ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  S

SF に関する記事 SF に関する質問

「SF」最新記事一覧

Science Fiction

SF作家フィリップ・K・ディックがテーマのバー「PKD酒場」 早川書房の喫茶店が期間限定開催中
店員さんと「ふたつで十分ですよ」のやりとりができるフードメニューも。(2014/11/7)

早川書房、フィリップ・K・ディック財団公認「PKD」ブランド設立 第1弾Tシャツ発売
SF作家フィリップ・K・ディックの作品世界をイメージしたアイテムを展開するブランド「PKD」を早川書房が展開する。(2014/10/17)

世界規模の謎解きゲーム「ENDGAME」開始 「Ingress」開発チームによるゲームもリリースへ
サバイバルSF小説「ENDGAME」にちりばめられた謎を解く。Niantic Labsによるゲームや20世紀FOXによる映画も予定。(2014/10/7)

藤子・F・不二雄のSF短編「未来ドロボウ」が「世にも奇妙な物語」でドラマ化
放送は10月!(2014/9/24)

潜入ルポ:
防衛隊も納得? 日本のインフラを守るセキュリティ技術の現場に行ってみた(前編)
ウイルス感染でオフィスビルや発電所が大惨事に!? まるでSF映画のようなシーンが現実に起こり得る状況になってきた。社会インフラシステムを守るサイバーセキュリティ技術の最前線ではどんなことが行われているのだろうか。(2014/9/22)

タップ or クリック!!:
VICTOR STUDIO HD-Musicの最新ハイレゾ・ランキングはこれだ!!
音楽配信サイト「VICTOR STUDIO HD-Music」の最新ランキングを調べてみた。第1位は、SFアニメのサウンドトラックだった。(2014/8/8)

日本のSF作品に焦点を当てた展覧会「日本SF展・SFの国」 世田谷文学館で開催
星新一や小松左京、手塚治虫、筒井康隆、真鍋博などなど……SF作品はどのように日本へ浸透していったのかを学ぶ。(2014/6/25)

8つのプロペラがニョキッ! SF映画みたいな「空飛ぶトラック」を航空宇宙会社が開発
ホントに飛ぶ。(2014/5/9)

「Xbox Originals」は6月に始動 「アタリショック」のドキュメンタリーも
都市伝説となっていたアタリのゲームカートリッジ発掘で話題を呼んだドキュメンタリー番組「Atari: Game Over(仮題)」他、SFドラマやリアリティショーなどのオリジナルコンテンツが6月からXbox他のMicrosoftのハードウェアで視聴できるようになる。(2014/4/29)

Microsoft、Xboxオリジナルドラマとドキュメンタリーを制作中
MicrosoftがXbox Liveで配信するオリジナルコンテンツとして、Atariのドキュメンタリーに続けてSFドラマシリーズの制作を発表した。(2014/4/8)

まるでSF映画 NASAの無人惑星着陸船「モーフィアス」がUFOみたい
未来っぽい!(2014/4/2)

Wearable Tech EXPO in TOKYO 2014:
「ギークとアニメ好きが近いのは日本の強み」「攻殻機動隊の中に全てはある」──SFアニメに見るウェアラブルの未来
「攻殻機動隊」の中に全てはある――日本のSFアニメを参照し、ウェアラブル端末の未来を語るトークセッション「日本のアニメに見るウェアラブルの未来」が行われた。(2014/3/25)

『BEATLESS』スピンアウトコミック、ファミ通コミッククリアで連載へ
月刊ニュータイプで連載中のSF小説『BEATLESS』の原作者・長谷敏司氏が監修する新作コミック『天動のシンギュラリティ』がWeb漫画としてプレスタートした。(2014/3/14)

双眼鏡持参で見るのがおすすめ:
緻密さにため息 PCとプラモデルが融合したジオラマをメディア芸術祭受賞作品展で見てきた
PCや周辺機器をSF世界のジオラマに改造した作品がすごい! しかもPCとして使えるようにもなっている。(2014/2/5)

