ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「スクープ」最新記事一覧

Appleの「情報リークは絶対ダメ」社内メモがリーク──Bloomberg報道
Appleの発表前製品の確度の高い情報で定評のあるBloombergのガーマン記者が、従業員がリークしたとみられる従業員に情報リークを禁じるAppleの社内メモを紹介した。(2018/4/15)

スピン経済の歩き方:
マスコミが「官僚の不正体質」より「内閣」を叩く、その背景
2014年に安倍政権が作った「内閣人事局」を巡る報道が、「忖度」によってゆがめられている。官僚を被害者のように触れ回る報道の裏には、高級官僚に対するマスコミの「忖度」がある。なぜマスコミが忖度するのかというと……(2018/3/20)

「性か死か」勝てば種付け、負ければ食肉行き……過酷すぎる「種牡馬」の生涯 モテない馬はどうしてる?(後編)
夢の舞台は、数々の犠牲の上に成り立っている。(2018/3/11)

世界を読み解くニュース・サロン:
なぜ伝説のプロデューサーは天才たちをディスりまくったのか
最近、米国で著名人たちのインタビューが物議を醸している。インタビューの中で最も強烈な発言をしたのは、伝説的な米音楽プロデューサーのクインシー・ジョーンズだ。とんでも主張の数々に、後に本人がことの重大さに気付いて謝罪するという事態になっている。(2018/3/1)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
京王電鉄「京王ライナー」増発に“ちょっと心配”
京王電鉄が2月22日にダイヤ改正を実施する。注目は同社初の座席指定列車「京王ライナー」の誕生だ。平日、土休日ともに夜間時間帯を中心に運行する。京王電鉄沿線の価値向上に貢献するけれども、ダイヤを見て少し心配になった。どうか杞憂であってほしい。(2018/2/2)

「ちなみにですが顔も大好きです」 菊地亜美が一般男性との結婚報告
おめでとうございます!(2018/2/1)

米雑誌で痛恨のミス 女優たちから手足がニョキニョキ生えた写真、本人も巻き込み論争起きる
リース「ありのままの私を受け入れて」(2018/1/27)

石野純也のMobile Eye:
AT&TがMate 10 Pro採用をドタキャン 日米で明暗分かれたHuaweiのキャリア戦略
スマートフォン市場で着実にシェアを伸ばしているHuaweiだが、課題も残る。キャリア市場での存在感がまだ小さいというのはその1つだ。現状、「キャリア市場への進出」は、日米で明暗がクッキリ分かれる結果となった。(2018/1/15)

世界を読み解くニュース・サロン:
「ゲリラ・ジャーナリスト」が日本に上陸する日
米国で「ゲリラ・ジャーナリスト」が話題になっていることをご存じだろうか。ジャーナリストの手法とは呼べない無茶苦茶なやり方で、大手メディアの記者などを標的にして、トンデモな映像を公開している。もしゲリラ・ジャーナリストが日本に上陸したら……。(2017/12/14)

“ねこぶんしゅん”が報じた衝撃スクープ写真 夜な夜な引き出しをあさる猫「整理をしていただけですよ(汗)」
大人気動物・Nの深夜の犯行を激写。(2017/12/12)

「これは不倫ですか?」 ぺえ&鈴木奈々の “疑似スキャンダル”写真にファンざわつく
文春砲ならぬ“ぺえ砲”。(2017/11/17)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
大相撲はどうなる? 日馬富士の暴行事件は「謎」が多い
やはり大相撲は「伏魔殿」なのか。横綱の日馬富士が平幕の貴ノ岩に暴行して頭部にケガを負わせていたことが発覚したが、いまのところ謎が多くて……。(2017/11/16)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
マツダCX-8 重さとの戦いを制した3列シートの復活
マツダが発表したSUVの国内フラッグシップモデルであるCX-8。このクルマの大きな存在価値である3列シートについて今回は意見を述べたいと思う。(2017/10/23)

スピン経済の歩き方:
女性記者の過労死問題で、なぜNHKはウソをついたのか
NHKの女性記者が「過労死」していたことが分かった。2013年7月にこの女性は亡くなったわけだが、なぜNHKはこの大きな問題を伏せていたのか。(2017/10/17)

オートモーティブメルマガ 編集後記:
新製品発表の動向に一喜一憂、愛着の行く末は
変わらないでいてほしいけれど、あまりにもそのままだとガッカリ。理不尽なファン心理。(2017/9/20)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
それでもイチローは帰国せず、「生涯メジャー」を貫く
イチロー外野手がまた偉業達成に近づいている。8月31日現在、今季の代打安打は23本で、メジャー記録の28本にまであと「5」に迫っている。ただ、肉体の衰えやチーム事情などにより、来季は……。(2017/8/31)

