ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「スクープ」最新記事一覧

関連キーワード

満島ひかり&永山絢斗に熱愛報道! 満島所属事務所、交際認める
満島さんと石井裕也監督は年明けに離婚成立。(2016/5/16)

これで君にも「70で5」の意味が分かる:
“はいふり”第2話「晴風とシュペーの追撃戦」をボードウォーゲームで体感する!
「分かる人には分かる」特典ポストカードを「あのボードウォーゲームベンダー」がゲームマーケット2016春で配布というスクープも。(2016/4/29)

ファミコンブームの熱気がよみがえる! マシリトやゆう帝による裏話満載の「週刊少年ジャンプ秘録!! ファミコン神拳!!!」
ゆうていみやおうきむこうほりいゆうじとりやまあきらぺぺぺ……(ふっかつのじゅもん)。(2016/4/22)

“文春砲”の作り方、新谷学編集長に聞く
「週刊文春」の相次ぐスクープが話題をさらっている。“文春砲”は、どのようにして生み出されるのか――「スクープ第一主義」を貫いてきた新谷学編集長に聞いた。(2016/3/31)

世界を読み解くニュース・サロン:
乙武氏に負けていない? 米国でも「5人と不倫」が大騒動に
ベストセラー『五体不満足』の著者である乙武洋匡氏の不倫報道がメディアで大きく取り上げられている。国際ニュースに目を向けると、いま偶然にも「5人と不倫」というキーワードで話題になっている大物政治家がいる。その人物とは……。(2016/3/31)

“文春砲”連発 「週刊文春」の独走ぶりは何を意味する?
「週刊文春」が年明けからスクープを連発している。その独走ぶりからはタブーを恐れず有名人の陰に迫る週刊誌報道の力とともに、雑誌が置かれた苦境も透けて見える。(2016/3/28)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
賭博問題からどう這い上がるのか 地に堕ちた読売巨人軍
2015年10月に発覚した巨人所属選手による野球賭博問題。3選手が野球賭博に関与していたとしてNPBから無期失格の処分が下され、巨人からも契約を解除されていた。今回、新たにもう1人の選手が問題にかかわっていたことが明らかになった。(2016/3/9)

V6! V6! V6! 映画「マッドマックス 怒りのデス・ロード」がアカデミー賞6冠を達成
V6を讃えよ。(2016/2/29)

うどん県副知事の要潤、今度は「おりーぶ新鮮組」隊長として香川県産オリーブを熱烈アピール
そこにはうれしそうにオリーブオイルを注ぐ、要潤さんの姿が。(2016/2/17)

スピン経済の歩き方:
テレビや新聞には、なぜ「文春砲」のようなスクープがないのか
年明けから「文春砲」の勢いが止まらない。ベッキーとゲス川谷氏の「不倫」報道を皮切りに、甘利明大臣の「口利き疑惑」、宮崎謙介議員の「不倫」などが続いているが、筆者の窪田氏はある弊害を懸念している。それは……。(2016/2/16)

ついに河童と人魚を発見→市職員と面談して移住へ 宮崎県延岡市のPR動画「河童と人魚の移住計画」がシュールすぎる
めっちゃフランクな河童さんと人魚さん。(2016/2/15)

Apple幹部、「Apple Music」のユーザー数や「Apple TV」新機能をポッドキャストで語る
Appleの2人の上級副社長、エディ・キュー氏とクレイグ・フェデリギ氏が米ブログメディアDaring FireballのPodcast番組に出演し、これまで公表していなかった「Apple Music」の加入者数や「Apple TV」の数カ月先にリリース予定の新機能について語った。(2016/2/15)

セキュリティクラスタ まとめのまとめ 2016年1月版:
「LINE」に「Webカメラ」、のぞき見られた1月
世間では「不倫騒動」でも、セキュリティクラスタにとっては「情報漏えい事件」なのでした。そして突然再燃した「Webカメラのぞき見問題」に、連続する「アノニマスのDDoS攻撃」。年明けから騒がしかった2016年1月のセキュリティクラスタを振り返ります。(2016/2/10)

2年連続で過去最悪の落ち込み:
「SMAP騒動」「甘利氏疑惑」などスクープ連発 雑誌“冬の時代”内容で巻き返し 
出版科学研究所の調査で、2015年の出版物の推定販売金額が過去最大の落ち込みであることが分かった。特に深刻なのが雑誌で、関係者はショックが隠せない。(2016/1/29)

テレビ朝日、「週刊文春」記事の無断使用で謝罪
報道ステーションで、引用元を明示せずに「週刊文春」の記事を私用していたことを謝罪した。(2016/1/27)

今度こそ本物? ビットコイン生みの親探しが急展開、「サトシ・ナカモト」は豪IT起業家か
ビットコインの生みの親が「豪州のIT起業家」と先日報じられ、波紋が広がっている。当局が男性の自宅を捜索する事態にまで発展している。(2016/1/20)

