ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「スクープ」最新記事一覧

“ねこぶんしゅん”が報じた衝撃スクープ写真 夜な夜な引き出しをあさる猫「整理をしていただけですよ(汗)」
大人気動物・Nの深夜の犯行を激写。(2017/12/12)

「これは不倫ですか?」 ぺえ&鈴木奈々の “疑似スキャンダル”写真にファンざわつく
文春砲ならぬ“ぺえ砲”。(2017/11/17)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
大相撲はどうなる? 日馬富士の暴行事件は「謎」が多い
やはり大相撲は「伏魔殿」なのか。横綱の日馬富士が平幕の貴ノ岩に暴行して頭部にケガを負わせていたことが発覚したが、いまのところ謎が多くて……。(2017/11/16)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
マツダCX-8 重さとの戦いを制した3列シートの復活
マツダが発表したSUVの国内フラッグシップモデルであるCX-8。このクルマの大きな存在価値である3列シートについて今回は意見を述べたいと思う。(2017/10/23)

スピン経済の歩き方:
女性記者の過労死問題で、なぜNHKはウソをついたのか
NHKの女性記者が「過労死」していたことが分かった。2013年7月にこの女性は亡くなったわけだが、なぜNHKはこの大きな問題を伏せていたのか。(2017/10/17)

オートモーティブメルマガ 編集後記:
新製品発表の動向に一喜一憂、愛着の行く末は
変わらないでいてほしいけれど、あまりにもそのままだとガッカリ。理不尽なファン心理。(2017/9/20)

「不適切と指摘されても仕方のない行為」:
文芸春秋が新潮社に謝罪 週刊新潮「盗み見」認める
発売前の「週刊新潮」の中づり広告をトーハンから文芸春秋が入手していた問題で、文芸春秋が新潮社に対し「不適切な取り扱いと指摘されても仕方のない行為だった」と認め、謝罪した。(2017/9/7)

週刊新潮「盗み見」認める 文春が新潮に謝罪 「スクープであるかのごとく速報流した事例あった」
発売前の「週刊新潮」の中づり広告をトーハンから文芸春秋が入手していた問題で、文芸春秋が新潮社に謝罪していたことが分かった。(2017/9/7)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
それでもイチローは帰国せず、「生涯メジャー」を貫く
イチロー外野手がまた偉業達成に近づいている。8月31日現在、今季の代打安打は23本で、メジャー記録の28本にまであと「5」に迫っている。ただ、肉体の衰えやチーム事情などにより、来季は……。(2017/8/31)

宮地真緒、プロポーズから一夜明け「素直に、嬉しい」 13年前の熱愛スクープは 「未だ反省」
素の反応の宮地さんかわいかった。(2017/8/28)

ポケモン公式「やまおとこ総選挙」の結果が発表 「仲が進展したやまおとこ」と「突然現れたやまおとこ」が接戦
お、おみごとです!(2017/8/24)

「鈴木亜美ちゃん?」 キンタロー。の“45キロ”ダンス講師時代がまるで別人!
少しずつ元に戻りつつある!(2017/8/12)

「最近は仮面ライダー出身って言っても……」うどん県副知事の要潤、世間の認識とのギャップを告白
俺たちは、G3を、忘れない!(2017/8/2)

「船越英一郎と全面戦争、はじまりますよ」 渦中の松居一代、ブログで宣戦布告
週刊文春では4ページにわたって一連の問題を取り上げています。(2017/7/6)

浦沢直樹×手塚治虫「PLUTO」がアニメ化! アヌシー国際アニメーション映画祭でサプライズ発表
ついにアニメ化か……!(2017/6/14)

新潮の中吊り広告を文春側は事前にチェックしていた トーハンが調査結果を発表
中吊り広告を見た上で記事の修正を行っていたかどうかについては文春編集部側は否定しています。(2017/6/6)

スピン経済の歩き方:
なぜ前川さんは「出会い系バーで貧困調査」という苦しい釈明をしたのか
前文科省事務次官・前川喜平さんの発言に、日本中がなんとも言えないモヤモヤした空気に包まれた。「出会い系バー」に通っていた理由について、「女性の貧困について、ある意味実地の視察調査の意味合いがあった」と釈明したからである。なぜ前川さんはこのような発言をしたのか。(2017/5/30)

コイキングの時代まもなく到来か? 育成ポケモンゲーム「はねろ!コイキング」がイタリアで配信スタート
2017年春に公開されることが発表されていました。(2017/5/18)