宮地真緒、プロポーズから一夜明け「素直に、嬉しい」 13年前の熱愛スクープは 「未だ反省」
素の反応の宮地さんかわいかった。(2017/8/28)

ポケモン公式「やまおとこ総選挙」の結果が発表 「仲が進展したやまおとこ」と「突然現れたやまおとこ」が接戦
お、おみごとです!(2017/8/24)

「鈴木亜美ちゃん?」 キンタロー。の“45キロ”ダンス講師時代がまるで別人!
少しずつ元に戻りつつある!(2017/8/12)

「最近は仮面ライダー出身って言っても……」うどん県副知事の要潤、世間の認識とのギャップを告白
俺たちは、G3を、忘れない!(2017/8/2)

「船越英一郎と全面戦争、はじまりますよ」 渦中の松居一代、ブログで宣戦布告
週刊文春では4ページにわたって一連の問題を取り上げています。(2017/7/6)

浦沢直樹×手塚治虫「PLUTO」がアニメ化! アヌシー国際アニメーション映画祭でサプライズ発表
ついにアニメ化か……!(2017/6/14)

新潮の中吊り広告を文春側は事前にチェックしていた トーハンが調査結果を発表
中吊り広告を見た上で記事の修正を行っていたかどうかについては文春編集部側は否定しています。(2017/6/6)

スピン経済の歩き方:
なぜ前川さんは「出会い系バーで貧困調査」という苦しい釈明をしたのか
前文科省事務次官・前川喜平さんの発言に、日本中がなんとも言えないモヤモヤした空気に包まれた。「出会い系バー」に通っていた理由について、「女性の貧困について、ある意味実地の視察調査の意味合いがあった」と釈明したからである。なぜ前川さんはこのような発言をしたのか。(2017/5/30)

コイキングの時代まもなく到来か? 育成ポケモンゲーム「はねろ!コイキング」がイタリアで配信スタート
2017年春に公開されることが発表されていました。(2017/5/18)

文春に対し“スクープ泥棒” 週刊新潮掲載記事に週刊文春反論「情報不正入手は一切ない」
新谷氏は発表の中で「『週刊文春』が情報を不正に、あるいは不法に入手したり、それをもって記事を書き換えたり、盗用したりしたなどの事実は一切ありません」と明言。(2017/5/18)

“いま”が分かるビジネス塾:
Googleが広告ブロックを検討? その理由とは
米Googleが特定のネット広告をブロックする機能の導入を検討しているという。良質な広告を選別することで、長期的な利用者の信頼を獲得したい意向だが、同社の動きは広告に依存してきたコンテンツビジネスの流れを変えるきっかけにもなるかもしれない。(2017/5/11)

「行きたくないと言ったのに僕がクズすぎて……」 ゲス極・川谷絵音がワイドナショーで約10カ月ぶりの地上波テレビ復帰 ベッキーを思って作った楽曲も
ベッキーさんを思って作った楽曲があることなどを赤裸々に語りました。(2017/5/7)

共同創業者でCEOのMarietti氏に聞いた:
APIマネジメントの世界で急速に成長する、Kongという存在
買収の続くAPIマネジメントの世界において、オープンソースかつ独立企業として注目を集めつつあるのがMashapeだ。2015年にオープンソース化した「Kong」は、200万以上ダウンロードされたという。CEOのAugusto Marietti氏に、同社の戦略を聞いた。(2017/4/27)

水曜インタビュー劇場(独自予想公演):
日経が撤退しても、『四季報』が存続しているワケ
会社情報誌『日経会社情報』が休刊し、今後は有料デジタルサービスに移行する。気になるのは最後の砦ともいえる『会社四季報』だ。ネットを使えば会社の決算情報は簡単に見ることができるのに、なぜ『四季報』は売れ続けているのか。(2017/4/26)

巨人を脅かすか
SnapRoute、NGINXなどの注目オープンソースネットワークソフトを紹介
ネットワーク分野におけるオープンソースの受け入れと展開の機は熟していると関係者は語る。SnapRoute、NGINXなど注目のオープンソースソフトウェアを紹介する。(2017/4/10)

世界を読み解くニュース・サロン:
渡辺謙の不倫スキャンダルが、世界で報じられない事情
最近、俳優・渡辺謙のスキャンダルが話題になった。『週刊文春』が彼の不倫疑惑をスクープしたわけだが、いまのところ海外メディアはこの問題を報じていない。ハリウッド映画の「アクター」であるにもかかわらず、なぜ海外メディアはこの疑惑を取り上げないのか。(2017/4/4)

