ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「サーゲイ・ブリン」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「サーゲイ・ブリン」に関する情報が集まったページです。

「デンソー、ITはじめるってよ。 #DENSOHACK」レポート:
「何だ、アンドンじゃないか」――ITの世界に戻ってきたアジャイル・スクラムという“日本の製造現場の強み”
デジタルトランスフォーメーションが進展し、製造業をはじめ多くの企業がITの力を使った価値創造に取り組み始めている。だが一方で、ITを「コスト」と捉え、ソフトウェアの戦いにうまく踏み出せずにいる企業が多いのも現実だ。では今、日本企業とエンジニアに必要なスタンスとは何か?――2018年2月、都内で実施されたデンソー主催のトークショー「デンソー、ITはじめるってよ。 #DENSOHACK」に探る。(2018/3/9)

Amazonのジェフ・ベゾスCEO、世界長者番付で初の首位に
Forbes恒例の世界長者番付で、米Amazon.comのジェフ・ベゾスCEOが初めて首位に立った。4年連続トップだったビル・ゲイツ氏は2位に落ちた。(2018/3/7)

Alphabet、エリック・シュミット会長の後任にスタンフォード大学の前学長
Alphabetのエリック・シュミット会長の後任に、Googleの2人の創業者の母校であるスタンフォード大学の前学長、ジョン・ヘネシー博士が就任した。(2018/2/2)

GoogleのCEOも務めたAlphabetのエリック・シュミット会長が退任へ
2001年にGoogleの会長に就任して以来17年間、共同創業者を支えてきたエリック・シュミット氏が、Alphabetの会長を2018年1月に退任する。退任後はテクニカルアドバイザーとして同社にかかわる。(2017/12/22)

Google創立19周年記念Doodleで新作ゲームなど19のお楽しみ
創立19周年を迎えたGoogleが、検索ページトップのロゴに19のお楽しみを仕込んだ。クリックして選ぶと、簡単なゲームやアニメ、実験的体験などを楽しめる。(2017/9/27)

Googleさん:
次に終了するのは「Google+」……ではなさそうです
役割を終えたと判断したサービスはさくっと終了させてきたGoogleさん。そろそろ「Google+」も? と思いきや、まだまだ生きながらえそうなヒントを見つけてしまいました。(2017/7/29)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
Googleの生産性はなぜ高いのか
なぜ効率化するのか? 仕事を1時間早く終わらせることがゴールではない。(2017/7/20)

Googleさん:
Googleさんの動向を追う連載、はじめます
ITmedia NEWSの海外速報担当者による、Google周辺情報のゆるいコラムがスタートします。まずは、Google I/Oこぼればなしから。(2017/5/22)

ラリー・ペイジ氏が空飛ぶ車なら:
サーゲイ・ブリン氏、モフェットフィールドで飛行船を開発中か
Googleの共同創業者、サーゲイ・ブリン氏がキャンパスの隣のNASAの飛行場で巨大な飛行船を開発中であるとBloombergが報じた。(2017/4/26)

ITはみ出しコラム:
移民を規制するトランプ大統領令と移民が支える米IT企業
移民と難民を規制する米トランプ大統領令は、移民に支えられた米IT企業にも大きな影響を与えています。(2017/2/5)

トランプ大統領を提訴したACLUと移民が小さな勝利──大統領令の部分的な執行停止
ドナルド・トランプ米大統領が1月27日に署名した移民規制に関する大統領令をめぐり、ニューヨークの連邦地裁が移民や人権団体の申し立てを受け、影響下にある人々の本国送還を停止する一時的差し止め命令を下した。(2017/1/30)

エンプラニュースナナメ読み:
話題の「AI」を巡る最新事情
2016年末から2017年の初頭にかけて、「AI」が話題に上ることが多かった。1月2日からラスベガスで開催されたConsuer Electronics Show(CES)での注目ポイントや、最近の米国での動向などから、AIの今を知っておくなら押さえておきたいポイントを解説する。(2017/1/30)

ITはみ出しコラム:
GoogleからXiaomiを経て、FacebookのVR責任者になったヒューゴ・バーラ氏とは?
かつてはAndroidやNexusの顔として知られていました。(2017/1/29)

