ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「詐欺」最新記事一覧

「詐欺被害相談サービス」をかたる悪質事業、消費者庁が注意喚起 “架空請求業者との交渉を代行”で依頼料を請求
消費者が怪しい電話番号を検索する行動を利用していました。(2017/5/22)

「詐欺被害の相談サイトに注意して」――消費者庁、悪質業者を名指しで注意喚起
詐欺被害の相談サイトをかたる悪質事業者の住所に行っても実態はつかめず、連絡も一切取れなかったという。(2017/5/22)

WannaCry騒動の裏で……「駐禁報告書」メール大量拡散 銀行口座狙うマルウェア付き
「駐禁報告書」などの件名で、ユーザーの銀行口座やカード情報詐取を狙うマルウェア付きスパムメールが大量拡散。(2017/5/22)

迷惑電話を判別、人工知能が自動で着信拒否 iOS版「電話帳ナビアプリ」が登場
ライドアンドコネクトは、独自に保有する電話番号データベースをもとに詐欺・迷惑電話電話を自動判断する「電話帳ナビアプリ」をリリース。アプリを起動すれば着信時に電話番号検索を行い、迷惑度と共に画面へ表示する。(2017/5/18)

米連邦取引委員会、「サポート詐欺」の摘発開始 Webブラウザへうその警告を発し不安をあおる手口へ対策
既に一部の詐欺業者などを訴訟しています。(2017/5/16)

警視庁「ユーチューバーポリスが詐欺サイトと対決」 警視庁公式Twitterに謎のパワーワードが登場
ユーチューバー罪で逮捕! とかではない。(2017/5/12)

漫画違法サイト「フリーブックス」、出版社が連携して法的措置を進行 「移転先教えます」の詐欺行為も続出
小学館も「海賊版サイトはこれを利用すること自体、著作権を侵害する違法行為に当たります」と注意を呼びかけ。(2017/5/9)

警視庁が「けものフレンズ」とコラボ 「とりものフレンズ」
「みんなを詐欺から守るフレンズだね!」(2017/5/8)

向島警察署と「けものフレンズ」がコラボ! 警視庁のテワタサナイーヌも登場し「みんなを詐欺から守るフレンズ」に
オレオレ詐欺の被害をフレンズたちの力でなくすためのコラボです。(2017/5/8)

「Google Docs」を装う詐欺メールが横行、Googleが対応説明
詐欺メールの送信者は、自分の連絡先に登録されている知人や組織など信頼できる相手の名前なので、ユーザーはだまされてクリックしてしまいやすい。(2017/5/8)

GoogleとFacebook、詐欺メールに100億円以上を振り込んでいた
両社とも被害に遭った事実は認め、公表しなかったのは「経営に影響する金額ではないから」などとしている。(2017/5/2)

「この詐欺野郎」――身に覚えのないメールが数百件 Amazon「マーケットプレイス詐欺」問題、今も続く“乗っ取られた側”の苦しみ
気付いたら自分のショップアカウントで、3万点もの身に覚えのない商品が出品されていたそうです。(2017/4/28)

Amazonマーケットプレイス詐欺、全額返金を受ける方法 危険な商品と業者を見分けるポイントは?
多くのユーザーが巻き込まれているAmazonマーケットプレイス詐欺。見分け方と対処方法を紹介する。(2017/4/28)

Amazonマーケットプレイス詐欺にメーカーが注意喚起 正規の業者が出品停止になる影響も?
Amazonマーケットプレイスでの相次ぐ不審な激安出品により、正規の商品が「異常に高い」と判断されて出品停止になる影響も出ているようです。(2017/4/26)

正規品が出品停止に Amazonマーケットプレイス詐欺、正規業者にも飛び火
大幅な価格差によって、システムが正規品を出品停止にしてしまう事態に。(2017/4/26)

2週間待っても商品届かず連絡もなし Amazonで多発中の「マーケットプレイス詐欺」問題、被害者に聞いた
実際にAmazonマーケットプレイスで商品を購入し、商品が届かなかったという人にお話をうかがいました。(2017/4/26)

商品が届かない“Amazonマーケットプレイス詐欺”相次ぐ 激安品に注意
詐欺にあった場合、Amazonに保証を申請すれば代金を返してもらえるが、住所や氏名などの個人情報は販売者に渡ってしまう。(2017/4/26)