過去30年で最もレンタルされたSF映画は? TSUTAYAが歴代ランキング発表
あなたが借りたSF映画はありますか?(2013/12/27)

原作は日本のラノベ! トム・クルーズ主演のSF大作「Edge of Tomorrow」の予告編解禁
原作は桜坂洋さんのライトノベル「All You Need Is Kill」。バトルの迫力がすごいぜ……!(2013/12/12)

ワーナー、「WARNERFILMS」で特集「忘れられない名シーンが登場する映画」をスタート
ワーナー・ブラザース テレビジョンは、「WARNERFILMS」で特集「忘れられない名シーンが登場する映画」をスタート。キアヌ・リーブス主演のSFアクション、ケビン・コスナーとホイットニー・ヒューストンが共演した大ヒット作品などが登場。(2013/12/9)

Microsoft、Xbox OneのBing音声検索機能をアピール
Microsoftの次期ゲーム機「Xbox One」では「90年代のSF映画が見たい」などの自然な呼び掛けでコンテンツを検索できる。(2013/11/20)

時給125円で解雇も自由 新自由主義の行き着く先
書籍『顔のない独裁者 「自由革命」「新自由主義」との戦い』は自由化とグローバリズムの波が行政や防衛、教育にまで及んだ日本を舞台とするSF小説。単なるフィクションにとどまらないそのあらすじを紹介します。(2013/11/19)

早川書房、「戦闘妖精・雪風」「マルドゥック・シリーズ」などSF作品100点を電子書籍で配信開始
(2013/11/15)

早川書房、「戦闘妖精・雪風」「ダーティペア」などSF作品100点を電子書籍で配信
ハヤカワの日本のSF作品100点を主要電子書籍ストアで一挙に提供する。(2013/11/13)

ガンダム対エヴァ――夢の勝負を科学的に考察 「空想科学読本」特番をニコ生で
アニメや特撮などのSF設定を科学的に考察する「空想科学読本14」の発売を記念し、著者・柳田理科雄さんがニコニコ生放送に出張研究所を開設。仮面ライダー対ウルトラマン、ガンダム対エヴァンゲリオンなど、実現至難の「夢の勝負」を科学的にシミュレーションする。配信は11月4日19時0分〜。(2013/11/1)

お昼の顔よ、永遠に――SF小説「300年後も、わらっていいとも!」が話題 パブーで無料公開中  
「笑っていいとも!」がもし300年後まで続いていたら……。今こそ読みたい電子書籍です。(2013/10/25)

重なる『葵くんとシュレーディンガーの彼女たち』セカイとココロ
パラレルワールドを行き来する能力を持った主人公と二人のヒロインが活躍するSFファンタジー『葵くんとシュレーディンガーの彼女たち』を紹介します。(2013/10/22)

指1本ですべてを操作できる「Ring」 日本発の革新的デバイスとなるか?
指輪型のウェアラブルデバイスをはめて指を動かすだけで、テレビをつけたり、メッセージを送ったり。SF映画のような未来図を公開している。(2013/10/8)

「ジャイアントロボ」や「スター・トレック」:
「Samsung GALAXY Gear」の初CMは“SFがついに現実に”
「Evolution」というCMにはSF映画に登場する腕時計型の再現作品が、「A Long Time Coming」というCMには「ディック・トレイシー」や「ナイトライダー」で端末を使うシーンが登場する。【動画あり】(2013/10/7)

シリーズ総朗読時間は2236分:
RRJ、銀河英雄伝説の朗読アプリ「策謀篇」リリース
アールアールジェイが、人気SF作品『銀河英雄伝説』(田中芳樹著)のオフィシャルオーディオブックアプリ第四弾「策謀篇」を提供開始。シリーズ総朗読時間は2236分となる。(2013/9/30)

