ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  S

「SF」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

Science Fiction

関連キーワード

送られてきた画像で「ない本」を作るTwitterアカウントがわくわくする ただの海水浴写真が壮大な本格SF小説に
道端に落ちた汚いフライパンの写真も、貧乏学生が成功していく料理小説……風の文庫カバーに変身。(2018/10/7)

SF作家、脚本家のハーラン・エリスンさん亡くなる 著作に『世界の中心で愛を叫んだけもの』など
84歳でした。(2018/6/29)

「AIへの信頼」不可欠に SF作家・長谷敏司さん、「BEATLESS」の世界語る
人間より賢いAI(人工知能)が誕生した時代では、人間はAIを理解できなくても信頼するしかない。SF小説「BEATLESS」の作者・長谷敏司さんが、AI・ロボット時代の人間の在り方について語った。(2018/6/28)

図書館の使われていない引き出しに“未来からの手紙” SF映画のような体験つづるツイートにワクワクする人続出
「この1枚の紙切れが私を壮大な冒険に誘うことになるとは、このときはまだ予想もしていなかった」――なんてナレーションが流れそう。(2018/6/8)

銀河英雄伝説からビジネスリーダーは何を学ぶべきか?:
ヤン・ウェンリーが込めた思い 組織のためではなく、自分のために働け
SF小説「銀河英雄伝説」は組織の戦略や戦術などが深く学べるとあって、バイブルにしているビジネスパーソンも多い。本連載では、作品に登場するさまざまな名言を題材に、現代のビジネスシーンや企業組織にどう落とし込んでいくのかを考えていく。(2018/6/1)

総務省がSF小説創作 AIが家族に溶け込む2030年代の未来描く
家庭向けの人型AIロボット、仮想的に自由に遠隔地へ行けるVRウェア、100歳でも登山できる補助外部骨格など、2030年代までに実現を目指す技術が実生活に溶け込んだ近未来を描く小説を、総務省が4月17日に公開した。(2018/4/17)

レトロな特撮映画風の横スクロールSTG「Squadron 51」ゲームプレイ映像が公開 1950年代のSF映画から影響を受ける
国内発売は未定。(2018/3/26)

Netflix、オリジナルSF作品「オルタード・カーボン」の初トレーラー公開
Netflixが2018年2月に公開するオリジナルSF作品「オルタード・カーボン」の初トレーラー動画をYouTubeで公開した。リチャード・モーガンの同名のSF小説に基づくサイバーパンクなハードボイルドミステリーだ。(2017/12/5)

製造業VRの最新機器:
PR:リュックのように背負えるデスクトップマシン「HP Z VR Backpack」で製造業VRを快適に
背負えるタイプのVR用ワークステーション「HP Z VR Backpack G1 Workstation」に注目が集まっている。HMDのケーブルを気にする必要がなく、VR空間をストレスなく、のびのびと動き回れる。SF映画の装備さながらのルックスがカッコいいだけではなく、3D CAD・CG用マシンとしての秀逸さにも注目したい。(2017/11/6)

長谷敏司のSF小説「BEATLESS」がテレビアニメ化決定! 監督は「機動戦士ガンダム00」水島精二
放送は2018年1月から。(2017/10/7)

金田バイクにデロリアン! SF映画「Ready Player One」の初トレーラー公開、80・90年代ポップカルチャーあふれる
2018年3月に全米公開。(2017/7/23)

VRゲームが舞台のスピルバーグ監督次回作「Ready Player One」初トレーラー公開
サンディエゴで開催のコミック・コンに合わせ、スティーブン・スピルバーグ監督の次回作「Ready Player One」の初トレーラーが公開された。VRゲーム「オアシス」を主な舞台とするSF映画で、トレーラーではゲーム用ヘッドセットや専用ツールを装着するシーンも見られる。(2017/7/23)

まるでSF映画みたい! アクセス情報付き工場夜景の写真展 東京・浅草橋で開催
工場って美しい。(2017/5/30)

山岡週報:
新技術をうまく社会と適合させるには SFアニメ「正解するカド」の視点が面白い
今春からスタートしたSFアニメ『正解するカド』は、未知の対象にどう取り組み、社会と適合させていくかを考える上で参考になる作品。予想を裏切る展開に注目だ。(2017/5/20)

ITはみ出しコラム:
逸材ぞろいのFacebookがSF世界を現実にする? 全ては「人々をつなげるため」
米Facebookのマーク・ザッカーバーグCEOは、さまざまな分野の逸材を巻き込みつつ、壮大な目標に突き進んでいます。(2017/4/23)