イノベーションは日本を救うのか 〜シリコンバレー最前線に見るヒント〜(7):
シリコンバレーがボストンを圧倒した理由
意外にもあまり知られていないのだが、米国における最初の“ハイテク企業密集エリア”は、東海岸のボストン郊外である。1940年〜1960年代にかけて、ハイテク産業が発展したボストン郊外のエリアだったが、その繁栄を長く謳歌することはできなかった。なぜシリコンバレーは、ボストンを打ち負かすことになったのか。今回はその辺りを探ってみたい。(2016/9/16)

ITmedia エグゼクティブ オープンセミナーリポート:
最大限に引き出すには思考のシンプル化
超一流といわれる人とは、常に最大の成果を上げることができる人である。それでは、どうすれば超一流になれるのか。(2016/8/3)

ロボットの“PARC”「Willow Garage」が撒いた種
シリコンバレーのロボットベンチャー関係者で「Willow Garage」を知らない者はいない。ROSやTurtleBotの開発元としてはもちろん、輩出した人材は業界に大きな影響を与えており、PCにおけるベル研究所やパロアルト研究所とも呼ばれるWillow Garageの足跡を追う。(2016/7/22)

GoogleのピチャイCEO、「時代はモバイル第一からAI(人工知能)第一へ」
Googleのスンダー・ピチャイCEOが同社恒例の「創業者からの手紙」を初めて担当し、「世界の情報を整理し、誰もが活用できる価値あるものにする」というGoogle創業以来のミッションを果たすため、機械学習とAI(人工知能)に重点を置くと説明した。(2016/4/30)

「AlphaGo」に三連敗の李世ドル氏「残り2局も見届けてほしい」
GoogleのAI棋士「AlphaGo」と韓国のプロ棋士、李世ドル氏の5番勝負はAlphaGoの3連勝で決まった。李氏は対局後の会見で「これまでにないプレッシャーに負けてしまった」と謝罪し「どうか、4局目と5局目も何が起こるか見届けてほしい」と笑顔で語った。(2016/3/13)

週末アップルPickUp!:
2015年「世界で最も影響力のある人物」ランキング、IT界の有名人は何位?
気になるティム・クックCEOの順位は……(2015/11/6)

誰が、次のイーロン・マスクになれるのか
世の中には、先天的にきわめて高い能力を持っている天才児がいる。そんな子どもが、物理学と経営学を学び、1週間100時間のハードワークをこなし、「人類を救う」強い意志を持っていたら、どうなるか。イーロン・マスクになる。(2015/10/15)

Google、持ち株会社Alphabetへの移行を完了 Alphabetの社訓は「Do the right thing」
Googleが8月に発表した持株会社制への移行を完了したと発表した。Googleは新会社Alphabet傘下の子会社になる。Alphabetには、Googleの「Don't be evil」で有名な社訓とは別の、系列会社全体の社訓がある。(2015/10/4)

Googleの機能性スプーン、日本で発売 手の震えを軽減する「リフトウェア」
加齢やパーキンソン病などによる手の震えを軽減するスプーン「リフトウェア」が国内発売。(2015/10/1)

シリコンバレー初の“財閥”に?:
広がり続ける“Google帝国”、Alphabet設立で
Googleを傘下にする新会社Alphabetを設立すると発表したGoogle。“Google帝国”はさらに広がる見込みだが、一方で今回の発表には透明性には欠けている。(2015/8/13)

Googleが子会社化 新会社「Alphabet」設立! 複数の企業を傘下に
Googleのラリー・ペイジCEOが大規模改革を発表した。(2015/8/11)

ラリー・ペイジCEO、Alphabet発表文に小さないたずら(架空企業へのリンク)
Googleのラリー・ペイジCEOは持株会社Alphabetの立ち上げとGoogleの子会社化についての発表文の中に、HBOのシリコンバレーを題材にしたドラマ「Sillicon Valley」に登場する架空の企業「Hooli」の公式サイトへのリンクを潜ませた。(2015/8/11)

Google、新持株会社Alphabetの傘下に入り、スンダー・ピチャイ氏がCEOに
Googleのラリー・ペイジCEOが、新たな持株会社Alphabetを設立してそのCEOに就任し、Googleを傘下の事業会社にすると発表した。GoogleのCEOには例年のGoogle I/Oを統括してきたスンダー・ピチャイ氏が就任する。(2015/8/11)