未来を切り開く“未来力”を身につける方法
自分の未来を切り開く秘訣について、日本SF作家クラブの選ばれた9人がそれぞれの10代を振り返りながら語る書籍『未来力養成教室』を紹介。(2013/9/25)

“AI”はどこへ行った?(2):
映画の世界から読み解くAIの“ココロ”
SF映画には、“コンピュータそのもの”という機械から人間と見分けがつかないようなロボットまで、さまざまな人工知能(AI)が登場する。これらのAIは、まったく意思を持たず、プログラム通りにしか動かないものや、感情を持って涙を流すもの、暴走して人間を襲うものまで、“性格”もさまざまだ。“ココロ”を持つようなAIの研究は進んでいるのだろうか。(2013/9/12)

「銀河英雄伝説」全15冊の朗読アプリ化が進行中 1冊読むのに約9時間
SF小説シリーズ「銀河英雄伝説」を朗読するスマホアプリ第3弾「銀河英雄伝説 雌伏篇 -朗読-」の配信が始まった。(2013/8/22)

『GANTZ』完結――コミック最終巻、紙と電子で同時発売
13年にわたり連載されてきたSFアクション超大作『GANTZ』最終37巻が紙と電子で同時発売される。(2013/8/12)

宇宙開発のロマン詰まった星雲賞受賞ルポ「宇宙へのパスポート」 Jコミで全巻無料公開
SF作家・笹本祐一さんが中心となって作った宇宙開発ルポルタージュ「宇宙へのパスポート」が、Jコミで無料公開されています。(2013/7/12)

「銀河英雄伝説」のオフィシャル朗読アプリ「銀河英雄伝説 -朗読-」が登場
アールアールジェイは、らいとすたっふの許諾を受けて人気SF作品「銀河英雄伝説」(著者・田中芳樹)のオフィシャル朗読アプリ「銀河英雄伝説 -朗読-」を提供開始した。Android向けとiOS向けにリリースした「銀河英雄伝説 黎明篇」の総朗読時間は約580分。(2013/6/11)

人工知能がサッカー選手を育てる時代に? 実証進む「行動データ活用」の世界
人工知能で人の行動データを分析すれば、よりよい働き方や生活の仕方を見出せるはず――そんなSF映画のようなテーマに取り組む研究所を取材した。(2013/5/24)

光って咲くメタルの花が幻想的な美しさ
まるでSF作品に登場しそう。(2013/5/5)

まるでSF映画──富士通研、リアル世界を指で触って情報を操る新UIを開発
指で情報を操れるUIを富士通が開発。指の動きを高精度にとらえることで、テーブルに投影された画像を指で移動させるといったことが可能だ。(2013/4/3)

リドリー・スコット、YouTube向けSF短編の製作総指揮
「ブレードランナー」や「エイリアン」の監督で知られるリドリー・スコット氏が、YouTube向けSF短編の製作総指揮を務める。(2013/3/13)

天才子役・芦田愛菜、ハリウッド・デビュー! SF超大作『パシフィック・リム』に電撃参戦
芦田愛菜さんがハリウッドのSF映画に出演する。(2012/12/16)

ボカロ曲「クワガタにチョップしたらタイムスリップした」が長編SF小説に
ニコニコ動画などでおなじみの人気ボカロP、家の裏でマンボウが死んでるPの代表曲「クワガタにチョップしたらタイムスリップした」が、小説として講談社BOXより発売される。(2012/11/15)

忘れ去られたアイデア:
「座標間ワープ」――SF小説もビックリ! ビデオゲーム史に残る大発明
ゲームには忘れ去られたアイデアがある。「座標間ワープ」を紐解いてみる。(2012/10/24)

「コンピュータは星新一を超えられるか」 人工知能でショートショート自動生成、プロジェクトが始動
星新一さんのショートショートを解析し、質の高いショートショートの自動生成を目指すプロジェクトが始まった。人工知能研究の第一人者ととして知られる松原仁教授など6人がチームを組み、SF作家の瀬名秀明さんが顧問を務める。(2012/9/6)