あのコンビニが宇宙進出!? SFファンタジー・ハリウッド映画風の「ファミマ入店音」が壮大
コンビニ宇宙世紀の幕開け。(2017/4/11)

書籍紹介:
『シンギュラリティは怖くない――ちょっと落ちついて人工知能について考えよう』
人工知能は、失業者を増やしたり、人類を滅ぼしたりするのか?――そんな懸念こそ“SFファンタジー”なのかも? と思うくらい目からウロコの人工知能論。さまざまな道具や機械を作り出してきた人間の生産活動に焦点を当てて歴史をひもときながら、本書のエッセンスを紹介します。(2017/3/30)

新海誠「好きです」、樋口真嗣「本当に凄い」 SF映画「メッセージ」を日本映画監督らが絶賛
巨大飛行体がばかうけにしか見えないなんて言ってすまない。(2017/3/9)

第9回ブルーレイ大賞、ついにグランプリを獲得した“SF映画の金字塔”――ユーザー大賞は「ラブライブ!」
DEGジャパンが「第9回DEGジャパン・アワード ブルーレイ大賞」の受賞作品を発表した。過去1年間に発売されたBlu-ray Discタイトルの中で“高画質”や“高音質”などBlu-ray Discの持つ特徴を生かした作品を表彰するアワード。その「グランプリ」に輝いたのは……。(2017/2/15)

まるでSF映画! 「袋田の滝」が9割凍って真っ白に 26日には5年ぶり「完全凍結」の可能性も
完全凍結になるとアイスクライミングまでできてしまえるそうな。(2017/1/25)

日独が分割統治する米国描く「高い城の男」、日本のAmazonプライムで放映開始
AmazonプライムビデオのオリジナルSFドラマ「高い城の男」(ディック原作)がついに日本でも。(2016/12/13)

MicrosoftのVR+AR融合メガネ「HoloLens」、日本のプレオーダーが12月2日に開始 SF世界がいよいよ来るぞ
空間に浮かんだホログラム画面をジェスチャーで操作。「電脳コイル」や「マイノリティ・リポート」のような世界が体験できる!?(2016/12/2)

おつまみ「やみつきホルモン」が「人類文明が滅んだ後に食べる高級食みたいな味」としてネットでじわじわ人気 実際のお味は?
SF作品みたいな謎の口コミが広がっている「やみつきホルモン」。実際に食べたり、アサヒグループ食品もこの状況をどう思っているか取材してみた。(2016/11/16)

アナログなのに未来感ある……! 浮遊して回転する「レコードプレーヤー」がクラウドファンディングで登場
SF映画に出てきそう。(2016/10/21)

あなたの本好き、病気じゃないですか?
SFに一生を捧げたSFバカ、SF作家・山本弘が考える。今回のテーマは「本を捨てられない人は冗談抜きで病気かも?」。(2016/10/12)

脚本・演出はアニメ「テラフォーマーズ」監督 津久井彩文さんら出演 エネファームのオリジナルSFアニメ公開
豪華な制作スタッフで「もしも」な地球の未来を描いています。(2016/10/1)

PR:まるでSF映画の管制室! 全国のオフィスを支える「統合監視センター」がスゴかった
(2016/9/27)

懐かしの名作が蘇るかも! ハヤカワ文庫の海外SF小説をアンケートにより電子書籍化する「デジタル化総選挙」
特設サイトには全591作品の書影がズラリ。見応えある。(2016/7/11)

EU離脱の日に出版された「1ポンド硬貨と恋に落ちてタイムトラベルするゲイ経済SF小説」が何だかすごいと話題に
ハリポタ作者「何か手に負えないものの中に笑いを見出した」。(2016/7/11)

カクヨムWeb小説コンテストの大賞が発表 横浜駅が自己増殖する「横浜駅SF」の書籍化が決定
あらすじの段階で印象的すぎた“あのSF小説”です。(2016/6/24)

傑作? 迷作? AIが脚本を書いたSF短編映画が公開
「2001年宇宙の旅」「ゴーストバスターズ」「2012」などをAIに学習させて、SF映画の脚本を書かせる試み。(2016/6/11)

告知PV解禁! ゼロ年代SF作品の傑作「虐殺器官」、今冬劇場公開決定
ついに……。(2016/6/10)