ネット史上最大の謎:
今度こそ本物? ビットコイン生みの親は「サトシ・ナカモト」
ビットコインの生みの親は「サトシ・ナカモト」。仮想通貨の考案者がスクープされた騒動は記憶に新しい。名指しされた日系米国人が完全否定したが、「豪州のIT起業家こそがナカモトの正体だ」と先日報じられ、波紋が広がっている。(2016/1/20)

スクープ:
これがe☆イヤホン「百萬円福耳袋」の中身だ!
総額130万円オーバー。ドライバー数は合計50でした。(2015/12/29)

ソロ船長のギャラは47億円? 新作スター・ウォーズで新人と55倍“格差”
世界各国で公開された「スター・ウォーズ フォースの覚醒」が空前の興行収入を記録するなか、出演者のギャラが暴露され、破格の金額が話題になっている。(2015/12/22)

サーティワンアイスクリームでは好きなアイスをシェイクにしてくれるって知ってた? 実際にどんな味か飲んでみた
絶品濃厚シェイクです!(2015/12/19)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
手詰まり感のJR北海道、国営に戻す議論も必要ではないか?
北海道新幹線開業を控え、JR北海道は背水の陣で経営の立て直しに取り組んでいる。しかし同社の報道発表も地元紙のスクープも悲しい情報ばかり。現場の士気の低下が心配だ。皆が前向きに進むために、斬新な考え方が必要ではないか。(2015/11/20)

福山雅治、パパラッチになる 2016年秋公開の映画「SCOOP!」で
福山雅治×大根仁監督のコンビ。(2015/11/11)

PR:スクープ満載! 週刊文春10月1日号の主なラインアップ
政治、経済、スポーツ、芸能とあらゆる分野のスクープ記事が満載の売り上げNo.1(日本雑誌協会発表)の総合週刊誌、今週の注目記事はこれ!(2015/9/24)

PR:スクープ満載! 週刊文春9月24日号の主なラインアップ
政治、経済、スポーツ、芸能とあらゆる分野のスクープ記事が満載の売り上げNo.1(日本雑誌協会発表)の総合週刊誌、今週の注目記事はこれ!(2015/9/16)

PR:スクープ満載! 週刊文春9月17日号の主なラインアップ
政治、経済、スポーツ、芸能とあらゆる分野のスクープ記事が満載の売り上げNo.1(日本雑誌協会発表)の総合週刊誌、今週の注目記事はこれ!(2015/9/10)

PR:スクープ満載! 週刊文春9月10日号の主なラインアップ
政治、経済、スポーツ、芸能とあらゆる分野のスクープ記事が満載の売り上げNo.1(日本雑誌協会発表)の総合週刊誌、今週の注目記事はこれ!(2015/9/3)

スピン経済の歩き方:
日経が世界の経済メディアのなかで「大きな存在感」を示すのが難しい理由
日本経済新聞社がフィナンシャル・タイムズを買収した。日経は紙面で「世界のビジネスメディアで大きな存在感を示すことにもなる」と胸を張っていたが、ちょっと言葉には気をつけたほうがいい。なぜなら……。(2015/7/28)

これ絶対トマトときゅうりデキてるでしょ…… 電車の中吊り広告風「週刊野菜」ポスターが味わい深い
今日からアナタもお野菜情報通。(2015/7/16)

今井優杏のエコカー☆進化論(19):
「エクストレイル ハイブリッド」は胸アツエピソード満載の人情カーだった!
「エクストレイル ハイブリッド」は、今後の日産自動車の製品展開にも期待を抱かせる、FF車向けハイブリッドシステムを搭載している。しかし筆者の今井優杏氏によれば、そのこと以上に「胸アツエピソード満載の人情カーだった!」とか。(2015/7/3)

“文春砲”と呼ばれる記者が語る、AKBメンバーの裏話をまとめた電子書籍が発売
「第7回AKB総選挙」の最中にニコニコ生放送でオンエアされたAKBメンバーの裏話やスクープネタをほぼそのまま収録。(2015/6/24)

もうシステム/ネットワーク中心のアプローチでは情報を守れない!:
PR:三つの重大インシデントが契機。米国防機関が実践する縦深/多層防御、データ中心型のセキュリティとは?
国際情勢が刻々と変化し、世界各地で軍事的緊張の高まりが懸念される中、恐らく情報セキュリティに最も神経を尖らせている組織の一つは、各国の防衛を担う国防機関だろう。世界最大の規模の組織を有する米国防機関は、どのようなアプローチで情報セキュリティを実践しているのだろうか?[セキュリティ対策][Database Security](2015/6/15)

サービス開始1周年のdマガジンで『週刊文春』の配信始まる
NTTドコモが運営する電子雑誌の定額読み放題サービス「dマガジン」の1周年に合わせて、『週刊文春』の配信がスタート。(2015/6/5)