文春に対し“スクープ泥棒” 週刊新潮掲載記事に週刊文春反論「情報不正入手は一切ない」
新谷氏は発表の中で「『週刊文春』が情報を不正に、あるいは不法に入手したり、それをもって記事を書き換えたり、盗用したりしたなどの事実は一切ありません」と明言。(2017/5/18)

“いま”が分かるビジネス塾:
Googleが広告ブロックを検討? その理由とは
米Googleが特定のネット広告をブロックする機能の導入を検討しているという。良質な広告を選別することで、長期的な利用者の信頼を獲得したい意向だが、同社の動きは広告に依存してきたコンテンツビジネスの流れを変えるきっかけにもなるかもしれない。(2017/5/11)

「行きたくないと言ったのに僕がクズすぎて……」 ゲス極・川谷絵音がワイドナショーで約10カ月ぶりの地上波テレビ復帰 ベッキーを思って作った楽曲も
ベッキーさんを思って作った楽曲があることなどを赤裸々に語りました。(2017/5/7)

共同創業者でCEOのMarietti氏に聞いた:
APIマネジメントの世界で急速に成長する、Kongという存在
買収の続くAPIマネジメントの世界において、オープンソースかつ独立企業として注目を集めつつあるのがMashapeだ。2015年にオープンソース化した「Kong」は、200万以上ダウンロードされたという。CEOのAugusto Marietti氏に、同社の戦略を聞いた。(2017/4/27)

水曜インタビュー劇場(独自予想公演):
日経が撤退しても、『四季報』が存続しているワケ
会社情報誌『日経会社情報』が休刊し、今後は有料デジタルサービスに移行する。気になるのは最後の砦ともいえる『会社四季報』だ。ネットを使えば会社の決算情報は簡単に見ることができるのに、なぜ『四季報』は売れ続けているのか。(2017/4/26)

巨人を脅かすか
SnapRoute、NGINXなどの注目オープンソースネットワークソフトを紹介
ネットワーク分野におけるオープンソースの受け入れと展開の機は熟していると関係者は語る。SnapRoute、NGINXなど注目のオープンソースソフトウェアを紹介する。(2017/4/10)

世界を読み解くニュース・サロン:
渡辺謙の不倫スキャンダルが、世界で報じられない事情
最近、俳優・渡辺謙のスキャンダルが話題になった。『週刊文春』が彼の不倫疑惑をスクープしたわけだが、いまのところ海外メディアはこの問題を報じていない。ハリウッド映画の「アクター」であるにもかかわらず、なぜ海外メディアはこの疑惑を取り上げないのか。(2017/4/4)

川崎希、第1子妊娠を報告 アレク「大好きなのんちゃんとの子供でとても嬉しい」
現在5カ月とのこと。(2017/4/2)

「のんちゃんの事情聴取 まぢできついよ、、」 不倫報道のアレクサンダー、川崎希の怒りにやつれる
「このまま済むと思うなよ 私は本当にぶちぎれたからね」(川崎希)(2017/3/24)

Twitter、「TweetDeck」の有料プランをテスト中か
TweetDeckの月額制有料版とする画像を米ジャーナリストがツイートし、Twitterは「TweetDeckをプロフェッショナルのためにより価値あるものにするための様々な方法を模索中だ」と米The Vergeにコメントした。(2017/3/24)

コイキング、まさかの主役抜擢 ポケモン新作スマホアプリ「はねろ!コイキング」今春登場
コピーライトには、「生きろ!マンボウ!」開発元の名が。(2017/2/16)

「週刊少年ジャンプ」が200万部割れ目前 主要漫画雑誌の公表部数データをまとめてみた
2008年時から80万部台を維持する、「コロコロコミック」の堅調さも浮き彫りに。(2017/2/8)

スピン経済の歩き方:
高級官僚が「ご活躍の場」を増やしていく方法
消費者庁が三菱自動車に課徴金4億8000万円を納付させる方針を固めたという報道があった。2016年4月に発覚した燃費データ不正問題が、景品表示法違反にあたると判断したというが、筆者の窪田氏はあることが気になったという。それは……。(2017/1/31)

原宿・竹下通りのサーティワンがラスカルとコラボ! キュートなサンデーやクレープなど限定メニューが登場!
ラスカル放送40周年を記念したコラボです。(2017/1/31)

ねとらぼレビュー:
ドラマ「バイプレイヤーズ」第3話 文春が引き続き大不倫キャンペーン中! 芸能人スキャンダル問題にヒヤヒヤしっぱなし
ウミガメの生命の営み。(2017/1/28)