総監督ホリエモン! 岡田斗司夫とコラボしたSFアニメ企画がクラウドファンディング 目標の150万円を集める
声優、主題歌、監督、絵コンテ、アニメーター、キャラクターデザインのオーディション権が得られる。(2016/5/16)

美少女VRゲームや対戦相手になってくれるアンドロイド 未来のゲーム事情を描くSF小説がカクヨムに登場
「22世紀のレトロゲームレビューサイト」の体裁で、架空のゲームを評価する。(2016/4/25)

Key原作のSF作品「planetarian」のアニメ配信が7月7日開始! 9月3日に劇場版も公開
監督に津田尚克さん。メインキャストにすずきけいこさん、小野大輔さん。(2016/4/16)

アカデミー賞視覚効果賞受賞のSF映画「エクス・マキナ」 日本でも公開決定!
※士郎正宗原作のCG映画とは別物です。(2016/3/24)

筑波大学を舞台にしたSFアドベンチャーゲーム、Steamで配信 筑波大発のスタジオが制作
日本語版と英語版を国内外に向けてリリース。(2016/3/5)

夢じゃない! SF映画の名作「ブレードランナー」続編、公開は2018年1月12日に決定
これを待ってた!(2016/2/19)

「YouTube Red」オリジナル動画、2月10日配信開始 日本から購入可能
YouTubeの会員制有料サービス「YouTube Red」のオリジナルコンテンツ提供が2月10日から始まる。まずは「RWBY」のプロダクションによるSF映画など4本を公開。コンテンツは日本からもYouTube上で購入できる(2016/2/5)

天気予報や最新ニュースが表示されるスマート鏡、Google社員が趣味で自作
朝洗面所の鏡を見ると、天気予報やその日の予定が表示される──。SF映画に出てくるようなスマート鏡を、GoogleのエンジニアがAndroidのAPIやChromecastなどを使って自作した。(2016/2/3)

SF作品に出てきそう! サッカーボール型のドローン「Fleye」が支援募集中
これは未来を感じる。(2015/12/22)

Microsoft、SF短編集「Future Visions」を無償公開 人気作家が書く最新研究の未来
米MicrosoftがSF短編集を無償公開。人気SF作家が研究所を見学し、最先端の研究にインスパイアされた作品が集められている。(2015/11/26)

伝説のSFアニメ映画「AKIRA」のリバイバル上映会が開催! デジタルリマスターのクリアな映像を体感せよ
218人以上がチケットを申し込まないと上映会は開催されません!(2015/10/7)

東京ゲームショウ2015:
まるでSF映画に迷い込んだみたい――「PlayStation VR」「Gear VR」を体験してきた
VR(仮想現実)は東京ゲームショウ2015で熱いジャンルの1つ。最新の「PlayStation VR」と「Gear VR」を会場で体験してみた。(2015/9/18)

米国防総省の機関が“自然に近い触覚”のある義手を開発 SF作品の世界にまた一歩近づく
“近未来”がやってきた。(2015/9/16)

米・アイオワ大学図書館がSF作品の同人誌をデジタル化して公開 誰でも無料で閲覧可能に
昔の俺ら「うわあああああああああ」。(2015/9/11)

『ABARA』新装版が刊行 弐瓶勉による解説も収録
2005年〜2006年に『ウルトラジャンプ』(集英社)で連載されたSF作品。人間を捕食する白奇居子(シロガウナ)と、人型兵器・黒奇居子(クロガウナ)へ変態できる謎の男・駆動電次の戦いを描く。(2015/8/21)

リンクス、「スタートレック」のフェザー銃をデザインした学習リモコンを発売
リンクスインターナショナルは、SFドラマ「スタートレック」の劇中に登場した“フェザー銃”を模した学習リモコン「The Original Series Phaser replica universal remote control」の取り扱いを開始する。(2015/8/10)

ガンダム、エヴァなど日本のコンテンツ多数登場のSF小説「ゲームウォーズ」 スピルバーグ監督で映画化決定
なんかめっちゃ楽しそう!(2015/8/8)

いまさら聞けない 車載セキュリティ入門(1):
つながるクルマに求められるサイバーセキュリティ
スパイ映画やSF映画には、自動車がハッキングを受けて乗っ取られるシーンが出てくることがある。つながるクルマ=コネクテッドカーが当たり前になるこれからの時代、これらのシーンは絵空事では済まされない。本連載では、つながるクルマをサイバー攻撃から守る「車載セキュリティ」について解説する。(2015/7/28)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。