短期連載:
雑誌読み放題サービスを比較する――どれだけ読めるのか編
月定額で雑誌が読み放題になるサービスが人気だ。各社のサービスを比較するこの連載、今回は各サービスで読めるページに違いはあるのかをチェック。(2015/5/13)

はに丸に会えるよ! 「はに丸ジャーナル」5月5日・6日に放送
はにゃ?(2015/4/12)

大宅壮一ノンフィクション賞、書籍部門に須田桃子『捏造の科学者 STAP細胞事件』
雑誌部門では、安田浩一の「ルポ 外国人『隷属』労働者」が選ばれた。記事中の書影クリックで試し読みできます。(2015/4/7)

窪田順生の時事日想:
なぜ元経産官僚の古賀さんは「報ステ」降板に腹をたてたのか
報道ステーションの放映中に元経済産業省の官僚・古賀茂明さんがコメンテーター降板をめぐって古館伊知郎さんにかみついた。映像を見た人はびっくりしたかもしれないが、筆者の窪田氏は特に驚かなかったという。その理由は……。(2015/3/31)

なんでこのラインアップなんだ Huluが花粉症シーズン向け特集
すごく……雑なくくりです……。(2015/3/25)

12インチMacBook Airも発表? Appleの3月9日イベント予想まとめ
「Spring Forward」というコピーから、「Apple Watch」の発表イベントとみられている3月9日のAppleのイベントでは、12インチのMacBook Airも発表されるかもしれない。(2015/3/6)

杉山淳一の時事日想:
「寝台特急北斗星を残して」と第3セクターの叫び 気持ちは分かるが“筋違い”
2015年1月13日、北海道、青森県、岩手県の第3セクター鉄道担当者がJR北海道本社を訪れ、寝台特急「北斗星」「カシオペア」の運行継続を要望した。理由は道県内や沿線の利用客の不便ではなく、JRからの運行収入が減っては困るからだ。経営危機に瀕した行動だと理解できるが同情できない。むしろ並行在来線問題の本質的解決のために行動すべきだ。(2015/1/23)

Microsoft、新ブラウザ「Spartan」(コードネーム)を正式発表
MicrosoftはWindows 10に搭載されるとうわさされていた新ブラウザ「Project Spartan」(コードネーム)を発表した。Windows Insider Programのメンバーは数カ月中に体験できるという。(2015/1/22)

石川温のスマホ業界新聞:
日本通信とVAIOが2015年1月に「VAIOスマホ」を投入へ ━━競合ではなく、Xperiaとの棲み分けを狙ったのか
日本通信とVAIOがMVNO市場に参入することが発表された。同社から発売されるスマートフォンとソニーモバイルコミュニケーションズの「Xperia」は競合するのだろうか。(2015/1/5)

もうやめて! 人類最後の希望・佐々木蔵之介さんに熱愛報道 クリスマス当日にまさかの死体蹴りで全国から悲鳴
もうやめて! アラサー女子のライフはとっくにゼロよ!(2014/12/25)

正式タイトルが長すぎる恋愛ゲームをD3パブリッシャーが2015年に発売
Twitterでどう紹介しろと。(2014/11/25)

ガンホー1〜9月期「記事の通り、前年同期を上回る見通し」 日経報道受け
ガンホーは、日経が伝えた同社の1〜9月期の連結業績の報道について、「当社が発表したものではないが、記事にあるとおり、売上高、営業利益ともに前年同期を上回る見込み」と発表した。(2014/10/27)

雪だるまつくろう♪ サーティワンアイスクリームで「アナ雪」オラフの雪だるまアイス食べよう
扉開けて(店舗の)。(2014/10/19)

「ビットコイン考案者」と報道されたナカモト氏、Newsweekを提訴へ 訴訟資金をネットで公募
仮想通貨・ビットコインを考案したと米誌Newsweekに名指しで報じられたドリアン・サトシ・ナカモト氏が、誤報の責任を問う訴訟を起こすべく、ユーザーから訴訟資金を募っている。(2014/10/15)

GoProだけじゃないんです:
今選ぶならコレ――迫力ある映像が撮れるおすすめアクションカム5選
普通のカメラでは難しい場面でも、臨場感のある映像が撮影できる。(2014/10/2)

BEN & JERRY'S、新フレーバー「紫イモーション」日本限定発売
すごい紫!!!(2014/9/30)

【速報】朝日新聞「吉田調書」報道で訂正・謝罪 編集担当を解任、社長報酬全額返納へ
今年5月の記事について誤りを認めた。(2014/9/11)

「吉田調書」も 福島第一原発事故調査委の「ヒアリング記録」をWeb公開
朝日新聞は「吉田調書」を巡る報道に誤りがあったことを認めて謝罪する方針。(2014/9/11)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。