あの“文春砲”がニコニコでドラマに! 「週刊文春」が世に放った数々のスクープの裏側を徹底取材
「ベッキー&川谷の不倫騒動」「ショーンK経歴詐称」などのスクープはどのように生まれたか。(2017/1/23)

アナタのLINEに文春砲が毎週着弾 週刊文春による有料記事配信が1月10日開始
「週刊文春×ゲスくま」のLINEスタンププレゼントキャンペーンも。(2017/1/6)

角栄ブームは「狙っていない」:
編集者に聞く「元祖・田中角栄本」の秘話
近年、田中角栄元首相を題材にした書籍が大ブームとなっている。ブームのきっかけとなったのは、宝島社が発行する『田中角栄という生き方』だ。出版業界が田中角栄に再注目する要因となった同書は、どのような経緯で世に出たのだろうか。編集を手掛けた欠端大林氏に話を聞いた。(2016/12/27)

TechFactory通信 編集後記:
製造業のIoT化がより進んだ2016年――“今年の漢字”製造業版は「?」
本家“今年の漢字”は「金」でした。(2016/12/24)

「全ての原因を作ったのは自分自身」 成宮寛貴、芸能界引退を発表 コカイン吸引疑惑で
「このまま間違った情報が拡がり続けることに言葉では言い表せないような不安と恐怖と絶望感に押しつぶされそう」(2016/12/9)

くりぃむしちゅー有田哲平が結婚 相手は一般女性 「しゃべくり007」で電撃発表
付き合って2年になるそうです。※追記(2016/12/5)

次期MacBook Pro、10月末に出荷開始?
MACお宝鑑定団のスクープ。MacBook Airも改定される。(2016/10/18)

ベッキー「ワイドナショー」で5カ月ぶり地上波出演 ゲス活動休止には「未然に防げたのでは」と冷静にコメント
5月の「金スマ」出演時よりも少し痩せた?(2016/10/9)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
中野電車区事故の教訓 鉄道施設公開イベントで何を学ぶか?
10月14日の「鉄道の日」に前後して、全国の鉄道会社で車両基地公開イベントなどが開催される。鉄道ファンや子どもたちが大好きな電車を間近で見る機会だ。しかし鉄道施設は職場であり、遊園地ではない。楽しいだけではなく、鉄道の危険と安全についても学んでほしい。(2016/9/16)

九州の形状に“黄金長方形”が隠されていたことが判明 自然が生み出した巨大なアートだったのか……!?
奇跡や!(2016/9/8)

ロッキード事件の真相に迫るNHK「未解決事件」シリーズ新作、2夜連続放送!
田中角栄役に石橋凌、主任検事役に松重豊など重厚な顔ぶれ。(2016/7/15)

声優・神谷浩史、既婚しかも子持ちだった!? 報道について所属事務所がコメント発表
もう41歳ですし。(2016/7/12)

世界を読み解くニュース・サロン:
大物IT起業家がハルク・ホーガンを利用してメディアを潰しにかかったワケ
今、米国で物議を醸している裁判がある。プロレスラー、ハルク・ホーガンのセックス・スキャンダルをめぐる裁判だ。W不倫の暴露記事をめぐって争われているが、この裁判の裏には“陰謀”があった。それは……。(2016/6/16)

満島ひかり&永山絢斗に熱愛報道! 満島所属事務所、交際認める
満島さんと石井裕也監督は年明けに離婚成立。(2016/5/16)

これで君にも「70で5」の意味が分かる:
“はいふり”第2話「晴風とシュペーの追撃戦」をボードウォーゲームで体感する!
「分かる人には分かる」特典ポストカードを「あのボードウォーゲームベンダー」がゲームマーケット2016春で配布というスクープも。(2016/4/29)

ファミコンブームの熱気がよみがえる! マシリトやゆう帝による裏話満載の「週刊少年ジャンプ秘録!! ファミコン神拳!!!」
ゆうていみやおうきむこうほりいゆうじとりやまあきらぺぺぺ……(ふっかつのじゅもん)。(2016/4/22)

世界を読み解くニュース・サロン:
乙武氏に負けていない? 米国でも「5人と不倫」が大騒動に
ベストセラー『五体不満足』の著者である乙武洋匡氏の不倫報道がメディアで大きく取り上げられている。国際ニュースに目を向けると、いま偶然にも「5人と不倫」というキーワードで話題になっている大物政治家がいる。その人物とは……。(2016/3/31)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。