米ブログメディアRe/codeがVox Media傘下に
Wall Street Journalからスピンオフし、独立メディアとしてIT関連ニュースを提供してきたRe/codeが、The Vergeなどを擁するVox Media傘下に入る。IT著名人が多数登壇するカンファレンス「Code Conference」を含め、Re/codeのブランドはそのまま継続する。(2015/5/27)

Google、自動運転カーの配車サービスを開発中──Bloomberg報道
配車サービスUberの取締役を務めるGoogleのドラモンドCLOが、Uberと競合する自動運転カーによる配車サービスを準備していることをUberに告げたとBloombergが報じた。(2015/2/3)

Google Glass、Google Xを“卒業”し、Nestのトニー・ファデルCEO管理下に
Googleが2012年にGoogle Xのプロジェクトとして立ち上げたメガネ型ウェアラブル端末「Google Glass」が独立部門になり、傘下のNest LabsのCEOが統括することになった。現行プロトタイプ販売は一旦終了し、新モデルを準備するとしている。(2015/1/16)

Google、自動運転カーの“完全に機能する”プロトタイプを披露 来年には路上へ
Googleが、5月に披露した自動運転カーの最新プロトタイプを発表した。ルーフトップのセンサーがコンパクトになり、ヘッドライトが付いた。(2014/12/23)

“ウェアラブル”の今:
第3回 「Google Glass」は何に使えるか
ウェアラブルデバイスというと、まず思い浮かぶのは腕に付けるタイプだが、もう1つ重要視されているのがメガネ型のデバイス。その最も進んだ形といえるのが「Google Glass」だ。(2014/11/10)

米Yahoo!、原点である「Directory」を年末に終了へ
米Yahoo!の原点であるWebディレクトリ「Yahoo! Directory」が、2014年12月31日をもって約20年の歴史を閉じる。(2014/9/28)

Google、“ハイテクなスプーン”開発企業を買収
ハイテクなスプーンを開発する企業をGoogleが買収した。(2014/9/11)

「頭から氷水」動画、日本にも広がり 孫社長や山中教授も 難病患者支援のソーシャル運動
頭から氷水をかぶる動画を公開するALSチャリティー運動「Ice Bucket Challenge」の波が日本でも急速に拡大。孫正義ソフトバンク社長や京大の山中伸弥教授などが挑戦している。(2014/8/20)

クックCEO、ナデラCEO、コストロCEOも“氷バケツ”動画を公開 ビル・ゲイツ氏は?
草の根的に始まったSNSでの筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者サポート運動「Ice Bucket Challenge」がIT企業幹部に広まっており、Facebook、Apple、Microsoft、Twitter、T-MobileなどのCEOが氷水を頭からかぶる動画を公開している。【UPDATE】ビル・ゲイツ氏と米Amazonのジェフ・べゾフCEOも動画を公開した。【UPDATE2】Googleの共同創業者らも動画を公開した。(2014/8/15)

Googleのスマートコンタクトレンズ、ノバルティスが製造へ
Googleが1月に発表した無線チップ搭載の医療用“スマートレンズ”のライセンスを製薬大手Novartis傘下のAlconが取得し、開発・商品化する。(2014/7/16)

Googleの創業者コンビ、人工知能や自動運転カーを語る
Googleのラリー・ペイジCEOとGoogle Xを統括するサーゲイ・ブリン氏がSun Microsystemsの共同創業者でベンチャーキャピタリストのビノド・コースラ氏とGoogleの様々な取り組みについて語った。(2014/7/7)

Google I/O 2014で発表されたこと、されなかったこと
KitKatの次のAndroid「L release」(スイーツの名前にはならない)、CarPlay対抗の「Android Auto」、「Google TV」の後継(?)「Android TV」などが発表された。また、Chromebookが今度こそ日本に来ることが明らかになった。(2014/6/26)

Google Glass、女性に人気のエレガンスブランドDVFが専用メガネを発売
働く女性に人気のブランド「ダイアンフォンファステンバーグ(DVF)」が、Google Glass専用のフェミニンなメガネとサングラスを発売する。(2014/6/4)