詐欺マーケットプレイスが多発? Amazonで激安商品を買ったら何も届かなったという報告があがる
個人情報を盗んでいるのではとの指摘も。(2017/4/25)

衝撃事件の核心:
街を「特殊詐欺専門」のバイク業者が疾走している
バイク便のの利便性を逆手に取り、特殊詐欺の「受け子」として悪用されるケースが急増している。(2017/4/12)

「特殊詐欺専門バイク便」があなたの街を疾走している!
バイク便の利便性を逆手に取り、特殊詐欺の「受け子」として悪用されるケースが急増している。(2017/4/12)

神戸市委託の「神戸アニメストリート」に詐欺疑惑が浮上 イベント売上金を支払わず、被害者がブログで告発
嘘だと言ってよ、神戸アニスト……。(2017/4/10)

総務省ら、マイナンバーの更新を求める虚偽のメールに注意喚起 フィッシング詐欺などの狙いか
運営団体であるJ-LISを装ったもの。(2017/4/10)

最新ビジネスメール詐欺 だましの手口は「メールアドレスで嘘をつく」
IPAがビジネスメール詐欺の手口について事例に基づき注意喚起している。(2017/4/3)

「ビジネスメール詐欺」が急増中 IPAが注意喚起
IPA(独立行政法人情報処理推進機構)が、「ビジネスメール詐欺」(BEC)について注意喚起を行った。具体的な手口の事例解説とともに、対策を提示している。(2017/4/3)

「Nintendo Switch」の“エミュレーター詐欺”に注意
「Switchのゲームで遊びたいなら、ぜひ購入を検討しましょう」(2017/4/3)

「Nintendo Switch」のエミュレータを餌にした詐欺が早くも登場 セキュリティ企業が注意喚起
YouTubeの紹介動画から偽装サイトへ誘導します。(2017/3/31)

衝撃事件の核心:
振込先が突然足立区に 「ビジネスメール詐欺」猛威
商談メールのやり取りを“ジャック”し、偽メールで別の口座に現金を振り込ませる──今年に入り、そんな「ビジネスメール詐欺」をめぐる事件が次々と明らかになった。(2017/3/30)

「ビジネスメール詐欺」猛威 商談相手が別人! 米仏ビジネスの振込先が「足立区」に
商談メールのやり取りを“ジャック”し、偽メールで別の口座に現金を振り込ませる「ビジネスメール詐欺」が広がっている。(2017/3/30)

Androidデバイスに意図しない「何か」が仕込まれる:
Minecraftの「偽Mod」に注意 何が危ないのか
Google Playで、87個ものMinecraft用「偽Mod」が見つかった。インストールすると、迷惑広告を表示されたり、詐欺サイトに誘導されたりする。(2017/3/27)

PR:スマホで起こるさまざまな被害 「詐欺」や「ウイルス感染」にご注意
便利で楽しいスマートフォンだが、PCのようにウイルスに感染する、個人情報を抜き取られるといったリスクが存在する。スマートフォンでどのような対策を講じればいいのだろうか?(2017/3/22)

「Google Play」かたるフィッシングSMS出回る カード番号など詐取
「GoogleよりGoogleplayアカウントのお支払い方法登録のお願いです」――こんなフィッシングSMSが出回っている。(2017/3/15)

広告を悪用するAndroidマルウェア「Chamois」、Googleが阻止
Chamoisはポップアップ広告を通じて詐欺的な画像を表示する手口でユーザーをだましてクリックを誘い、不正なアプリをインストールさせようとしていた。(2017/3/14)

ポルノ動画をファイル共有サイトにアップロード、DLしたユーザーを脅す――弁護士が詐欺で有罪認める
自分が権利を持っている動画をダウンロードさせて脅すという手口。(2017/3/7)

DMMをかたる架空請求詐欺に消費者庁が注意喚起 SMSで未払料金の支払いを要求する手口
そもそもDMMの有料サービスは前払い制。(2017/2/28)

Appleを装うフィッシング詐欺発生、「請求書」メールで不正サイトに誘導
iTunesの請求書に見せかけ、誘導先の不正サイトで個人情報などを盗む。Appleを装うフィッシングは連続発生している。(2017/2/9)

