科」を、講義、著書、『受験サプリ』などで発信。リアルな教育現場を知る藤原さんに、日本の教育環境の変化や今後求められる教育の在り方について伺った。(2015/12/25)

五輪組織委・豊田副会長が辞任 「経済界としての支援に専念」
トヨタ自動車の豊田章男社長が、東京五輪組織委の副会長を辞任した。(2015/12/21)

Apple、幹部チームを再編 大手広告代理店Greyの幹部の参加も
Appleが幹部チームの再編を発表した。これまでエディ・キュー上級副社長が統括してきた一連のアプリストアがフィル・シラー上級副社長下に移り、浅井弘樹氏の退社後、マーケティングコミュニケーション担当副社長としてGrey Groupのトー・ミーレンCCOを迎える。(2015/12/18)

SCE、小島監督と契約締結を発表 新作はPS4独占に
コナミを退社した小島秀夫さんがスタジオ「コジマプロダクション」を新設し、SCEと契約。(2015/12/16)

小島監督がコナミを退社 「契約期間満了」
「メタルギア」シリーズを手掛ける小島秀夫さんが、コナミデジタルエンタテインメントを正式に退社した。(2015/12/16)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
まだ間に合う、やはり小久保監督は辞任すべき
初の国際大会「プレミア12」で、日本代表の侍ジャパンは3位に終わった。大会前から「世界一を獲る」とぶち上げ続けていた小久保監督に対し、批判が集中。ネット上では今も沈静化する気配はまったくない。(2015/11/26)

「メタルギア」の小島秀夫監督、コナミを退社したと米媒体報道 コナミは否定、「長期休暇中です」
米国メディアが、「メタルギア」シリーズの小島監督がコナミを退社したと報じて話題になっていますが……。(2015/10/20)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
残念な結果に終わった広島カープ――続投の緒方監督はどっちのタイプか?
セ・リーグの優勝候補に挙げられていた広島カープが残念な結果に終わった。ファンの間からは「緒方監督辞任」を求める意見が多数ある中で、本人はユニホームを脱ぐ意思はなく、来季も続投。しかし、組織のトップは結果を残せなければ責任を問われ……。(2015/10/15)

Evernote共同創業者のフィル・リービン氏、ベンチャーキャピタリストに
Evernoteの共同創業者で、7月にCEOを退任して会長になっていたフィル・リービン氏が、SnapchatやStripeに出資するベンチャーキャピタル(VC)、General Catalyst Partnersのパートナーに就任した。(2015/9/16)

不倫サイトのCEOが辞任──「攻撃への対処を続ける」と幹部チーム
会員情報の漏えいで自殺者まで出ているカナダの不倫奨励SNSサイト「アシュレイ・マディソン」を運営するAvid Life MediaのCEOが辞任した。同社はサービスを継続するとしている。(2015/8/29)

不倫SNS「アシュレイ・マディソン」CEOが退任
いろいろ大変なことになってますね……。(2015/8/29)

東芝、田中社長ら歴代3社長が辞任 不適切会計に「組織的関与」報告受け
東芝の不適切会計にはトップを含めた組織的な関与があったとして、歴代3社長が辞任。(2015/7/21)

スピン経済の歩き方:
なぜトヨタは「女性役員の個人的な違法行為」で謝罪会見を行ったのか
オキシコドンの密輸容疑で逮捕され、トヨタ自動車を辞任した前常務役員のジュリー・ハンプ氏。彼女が逮捕されるとすぐに、豊田章男社長は謝罪会見を開いた(のちに不起訴)。一部メディアは好意的に受け止めていたが、企業の危機管理を担当しているプロからは評判が悪い。その理由は……。(2015/7/14)

reddit、エレン・パオ暫定CEOの退任と共同創業者のCEO就任を発表
差別発言の規制や突然の従業員解雇でユーザーからの批判が高まっていたredditの暫定CEO、エレン・パオ氏が退任し、同社を離れていた共同創業者のスティーブ・ハフマン氏がCEOに就任する。(2015/7/11)

デルがトップ人事 郡社長が退任へ
新社長には前ベライゾンジャパン社長の平手智行氏が就任する。(2015/7/7)

企業動向:
Intelのプレジデントが退任へ
Intelのプレジデントを務めるRenee James氏が退任するという。同氏の他にも、ベンチャーキャピタル部門やモバイル機器関連の事業部のトップも退任を発表している。(2015/7/3)

麻薬取締法違反容疑で逮捕のトヨタ常務役員が辞任
麻薬取締法違反の疑いで逮捕されたトヨタのハンプ常務役員が辞任した。(2015/7/1)

M&Aで競合に先を越され続けているけれど:
焦りは禁物、でも大胆に――ルネサスの成長を託された遠藤新会長が会見
2015年6月24日、同日付でルネサス エレクトロニクスの会長兼CEO(最高経営責任者)を退任した作田久男氏と、代わって会長兼CEOに就任した遠藤隆雄氏がそろって記者会見を行った。(2015/6/24)

Microsoft、OSとハードウェア部門を「Windows and Devices Group」に統合 エロップ氏は退社
Microsoftは、“サービスとしてのWindows”を推進する目的で、これまで2つに分かれていたWindows部門とハードウェア部門を「Windows and Devices Group」にまとめる。同グループはテリー・マイヤーソン氏が統括し、Nokia買収でMicrosoftに返り咲いたスティーブン・エロップ氏は退社する。(2015/6/18)

New York TimesはiOS優先のアプリ戦略を実験中
苦悩する老舗メディア、モバイルアプリに社運を託したが……
米New York Timesの最高情報責任者(CIO)を退任することを2015年5月半ばに発表したマーク・フロンス氏は、デジタルメディアで成功を収めるための最短経路を「実験の文化」に見いだしている。(2015/6/15)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。