ビジネスニュース オピニオン:
グーグルが変える? 自動運転車の役割
グーグル(Google)が披露した新しい自動運転車は、大いに注目を集めた。グーグルは、この自動運転車を、「個人所有のクルマ」というよりも、乗客をA地点からB地点へ送り届ける“ロボタクシー”のような、「より便利な社会を築くためのツール」として強くアピールしている。自動車メーカーが開発している自動運転車とは、少し異なる役割を強調しているようだ。(2014/6/3)

米国で一般販売を再開:
「Google Glass」を分解、旧型プロセッサの搭載が意味するものとは?
米国で一般販売が開始された「Google Glass」。2014年4月に実施した1日限定の一般販売ではわずか1日で完売し、関心の高さがうかがえる。Google Glassの分解記事は以前にも掲載したが、今回はメインボードに搭載された部品に焦点を当てる。(2014/5/21)

Google Xでは軌道エレベーターの開発も検討──Glassや気球式ネット網の次は?
Google GlassやProject Loonに取り組む“moonshot工場”のGoogle Xでは、軌道エレベーターやテレポーテーションの実現可能性も真剣に検討したという。(2014/4/16)

ザッカーバーグCEO、2013年の年俸は1ドル、報酬は65万ドル
Appleの故スティーブ・ジョブズ氏やGoogleのラリー・ペイジCEOなどと同様に「年俸1ドル」を掲げるFacebookのマーク・ザッカーバーグCEOだが、年俸とは別に65万ドル以上の「報酬」を受け取っていた。(2014/4/2)

Forbesの世界長者番付、ビル・ゲイツ氏が首位復活 複数のFacebook関係者が初ランクイン
Forbes恒例の世界長者番付で、ビル・ゲイツ氏が5年ぶりに首位に返り咲いた。Facebookの株価上昇を受け、マーク・ザッカーバーグCEO他、シェリル・サンドバーグCOOなど数人の関係者がランクインした。(2014/3/4)

Google、4月2日に初の株式分割実施へ
Googleは現在のクラスA株式を1対2の割合で分割し、新たに議決権のない「クラスC」株式を発行する。(2014/1/31)

AllThingsDのメンバー、新ITメディア「Re/code」を立ち上げ 5月にカンファレンス開催
スティーブ・ジョブズ氏やビル・ゲイツ氏も登壇した「D Conference」主催メンバーが新たなITニュースサイトを立ち上げ、5月にサーゲイ・ブリン氏やIntelのブライアン・クルザニッチCEOなどを招く最初のカンファレンス「Code Conference」を開催する。(2014/1/6)

トップ1%だけが実践している集中力メソッド:
GoogleやAmazon、成功者を輩出する「モンテッソーリ教育」現場を見てきた
GoogleやAmazon、Facebook創設者も――成功者が皆受けた「集中力」教育プログラムによって生まれる“モンテッソーリ・マフィア”。日本でモンテッソーリ教育を実施している「こどもの家」を見学してきました。(2013/12/13)

津田建二の技術解説コラム【海外編】:
PR:知ってるつもりの外国事情(1)――世界がお手本にするシリコンバレー
日本の企業の方にシリコンバレーのお話をすると、「日本とは違いますよ」とか、「日本には日本の良さがある」とか、アタマから否定されることがよくあります。ではなぜ今、日本の産業は活発ではないのでしょうか。なぜ、活気を取り戻そうとしないのでしょうか。なぜうまく行った地域のビジネス習慣を取り込もうとしないのでしょうか。なぜ成功例を活用しないのでしょうか。なぜ日本だけで考えようとするのでしょうか。(2013/12/9)

Googleのルービン氏、「次のムーンショットはロボット」──New York Times報道
3月にAndroidの責任者を退いたアンディ・ルービン氏は現在「Google X」でロボティクスのプロジェクトを率いており、将来は部品組み立てや配送用のロボットを販売する計画だ。(2013/12/5)

Google出資の遺伝子検査企業23andMeにFDAが販売停止命令
米食品医薬品局(FDA)が、唾液を分析することで潜在的な病気などの遺伝子情報を調べる23andMeのサービスが販売許可・承認を得ていないとして販売停止を命じた。(2013/11/26)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。