「こんにちはクライアント」 Appleかたるフィッシングメールに注意
AppleをかたってApple IDやパスワードを詐取しようとするフィッシングメールが出回っているとし、フィッシング対策協議会が注意を呼び掛けている。(2017/2/7)

特殊詐欺グループにSIMカード提供「闇の道具屋」摘発 その瞬間、容疑者は……
特殊詐欺グループの間で、「闇の道具屋」と呼ばれていた携帯レンタル会社社長の男が逮捕。法の網をかいくぐり、悪質業者は次々と現れている。(2017/2/1)

ESETが手口と対策方法を解説:
「PayPalユーザー」を狙う巧妙なフィッシングメールにご注意
PayPalユーザーを狙う新手のフィッシング詐欺が報告されている。セキュリティ企業のESETが公式ブログでその手口と対策方法を解説した。(2017/1/31)

Computer Weekly製品ガイド
データ分析による「経費の架空請求」検知
高度なデータ分析を使って経費詐欺を一掃することはできるだろうか。(2017/1/31)

山形県警のブラックすぎる詐欺対策4コマ 作者に直撃インタビュー
作者の正体が明らかに……!(2017/1/26)

2要素認証が突破される可能性も
「Gmail」に新たな脅威、“偽ログイン画面”でアカウント情報がダダ漏れの危険
「Gmail」経由でGoogleアカウント情報を不正に入手する新たなフィッシング詐欺が発生した。その手口は単純にも見えるが巧妙で、気付くのが難しいという。(2017/1/26)

山形県警が公開している詐欺対策4コマがやたらブラック 山形県警に作者の正体を聞いた
作者の「古戸うさん」さん、一体何者なんだ……。(2017/1/24)

美人社員「葉山ゆい」って誰? “犯人捜し”ネットで過熱 Amazonギフト券で「協賛金」詐取
「葉山ゆい」を名乗る人物が実在する複数の企業の社員をかたって「社長のサプライズ誕生日会」をでっち上げ、それぞれの企業の取引先から協賛金をだまし取る事件が大阪を中心に相次いでいる。いったい誰なのか。(2017/1/23)

変わるWindows、変わる情シス:
第17回 マイクロソフトを装うフィッシング詐欺、「Microsoft Edge」なら防げる?
マイクロソフトの新OS「Windows 10」。もう使ったという人も、まだ試していないという人もいると思うが、あらためてそのポイントを“マイクロソフトの人”に解説してもらおう。今回はWindows 10の新ブラウザ「Microsoft Edge」のセキュリティ機能について。(2017/1/18)

「ご注意!!OFFICEのプロダクトキーが不正コピーされています。」に要注意、偽サイトに誘導
Microsoft Officeのプロダクトキーが不正使用されていると称して詐欺サイトに誘導させるフィッシング攻撃が発生。日本マイクロソフトが注意を呼び掛けている。(2017/1/12)

Webブラウザの自動入力機能、個人情報盗むフィッシング詐欺に悪用の恐れ
名前など一部の情報を入力しただけで、ユーザーが知らないうちに住所や電話番号、会社名といった情報まで送信してしまう恐れがある。(2017/1/12)

2017年は標的型ランサムウェアや振り込め詐欺に注意、トレンドマイクロが予想
同社は2016年が「サイバー脅迫元年」だったと指摘。昨年のサイバー犯罪動向と2017年の脅威予想を解説した。(2017/1/10)

大音量で警告音を出す“偽ウイルス画面”詐欺に注意 北海道警察が動画付きで注意喚起
ユーザーからは対策についていろいろな意見が出ています。(2016/12/27)

悪質「在宅ワーク詐欺」に消費者庁が注意喚起 在宅で稼げると思わせ高額な初期費用を請求
研修をさせた後、契約時にホームページ作成料として高額な初期費用や追加費用を請求してきます。(2016/11/20)

ディルバート(475):
聞き捨てならない「詐欺話」
隣でボスが頼りにならない助言を披露しているのが聞こえてしまったディルバート。突っ込みを入れたい衝動に駆られた彼は……?(2016/11/17)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。