川崎希、第1子妊娠を報告 アレク「大好きなのんちゃんとの子供でとても嬉しい」
現在5カ月とのこと。(2017/4/2)

「のんちゃんの事情聴取 まぢできついよ、、」 不倫報道のアレクサンダー、川崎希の怒りにやつれる
「このまま済むと思うなよ 私は本当にぶちぎれたからね」(川崎希)(2017/3/24)

Twitter、「TweetDeck」の有料プランをテスト中か
TweetDeckの月額制有料版とする画像を米ジャーナリストがツイートし、Twitterは「TweetDeckをプロフェッショナルのためにより価値あるものにするための様々な方法を模索中だ」と米The Vergeにコメントした。(2017/3/24)

コイキング、まさかの主役抜擢 ポケモン新作スマホアプリ「はねろ!コイキング」今春登場
コピーライトには、「生きろ!マンボウ!」開発元の名が。(2017/2/16)

「週刊少年ジャンプ」が200万部割れ目前 主要漫画雑誌の公表部数データをまとめてみた
2008年時から80万部台を維持する、「コロコロコミック」の堅調さも浮き彫りに。(2017/2/8)

スピン経済の歩き方:
高級官僚が「ご活躍の場」を増やしていく方法
消費者庁が三菱自動車に課徴金4億8000万円を納付させる方針を固めたという報道があった。2016年4月に発覚した燃費データ不正問題が、景品表示法違反にあたると判断したというが、筆者の窪田氏はあることが気になったという。それは……。(2017/1/31)

原宿・竹下通りのサーティワンがラスカルとコラボ! キュートなサンデーやクレープなど限定メニューが登場!
ラスカル放送40周年を記念したコラボです。(2017/1/31)

ねとらぼレビュー:
ドラマ「バイプレイヤーズ」第3話 文春が引き続き大不倫キャンペーン中! 芸能人スキャンダル問題にヒヤヒヤしっぱなし
ウミガメの生命の営み。(2017/1/28)

あの“文春砲”がニコニコでドラマに! 「週刊文春」が世に放った数々のスクープの裏側を徹底取材
「ベッキー&川谷の不倫騒動」「ショーンK経歴詐称」などのスクープはどのように生まれたか。(2017/1/23)

アナタのLINEに文春砲が毎週着弾 週刊文春による有料記事配信が1月10日開始
「週刊文春×ゲスくま」のLINEスタンププレゼントキャンペーンも。(2017/1/6)

角栄ブームは「狙っていない」:
編集者に聞く「元祖・田中角栄本」の秘話
近年、田中角栄元首相を題材にした書籍が大ブームとなっている。ブームのきっかけとなったのは、宝島社が発行する『田中角栄という生き方』だ。出版業界が田中角栄に再注目する要因となった同書は、どのような経緯で世に出たのだろうか。編集を手掛けた欠端大林氏に話を聞いた。(2016/12/27)

TechFactory通信 編集後記:
製造業のIoT化がより進んだ2016年――“今年の漢字”製造業版は「?」
本家“今年の漢字”は「金」でした。(2016/12/24)

「全ての原因を作ったのは自分自身」 成宮寛貴、芸能界引退を発表 コカイン吸引疑惑で
「このまま間違った情報が拡がり続けることに言葉では言い表せないような不安と恐怖と絶望感に押しつぶされそう」(2016/12/9)

くりぃむしちゅー有田哲平が結婚 相手は一般女性 「しゃべくり007」で電撃発表
付き合って2年になるそうです。※追記(2016/12/5)

次期MacBook Pro、10月末に出荷開始?
MACお宝鑑定団のスクープ。MacBook Airも改定される。(2016/10/18)

ベッキー「ワイドナショー」で5カ月ぶり地上波出演 ゲス活動休止には「未然に防げたのでは」と冷静にコメント
5月の「金スマ」出演時よりも少し痩せた?(2016/10/9)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
中野電車区事故の教訓 鉄道施設公開イベントで何を学ぶか?
10月14日の「鉄道の日」に前後して、全国の鉄道会社で車両基地公開イベントなどが開催される。鉄道ファンや子どもたちが大好きな電車を間近で見る機会だ。しかし鉄道施設は職場であり、遊園地ではない。楽しいだけではなく、鉄道の危険と安全についても学んでほしい。(2016/9/16)

九州の形状に“黄金長方形”が隠されていたことが判明 自然が生み出した巨大なアートだったのか……!?
奇跡や!(2016/9/8)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。