Ustreamのヒューゴー賞授賞式生中継が中断 原因は著作権侵害検出ツール
優れたSF作品に贈られるヒューゴー賞の2012年度の授賞式がUstreamでライブ中継されたが、式中に放映された動画を自動著作権侵害検知システムが検知し、中断してしまった。(2012/9/4)

レイ・ブラッドベリが死去 「火星年代記」「華氏451度」
「火星年代記」などの名作で知られるSF作家レイ・ブラッドベリが死去した。(2012/6/7)

胡瓜の「このWeb漫画読もうぜ!」第6回:
骨太スペースオペラ、開幕――「星界の紋章」がWeb漫画に
星雲賞に輝いたSF小説「星界の紋章」のコミカライズが「FlexComix Web」でスタート。SF漫画を得意とする米村孝一郎氏が、持ち前の密度の高い描写で壮大なスペースオペラを描く。骨太なWeb漫画を求めている読者にオススメしたい作品だ。(2012/6/1)

UNSCの戦いが、今冬再び始まる――Xbox 360向け「Halo 4」、11月8日発売決定
昨年に開発が発表され、マイクロソフトのSFシューティングゲーム「Halo」シリーズの最新作が、ついに今年のクリスマスシーズン前に発売となることが明らかにされた。(2012/5/25)

空飛びそう:
Valmet Automotiveのコンセプトカーが未来すぎる
フィンランドのValmet Automotiveのコンセプトカー「Dawn」はSF映画に出てきそうだ。(2012/3/12)

Google、「Solve for X」の取り組みをYouTubeで紹介
「Solve for X」は、エネルギーや難病などの問題を解決するアイデアを支援するフォーラム。カンファレンスにはニコラス・ネグロポンテ氏やSF作家のニール・スティーブンソン氏も登壇した。(2012/2/7)

米Yahoo!、トム・ハンクスのアニメ「Electric City」を独占放映へ
米Yahoo!が、トム・ハンクス制作・主演のSFアニメ作品をネット放映する。Yahoo! TVではリアリティーショーなどを放映しているが、オリジナルアニメ作品は初めてだ。(2012/1/10)

第1回ニコニコ学会βシンポジウム ドワンゴ川上会長、チームラボ猪子社長ら講演
ユーザー参加型研究の実現を目指す「ニコニコ研究会β」主催のイベント「第1回ニコニコ学会βシンポジウム」がニコファーレ(東京都・六本木)で開催。その模様をライブ配信する。ドワンゴの川上量生会長、チームラボの猪子寿之社長らによる講演「作るを作る」、SF作家の野尻抱介さんらによる講演「未来世紀のピアピア動画」など5つのセッションを届ける。配信は12月6日13時0分〜。(2011/12/5)

ポーランド版Googleの記念日ロゴが凝りまくり ちょっとしたパズルゲームに
ポーランドのSF作家スタニスワフ・レムを記念したGoogleロゴは、パズルゲームのようなアニメーションになっている。(2011/11/23)



Windows 9と噂されていた次世代Windowsの名称は、1つ飛ばしてWindows 10に決まった。発売は2015年後半を予定。タッチU/Iの取り込みに苦労しているWindowsだが、高速起動など基本的な面での改善もバージョンを経るごとに進んでおり、文字通り世界レベルでの影響を持つリリースになる。

音楽CDを超える音質を持つデジタルオーディオデータ、略して「ハイレゾ」。その再生に対応した機器が増加しており、対応したスマホの増加などを機に、今後更なる注目の高まりも期待される。

ソフトバンクモバイル初のXperiaシリーズとして発売が決まり、3キャリアが揃って取り扱う人気機種となった。モバイル事業で減損が発生するなど不調が伝えられるソニーであるが、グローバルスマホ市場での生き残りに向けて、これからが正念場だろう。